ホリデイラブの壇蜜の正体。坂口麗華はあの人の姉だった!

ホリデイラブの壇蜜

ドラマ【ホリデイラブ】に登場する怪しげなスピリチュアルセラピスト・坂口麗華(壇蜜)。

ある日突然 杏寿(仲里依紗)が営むネイルサロンに現れ、怪しげなアプリを強引に勧めてきた謎の女性です。

実は彼女が杏寿に近づいたのはある理由と目的がありました。そして彼女の正体はある人物と深く関係していることが明らかに…!

今回は【ホリデイラブ】に登場する坂口麗華(壇蜜)の正体についてご紹介していきます♪

スポンサーリンク

壇蜜の正体は誰?

壇蜜の正体

ドラマ『ホリデイラブ』で壇蜜さんが演じる謎の女性・坂口麗華。彼女の正体をドラマと原作漫画からご紹介します。

坂口麗華(れいか)とは?

【坂口麗華】

杏寿のネイルサロンにやって来た新規の客。スピリチュアルな世界に通じる霊的能力の高い女。杏寿に対して「運命の相手は純平ではなく、他にも相手がいる」と持論を展開。うっかり引き込まれる話術を持っている。

ホリデイラブ公式サイトより引用

壇蜜が演じる坂口麗華はこんな女性

  • 高森杏寿(仲里依紗)が経営するネイルサロン【AZU】に客としてやって来た(ホリデイラブ第1話)
  • 年齢は33歳。
  • 運命の相手・ツインソウルに出会えるというアプリ【麗華の部屋】を運営している。
  • 麗華は 杏寿が旦那と夜の関係がない事を指摘し、『あなたみたいなステキな女性が勿体無い…』と嘆く。その後モニターになって欲しいという理由で【麗華の部屋】を杏寿のスマホに強引にインストールした。

アプリ【麗華の部屋】とは?

坂口麗華(壇蜜)が運営するスピリチュアルなアプリ。生まれる前から結ばれる運命が決まっている相手【ツインソウル】に出会えるという。

一見すると出会いアプリのようであり、登録している男性の多くがそう勘違いをしている。しかし本気で運命の相手を探している登録者も多いという。

強引に出会いを勧める壇蜜

スピリチュアルな世界を信じていない杏寿(仲里依紗)は、このアプリに全く興味を示さなかった。しかし麗華(壇蜜)が二度目に杏寿の元を訪れた時(ホリデイラブ第1話)、杏寿はアプリの中で自分の同業者・黒井由伸という男性が目に止まり興味を持った。

ホリデイラブの黒井

【黒井由伸とは?】

黒井(山田裕貴)は都内にネイルサロンやエステなど8店舗を持つ若きイケメン実業家。原作では坂口麗華の正体に大きく関係してる人物。

突然 杏寿の前に現れ、強引に怪しげなアプリを勧めてきた坂口麗華(壇蜜)。その正体はまさかの人物だったのです。※以下ネタバレ注意。

スポンサーリンク

坂口麗華の正体(原作)

坂口麗華の正体

壇蜜さんが演じる坂口麗華の原作での正体は、里奈の夫・渡の兄嫁です。つまり麗華は里奈の義姉にあたる人物なのです。

麗華はある理由で杏寿に近づき、スピリチュアルアプリを勧めました。そこにはある目的が…。

【麗華(壇蜜)の目的とは?】

麗華(壇蜜)の目的は杏寿と純平を別れさせること。では一体なぜ彼女は面識も無い二人の離婚を望むのか?そこには以下の理由がありました。

  • 麗華は義理の妹である里奈に100万円の借金があった。麗華はこれをチャラにする代わりに里奈の願いを叶えることを約束した。里奈の願い…それは夫である渡と別れ、純平と結婚することだった。
  • 麗華(壇蜜)は杏寿のネイルサロンを訪れ、アプリを強引に勧めた。同業者である黒井に興味をもった杏寿は、その後 彼と急接近。ある夜 ついにホテルに行ってしまった。(ホリデイラブ第4巻)
  • 純平の事を思い出し、一線は超えなかったが、黒井はホテルにいる杏寿の写真を撮り麗華に渡した(この写真は後に杏寿と純平の間に大きな亀裂を生じさせる)。黒井と麗華はグルだったのである。

壇蜜(坂口麗華)の正体 まとめ

坂口麗華(壇蜜)は渡の兄の嫁(里奈は義妹にあたる)。

麗華は里奈に借金があり、これをチャラにしてもらう見返りに里奈に協力。黒井を使って杏寿を誘惑し、純平と離婚させようと目論んでいる。

つまり麗華(壇蜜)の正体は、純平と杏寿を別れさせるために里奈が仕向けた工作員ということです。そしてアプリで出会った黒井由伸は麗華の手先であり、彼女の依頼で杏寿に近づいたのです。

ただ、黒井に関しては杏寿を貶めることに躊躇しており(本気で杏寿を好きになった?)、今後は麗華と敵対する関係になるかもしれません。(ホリデイラブ第4巻)

※以上がホリデーラブ原作での坂口麗華の正体ネタバレです。ドラマでは設定が変わっているかもしれないのでご注意下さい。

麗華(壇蜜)はなぜ義理の弟である渡を裏切ったのか?

もし里奈の願いが叶い、純平と結婚できたら、里奈の夫である渡が傷つきます。これは麗華にとって義弟である渡に対する大きな裏切り行為です。

麗華が義弟の渡よりも里奈の幸せを優先させたのにはある理由があります。一つは借金をチャラに出来ることですが、もう一つは『麗華と渡の関係が上手くいっていない。』事があげられます。

じつは里奈に借金をする前、麗華は渡にも金の無心をしていました。しかし渡は兄夫婦の事を『金をたかるハイエナのような連中だ!』と軽蔑し、借金を断っていたのです。

なので麗華は渡を嫌っており、二人が離婚しても里奈さえ幸せになれれば良いと考え、里奈への協力を優先させたのです。

坂口麗華(壇蜜)ドラマと原作の違い

壇蜜さんが演じる坂口麗華のドラマと原作の違いは以下になります。

  • 原作では渡の義姉という設定だが、ドラマでは渡(中村倫也)や里奈(松本まりか)とは何の関係も無い。杏寿(仲里依紗)にアプリを勧めたのは、ニセ黒井こと志賀拓巳が本気で杏寿を好きだと思い、彼の恋に協力しようと思ったから。つまりドラマの麗華はガチで運命の恋を応援する人。
  • ドラマではニセ黒井こと志賀拓巳(山田裕貴)は麗華の弟分のような存在で昔から可愛がっていた。原作でのニセ黒井と麗華の関係は未だ不明。(ドラマの里奈のように、なにかニセ黒井の弱みを握って脅している可能性もある。)
  • ドラマではスピリチュアル・カウンセラーのような設定だが、原作ではスナック(店名は”スナック・麗華”)に勤務しており、霊感が強そうな描写は全く無い。
  • ドラマではミステリアスなイメージ(壇蜜だからか?)だが、原作ではオラオラでガサツでお金にだらしない感じ。ただ口は達者で頭の回転も早い。
  • ドラマ版では最終回で杏寿(仲里依紗)と偶然街で出会い、『あなたと旦那さんはツインソウル(運命の恋)の相手だったのね』と二人の恋を祝福してくれた。

※壇蜜さんが演じる坂口麗華の正体に関する情報は、判明しだい随時更新する予定なのでお楽しみに♪

ホリデイラブ 関連記事

中村倫也のセリフ

名言集【ホリデイラブ】中村倫也(井筒渡)のセリフまとめ。名言?いや暴言!

こちらもチェック♪最新ドラマ情報

ホリデイラブってどんなドラマ?

『ホリデイラブ〜夫婦間恋愛〜』は、原作 こやまゆかり、作画 草壁エリザが手がけたコミック。『マンガボックス』にて現在も連載中で2018年1月30日現在、5巻までが刊行されています。コミックス、電子書籍あわせて40万部の売上を突破した人気マンガです。

【ドラマ情報】

放送開始日:2018年1月26日~
放送時間:毎週金曜日 23:15分~
放送局:テレビ朝日

スポンサーリンク