【dele】山田孝之の正体。圭司の過去や父親のネタバレ!ディーリー

この記事には【dele】結末に関する重要なネタバレが含まれます。

ドラマ『dele ディーリー』に登場する車椅子の男・坂上圭司(山田孝之)の正体を原作小説よりご紹介します(ネタバレ注意!)。

『依頼人の死後、見られたくないデータをデジタル端末から削除する』という仕事をしている事務所【dele.life】の所長である圭司。一体彼はなぜこの事務所を設立したのか?そして相棒となった真柴祐太郎(菅田将暉)との意外な関係とは…?

スポンサーリンク

dele 山田孝之(坂上圭司)の正体と過去

dele 山田孝之の過去

ドラマ【dele ディーリー】山田孝之さん演じる坂上圭司の正体と過去のネタバレ

坂上圭司はこんな人!

ドラマ【dele】で山田孝之さんが演じている車椅子に乗った凄腕プログラマー・坂上圭司(さかがみ けいし)。データ削除を専門に行っている個人事務所dele.life(ディーリードットライフ)の所長です。

  • 年齢は33歳(原作小説では年齢非公開)
  • 大学で工学を専攻し、デジタル技術を学ぶ。
  • dele.lifeと契約した依頼人のデータを削除するためのアプリを開発。このアプリは【モグラ】と呼ばれる圭司しかアクセスできないパソコンでのみ起動し、このアプリを通じ遠隔操作でデータを削除している。
  • 車椅子に乗っている理由は、高校生の時に発病したある病が原因(詳細は以下で解説)。
  • 母親は健在だが父親はすでに他界。姉の舞(ドラマでは麻生久美子が演じる)は亡き父の後を継ぎ弁護士として活躍している。
  • dele.lifeの事務所が入っているビルは圭司の父親が所有していたものであり、父が亡くなった際 圭司と舞はこのビルを受け継いだ。
  • パートナーとなった祐太郎(菅田将暉)には『ケイ』というあだ名で呼ばれている。
  • 仕事に関しては超がつくほど真面目。以前 祐太郎が職場に飼い猫を連れてきたいと提案した時『仕事に敬意を払え!』と一喝した。
  • 依頼主が消したいデータは極力見ないように心がけている。これは『データはその人の最も弱くて柔らかい部分。むやみやたらに触れるのは死者を冒涜する行為。礼儀の問題だ。』と考えているため。

性格:頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男。旺盛な知識欲を持つ。

引用:ディーリー キャスト

姉の舞はdele.lifeの顧問弁護士でもあり、何か問題が発生した時は姉が顧客との間に入って問題解決に導くこともあります。また舞の顧客を圭司に紹介する事もあり、姉弟が協力して仕事をしている様子が伺えます。

スポンサーリンク

圭司の過去。なぜ車椅子?

車椅子

坂上圭司(山田孝之)は常に車椅子に乗って生活をしています。彼は過去(高校2年生の時)に原因不明の病を発症し、膝から下の感覚が無くなってしまったのです(T_T)

発症した当初、圭司は病院で様々な治療を受けましたが改善することはありませんでした。圭司は20歳になるまで治療を続けていましたが、ある時 病院に行くことを止めてしまいます。

この理由を姉の舞にこう語っています。

『たかが歩けるようになるために、ここまでする必要はない。』

圭司は効果の出ない治療に無駄な時間を費やすなら、自分の力で人生を切り開く努力をしたいと考えたのです。

その後、圭司はdele.lifeを立ち上げ、自分のスキルと才能を活かした仕事をスタート。車椅子というハンデをものともしない『わが道』を歩みだしたのです。

圭司のカッコいいエピソード

原作小説ではある少女に『健常者はフルマラソンで2時間を切るのは不可能だけど、車椅子なら1時間20分で完走できる。だから俺を可哀想だと思うな。』と諭していました。

圭司は自分の病状を全くハンデと思っておらず、むしろ『歩ける人間より俺の方が優れている。』と考えています。その言葉を裏付けるように 格闘になったとき車椅子に乗りながら相手をぶちのめす事もしばしば…^^;

強さと自尊心の高さを兼ねそなえている圭司、もうめっちゃカッコいいですね~(無愛想ですが^^;)

山田孝之の正体

山田孝之の正体

山田孝之さん演じる坂上圭司の正体。これは【dele】の核心にせまる重要ななポイントになります。

圭司が【dele.life】を設立したのにはある大きな理由がありました。【dele.life】はデジタル端末のデータを削除する事務所ですが、実は彼自身にもどうしても消したいデータがあったのです。

それはズバリ、圭司の父にまつわるデータです。

弁護士だった圭司の父は ある医療訴訟を担当したさい、原告側を妨害し圧力によって訴訟を取り下げさせました。つまり病院側の不正もみ消しに加担したのです。

この事を知りショックを受けた圭司。母や姉にこの事実を知られなくないと思い、父の不正を裏付ける証拠データをこの世から削除することを決意します。これが【dele.life】を設立したきっかけです。

そう…【dele.life】は父親の不正を裏付けるデータを抹消するために創られた事務所だったのですΣ(゚Д゚)

dele 圭司の父親

圭司の父親は弁護士であるにも関わらす、なぜ法に背いてまで不正をおかした病院を守ろうとしたのか?それにはある大きな理由がありました。

じつはこの医療訴訟には、圭司の足を治療するための新薬を開発している会社が関与していました。不正が明るみになると息子の治療薬の開発も滞ってしまう…。そう考えた父はやむなく病院側に加担してしまったのです。

山田孝之

ドラマ『dele』に出演する山田孝之さんのプロフィール情報です。

生 年:1983年10月20日(34歳)
出身地:鹿児島県
身 長:169cm
血液型:A型

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/山田孝之

主な出演ドラマ:『闇金ウシジマくんシリーズ』『勇者ヨシヒコシリーズ』『信長協奏曲』『山田孝之の東京都北区赤羽』など多数。

菅田将暉(祐太郎)との関係

ディーリーの菅田将暉との関係

菅田将暉(祐太郎)と山田孝之(圭司)との関係。

【ディーリードットライフ】に真柴祐太郎(菅田将暉)がやってきたのは偶然ではありません。ドラマでは姉の舞(麻生久美子)が祐太郎の人柄を気に入り(ドラマ第1話)事務所にスカウトしたことなっていますが、原作小説では少し違います。

    菅田将暉(祐太郎)が【dele.life】に来た理由(原作)

  • 祐太郎はかつて『フリーランスのガキの使い』と呼んでいた雑用(違法じみたヤバイ系の雑用)で生計を立てていた。
  • この時 祐太郎は『次の仕事に困った時に頼る名刺』を自宅に保管していた。その中になぜか【dele.life】の名刺があった。
  • 祐太郎はこの名刺を頼りに【dele.life】に面接に訪れ、採用された。

ここで謎なのが、全くの無関係で会ったことも無い圭司の名刺が、なぜ祐太郎の自宅にあったのかということ。実は圭司が【dele.life】を設立したときの初期メンバー・夏目という男がこの名刺を祐太郎に家に密かに忍ばせていたのです。

夏目の正体

謎の男・夏目の正体は、圭司と同じ大学に通っていた先輩です。圭司にデジタル技術を叩き込んだ師匠でもあり、【dele.life】を立ち上げるさい、圭司がわざわざ招聘したほどの凄腕プログラマーです。

夏目はある理由があって祐太郎と圭司を引き合わせました。これは祐太郎(菅田将暉)の過去に大きく関係しています。

※以下からは『ディーリー』結末に関係する重大ネタバレとなります(閲覧注意!)

菅田将暉の過去

菅田将暉の過去

ディーリー 菅田将暉の過去ネタバレ

菅田将暉さん演じる祐太郎には鈴という妹がいました。体の弱かった鈴はある病院で新薬の治験治療を受けていたさい、不幸にも亡くなってしまいました。

祐太郎の家族は鈴の死に疑問を感じ、真相を知るため訴訟を起こす準備を始めます。しかし何者かによる妨害行為を受け訴訟は断念…。両親は離婚し、家族はバラバラになってしまいました。

そして…この訴訟を妨害した人物こそ、弁護士である圭司の父だったのです!

圭司は祐太郎が初めて【dele.life】に来た時、彼が鈴の兄である事は知りませんでした。もちろん舞も知りません。しかしある男だけはこの事実を知っていました。それが夏目です。

夏目は人をイジって観察するのが大好きな変人で、『訴訟妨害した弁護士の息子と、妨害された家族が顔を合わせたら、どういう化学反応を起こすのか?』を観察するために、祐太郎の実家にディーリーの名刺を忍ばせ、二人を引き合わせたのです。つまり二人が出会ったのは夏目の好奇心によるものでした。

※ちなみに原作では夏目は一度も登場しておらず、名前だけが言及されていました。(一度だけ圭司と電話をするやり取りはあった。)

祐太郎が鈴の兄だと知った圭司

祐太郎(菅田将暉)が【dele.life】で働き出してしばらく経った時、圭司(山田孝之)は彼が鈴の兄だと知ります。

圭司は父や病院の不正によって人生を狂わされた祐太郎に責任を感じ、あることを実行に移します。それは過去に消した父の不正を裏付けるデータを復元し、全てを証拠隠滅前の状態に戻す、ということ。

祐太郎に真実を伝え、裁きを彼に委ねるために…。

全てを知った祐太郎は怒りに震え圭司を車椅子から蹴り落としました。しかし後に彼は気づきます。圭司の父も、圭司も誰かを救うために不正に関与したのだと…。

すべてを知った祐太郎は無言で【dele.life】を後にしました…。

【dele ディーリー】菅田将暉と山田孝之の正体と過去 まとめ

【dele ディーリー】菅田将暉と山田孝之の正体と過去のまとめです。

  • 祐太郎(菅田将暉)の妹・鈴は治験中に死亡。家族は訴訟を起こそうとしたが、圭司の父の訴訟妨害により断念。祐太郎の両親は離婚し、家族はバラバラになってしまった。
  • 圭司(山田孝之)は父の不正を隠すために【dele.life】を立ち上げた。
  • 祐太郎が【dele.life】に来た理由は、圭司の師匠・夏目の目論見によるものだった。
  • 圭司は過去の過ちを正すため、真実を祐太郎に告げ、裁きを委ねた。

菅田将暉と山田孝之のその後

祐太郎(菅田将暉)が【dele.life】を去り、離れ離れになってしまった二人。圭司(山田孝之)は罪を償うため、ある意外な行動に出ます。

二人のその後は一体どうなったのか?詳しくは下記リンクより御覧ください。

ディーリー 関連記事

ドラマ『ディーリー』の関連記事です。

ディーリー 第1話ネタバレ感想。ゲストは江口のりこ

ディーリー 第2話ネタバレ感想。エンディングノートの内容。ゲストは水曜日のカンパネラ!

ディーリー 結末と感想。菅田将暉のその後

最新ドラマのネタバレあらすじ

2018年最新夏ドラマのネタバレやあらすじ、原作などの情報。

スポンサーリンク