【ブラックリベンジ】花束のメッセージカードから見える入山と北里の関係。第9話

●この記事をシェアする

ブラックリベンジのメッセージ

『ブラックリベンジ』第9話のあらすじと感想です。

ついに福島への復讐を果たした沙織♪しかし寺田圭吾の死、そして沙織の復讐は全てある人物が仕組んだものでした…。

この背景には25年前に死亡した北里玲奈という女子中学生が大きく関わっている事が判明!沙織を憎む人物、そしてその動機とは…?

まさか福島があんな高難度の背面ダイブで散るとは…。

姉の夫と不倫して子供まで作ったゲス妹の最期が猟奇的すぎて震えたw

スポンサーリンク

ブラックリベンジ 第9話。花束のメッセージカードから浮かび上がる入山と北里の関係

ブラックリベンジ第9話(2017年11月30日放送)のあらすじ◆天満のリベンジ◆綾子と糸賀の出会い◆花束に添えられたメッセージカード◆綾子がお花に囲まれて…

【登場人物】

今宮沙織(本名:石山美幸)…亡くなった寺田圭吾の妻。

糸賀朱里(本名:入山灯里)…沙織の精神科医。

福島…週刊星流の編集長。

天満…週刊星流の元編集デスク。

石山綾子…沙織の妹。

天満のリベンジ(≧∇≦)/

寺田圭吾を死に追いやったスキャンダル記事を捏造した週刊星流編集長・福島(佐藤二朗)。復讐に燃える圭吾の妻・沙織(木村多江)はテレビに出演し福島の捏造を激白!

その結果、福島は大炎上(≧∇≦)/週刊星流は世間からバッシングを受け廃刊。三十年の歴史に幕を閉じた。

何もかも失った福島の元に現れた元編集デスクの天満

『悪かった!助けてよ!ベストパートナーだろ!』と懇願する福島に、天満は思いっきり見下した目でこう言った。

『俺があなたをこれからも追い込みます。どこに逃げてもすぐ分かる。ベストパートナーですからw』

天満、勝利のドヤ顔www

再就職の励みになるな

ついに復讐を終えた沙織!しかも星流ごと潰すという大勝利となりました。巻き添えをくらった元同僚たちがちょっと可哀想ですが…^^;

スポンサーリンク

綾子と糸賀の出会い

糸賀(鈴木砂羽)のクリニックを訪れた沙織の妹・綾子(中村映里子)。復讐を終えた姉の様子がおかしい事を指摘し、『先生、おねーちゃんを助けてあげて!』とお願いした。

すると糸賀は綾子と初めて会った時の事を話し出す。偶然と思われていた二人の出会い…、しかしこれは糸賀が綾子を利用するために仕組んだものだった。驚く綾子に、糸賀はこう言った。

『もう1つだけあなたに大切な役割があるの…。』

糸賀を沙織に紹介したのは綾子。つまり糸賀は沙織のカウンセラーになるために綾子に近づいた、ということになります。糸賀がいう『大切な役割』とは…?

一時は沙織の味方だと思ってた糸賀だけど、完全に騙された。全てはこの美魔女の計画だったか…。

でもなんで糸賀が沙織に復讐したいのか、その動機が不明だね。あの北里玲奈とかいう屋上ダイブ女子生徒が関係してそうだけど。

花束に添えられたメッセージカード

糸賀を調査していた逃亡中のバーテンダー・高槻は、彼女の本名が『入山灯里』という事実を突き止めた。ネットで灯里の母校・恵蘭中学校を検索すると、「北里玲奈」という女子生徒が飛び降り自殺をはかった記事を発見。

この中学校を訪れた高槻は、屋上で花束を見つけた。

花束にはメッセージカードが添えられており、こう書かれていた。

『Akari Iriyama & Reina Kitazato』

花束のメッセージカード

この中学校はすでに廃校となっていました。北里玲奈が死亡したことで学校の評価が落ち、廃校に追い込まれたのかも

糸賀のパパがこの学校の校長で廃校後に自殺。その原因となった沙織を恨んでる、って線もありそうだな。

あんな心霊スポットみたいな廃校に夜中1人で忍び込む高槻のメンタルが強すぎるw

黒幕は…糸賀!

福島から電話を受けた沙織は彼が待つビルの屋上へ。ここは福島が新人記者だった頃、よく来ていた場所だという。

『お前の復讐は永遠に終わらない。お前は踊らされているんだ。』と意味深発言をかます福島。彼は5年前、沙織の夫・圭吾を陥れた真相を語りだした。

福島は5年前、差出人不明の封筒を受け取った。中には当時 大臣候補だった寺田圭吾の金銭授与の証拠となるデータが入っていた。

福島は圭吾のスキャンダル記事を星流に掲載。星流はバカ売れし、福島は会社の救世主となった。

その後、書類の差出人と思われる人物から電話が。『あのデータは全て嘘。あなたは記事を捏造したの。バレたら星流は終わりね。』

動揺する福島に、電話の主はこう言った。『来週号に寺田圭吾の記事をもう1つ載せなさい。そうしたら黙っててあげる。』

福島は愛原サユミ(芹那)と共謀し、圭吾の不倫スキャンダルを捏造。星流はまたも売上を伸ばしたが、寺田圭吾は自ら命を絶ってしまった…。

ショックを受ける沙織に、福島はさらなる衝撃の事実を告げた。

『電話をしてきたのは、糸賀朱里だ。』

全てを話し終えた福島は、『よく見とけ。お前が俺を殺したんだ。』と言いビルから飛び降りた。

圭吾、城田(DAIGO)、北里に続く3人目の落下死wよく落ちるねこのドラマ

今どき屋上に柵がないビルを探すのも大変そうだが。

これも福島なりの沙織への復讐なのですね。そして寺田圭吾を死に追いやったのはやはり糸賀でした。福島は彼女に操られていたようです…。

高槻、魂のシャウト虚しく確保w

真相を確かめるため、糸賀のクリニックに車を走らせる沙織。その姿を目撃した高槻が駆け寄る…しかし、タイミング悪く刑事に見つかり、取り押さえられてしまったOTZ

『あの人に会っちゃダメだ!沙織さ~ん!!』

高槻の魂のシャウトがこだまする中、沙織は全く気づかずに糸賀の元へ向かった。

結局かんじんな事は何一つ沙織に伝えられないまま高槻は塀の中へ

沙織への恋心も実らず。結局 視聴者へちょいちょいヒントをくれるだけの役だったな。

高槻は糸賀の正体にたどり着いたようですね、『会っちゃダメ』というセリフからも糸賀は相当危険な人物だと想像できます。糸賀は沙織に何をする気なのでしょう…?

綾子がお花に囲まれて…

糸賀のクリニックに到着した沙織。暗い室内に入ると突如 圭吾のベランダダイブ動画がスクリーンに流れた。

映像が終わると沙織は椅子に座っている人物に気づく。近寄った沙織は目を疑った。

無数の花に囲まれ微動だにしないその人物…妹の綾子だった。

すでに死亡している綾子の右手にメッセージカードが。

『私の事 思い出した?

思い出せなかったら、悠斗をころします。25年前、あなたがしたように…。』

動揺する沙織の脳裏に、25年前の記憶がよみがえった…。

【ブラックリベンジ 第9話 終】

最強ビッチの死に方がサイコすぎるwww

妹役の中村映里子は前日の『奥様は取り扱い注意』でも死んでたぞ。違うドラマで2日連チャンとは…。

25年前に死亡した北里玲奈。彼女の死の原因が沙織にあり、これこそが糸賀の復讐の動機でした。沙織は北里に何をしたのでしょうか…?

ブラックリベンジ 第9話まとめ

ブラックリベンジ第9話、いかがでしたか?

福島編集長と綾子の死…。予想外の展開にかなり驚きました。そして寺田圭吾のスキャンダル捏造ははじめから糸賀(鈴木砂羽)が仕組んだものであると判明!

全ては糸賀による沙織への復讐だったのです。

【糸賀の復讐のプロセス】

糸賀(入山灯里)は25年前、中学の同級生・北里玲奈が死亡した事で沙織を恨んでいた。

復讐計画を実行すべく、糸賀は福島を利用して沙織の夫・寺田圭吾を死に追いやる。

糸賀は沙織をマインドコントロールし、福島への復讐を後押し。これにより沙織の人生は破滅。

さらに和解の方向に進みそうだった妹・綾子を奪うことで、沙織は愛する人を全て失った。

沙織だけじゃなく家族まで巻き添えにするとは、糸賀の恨みは相当なものだな。

周りの人間から徐々に陥れて、最後のデザートに沙織をとっておくところに糸賀の闇を感じるw

肝心の糸賀が沙織を憎む動機ですが、花束に添えられたメッセージカードから察するに、北里玲奈と入山灯里(糸賀)は中学時代、恋仲のような関係だったのでは。

例えば二人が教室でキスをしている所を沙織が目撃し、それを周囲に話した。噂は学校中に広まり、北里はそれを苦に屋上からダイブ。

最愛の相手を亡くした糸賀は、沙織の一番大切な人を奪おうと復讐を決意した…。

…まぁ単純に沙織が北里をイジメていた、という事も可能性としてはありますが。

25年も計画を実行に移さなかったのは、沙織が結婚するのを待ってたのかも。

一番幸せな時にドン底に叩き落とす的なw糸賀、ブラックすぎw

次回はいよいよ最終回!復讐を果たした沙織が、まさかの復讐される側に…。

25年前の真実、綾子の息子・悠斗の行方、そして糸賀はどう沙織に償いをさせる気なのか…。まったくハッピーエンドが想像出来ませんね!

みんな死んで終わり

残された悠斗は天満が育てるしかないな。

【ブラックリベンジ 第9話評価】
胸キュン度
☆☆☆☆☆
スカッと度
★★★☆☆
 衝撃度 
★★★★★
 爆笑度 
★☆☆☆☆
 感動度 
★☆☆☆☆

総評:福島の死に様がちょっとカッコよすぎでは…^^;

ブラックリベンジ 気になる視聴率は?

ブラックリベンジ 最終回のあらすじ

ブラックリベンジ 最終回の感想

ブラックリベンジ最終話。沙織の最後のセリフの意味。バーテン高槻の手紙の内容とは!?

スポンサーリンク