3年A組 内通者とフェイク動画の作成者は誰?第2話ネタバレ感想

『3年A組 今から皆さんは人質です』第2話あらすじと感想です。※ネタバレあり

生徒の1人・中尾が犠牲となり終了した狂気の第一夜。2日目となる今回、人質となった3年A組の生徒たちに新たな課題が突きつけられます!

景山澪奈へのイジメが始まるキッカケとなったドーピング動画をsnsに投稿したのは誰なのか?疑心暗鬼にとらわれる生徒たちの犯人探しが始まりました…。

体育館が飲み会の場と化してて草…。

内通者の正体も気になりますね…。

【前回までのあらすじ】

魁皇高校3年A組の生徒29人が担任の柊一楓(菅田将暉)に人質に取られ、教室に閉じ込められた。柊先生は解放の条件として『数ヶ月前に亡くなった女子生徒・景山澪奈の死の原因を話し合いにより導き出せ』と要求。

回答期限の午後8時。代表回答者に指名された学級員・茅野さくら(永野芽郁)は『澪奈はドーピング疑惑によるイジメが原因で自ら命を絶った』と回答。水泳部のエースだった澪奈は全国大会優勝後に浮上したドーピング疑惑により世間からバッシングを受けており、クラスでイジメが始まったのだΣ(゚Д゚)

柊先生は茅野の回答を『不正解』とし、クラスの男子・中尾蓮(三船海斗)を殺害した…。

スポンサーリンク

3年A組 フェイク動画の投稿者と内通者は誰?第2話ネタバレ感想

3年A組 内通者は誰?

3年A組 今から皆さんは人質です 第2話ネタバレあらすじ感想です。

-2日目-

朝。ブレイクダンス風体操をノリノリ笑顔で行う3年A組の生徒たち(≧∇≦)/。その中で甲斐隼人(片寄涼太)だけドッチラケた顔してダンス拒否!これを見た柊先生(菅田将暉)はこわーい笑顔でこう言った。

『長生きしたいなら体操したほうがいいよww』

甲斐はキレッキレのダンスを踊りだした。

長生きというより『踊らないと即、死』という意味に聞こえますが…!

汗を気にせず激しく踊りまくる3年A組生徒から『もう二度とお風呂に入ること無いからいーや』というあきらめの覚悟を感じる…。

こんな危機的状況でもGENERATIONS魂を忘れない片寄涼太さんがステキすぎます…。

体育館に集まった刑事と教師たち。そこにカリスマ熱血教師の武智先生(田辺誠一)が駆け込み、柊先生から電話が入ったことを知らせた。

テレビカメラの写り具合を気にしながら柊と会話を始めた武智先生。柊は昨夜、生徒の中尾が犠牲になった事を告げると、郡司刑事(椎名桔平)に変われと要求。

電話に出た郡司はSNSマインドボイスへの寄付が41万円を超えた事を告げ、柊の真の目的を聞こうとする。柊は『それはまだ言えない。もっと注目集まらないとw』と言い電話を切ってしまった。

1人100円の寄付ということは、昨夜から12時間くらいで4000人以上がすでに寄付してる計算になりますね…。反響すご…!

通帳見てニヤけてる菅田将暉さんなんて見たくないです…。

それより調子に乗ってお絵かき始めそうな田辺画伯を早急になんとかしたほうがいい…。

スポンサーリンク

やり逃げX

ゴキゲンな笑みを浮かべ教室に現れた柊先生♪今日の授業は亡くなった景山澪奈(上白石萌歌)がイジメを受ける原因となったドーピング疑惑動画について。

【ネタバレ:ドーピング動画とは?】

景山澪奈が水泳の全国大会で優勝した後、何者かがSNSでドーピング使用を疑わせる動画を投稿した。澪奈は炎上し、これが原因で澪奈へのイジメが始まった。

動画には大会更衣室にある澪奈のロッカーからドーピング薬が発見されたシーンが映されていた。撮影者は不明。

犯人は『やり逃げX』というハンドルネームでこの動画をSNSにアップしていた。柊先生いわく、この動画はフェイク動画で、一部を加工してあるという。

自ら名乗り出ろ!と挙手を求める柊先生。シーン…。手を挙げる生徒はナシ…。

『午後8時までに名乗り出ろ。じゃないと誰かが犠牲になるよ~w』

第二日目の課題は『snsにフェイク動画を投稿した犯人さがし』になったようです。

『やり逃げX』とか頭悪すぎのハンネつけた事がバレるくらいなら爆死したほうがマシ…。

ド変態主人公が活躍するあっち系DVDのタイトルみたいですね…。

柊の元恋人・相楽文香

郡司刑事(椎名桔平)は柊先生の素性を探るため、彼が以前在籍した咲宮高校を訪れた。

校長に話を聞くと『柊先生は恋人に暴力を奮っていた』という衝撃事実が発覚!この恋人は咲宮高校の教諭・相楽文香(土村芳)で、現在自宅療養中だという。

文香の家を訪ねた郡司刑事。出迎えた父親を見てなにかに気がついた。郡司は事件第1日目の夜、このオヤジをやじ馬の中で見かけていたのだ。

『偶然通りかかっただけです』と返す父親。柊先生の事をたずねると、父親は険しい表情でこう答えた。

『あの男は恐ろしい男です』

柊先生のスマホにあった謎の女性の正体は、元恋人の文香だったのですね…。彼女が自宅に引きこもってしまった原因が気になります。

まさかやり逃げされたんじゃ…?

恐ろしすぎますね…。

疑われる川栄李奈

亡くなった澪奈からプレゼントされた”てんとう虫ふうの謎生物が刺繍されたハンカチ”を見つめる茅野さくら(永野芽郁)。そこに宇佐美(川栄李奈)が来て『おいコラ。それ誰からもらったの?』と凄んできた。

澪奈からもらったと知った宇佐美は廊下に飛び出し、ポケットからハンカチを出した。そこには茅野のものと同じ、てんとう虫の刺繍が…!

ネタバレ:てんとう虫のハンカチ

澪奈と仲良しだった宇佐美は、ある時このハンカチをプレゼントした。しかし宇佐美が自分と友達になりたかった理由が『有名人だから』と知り、澪奈は悲しい表情を浮かべハンカチを返していた。

自分のプレゼントを拒否した澪奈が、茅野に同じ柄のハンカチをプレゼントしていた…。激おこ化した宇佐美は柊先生の元に行き『たとえ犯人がいても名乗りでるわけないわい!』と声を荒げた。

ならペナルティで誰かが犠牲になる、という柊に『私じゃなければ構わないwwwww』と返す宇佐美。

なんかもう『私が犯人』って暴露してるようなシーンでしたね…^^;

さよならクロールとさよならエレジーの夢の共演に魅入ってしまいそれどころじゃない…。

人でなし発言してますが、犯人が山本彩さんだったらきっとかばってたはずです…。

柊先生と宇佐美の会話を、廊下にいた茅野と目ヂカラモンスター・諏訪(今田美桜)に聞かれてしまったΣ(゚Д゚)自分だけ助かればいい発言にブチ切れたメジモンは、すかさず宇佐美を犯人扱い!

そこに男子生徒数人が鉄パイプを持って現れ、柊に襲いかかった!

生徒の顔は殴らない優しい柊先生…。

キックは容赦なく急所狙ってきますけどね…。

生徒たちの奇襲!からのフルボッコ(T_T)

柊に襲いかかる3年A組の勇者たち!

実は先ほど生徒の里見と真壁が美術室を訪れたさい2つの食べかけのパンを発見しており、昨夜犠牲となった中尾蓮(三船海斗)は生きているのでは?と疑っていた。『柊に人はころせない』と判断した生徒たちは、爆弾のリモコンを奪う奇襲作戦にでたのだ。

柊がバトルをしているスキに、他の生徒たちは美術室を制圧へε≡≡ヘ( ´Д`)ノしかしドアノブには電流が流れており、中に入ることが出来ない!

そこに現れた柊先生。どうやら勇者たちは返り討ちにあったらしいorz『次ヤラカシたらペナルティだよw』奇襲作戦は失敗に終わった…(T_T)

まさかドアノブに電流まで…!常に生徒の上を行ってますね…。

冷静に考えると生徒VS美術教師のバトルって意味わからん…。

そこだけ聞くと校内最強王決定戦でもやってるの?って勘違いされそうです…。

3年A組ネタバレ 第2話の回答は…?

3年A組 第2話ネタバレの続き

まもなく回答期限の夜8時。作戦を練る3年A組生徒たちだったが、いつしか動画投稿の犯人探しで仲間割れを始めてしまった^^;

ここで茅野さくら(永野芽郁)がクラス中から怪しまれる緊急事態に!『澪奈と一番仲良かったのアンタだし!』

柊先生が教室に現れ、犯人に名乗り出るよう要求。当然だれも立ち上がらない…。『じゃ、裁きねwだーれーにーしーよーうーかーなー…♪』

『命の授業』とはとても思えないほど生贄選びを楽しむ柊先生…。

良い人なのかド悪魔なのかイマイチつかめませんね…。

半分、黒い…。

すると柊先生の携帯に着信が!発信者の名前を見てその表情がこわばる。自宅寮長中の元恋人・相楽文香からだったのだ!

電話に出ると、男の声で『窓の外を見ろ』と言ってきた。校庭を見ると、そこには郡司刑事(椎名桔平)が…!?

『なんで文香の携帯を持ってる!?彼女と会ったのか!?』珍しく動揺する柊先生。

これを見た生徒たちは、チャンスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と言わんばかりに一斉に襲いかかった!!

どうしても菅田将暉のライダーキックを浴びたい生徒たち…。

思い出づくりに余念がないのですね…。

違うと思いますけど…^^;

マウントした柊から腕時計を奪った生徒たち(≧∇≦)/馬乗りになった甲斐はこれまでのお礼とばかりに柊を何度も殴りつけた。しかし!

柊先生は足に巻いていた腕時計をポチっ!ロッカーがドカーン!!Σ(゚Д゚)本物のリモコンはこっちで、腕に巻いていたのはただの時計だったのだ!

あの時計実はちょっと欲しい…

『押したろかw』『先生やめてー!』って1人で遊べそう…。

…その遊び楽しいですか…?

『形勢逆転だほw』

泣きそうな生徒たちを整列させる柊先生。頭上には爆弾が…!ポチるぞ~ポチるぞ~と脅しまくった。

するとイケメンスタイリッシュヤンキー・甲斐(片寄涼太)が声を上げる。『ハッタリだ!おめーには出来ねーよ!だって優しいもん!』煽りまくる甲斐に『試してみる?』と怖~い笑顔を見せる柊先生((((;゚Д゚))))

『止めて!投稿したのは私です!』

名乗り出たのは茅野さくら(永野芽郁)だった。しかしこれはこの場をおさめるための明らかなウソ!『ならログインした時のパスワード教えてw』と聞く柊先生に、答えられない茅野…。

そこに笑い声がこだまする!『バカじゃないの?』宇佐美(川栄李奈)だった!澪奈のドーピング動画をsnsにアップした犯人は彼女だったのだΣ(゚Д゚)

宇佐美が設定したパスワードは『kaho11815』。アルファベットは名前の香帆っぽいですが、数字に何か意味はあるのでしょうか…?

香帆いいパイGO…

やり逃げXにマッチしすぎでは…?

【ネタバレ:宇佐美がドーピング動画を投稿した理由】

澪奈の一番の親友になりたかった宇佐美。しかしプレゼントしたハンカチを受け取ってもらえず、親友の座を茅野に奪われてしまった…。

何かが壊れた宇佐美は澪奈を付け回し、水着を引き裂いたり自宅の窓を割ったりするなど嫌がらせを続けた。

その後『やり逃げX』というハンネでドーピング動画をSNSにアップし、澪奈をさらに追い込んだのだった…。

フェイク動画を撮影した犯人は別!

自ら犯人だと名乗り出た宇佐美。しかしこのフェイク動画を撮影した犯人は自分ではないという。動画が入ったDVDが知らぬ間にバッグに入れられており、それをSNSに上げただけだと言った。

『文句があるなら私に直接言ってよ!』涙を流し声を荒げる茅野さくら。

黙っていた柊先生が口を開く。『同じことを自分にされたらどう思う?』

うるせぇ!と泣きわめく宇佐美の顔面を両手でサンドし、柊先生はこう言った。

『お前に足りなかったのは想像力だ。澪奈の痛みを想像できなかったからだ!』

イジメられる側の気持ちを想像することがイジメ撲滅に繋がる…。柊先生はそう訴えたいようですね。

宇佐美の顔面ごと首ポキってやりそうでヒヤヒヤした…

なんとなく○○妻の東山紀之さんのセリフを思い出しました…。

【補足】柴咲コウさん主演ドラマ『○○妻(まるまる妻)』の最終回で、ヒロイン・ひかりの夫役として出演した東山紀之さんが『私達に必要なのは想像力だ!愛する人を失った悲しみを想像すれば接し方も変わる!』と視聴者に全力で訴えていた。

澪奈の願い

ここで柊は衝撃の事実を話し始めた。亡くなった澪奈は宇佐美を恨んでおらず、すべての責任は自分にあると柊に言っていたのだ。澪奈の願いはただひとつ、宇佐美と真の親友になることだった…。

ひざまずいて号泣する宇佐美を諭す柊先生。『忘れるな。それが”痛み”だ。』

茅野(永野芽郁)は澪奈からもらったてんとう虫ハンカチを差し出し、さらに宇佐美を泣かすセリフをぶちかました。

『澪奈がこれを私にくれた時こう言ってた。この謎虫、私の大事な友達が好きなキャラだって。』

(TдT)

授業を終え教室をさろうとする柊先生。今日は不正解ペナルティの犠牲者はゼロε-(´∀`*)ホッ すると生徒の1人が呼び止め、澪奈の死因がわかったのなら私たちを開放して、とお願いした。

柊先生はこれを拒否!フェイク動画を作った犯人が分かるまで授業は止めないと宣言した。

美術室に戻った柊の元に男子生徒が現れ、『中尾は生きてるんだろ!どこだ!?』と詰め寄った。柊先生はちょっと待て、と言い奥の部屋へ。持ってきたのは人間の手Σ(゚Д゚) 『中尾のだよ~wwwいる?』

『いりません。』生徒たちは逃げるように去っていったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

『なーんてね♪』というセリフから、あの切断された手はフェイクだったと思われます。やはり中尾は生きている…?

『これハンドメイドなんだ…』

手だけに…クスクス(*´艸`*)

会長、笑いの沸点が激低ですね…。

内通者は誰…?

その後、郡司刑事(椎名桔平)から電話をうけた柊は、30人分のおにぎりを届けるよう指示。配達人は警視庁捜査一課の五十嵐(ハウンドドッグ)に決まった。

10分後。暗闇に包まれた第一校舎で二人はご対面。『お前が柊か…。』とはじめましての挨拶をかますハウンド。

その頃、男子トイレである生徒がスマホを取り出し、SNSマインドボイスを起動。”とある魁皇生”というハンネでこう投稿した。

『これから刑事と教師が全面対決するよ』

【3年A組 今から皆さんは人質です 第2話終わり】

まさかの内通者…?いったい誰なのでしょう…!?

ふつーに考えて中尾しかいない…

手だけに…クスクス(*´艸`*)

(まだ引きずってる…?)

3年A組 第2話の感想

3年A組 第2話、いかがでしたか?柊先生の『想像しろ!』という叫びは感動的でしたね。人の痛みを知ってほしいという先生の強い想いが伝わってきました。

さて、今回気になったことは2つ。『フェイク動画を作った犯人』『snsに投稿していた内通者』です。

まず動画作成者ですが、ふつーに考えると澪奈のドキュメンタリー動画を作成していた逢沢(萩原利久)が怪しいかな~と思います。

あの動画は一部が加工されたフェイクだと言っていた柊先生。どう加工されているのかはまだ不明ですが、動画加工に秀でた生徒は今のところ逢沢しか思い当たりません。

犯行が女子更衣室で行われた事を考えると、犯人は女性である可能性も高い…。

怨恨の理由が水泳部エースだった澪奈への嫉妬だとすると、水泳部員の熊沢花恋(堀田真由)あたりも怪しいですね…。

次に、ラストシーンでsnsに投稿した内通者について。顔は写りませんでしたが、やはり有力なのは第一日目で犠牲となった中尾(三船海斗)。彼は柊の協力者なのでは?

支給品のおにぎりを30個用意させたこと(現在の生徒数は中尾と澪奈を抜くと28人、プラス柊で29人。中尾を加えるとちょうど30人)、食べかけのパンが2つあったことなど、中尾生存を思わせるシーンもありましたね。

晩ごはんがおにぎり一個とか、柊先生は兵糧攻めで精神的に追い詰めようとしているのか…?

食欲旺盛な魚住華(富田望生)がおにぎり独り占めしようとして無駄な血が流れそう…。

第1話を見返すと、柊先生が中尾が刺したとき、数秒動きが止まるシーンが有りました。

あの時先生は『協力すれば生かしてやる』と指示し、死んだふりをするよう強要したのかもしれません。

さらに第二話の冒頭で郡司刑事と電話した柊先生が『目的を話すのはもっと注目されてからだ』と意味深なセリフをいっていましたね。

つまり柊先生はこの事件に世間からの注目を求めており、中尾はsnsを使って大衆をあおるという『盛り上げ役』に任命されたのかも知れません。

電話渡された中尾が助けを呼ばないのは解せないけど…。

中尾は最初から協力者だったとも考えられますね…。

とりあえず第2の犠牲者がでなくてホッとした第2話でした。

次回でフェイク動画を作った犯人は判明するのか?そして柊先生が元恋人の文香に暴力を奮っていたという話の真相は明かされるのか?注目ですね!

スポンサーリンク

3年A組 関連記事

ドラマ『3年A組 今から皆さんは人質です』の関連記事一覧です。

3年A組 気になる視聴率をチェック!

2019年ドラマのネタバレとあらすじ情報

2019年最新冬ドラマのあらすじと感想。※ネタバレあり

スポンサーリンク