【陸王】市川右團次が演じる村野がアツい!第4話の感想

●この記事をシェアする

陸王 村野(市川右團次)

『陸王』第4話のあらすじと感想です。

ソール素材「シルクレイ」がついに完成し、進化を遂げた陸王。しかし喜びもつかの間、紘一(役所広司)は裕人(竹内涼真)に会うことすら許されません…。

そんな中、紘一に心強い味方が登場!それは裕人のシューフィッター・村野尊彦(市川右團次)でした。

顔面に説得力ありすぎだと思ってたら、歌舞伎の人なんだねw納得!

市川右團次が登場するたびに『よっ!髙嶋屋』て大向うかけたくなる。

スポンサーリンク

陸王 第4話。村野(市川右團次)が「こはぜ屋」に協力!

陸王第4話(2017年11月12日放送)のあらすじと感想▶ついに陸王が完成!▶引退を迫られる裕人▶村野(市川右團次)がアトランティスを退社!▶裕人がついに陸王を…!

ついに新陸王が完成!

マラソンシューズ「陸王」に採用するソール【シルクレイ】の硬度調整に成功し、ついに進化した新陸王が完成!

「こはぜ屋」社長・宮沢紘一はダイワ食品陸上部へ出向き『茂木選手の足型を取らせて欲しい』と鬼監督にお願いする。しかしいつものように門前払い…。

大地(山崎賢人)と飯山(寺尾聰)の執念が実り、ついに陸王に最適なシルクレイが完成!新たな陸王を手に裕人の元へ向かった紘一でしたが、会うことすら出来ませんでした。

一度「こはぜ屋」に戻ってあの監督をどうやって裕人から遠ざけるか議論したほうがいい。

カレーかタコライス手土産に持ってけば一発スルーw

※監督役の音尾琢真さんの大好物だそうです☺

スポンサーリンク

引退の決断を迫られる裕人(竹内涼真)

その頃 ケガに悩む茂木裕人(竹内涼真)は引退か継続か、今後の進退を迫られていた。アトランティスからのサポートを失った裕人は市販のシューズを履いてがむしゃらに練習を続ける。

そんな裕人にアトランティスのシュートレーナー・村野(市川右團次)は『まずはケガを治せ。俺が必ずお前に合ったシューズを作ってやる。』と約束した。

このまま選手を続けるか、ダイワ食品社員として仕事に邁進するか。人生の大きな岐路に立たされたな。

ちなみに裕人がアトランティスR2のかわりに履いていたシューズはミズノ製でしたが、実は足袋シューズ「陸王」もミズノがドラマのために制作したものです。

いきなり「ミズノも悪くない」とかメーカー名言ってたのはそういう訳かw

ミズノ=Mizunoは大阪市に本社を置く日本の総合スポーツ用品メーカー。アシックスと並ぶ関西のメジャースポーツ用品メーカーの一つ。

ドラマ「陸王」ではシューズやウェア製品など多くのアイテムを提供している。

村野(市川右團次)がアトランティスを退社!

村野(市川右團次)はアトランティス広報部長・小原(ピエール瀧)に裕人へのシューズ提供を申し出る。しかし小原は『あんな不良品に与える靴はない!』と裕人を罵った。

激おこ化した村野はアトランティスを退社してしまった…。

銀行といいアトランティスといい上の人間はろくでも無いヤツばっかりだな。

人相と性格の悪さが一致しててわかりやすいw

カリスマシュートレーナーである村野を失ったアトランティス…。あとあと後悔しそうですね。

市川右團次 プロフィール

【市川右團次 プロフィール】

生年月日:1963年11月26日(53歳)
本名:武田右近
出身地: 大阪府

三代目 市川 右團次(いちかわ うだんじ)は、大阪府出身の歌舞伎役者、俳優。屋号は高嶋屋。2017年1月現在、三代目市川猿之助が主宰する21世紀歌舞伎組の座長を務める。マネジメントは(株)ファザーズコーポレーション。実の妹に藤間左近。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/市川 右團次

紘一と村野(市川右團次)がタッグを組む!

後日、紘一(役所広司)はスポーツ用品店店主・有村に新たな陸王を見せにやって来た。そこにはアトランティスを辞めた村野(市川右團次)の姿も…。陸王を見た村野は『面白い。縫製もゆがみが無くしなやか。足袋屋さんならではの靴。』絶賛!

職を失った村野に『ウチに来ませんか?』と言葉をかける紘一。突然の話に驚く村野だったが、『陸王を世界一のシューズにしたい!』という紘一の夢に賛同し、「こはぜ屋」のアドバイザーとして陸王開発に参加する事を決意した。

村野はさっそく陸王の設計を練り直す。硬さの違う四種類のソールを作ることを提案し、さらに茂木裕人仕様の陸王を完成させるため動き出した。

有村に会うと道が開けるという陸王あるある

陸王開発にあたりミッドフット着地を提案し、今度は村野と紘一を引き合わせてくれた有村。この人なくして陸王の完成はありませんね。

そのうち陸王のCMまでプロデュースしそうw

陸王を履いた裕人!紘一、感極まる!

ダイワ食品陸上部では後に開催されるニューイヤー駅伝の選考会が行われることに。『またケガ再発したら部を辞めてもらう』と言われていた裕人は背水の陣でこのトライアルレースにのぞむ。

そこに現れた紘一と村野(市川右團次)。『良かったら履いてみないか?』と村野に渡された陸王を履く裕人。ついに裕人が陸王を…!必死に涙をこらえる紘一(;_;)

裕人は前回一度 陸王を履いていますが、あの時はまだシルクレイを導入する前でした。ソールの耐久性は格段にUPしてますよ。

今夜もいつもの居酒屋で「裕人が陸王履いてくれた祝い」と称した飲み会が盛大に開かれそうだな。

連日の飲み会コストが経営圧迫してる原因じゃね?w

選考レースがスタート

レースがスタート。選考会とはいえ選手たちはガチ!実践さながらの白熱した展開に。

残り3周となりスパートをかける選手たち。しかし裕人はイマイチ伸びない…。『厳しいか…(> < )』と肩を落とす村野と紘一。

しかし!裕人はスピードをあげ一気に先頭争いへ!『行け!茂木ー!』と紘一の応援も熱が入る。ラスト1周、裕人はついにトップへ…!

その時、突如足を抑え離脱!倒れ込んだ裕人は悔しそうに天を仰ぐ。駆け寄った紘一だったが、声をかけることすら出来なかった…。

もうちょっとで勝てたのに…

紘一が間違えて『行けー!陸王ー!!』って叫ばなくてよかった。

ケガが再発なら退部…。果たして裕人は無事なのでしょうか…?

裕人、陸王気に入ったって♪

レースは終了。ケガの再発が心配された裕人だったが、幸い足がつっただけだという。『この靴のせいです。』と陸王を指す裕人…。ヤベェ表情を浮かべた紘一だったが、裕人は意外な言葉を続けた。

『走っていてこんなに気持ちの良い靴は初めてですw』

一瞬『オワタ』と思った紘一。

今度は紘一がブッ倒れるかと思ったw

陸王の天使な履き心地についオーバーペースで走っていた裕人。足がつったのはこれが原因だった。

そして裕人はついに紘一が待ち望んだ言葉を口にした。

『僕で良ければ正式にサポートして頂けませんか?』

紘一は原型を留めないほど顔をクシャクシャにし、裕人の手をガッチリと握った。『こちらこそ!精一杯力になります!』

その頃、裕人の奮闘を目の前で見ていたアトランティス広報部長・小原は『茂木のサポートを取り戻せ!』と部下の佐山(小籔千豊)に指示をだした。

【陸王 第4話 終】

ついに陸王を正式採用する事になった裕人。努力が報われ涙を流す紘一の姿は感動的でしたね。

今夜の飲み会が居酒屋貸し切りになった瞬間。

また悪さを目論んでるピエール瀧と小籔の顔が悪代官にしか見えないw

【陸王 第4話評価】
胸キュン度
★☆☆☆☆
スカッと度
★★★★★
 衝撃度 
☆☆☆☆☆
 爆笑度 
★☆☆☆☆
 感動度 
★★★★★

総評:また今週も役所広司にもらい泣き(´;ω;`)

陸王の本

Amazon

「陸王」公式BOOK 明日も元気に働こう!

12/5発売!予約受付中

陸王 第5話の感想

『陸王』第1話のあらすじとレビュー。役所広司、竹内涼真共演のヒューマンドラマ!

人気ドラマのあらすじをチェック♪

スポンサーリンク