【ドクターX】野村周平がまさかの卒業!どうなるゆとり医師たち?第2話

●この記事をシェアする

ドクターX野村周平が卒業

『ドクターX 2017』第2話のあらすじと感想です。

今回はゆとり世代医師・伊東亮治(野村周平)がガンに侵された実の母の執刀を任されます。しかしなぜか手術を拒み続ける母…そこには息子を想う母のある決意がありました。

いつぞやの月9ドラマ『恋仲』でバリバリのエリート医師役だった野村周平がゆとり医師とかウケるw

晶役の岸部一徳があの禁句でまさかの豹変…。

スポンサーリンク

ドクターx2017第2話。野村周平が卒業!

オペ中の大門未知子(米倉涼子)。見学していたゆとり世代医師・伊東亮治(野村周平)は『ここは観音開き法じゃね?』と術式の見解を述べる。

『それはない!』と亮治の意見を否定するケーキ屋キンちゃんこと原守(鈴木浩介)。しかし未知子が『観音開き法でいくよ!』というと『そのとーり!』とコロッと意見を変えた。

ゆとり世代に翻弄される原守w

『そのとーり!』って聞くとタケモトピアノのCMを思い出すのは俺だけか?

野村周平さんが演じる亮治はゆとり世代医師4人の中では一番優秀な医師。未知子と同じ術式を思いつくなんてさすがですね。

【野村周平さんプロフィール】

生年月日:1993年11月14日(23歳)
出身地 :兵庫県神戸市
身長  :175 cm
血液型 :AB型

出演ドラマ:『好きな人がいること』『恋仲』『フラジャイル』など多数

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/野村周平

スポンサーリンク

マイペースすぎる野村周平らゆとり医師たち

翌日の医局。亮治は『あそこはやっぱ観音開き法ですよね~w大門先生とは気が合いそうっすぅ♪』と未知子に話しかける。ゆとり世代医師たちはタマゴサンドに醤油をかけて食べたりとマイペースぶり全開(≧∇≦)/

そんな医局内を何者かがデジカメで盗撮をしていた…。

タマゴサンドを無理やり和風にする必要あるのか?

ゆとり世代はフィーリング重視

野村周平さんの脱力気味なしゃべり方がけっこうツボです。

野村周平の母親役は中田喜子!

いつもどおり定時(17:00)で帰ろうとする未知子。エスカレーターで1階に降りる時、ある女性が目の前で苦しみだした。

『大丈夫ですか?』と声をかける未知子。そこに亮治(野村周平)が現れ、『ママ?どうしたの?』と話しかけた。この女性は亮治(野村周平)の母親。不二子だった。

しかし亮治は体調が優れない母に『じゃ、行くトコあるから。』といい帰ってしまった。

亮治のお母さん役は女優の中田喜子さんが演じていました。

【中田 喜子 プロフィール】

生年月日:1953年11月22日(63歳)
出身地 :東京都
血液型 :A型
著名な家族:京かおる(姉・宝塚歌劇団)
主な出演作:『渡る世間は鬼ばかり』『三匹のおっさん』など多数

ドラマ『ゆとりですがなにか?』の岡田将生のママじゃんw

ドクターXでも息子がゆとり…

毒まんじゅう大好き蛭間重勝w

東帝大病院院長・蛭間(西田敏行)の前に院内視察を担当する監査役・雉沢(きじさわ)が現れた。

『不正な金の流れを徹底的に取り締まる。』と言う雉沢。そこに亮治の母・不二子が挨拶に訪れ、蛭間に手土産をわたす。中には札束がギッチリ…。

雉沢の手前、一度は受取を拒否した蛭間。しかし部下の海老名敬(遠藤憲一)に暗黙の合図を送り、 金を 不二子を追いかけさせた。

タイミング悪すぎww

いつもなら喜んで受け取りそうな蛭間も『こんなの見たこと無い。』としらばっくれていましたね…。

蛭間の心情を察して金を回収しに行った海老名はさすがだな。

帰りがけの不二子を探す海老名。女子トイレに入り看護師から悲鳴が上がる!

ようやく不二子を発見したが、金を受け取った直後、不二子が吐血。海老名は『しっかりして!』と言いながら落ちた金をせっせとかき集めた。

患者ファーストはどうなったんww

前院長の大地真央はもう退陣したからな。いつもどおりの東帝大の姿だ。

女子トイレ潜入は明らかに確信犯…^^;

亮治の母は重度のガンだった!

検査の結果、不二子は進行性の胆のうガンを患っており早急のオペが求められた。しかし息子の亮治は他人事のようにそっけない態度をとる。

後に行われたカンファレンスで『肝膵十二指腸同時切除』を提案した亮治。これは世界でも類を見ない高度な術式で、院長の蛭間は話題性を含めて亮治に執刀を要請した。

不二子の病は5cm大の胆のうガン肉腫が十二指腸に浸潤したやっかいな症状でした。

一般的に身内のオペは第三者が執刀するのがセオリーらしいが、蛭間はお構いなしだな。

ドラマ『A LIFE』でも天才医師役のキムタクが父親のオペして思いっきり失敗してし、ヤバくね?

キムタク主演ドラマ「A LIFE~愛しき人」名言集

手術を拒否するママ。その理由とは…?

亮治(野村周平)は執刀医として母・不二子に手術同遺書へのサインを求めた。しかし不二子はサインを拒否!『このままだと死ぬよ。』という未知子の意見を退け、不二子は病院を出ていってしまった…。

タクシーに乗ろうとする不二子を引き止める未知子。そこで不二子が手術を拒否する理由が明らかに。

『私はもう助からない。息子の未来のためにも、この病院で死ぬ訳にはいかない。』

不二子は自分の病のことをすでに知っており、成功の見込みが無い手術で息子のキャリアに傷をつけたくなかったのだ。

医局を盗撮していたのも不二子だった事が判明し、これも息子のために東帝大の先輩医師たちを調査するためだった。

全ては息子のため…。しかし未知子は『ようするに息子のこと信用してないんだね、母親なのに。』と厳しい言葉をかけた。

その直後、突然 不二子が苦しみだした。駆けつけた亮治に『わたしはあきらめないから!』といい1人で不二子を背負い、病院に戻っていった。

盗撮犯は不二子だったんですね。

銭湯帰りに頭に桶かぶってタコ焼き食べるシーンは盗撮する必要あったのか?

『なんだこの医者?』って絶対思ったハズw

海老名が母を説得!というか脅迫!

病室に戻った不二子だったが、頑として手術同意書にサインをしない。すると海老名が『ちょっと席を外してくれ。』と言い未知子たちを外にだす。

海老名は不二子が盗撮をしていたこと、そして院長の蛭間に金銭を授与しようとしたことを挙げ、『サインしてくれたら口外しません。』と脅迫。不二子はやむなく同意書にサインをした。

盗撮を警察に訴えられたら息子に迷惑がかかる…。海老名は上手いこと説得しましたね。

あんな顔の怖いオッサンと二人きりにさせられて可哀想…。

せっかく活躍したのに『助手は大門先生で。』って亮治に言われて撃沈するあたりさすが海老名だな。

オペがスタート。しかし緊急事態発生!

手術当日。難しいオペに挑む亮治はこの日のために猛勉強をして来た。助手は未知子、海老名そして原守。

順調にオペは進んだが、突然の出血により血圧が急激に低下する緊急事態に。必死に出血箇所を探す亮治だったが見つからない。焦る亮治に未知子が『こういう時はどうすればいいか分かってるよね?』と問う。亮治は覚悟した表情で頷くと、『はい。一旦心臓を止めます。』と答えた。

心臓を止めていられる時間はわずか一分半。この間に出血を止めないと死の危険がある。薬剤を投与し不二子の心臓が止まった。しかし出血箇所が見つからない!三十秒が経過し焦る亮治に『代わって!』という未知子。

残り時間はあと40秒。『私、失敗しないので』と言い最後まであきらめない未知子。残り15秒で傷口を発見し縫合。出血は止まり、見事オペは成功した。

未知子を助手にして大正解

亮治、勉強しすぎて寝不足だったんじゃ?

今回の神原名医紹介所への報酬は2,000万円。途中で未知子が手を出した事への口止め料も含まれています。晶さんも『ブラボ~♪』とルンルンでしたね。

野村周平、まさかの卒業?

無事に一命をとりとめた不二子。東帝大病院は記者会見を開き、蛭間は初症例となる手術を成功させた亮治を『新たなスターが誕生した!』とたたえた。

しかしマイクを向けられた亮治は『今日で医者辞めます。』とまさかの発言をΣ(゚Д゚)

亮治は『医者を目指すなら大門先生を目指すべき。僕にはその覚悟はない。』と話し、ざわつく会見場をあとにした。

本物の医師の姿を目の当たりにし、引退を決意した亮治。ちょっともったいない気もしますが…。

つーか野村周平まさかの降板?レギュラーじゃないの?

第1話の大地真央といい、大物が次々と卒業していくな。次は誰だ…?

岸部一徳、めっちゃ不機嫌に!

後日の神原名医紹介所。麻雀をしながら亮治の話をする未知子たち。亮治はベーシストとしてミュージシャンを目指すという。

『ベーシストなんて地味~w』『なんか暗いよねw』と笑う未知子と城之内(内田有紀)に、『そんなこと無いわよ!』と不機嫌な顔をする晶さんだった。

【ドクターX 第2話 終】

医者やめてベーシストとか、死ぬ覚悟までしたお母さんの努力は何だったの?ww

晶さんを演じる岸部一徳さんは元ベーシスト。だから未知子たちのセリフに不機嫌になっちゃったんですね^^;

今の若者は知らないだろうが、岸部一徳はあの伝説のロックバンド「レッド・ツェッペリン」のベーシストからも尊敬されるほどのプレイヤーだったんだぞ。

岸部一徳

とりあえずメンバー全員毛量ハンパないww

【岸部一徳さんは元「ザ・タイガース」のベーシスト!】

ザ・タイガースは1967年2月に「僕のマリー」でデビュー。その後、「モナリザの微笑」、「君だけに愛を」など、多くのヒット曲を放つ。1971年の日本武道館コンサートを最後に解散。2013年には復活コンサートが開催された。

メンバーは沢田研二、岸部修三(岸部一徳)、加橋かつみ、森本太郎、瞳みのる、岸部シロー。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ザ・タイガース

【ドクターx 第2話評価】
胸キュン度
★★☆☆☆
スカッと度
★★☆☆☆
 衝撃度 
★★★★★
 爆笑度 
★★★★☆
 感動度 
★★★★☆

総評:岸部一徳の前でベーシストをディスるとアウトレイジ化する。

ドクターx 気になる視聴率は?

ドクターX 第3話

『ドクターX2017』第5期 第1話のあらすじと感想。ゲストは大地真央!

2017年『ドクターx~外科医・大門未知子』 第5期のあらすじと登場人物の紹介(ネタバレ注意)

『ドクターx~外科医・大門未知子』第4期 最終回のストーリーを復習。

人気ドラマのあらすじをチェック♪

スポンサーリンク