「 カインとアベル 」

2016年10月スタートの月9ドラマ『カインとアベル』。旧約聖書『創世記』第4章に登場する兄弟をモチーフにしたヒューマンラブストーリー。日本を代表する企業の御曹司として生まれながら劣等感に苛まれる高田優(山田涼介)、そして成績優秀な兄・隆一(桐谷健太)。相対する二人の生き様と葛藤、愛への飢えを描いた人間ドラマ。

原作 : 旧約聖書 創世記 カインとアベル
脚本 : 阿相クミコ

【主な登場人物】

高田優:山田涼介
24歳。高田地所入社2年目の営業マン。明るく優しい性格。父からの寵愛に飢え、優秀な兄へコンプレックスを抱えている。

高田隆一:桐谷健太
32歳。高田地所の副社長で優の兄。父の期待を一身に受け経営者になるべく育てられる。優の成功に嫉妬しはじめ…

高田貴行:高嶋政伸
55歳。高田地所社長。早朝の竹刀素振りが日課。仕事には厳しいが息子たちの幸せを第一に考える良き父。

矢作梓:倉科カナ
28歳。高田地所の女性社員で隆一の婚約者。独裁的な隆一に不安を覚え、いつしかその目は優に向けられる…。

柴田ひかり:山崎紘菜
24歳。高田地所営業5課の社員。優に想いを寄せるがなかなか告白できず悩む日々を送っている。優のセットした髪をグシャグシャにするのがクセ。

カインとアベル最終回。イルミネーションのロケ地とマネージメントバイアウト

カインとアベル最終回。イルミネーションのロケ地とマネージメントバイアウト

月9ドラマ『カインとアベル』最終回(第10話)のあらすじと感想。釈放された優(山田涼介)は高田地所存続をかけある秘策に打って出る。マネージメントバイアウトとは?優がひかりにキスをしたイルミネーションのロケ地も判明。カイアベのラストは…

2017年01月18日 06時19分