陸王の感想。第1話から最終話のレビュー。役所広司&竹内涼真が共演のドラマ

●この記事をシェアする

陸王の感想

2017年10月スタートのドラマ『陸王』の感想です。

倒産危機にある老舗足袋メーカーの再起をかけた挑戦!画期的なランニングシューズ『陸王』の開発に人生を捧げる熱血社長を描いたヒューマンドラマです。

見どころは役所広司の顔芸と竹内涼真の美脚

ことごとく就職活動に失敗する山崎賢人に生きる勇気をもらった。

スポンサーリンク

陸王の感想

ドラマ『陸王』の感想です。第1話から最終話まで随時レビュー予定。ネタバレが含まれるのでドラマ未視聴の方はご注意ください。

スポンサーリンク

陸王 第1話の感想

陸王』第1話(2017年10月15日放送)のあらすじと感想です。

創業100年を誇る足袋メーカー『こはぜ屋』は倒産のピンチに追い込まれていた。

取引先のデパートからは納入削減が言い渡され、メインバンクである埼玉中央銀行も融資を渋っている状態。融資担当の坂本太郎(風間俊介)は『こはぜ屋の強みを活かした新事業の展開』を社長の宮沢紘一(役所広司)に求めた。

時代に取り残された足袋メーカー『こはぜ屋』。銀行からの融資もままならず、経営状態はかなり悪そうです。

滝沢カレンあたりに履いてもらえば一発でバカ売れするのに…

『軽々しくていいね♪』とか間違った褒め方しそうだな。

スイマセン。何度読んでも意味不明です^^;

五本指シューズ『ファイブフィンガーズ』

従業員数20名、平均年齢は57歳…。『こはぜ屋』の将来を考える紘一は不安でいっぱいだった。

そんな中、娘の(上白石萌音)から頼まれていたスニーカーを買いにスポーツ用品店を訪れた紘一は、あるシューズに目が止まる。それはつま先部分が五本指に別れた『ファイブフィンガーズ』と呼ばれるランニングシューズ。

『こはぜ屋の強みを活かした新規事業』…。ファイブフィンガーズを手に取った紘一は、あるアイデアを思いついた。

フィンガー5御用達みたいな靴だな。

五本指シューズなんて売ってるんですね(知らなかった…)

靴下も五本指にしないと意味がない

ミッドフット着地とは?

『足袋をランニングシューズに改良する。』

紘一の提案に坂本は前のめりで賛同した。しかし『こはぜ屋』頑固一徹の経理担当・ゲンさんは『そんなの誰も履いてない!』と大反対する。

紘一は坂本とともにスポーツ用品店を訪れ、店長の有村から理想のランニング走法である『ミッドフィット着地』の話を聞く。この走りを実現するには足袋のような靴底の薄い靴が向いていると知り、これは足袋シューズ開発の大きなヒントとなった。

ミッドフット着地は膝への負担が少なく『人間に最も適した走り方』だそうです。

その上 ハゲも治ってパチンコで爆連するらしいw

…マジか!?

竹内涼真、走ってコケる!

有村から週末に開催される『豊橋国際マラソン』を見学しないかと誘われた紘一。就活中の息子・大地(山崎賢人)とともに豊橋に向かった。

そこで大地は1人のランナーに目が止まる。以前就活中に見かけた茂木裕人(竹内涼真)だった。元野球少年だった裕人は肘のケガにより道を断たれたが、その後 不屈の精神でマラソンランナーへ転身。大地はそんな裕人に一目置いてた。

レースがスタート。裕人はライバル・毛塚とともに先頭争いを繰り広げる。しかし40キロを過ぎた地点で足を痛めてしまった。苦悶の表情を浮かべながら『まだ走れる!』と訴える裕人。しかしトレーナーに止められ、リタイヤしてしまった。

とりあえず竹内涼真の美脚に目が釘付けになった。

股下120cmくらいありそうだな。

キャプテン翼じゃないんですから…^^;

ネガティブな山崎賢人

就活がことごとく失敗しネガティブ全開な大地は、リタイヤした裕人を見て『どんだけ努力したってダメなものはダメ。』とため息をつく。

しかし父・紘一は裕人の姿を見て、足への負担が少ないミッドフィット着地を可能にする足袋シューズ開発に、より一層情熱を湧かせた。

山崎賢人、スタンドでチャチャッと足治してやればいいのにw

それはジョジョの奇妙な冒険ですので…。

そのうち「就活なんて無駄無駄ァァ」とか言い出すぞ。

残業代払え!

2週間後、足袋シューズの試作品第一号が完成。自ら試着し履き心地を確かめる紘一。しかしソール(靴底)の耐久性に問題が認められ、大量の失敗作を量産してしまった。残業続きの従業員たちからは不満気な声も…。

まさかの残業代未払いww

だんだん強制労働施設に思えてきました…。

シューズ完成が先か、労基からの査察が先か…。

リストラ回避に一筋の光が!

問題山積みのなか、さらなる悲劇が!埼玉中央銀行の坂本が支店長とモメ、担当を外されてしまったのだ。新しい担当者は実績のない『こはぜ屋』への融資を続ける条件として、従業員のリストラを要求してきた。

なんとかリストラだけは回避したい…。悩む紘一の元へまさかの吉報が届く。マラソン足袋に興味を持ったある小学校が1800人分の注文を申し出てきたのだ。

しかし受注にはコンペを勝ち抜く必要があり、その相手は大手メーカーのアトランティス。紘一は『俺達の想いを伝えよう。』と決意し、コンペに臨んだ。

2人リストラして年間一千万も経費削減出来るとかwどんだけ給料もらってんの??w

みんなFacebookでリア充自慢してそうだな。

福利厚生など含めた額だと思いますよ…。

坂本、前橋へ島流し

コンペ当日。壇上に上がった紘一は足袋シューズがいかにケガを軽減出来るかを力説し、『この国を担う子どもたちにぜひ履いてもらいたい!』と熱く訴えた。会場は大きな拍手に包まれた。

手応えあり(≧∇≦)/居酒屋で従業員たちと成否の連絡を待つ紘一。しかし結果は不合格…。その理由は『実績がない』というものだった。肩を落とす紘一にさらなる追い打ちが。埼玉中央銀行の坂本が転勤するというのだ。転勤先は前橋支店。これはほぼ左遷だった。

坂本ちゃん島流しの刑

前橋ならまだ良いだろ。ドクターXの蛭間なんて知床に飛ばされてたぞ。

蛭間は自業自得ですけどね…。

役所広司が吠えた!

工場で夜を明かした紘一。今日は銀行の新融資担当が訪れ、『こはぜ屋』の今後の方針、つまりリストラをするのか否かを回答しなければならない日だった。

新たな融資担当・大橋(馬場徹)が坂本を連れてやって来た。新規事業を勧めた坂本を『失策だった。』と罵倒した大橋は、紘一に詫びるよう指示。坂本は屈辱をこらえ頭を下げた。

すると紘一は同志である坂本への感謝を述べ、『彼を馬鹿にするのはやめて頂きたい!』と強い口調で大橋に訴えた。

そして『こはぜ屋』の先代が作った足袋シューズを見せ、『これは先代からのタスキです。完成させるには従業員が一人欠けてもダメなんだ!』とリストラ策を却下。部屋の外で聞いていた従業員たちから拍手が巻き起こった。

役所広司が理想の上司ナンバーワンに当確した瞬間w

残業代払わないけどな

あの嫌味な融資担当にバシッと言ってくれて気持ちよかったです♪

陸王の名前が決定!

紘一は従業員たちの前に立ち『足袋シューズの名前が決まった。』と話す。勝ち虫(トンボ)のロゴが刻まれたそのシューズは陸王と名付けられた。

もっと『天使な履き心地♪ヒザ極楽くん』的な分かりやすいネーミングのほうが良かったんじゃ?

ロゴはトンボよりホモ・サピエンスにしてもらいたかったw

絶対売れ無さそう…^^;

【陸王 第1話の感想 終】

【陸王 第1話評価】
胸キュン度
★☆☆☆☆
スカッと度
★★★★★
 衝撃度 
★☆☆☆☆
 爆笑度 
★☆☆☆☆
 感動度 
★★★★★

総評:山崎賢人の就職祝いがスゴイことになりそう。

陸王 第2話の感想

陸王 第3話の感想

陸王 第4話の感想

「陸王」第4話の感想とあらすじ。市川右團次が演じるシュートレーナー・村野がアツい!

陸王 第5話の感想

『陸王』第5話のあらすじと感想。新商品・足軽大将がバカ売れ(≧∇≦)/

陸王 第6話の感想

『陸王』第6話の感想は放送終了後に更新する予定です。

『陸王』第5話の感想は放送終了後に更新する予定です。

陸王の本

Amazon

「陸王」公式BOOK 明日も元気に働こう!

12/5発売!予約受付中

こちらもチェック♪人気ドラマのレビュー

最新ドラマのストーリーはこちら♪

スポンサーリンク