【もみ消して冬】小澤征悦が山田涼介と恋愛バトル!第5話

もみ消して冬の小澤征悦

【もみ消して冬】第5話のあらすじと感想です。

北沢家の長男・博文(小澤征悦)が結婚相手としてロックオンしたのは、弟の秀作が想いを寄せる池江里子(恒松祐里)!兄弟で1人の女性を奪い合う骨肉の恋愛バトルが勃発しました。

自信家の兄に全く歯が立たない秀作はある秘策を思いつきます。果たして里子のハートを射止めるのは兄と弟、どちらなのか…?

秀作に警察手帳悪用疑惑がw

兄弟愛の感動が一気に消滅したラストに震えた…

スポンサーリンク

もみ消して冬 小澤征悦と山田涼介の恋愛バトルが勃発!第5話

もみ消して冬 第5話(2018年2月10日放送)のあらすじと感想●小澤征悦が山田涼介の恋敵に!●波瑠『さらいに行けよ』●兄はやっぱりゲスだった!

【もみ冬 登場人物】

北沢秀作(山田涼介)…北沢家の次男。警視庁に勤務するエリート。
北沢博文(小澤征悦)…長男。天才外科医。
北沢知晶(波瑠)  …長女。敏腕弁護士。
池江里子(恒松祐里)…秀作の同僚。
尾関光希(小瀧望) …秀作の後輩。

スポンサーリンク

小澤征悦が山田涼介の恋敵に!

『酔ったら誰にでもキスする女』を演じ、楠木(千葉雄大)への気持ちをもみ消した知晶(波瑠)。姉の振る舞いに関心するのもつかの間、秀作(山田涼介)はあることが気になってしょうがない。想いを寄せる同僚・池江里子(恒松祐里)と兄・博文(小澤征悦)のただならぬ関係だ!

どうやら里子は自分よりも兄に色気を感じているようだ。

なんとしても里子と付き合いたい秀作は、博文に探りを入れる。すると…

『?里子がどうした?』

とまさかの呼び捨てΣ(゚Д゚)

彼女への気持ちを兄に伝え、身を引いて欲しいと訴える秀作だったが、兄はこれを拒否。どうやら兄は本気らしい…。

秀作はたとえ兄弟関係が崩れても、里子をゲットすると心に誓った…。

里子をめぐり兄弟が争う展開になってしまいましたね…。何かにつけて自信マンマンの兄に、秀作は太刀打ち出来るのでしょうか…?

里子がなぜ博文に惹かれたのかがすぎるw色気より軽薄さが100倍勝ってますけどw

今回のもみ冬は「奪い愛、冬」…

【小澤征悦 プロフィール】

生年月日:1974年6月6日(43歳)
出生地:アメリカ合衆国
身長:183 cm
著名な家族:小澤征爾(父)、小澤征良(姉)、小澤俊夫(伯父)、小澤牧子(伯母)、小沢健二(従弟)

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/小澤征悦

打倒 小澤征悦!恒松祐里を取り戻せ!

警視庁での仕事の最中、秀作は里子(恒松祐里)を食事に誘ったが、『大事な用があるので…』と却下されてしまった。撃沈する秀作はこの後さらに落ち込むことになる。里子の大事な用とは、兄・博文(小澤征悦)との食事デートだったのだOTZ

もはや兄さんには勝てない…。帰宅した秀作は庭で体育座りをしながらそう思った。しかしその時 秀作にある閃きが!里子を兄から取り戻す秘策を思いついたのだ。

それは博文のライバル医師・善財に協力を仰ぎ、二人を別れさせるというもの。さっそく善財に相談すると、二つ返事でこれを承諾してくれた。

善財によると、兄はライバルである善財より早く結婚してドヤりたいだけなのだという。つまり兄より先に善財が結婚すれば、兄は結婚する意欲を失うというのだ。

善財は交際中の女性にプロポーズするため『ソルベイグというフレンチレストランを予約してほしい。』と秀作に依頼してきた。

善財は過去にも博文を陥れようとして病院長の愛犬を逃した事がありましたね。

敵の敵は味方…

善財は「白い巨塔」の財前教授の名前をモジってるらしいけど、策略家レベルはだいぶ落ちるからかなり不安w

波瑠「さらいに行け!」

翌日。今日はバレンタインデー。兄・博文(小澤征悦)は里子と豪華客船ディナーの約束をしており『今日は泊まりになるかもw』とイジワルな目で秀作を見た。

職場で里子(恒松祐里)からチョコをもらった秀作だったが、明らかに義理チョコだった。やはり兄には勝てないのか…OTZ 気落ちして帰宅した秀作に、姉の知晶(波瑠)がキツい一言を浴びせた。

『あんたは上手くいかないことを全部人のせいにする!なんの努力もしないで!』

知晶は秀作を過激に煽りだした。

『もっと卑怯になりな。色気出してけ!彼女を横取りしたらもっと色気出るよ。さらいに行け!』

姉の言葉に完全に乗せられた秀作は家を飛び出し、兄と里子がいる豪華客船に向かったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

波瑠の追い込みが脅迫じみてて怖いw

秀作の後輩・尾関が知晶に想いを寄せているようですが、果たしてロマンスに発展するのか?気になりますね…。

兄が里子と結婚して、姉が尾関とくっついたら、秀作が職場ノイローゼになりそう…

弟思いの小澤征悦に山田涼介が感動(≧∇≦)/

家を出た後 財布を忘れたことに気付いた秀作(山田涼介)。しかし取りに戻る時間はない…。秀作は警察手帳を利用してバスやタクシーをただで乗り回し、なんとか船の停泊所にたどり着いた。

警察手帳がSuica化してる…

職務外で警察手帳を使用するのは職務規定違反で罰せられるそうです…

これまでの秀作から考えると大した罪じゃない

秀作を見つけ、手を振る里子(恒松祐里)。『ほんとに来てくれたんですね!』となぜか喜んでいる。意味が分からない秀作…(・・?

すると兄・博文(小澤征悦)から電話が。『弟想いの兄に感謝しろ♪ちゃんと里子ちゃんを幸せにしろよ!』

兄は奥手な秀作のために、二人をくっつける作戦を立てていたのだという。里子との仲を見せつけたのも、秀作を奮い立たせるためだったのだ。

『…俺はなんてバカなんだ…(T_T)』泣きながら兄に感謝する秀作。電話を切ると二人は船内のレストランへ。里子から本命チョコをもらった秀作はメッチャ幸せそう(*´艸`*)

知晶が秀作を追い込んだのも兄が依頼した事だったようですね。

依頼というか土下座して懇願してたけどw

この流れで里子から帰りの交通費借りるのハズいから、また警察手帳使ってそう…

小澤征悦はやっぱりゲスだったw

全ては弟の恋愛成就のための作戦だった…。そう電話で言っていた兄・博文(小澤征悦)だが、真相は全く違った!実は博文は里子(恒松祐里)よりもタイプの女性と出会っていたのだ。里子を傷つけないように別れ、さらに秀作から感謝されるため、二人の仲を取り持つ作戦を実行したのだった。

その新たな本命とバーで飲む博文。女性はバレンタインのプレゼントを手渡した。包をあけると中にはハンドベルが…?

『善財さんの結婚式で披露するアベマリア、死ぬ気で練習してね!』

突如豹変した女性!ビビる博文!実はこの女性は善財が用意した刺客だったのだ。善財は博文と里子を別れさせるためにこの女性を差し向け、見事に秀作の依頼を成し遂げたのだった。

まんまと騙された博文…。すると善財からメールが。『お先でーす♪』というセリフとともに、婚約指輪をはめた善財のドヤ顔画像が添付されていた。

『…今年の冬は寒くなりそうだ…。』

博文は遠い目をしてつぶやいた。

【もみ消して冬 第5話 終】

けっきょく博文の壮絶な空回りで終了w

もう二度とこの人を信じることは無い…。

結婚は遠のきましたが、弟からの信頼を得ることに成功した博文。ただしばらくは荒れそうですね…^^;

【もみ消して冬 第5話評価】
山田涼介
警察手帳悪用w
波瑠
言葉づかいが男前すぎる
小澤征悦
メイドカフェで癒やされて…
中村梅雀
パパ大丈夫…?
千葉雄大
入れ墨の話しはもう終わり…?
児嶋一哉
トリュフ犬
小瀧望
知晶と結ばれるのか~!

恒松祐里さんも大のスターウォーズファン!スターウォーズ【最後のジェダイ】レビュー

2018年冬ドラマ視聴率!もみ冬はいかほど…?

もみ消して冬 関連記事

ドラマ関連記事

スポンサーリンク