わたし旦那をシェアしてた 感想と黒幕予想。犯人は刑事か、それとも秘書?

「わたし旦那をシェアしてた」第1話から最終話までの感想と黒幕予想です。

最愛の夫が3人の妻と事実婚をしていた!という驚愕ストーリーが話題の「旦シェア」!夫が残した遺産3億円をゲットするのは誰なのか!?

最新話の感想は放送終了後に更新する予定です。

わたし旦那をシェアしてた 感想と黒幕

スポンサーリンク

わたし旦那をシェアしてた 第1話の感想と黒幕予想

『わたし旦那をシェアしてた』第1話の感想と黒幕予想です。

死亡した夫には3人の事実婚妻がいた…!衝撃の展開でスタートした『旦シェア』。

冒頭の病院シーンで警察と妻たちの『奥さん連れてきました』『…もう来てますけど?』のやりとりに早くも爆笑でした!危篤状態の恭平を前に不謹慎すぎでは?と一人でツッコんだりw

もっと重いドラマかと思ってましたが、コントかよ!と思えるシーンが満載で、いい意味で裏切られました(笑)

  • 『わたしが妻1よ!これだけは譲れない!』という妻たちのプライドバトル。
  • ウェディングドレス着て写真撮った場所が、他の二人は海外なのに、『なんで私だけ日本orz』と撃沈するシーン。
  • 3億円の札束を持ってきた管理人が『30キロあるのよ♪』となぜか重量をドヤるシーンw

妻たちは『(事実婚とか)カタチなんてどうでもいい』なんてカッコよく言ってたのに、札束を見た瞬間 目の色を変えて『私が妻よ!』と主張!『そこはカタチにこだわるんかい!!』(笑)

さて、第1話から謎多すぎの『旦シェア』。

  • 恭平はなぜ3人の妻をローテーションしながら事実婚を続けていたのか?
  • 犯行グループが恭平を襲った理由。
  • 恭平の『唯一の身内』とは誰なのか?
  • 塚本刑事(渡辺真起子)が事件に執着する理由(恭平はただの知人ではない?)。
  • 謎の管理人・染谷文江(夏木マリ)の正体。
  • 行方不明の婚約指輪は誰が持ち去った?
  • なぜ恭平は3人の妻をシェアハウスで共同生活するよう遺言したのか?

やはり一番の謎は『誰が恭平を襲撃させたのか?』という謎ですね。

スポンサーリンク

第1話の考察。黒幕は誰?

恭平を襲った犯人はすでに顔バレしていますが、この裏には犯行を依頼した黒幕がいるはずです。それは誰なのか…?

犯行グループは『お互い身元を明かさない』という条件で集まった、いわば『寄せ集め』であることが判明しています。

彼らは裏サイト『なんでも請負人』に投稿された『女の敵、天谷恭平に天誅を』という書き込みを見て、金目当てで襲撃依頼を受けたのです。

襲撃依頼をした黒幕は誰なのか?予想してみました。

黒幕予想1 犯人は妻の誰か

黒幕候補としてまっさきに考えつくのが、3人の妻のうちの誰か。

恭平の知人だという塚本刑事(渡辺真起子)は『恭平の”本命”を知った妻の一人が、嫉妬で犯行に及んだ』と推理していましたが、まさにこれが一番しっくりきますね。

問題は誰なのか、という事ですが、怪しいのは一番収入が少なそうな保育士・藤宮茜(岡本玲)。他の二人は恭平に頼らずとも生活できる地位にいるので、フラレて一番ダメージがあるのは茜ということになります。

若さを武器にしていた茜が、オバさんに負けるなんてプライドが許さなそうですしね^^;

黒幕予想1…犯人は藤宮茜(岡本玲)

黒幕予想2 犯人は取引相手?

次は恭平の仕事関係の線。恭平は一代で【AGGコーポレーション】という会社を築いた豪腕社長で、会社を急成長させるため、かなり危ない橋を渡ってきた可能性があります。

過去に恭平に会社を潰された人物、仕事上で犠牲になった人物が黒幕であることも十分考えられます。

黒幕候補1…仕事がらみで恭平に恨みを持つ人物。

黒幕その3 塚本刑事が犯人?

次に考えられるのは、いろいろ裏がありそうな塚本刑事(渡辺真起子)。

彼女が『第4の妻』ということも考えられるし、最後の居酒屋の回想シーンを見ても、恭平に思いを寄せていた感じがします。

公式サイトを見ると、塚本刑事は過去に『警察内部の不正を暴露し、出世への道を外された』とあります。つまり塚本は正義感が強く曲がったことが大嫌い。恭平が自分の他に3人もの女と交際していた事を知り、激情して犯行に走ったとも考えられます。

管轄外のこの事件に首をツッコんでいるのも、自分に疑いの目が向かないよう裏で捜査を撹乱する目的があるのかもしれません。

黒幕候補3…攻めた髪型の塚本刑事。

塚本刑事は恭平の姉弟という考察

塚本刑事は黒幕などではなく、恭平の身内である可能性もあります。

恭平の秘書・浅野真紀(磯山さやか)が『社長の葬儀は唯一の身内がします』と言っていましたが、この身内が塚本刑事なのかもしれません。(奥二重なトコとか似てるし)

年齢的に塚本=46歳、恭平=41歳で、姉弟だとしても不自然ではありません。『犯人は絶対私が捕まえる!』と力強く宣言していたのも、弟を失った悲しみゆえのものなのかも。

ただ、晴美(小池栄子)が身内の事を浅野真紀に聞こうとしたとき、真紀が言葉を濁していたのが気になりました。

もし塚本と恭平が姉弟という関係だったとしても、なにか公にできない裏の事情があるのかもしれません(実は恭平の両親も事実婚で、塚本は連れ子で血の繋がりは無い、とか)

第1話の感想まとめ。黒幕は秘書!

いろいろ予想してみましたが、第1話時点での黒幕予想は消去法で、秘書の浅野真紀(磯山さやか)にしときます。

消去法で、と書いた理由は、3人の妻の中に黒幕はいない気がしたからです。塚本刑事も怪しすぎるので逆に無いかな~と。

僕の考えた結末はこうです(妄想)。

そもそも、恭平は3人の妻と結婚する気はなかった。彼女たちと事実婚を始めた理由は、『辛い過去を背負う彼女たちを癒やしてあげたかった』『女性としての輝きを失ってほしくない』という優しさによるもの。

ここには、恭平がシングルマザーの母に育てられたという背景があるのかもしれません。

で、恭平には3人以外の本命がいて、婚約指輪もその人に贈る予定だった。三億円の遺産は事実婚妻たちへの手切れ金を兼ねた、未来への支度金だったのです。

晴美は『白黒つける!』と息巻いて三等分案を却下していましたが、やはり3人いて3億、という切りの良いお金が用意されていた理由は、最終的にキレイに三等分される結末に繋がるからだと思います。

ここには『愛した人の想い(のこもったお金)をシェア』という意味もあるのかな、と。

そして、遺言により3人の妻が共同生活をすることになりましたが、この目的は『自分が亡くなった後、その悲しみを癒やしてもらうため』ではないでしょうか?

悲しみをシェアすることで、人は『辛いのは自分だけじゃない』と思い、少し気が楽になるものです。さらに、遺産相続バトルを強いることで、強く前向きに生きる事が出来ます。

3人の共同生活の裏には、『僕がいなくなっても前向きに生きてほしい』という恭平の優しい想いが秘められているのかも。

そもそもシングルマザー専用のシェアハウスを建てた当初の目的も、様々な理由で苦労している世間のシングルマザーたちの救いになりたい、という思いがあったのかもしれません。

恭平は周囲に愛を振りまく、天使のような男なのです!(同時交際が良いとか悪いとか、恭平の大義の前ではささいなことなのです!笑)

恭平の本命も秘書

で、恭平が愛した本命ですが、ズバリ黒幕候補筆頭の、秘書の浅野真紀(磯山さやか)です。

恭平は裸一貫で会社を築いた時、そばでずっと自分に尽くしてくれた部下の真紀に惚れ、真紀もまたデキる社長に憧れていたのです。

しかし!真紀は恭平が事実婚をしていたことを知り、激しく嫉妬します。恭平は3人と手を切り真紀を正式に妻にしようと思っていましたが、真紀は自分が本命だと知らずに、裏サイトを通して恭平を殺害しちゃたのです(早まったー(T_T))

恭平が死の間際、わざわざダイヤの鑑定書を届けさせた理由は、『犯人が指輪を持ち去った』という事実にたどり着いてほしかったからです。そして後に、指輪を持ち去ったのが真紀であることが判明します。

ここに小池栄子vs磯山さやかという、グラビア出身女優対決という構図があるのは言わずもがなです。(ないわ!)

結末は『真紀が逮捕され、3人の妻がそれぞれ一億円ずつもらうハッピーエンド』となる気がします。

ただ、このブログの読者さんなら薄々感じてると思いますが、僕の結末予想はこれまで的中したためしがありません^^;自信を持って言えます。『今回も盛大にハズしてる』と\(^o^)/

ひとつ、ヒントになるかは不明ですが、『木曜プラチナイト』枠で放送される深夜ドラマは『一番怪しくない人物が実は黒幕』という傾向が強いです。(木村多江主演『ブラックリベンジ』、山口紗弥加主演『ブラックスキャンダル』など)。

なので今回のドラマも予想を大きく超える結末が待ち受けていそうですね。

第2話の放送も楽しみです♪以上『わたし旦那をシェアしてた』第1話の感想と黒幕予想でした~(^_^)/~

わたし旦那をシェアしてた 第2話の感想

スポンサーリンク

わたし旦那をシェアしてた 関連記事

スポンサーリンク