セシルのもくろみ【第3話あらすじ】吉瀬美智子が演じるハマユカのダークな家庭問題が明らかに

●この記事をシェアする

セシルの目論見 ハマユカ役の吉瀬美智子

セシルのもくろみ第3話のあらすじです。

モデルとしての成功を心に誓った奈央(真木よう子)。憧れのトップモデル・ハマユカ(吉瀬美智子)と親交を深めますが、ある日彼女の家を訪れた際 気まずいシーンを目撃してしまいます。

ハマユカの複雑な家庭事情を知ってしまった奈央がとった行動とは…?

いつもエレガントなハマユカがあんな爆弾を抱えてたとは…。

奈央VSヘルシオにも吹いたw

セシルのもくろみ 前回までのあらすじ

ファッション誌『ヴァニティ』の読者モデルとなった宮地奈央(真木よう子)。彼女を担当するライター・沖田(伊藤歩)が勝手にインスタグラムを開設したことで激怒し一時はモデルを辞めると言い出したが、超絶負けず嫌いな奈央は再びヴァニティに戻ってきた。

ある日、憧れのトップモデル・ハマユカ(吉瀬美智子)の家を訪れた奈央は、門の前でハマユカと家族がモメている現場を目撃してしまう…。

スポンサーリンク

セシルのもくろみ 第3話のあらすじ

『セシルのもくろみ』第3話(7/27放送)のあらすじです。

ヴァニティのトップモデル・ハマユカ(吉瀬美智子)のゴージャスすぎる豪邸を訪れた宮地奈央(真木よう子)は 門の前で衝撃の現場を目撃してしまう。泥酔し家の前でぶっ倒れている夫・和真、そして家庭よりも仕事を優先するハマユカにブーブー文句を言う義母…。

どうやらハマユカの家族は色々と問題を抱えているようだ…。

ハマユカと目が合った奈央は気まずさのあまりクルッとUターン!そのまま帰ってしまった…。

無言で帰る方がよっぽど気まずくなる気がするけどw

『もう1軒行こー♪』なんてTHE・酔っぱらいセリフ、コント以外で聞いたこと無いぞ。

トップモデルと小説家…。人も羨むセレブ夫婦も裏では色々あるんですね…

スポンサーリンク

ハマユカは夫からDVを受けていた!

後日、ハマユカが「ものもらい」のため一週間分の撮影をキャンセルしてきた。不審に思った奈央はハマユカの家へダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ対面するなり『失礼します!』と言い、彼女がしていた眼帯を外した。ハマユカの左目には殴られたようなアザが…。

『旦那さんにやられたんですよね!?』

ハマユカを警察に連れて行こうとする奈央。しかしハマユカは『必要ない。』と拒否!すると奈央は買い出しにいけないハマユカの代わりに夕食を作ると言い出した。

昼間から大酒のんで妻に暴力ふるう夫。クズっぷりがハンパない

奈央みずから旦那をプールの底に沈めるかと思った

奈央にも家族がいますからね…。

奈央が作ったのは挽肉に味噌とマヨネーズを混ぜたハンバーグ。付け合せにポテサラを作ろうとした奈央に、『ハンバーグに合う一品ですね!』と何者かが喋りかけた。『だ、誰だ!?』と驚く奈央。喋りかけたのは人工知能搭載のウォーターオーブン「ヘルシオ」。

奈央は『メッチャ未来ですねΣ(゚Д゚)』と衝撃を隠しきれないw

ヘルシオに話しかけられて『誰だ!?』って返すかフツー?w

逆に驚くヘルシオ。

ヘルシオって喋るんですね…(知らなかった^^;)

夕食後、2人は庭で花火をし盛り上がった。夫に暴力を振るわれているハマユカ。小説家である夫はスランプ状態で、書けないストレスで酒をガブ飲みし、ハマユカに辛く当たっていたのだ。しかしハマユカは『息子が生まれた後、モデルに復帰する私の背中を押してくれたのは夫なの。』と夫を擁護した。

奈央の悪魔のアイデア!沖田がモデルデビュー?

ハマユカが抜けた穴を埋めるため、ヴァニティ編集部は混乱を極めた。編集デスクの黒沢(板谷由夏)は読者モデルを起用した新たな企画を提案するよう沖田たちライターに命じた。

沖田(伊藤歩)と奈央はエクササイズとレジャーを組み合わせたコーディネート紹介を企画。しかし問題が発生!沖田がスカウトした新規読者モデルに逃げられ、あと一人足りない状況に。すると奈央があるアイデアを思いつきニヤリと笑った( ̄ー ̄)

カメラの前でぎこちないポーズを決める沖田。奈央のアイデアとは沖田をモデルとして起用する事だった。慣れないポージングに悪戦苦闘する沖田。ガチガチの引きつった笑顔の沖田をディスりながら笑い飛ばす奈央w

第1話でバカにされたからリベンジw

毎日モデルの撮影見てるのに、いざ自分がやるとなると難しいもんだな

奈央は音楽に合わせてノリノリで撮影に望んでましたね。すっかり慣れたようです。

ハマユカのスキャンダルが週刊誌に!

翌日、朝からヴァニティ編集部員たちがザワついていた。ハマユカの夫がアルコール依存症でありDVをしているという事実が流出し週刊誌に載るというのだ。

『代わりのカバーモデルを探そう。』

スキャンダルの飛び火を恐れ、ハマユカを切ろうとする副編集長や部員たち。それを聞いた奈央は烈火の如くブチ切れた

『何なんだよお前ら!使い捨てみたいに言いやがって!』

激おこで編集部を飛び出した奈央。彼女の暴言を全力で謝罪する沖田。

一介の読モが副編集長に向かって『お前』はヤバイだろ。

毎回1度は奈央のブチギレシーンがあるようですね…。

吠えまくる飼い犬の後始末に追われる沖田w

そして週刊誌の発売日。一体どんだけボロクソに書かれているのか?ページをめくる奈央……しかし!ハマユカの記事はどこにも掲載されていなかった。作家であるハマユカの夫のマイナスイメージは出版社にもダメージを与えかねない、そう判断した週刊誌側は記事の掲載を見送ったのだ。

大人の都合で記事はお蔵入りになったようですね。まぁ結果オーライってことで。

ハマユカが動画を駆使して旦那をディスる展開になるのかも

それはダークサイドに堕ちたマツイ棒の人

ハマユカの決意とプロ根性!

週刊誌掲載が回避されとりあえずホッとした奈央だったが、ハマユカの幸せを考えるとDV夫を世間に公表し離婚したほうが良かったのかも…という想いが湧き上がってきた。

目の腫れが治まり撮影に復帰したハマユカ。奈央は彼女を屋上へ連れ出し、本心を探った。

『ホントは我慢してるんじゃ?離婚したいのにヴァニティのために別れられないんじゃ…?』

ハマユカは奈央をまっすぐ見つめ、こう答えた。

『ハマユカ=ヴァニティなの。そしてハマユカ無しに浜口由華子は存在しない。私は何も手放すつもりはない。』

私生活よりブランドとしての自分の存在を何よりも優先させる。これがハマユカが選んだ道だった。

現場復帰したハマユカの撮影を見学する奈央。カメラの前でとびきりの笑顔とともに次々とポーズをキメるハマユカの姿に、奈央はトップモデルの生き様を見た。

【セシルのもくろみ 第3話 終】

いつも優しくてニコニコしているハマユカですが、モデルとしてのプライドと覚悟は想像を越えたものがありましたね。

DV夫は放置で良いわけ?またアザ付けられたりしたら モデルの仕事にかなり影響出そうだけど

ハマユカの息子が『愛してたって秘密はある』みたいな事件を起こさなきゃいいけど…

セシルのもくろみ 第4話のあらすじ
「セシルのもくろみ」第4話のレビュー。専属モデル昇格を巡り葵(サトエリ)が大ゲンカを!

セシルのもくろみ 関連記事

ドラマ『セシルのもくろみ』の原作紹介やレビュー、各話のあらすじなど。※ネタバレ注意

セシルのもくろみ 第1話のあらすじと感想
真木よう子主演ドラマ『セシルのもくろみ』第1話のストーリーとレビュー。平凡な主婦がいきなり読者モデル!?
セシルの目論見 第2話のあらすじ
『セシルのもくろみ』第2話のあらすじ。吉瀬美智子が演じるカリスマモデル・ハマユカの家に奈央がやって来た!
セシルのもくろみ ネタバレ
真木よう子主演ドラマ「セシルのもくろみ」原作のあらすじをご紹介。ネタバレ注意。最終回の結末は意外にあっさり?

スポンサーリンク