【あなそれ】仲里依紗のお仕置きと小田原のゲイ疑惑。第7話~最終回のあらすじと感想

●この記事をシェアする

「あなたのことはそれほど」第9話のあらすじと感想です。ネタバレが含まれますのでドラマ未視聴の方はご注意下さい。

キャスト

渡辺 美都(みつ)… 波瑠

有島 光軌 … 鈴木伸之

渡辺 涼太 … 東出昌大

有島 麗華 … 仲里依紗

横山 皆美 … 中川翔子

あなたのことはそれほど 第9話のあらすじと感想

『301号室の渡辺美都はダブル不倫の最低女』

美都を中傷するビラがマンションに撒かれ、近隣住民はあちこちで噂をしていた。一体誰がこんな事を…?

動揺する美都に『今まで通りにして♪』と言う涼太。ご近所さんにも元気に挨拶(≧∇≦)/ 美都との不仲を悟られないよう手を繋いで会社に向かった。

涼太は有島の妻・麗華を待ち伏せし、ビラを撒いた犯人に心当たりがないか訪ねた。実のところ涼太は彼女を疑っていたが、麗華は全く知らない様子。

その頃 涼太の不気味さに耐えかね家を出る決意をした美都は不動産屋で ボロアパート 昭和レトロなアパートを契約。

翌朝、出勤のためいつもどおり涼太と家を出たが、美都はマンションに戻り荷造りを開始。新居の保証人を頼んでいた小田原も到着し、二人は引っ越しの準備に取り掛かる。美都は涼太に黙って家を出るつもりだった…。

涼太との別れを全力サポートしてくれる小田原…。美都は『どうしてそんなに親切に?』と聞く。すると小田原は唐突に彼女の手を取った。なるほど!私の事が好きなのね♥と思った美都だったが、

小田原はゲイ

カミングアウト

と、衝撃のカミングアウト!さらに小田原は大好きな涼太を悲しませた美都を爽やか笑顔でディスりまくる。

あなそれ 第9話のあらすじ

強欲な女

なんで結婚

こんな女

溢れ出る涼太LOVEな気持ちが止まらない小田原。すると部屋の外で物音が。犬のような嗅覚で何かを察知した涼太が家に戻っていたのだ。小田原の告白をガッツリ立ち聞きしていた涼太。気マズ過ぎて言葉が出ない…。

『涼太、美都さんは家を出る。…もういいだろ?』

無言の涼太をあとに、二人は家を出ていった。

新居のアパートについた美都。引っ越しを手伝ってくれた小田原にお礼を言った。

『あとは不倫の代償を一人で噛み締めて』

毒を含んだセリフを言い残し、小田原は帰っていった。

有島の妻・麗華を家のまえで待ち伏せていた隣人・横山(しょこたん)。彼女の家に招かれた麗華はビラを撒いた犯人が横山だと言うことを告げられる。

『浮気されて可哀想に…。私は有島さんの味方よ!あのビラは天罰w』

ハッピースマイル全開で話す横山に、『それは私のためじゃない』と冷めた表情で答える麗華。ニコニコ顔が消えた横山は、結婚生活のストレス解消のためにビラを撒いたことをカミングアウト。そして自分の意見をハッキリ言える麗華に私の気持ちなんて分からないとキレ気味に言った。

翌日 麗華は美都を訪ね勤務先の眼科へ。状況を察した院長の花山は二人をカフェに連れ出した。

『ビラを撒いたのは私の知人でした。申し訳ありませんでした。』

頭を下げる麗華を見て、これが有島君が選んだ人か!すごいじゃん!と妙な感心をする美都。

その後 美都は母が営むスナックへ。『なんで私を産んだの?』と問う美都に『私を選んだ奴がどんな奴か気になったから』と答える母。

アパートに戻った美都はついに妊娠検査薬を使った。結果は陰性。『私は選ばれなかった…』とポツリとつぶやいた。

有島が帰宅すると妻の麗華と娘の姿が見えない。テーブルにあった『実家へ戻ります』のメモ書きを見て、有島は家を飛び出した。

畳の上に寝っ転がり、涼太からのLINEを眺める美都。『晩ごはんはタイカレーラーメンです。』『今度ペットでも飼おうかな。』そこにはいつもと変わらないのんきな言葉が綴られていた。

『私を唯一選んでくれた人…。でも父親になりそこねたね。』

涼太のLINEはこう締めくくられていた。

離婚届、署名して送ってくれたら出しておきます。

その頃 涼太は夜の街をヒーヒー言いながら全力疾走していたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

【あなそれ 第9話 終】

あなたことはそれほど 第9話の感想

『あなたのことはそれほど』第9話、いかがでしたか?

美都のマンションにビラを撒いた犯人はしょこたん演じる横山でしたね。美都と有島の不倫現場を偶然目撃した彼女は夫婦関係のストレス発散のため、今回の騒動を起こしたようです。

麗華に気に入られたいという気持ちもあったんだな。結果的に『大きなお世話』だったけど。

妻を相手にしないキモ夫にも責任があると思うけど。なんか話し相手が欲しかったって考えるとちょっと可哀想

話しを立ち聞きしていた夫はかなりショック&反省しているようでしたね。これを機に妻の意見に耳を傾けるようになってくれれば良いのですが…。

そして今回のサプライズといえば小田原のゲイ発言!いきなり美都の手を握ったので、『そっちか!』と一瞬思いましたが、想いを抱く相手は涼太でした…。

涼太と付き合いたいとかじゃなくて、幸せな涼太を見ていたいってセリフにキュンと来たわw

さすがの涼太も返答に困ってたな。というかこれから職場で超絶気まずそうだが。

愛する妻に家を出て行かれ、親友からまさかのカミングアウト…。

夜の街を全力疾走して気を紛らわしていた涼太ですが、その胸中は複雑でしょうね…。

ニット帽被ったコンビニ強盗が全力で逃げてるのかと思ったw

職質レベルの怪しさだったな。

美都が最後に言った『私を選んでくれたのは涼太だけだった』というセリフ。妊娠が気のせいだとわかった今、涼太とヨリを戻す気になったのでしょうか…?

そして『離婚届を出しておく』と言った涼太。これは本心なのか、それとも…?

次回の「あなそれ」はいよいよ最終回!この炎上泥沼ダブル不倫ドラマはどんな結末を迎えるのか。注目ですね!

とりあえずカニ部屋を超える強烈インパクトな演出に期待だな。

美都がマンションに帰ると大量の柴犬が…w

3ページ目▶『あなそれ』最終回のあらすじと感想

1ページ目▶『あなそれ』7話~9話のあらすじと感想