【ハヤブサ消防団】川口春奈が演じる立木彩の正体とは?第2話ネタバレ

2024年02月29日

ドラマ『ハヤブサ消防団』第2話のあらすじ解説です※ネタバレあり。

前回の第1話で八百万町ハヤブサ地区への移住が完了したミステリー作家の三馬太郎(中村倫也)。亡き父が残した生家”桜屋敷”での生活がスタートしました。

地元の消防団に入団した太郎は、この平和な町で不審火が相次いでいることを知り衝撃を受けます。

放火の容疑者とされたのは町の不良・山原浩喜(一ノ瀬ワタル)。しかしこの男がまさかの遺体で発見される展開に…!

【第1話のストーリーはこちら♪】

ハヤブサ消防団 第1話ネタバレ考察。ゲストは大和田獏。一ノ瀬ワタルが容疑者に

ハヤブサ消防団の川口春奈の正体ネタバレ

スポンサーリンク

ハヤブサ消防団 第2話ネタバレ。川口春奈の正体とは?

ハヤブサ消防団 ドラマ第2話(2023年7月20日放送)あらすじ・考察・感想・ネタバレまとめ

▼ここから▼

数日後にせまった消防操法大会※の練習をする消防団員たち。

※消防器具の取扱いや消火活動の技術を競う大会。

しかし……新人消防団員の三馬太郎(中村倫也)は、放火の容疑者だった山原浩喜(一ノ瀬ワタル)の川底からご遺体ザッバ~ン!がフラッシュバックし、集中力が続きません(・_・;)。。

スポンサーリンク

シャクナゲの花を入れたのは立木彩(川口春奈)?

太郎が帰宅するとポストの中に一輪のシャクナゲの花が。

一体誰が入れたの?と不思議がる太郎。その頃、第1話で登場した謎の美女(川口春奈)がシャクナゲの花束を浩喜が死亡した滝に投げ込んでいました。

太郎に花を届けたのはこの人…!?

立木彩(川口春奈)と太郎が初顔合わせ

役場の職員・矢内(岡本篤)に誘われ居酒屋「さんかく」に出向いた太郎。矢内は立木彩(川口春奈)という女性を太郎に紹介。第1話で太郎が見かけた例の美女です。

彩は東京から来た映像クリエイターで、ハヤブサ地区を舞台とした”町おこしドラマ”を制作するとか。太郎は彩に説得され、ドラマの脚本を書くことが決定します。

江西住職は太郎のファンだった

翌日、行事の手伝いをする”寺当番”の担当となった太郎は、「隋明寺」の住職・江西佑空(麿赤兒) にご挨拶。住職は太郎のファンらしく、サインをおねだりしてきました。

太郎は先日放火被害にあった波川(大和田獏)がこの寺の檀家だったことを知ります。

真鍋(古川雄大)が太郎に接触

翌朝、太郎の家を真鍋(古川雄大)という会社員が訪問。

ソーラーパネル会社「ルミナスソーラー」の営業マンだという真鍋。太郎が所有するハヤブサ地区の土地を買取りたいと申し出てきました。一坪500円で(安!)

立木彩(川口春奈)が怖いセリフを

太郎はドラマの打ち合わせのため役場にいる立木彩(川口春奈)の元へ。

放火事件の話になり、二人は意見の違いから軽くモメます。彩は『また放火があれば山原浩喜さん(容疑者)の無実が証明されますね』と真顔で言い、太郎をビクッとさせました。この人、まさか放火やる気…?

岡部たかし演じる徳田さんが放火犯?ハヤブサ消防団第7話

消防法大会で爆笑の悲劇。笑う彩(川口春奈)

迎えた消防操法大会当日。太郎は会場に立木彩(川口春奈)の姿を見つけ気合が入ります。完全にホレてますね。

緊張の中、演目の『ポンプ車操法』がスタート。しかし……太郎が水圧調整を間違えたため、観客、来賓らがずぶ濡れに!

ヤッチマッタ太郎はショックで放心状態。その姿を激写する彩。ずぶ濡れの彼女は笑っていました。

スポンサーリンク

山原賢作(生瀬勝久)と宮原(橋本じゅん)が不仲の理由

その夜、消防団員は居酒屋「さんかく」で反省会(´・ω・`)。。ここで太郎は団員の山原賢作(生瀬勝久)と宮原(橋本じゅん)が不仲の理由を知ります。

二人は高校時代は親友でしたが、修学旅行時に”桃ちゃん”というクラスのマドンナが座るバスの席を巡ってケンカとなり、それ以来犬猿の仲になってしまったのです。

ちなみに宮原は桃ちゃんと結婚。さぞかし幸せ…かと思いきや、迎えにきた桃ちゃんは昔の面影が微塵も無く、かなり凶暴化しており、怯える宮原を奴隷のように強制連行していきました^^;

怪しい真鍋(古川雄大)

太郎は村中に山原浩喜の悪い噂が流れていることを不審に思います。連続放火魔は浩喜で確定で、死亡したのは天罰!…という根拠のない噂…。

太郎は村人たちに話を聞いてまわり、噂を流していたのがルミナスソーラーの営業マン・真鍋(古川雄大)であることを突き止めます。

真鍋を追求する太郎でしたが、『僕は何もしていない』と笑顔でかわされました。

真鍋(古川雄大)に怯える立木彩(川口春奈)

太郎は先日家に届いたシャクナゲの花をネット検索。花言葉は『危険』『警戒』…!花を届けた人物は太郎に危険を知らせようとしたのでしょうか?

その頃、帰宅した立木彩(川口春奈)のアパートの前に真鍋(古川雄大)の姿が。彩は怯えながら部屋の中へ。不気味に笑う真鍋…!【終】

スポンサーリンク
【ハヤブサ消防団】小林涼子が演じるシャクナゲの写真の美女・山原展子の正体とは?第3話ネタバレ
ドラマ「ハヤブサ消防団」第3話あらすじ解説とネタバレまとめ。太郎の父が残したアルバムに写真があった、...

川口春奈さん演じる立木彩の正体をネタバレ

ドラマ『ハヤブサ消防団』で川口春奈さんが演じているミステリアス美女・立木彩の正体とは?

以下の記事でサクッと解説しているので興味のある方はぜひご覧ください※原作の結末に関するネタバレが含まれます。

ドラマ「ハヤブサ消防団」で立木彩を演じる川口春奈さん

ドラマ「ハヤブサ消防団」で立木彩を演じる川口春奈さんのプロフィール情報です。

本名:川口春奈(かわぐちはるな)
生年月日:1995年2月10日(28歳)
出身地:長崎県五島市
身長:166 cm
血液型:B型
事務所:研音

出典:Wikipedia 川口春奈

芸能界デビューのキッカケ:小学校卒業後、雑誌「nicola」のモデルオーディションに応募しグランプリを獲得。「nicola」2007年10月号でデビュー。

主な出演ドラマ:『初恋クロニクル』『桜蘭高校ホスト部』『放課後はミステリーとともに』『夫のカノジョ』『愛してたって、秘密はある』『着飾る恋には理由があって』『ちむどんどん』『silent』

研音 川口春奈 オフィシャルサイト

川口春奈 公式インスタグラム

川口春奈 公式YouTubeチャンネル

スポンサーリンク

【ハヤブサ消防団】第4話。川口春奈”立木彩”はカルト教団アビゲイル騎士団の元信者!?

【ハヤブサ消防団】第5話ネタバレ。川口春奈”彩”の過去が判明。弁護士役に浜田信也が登場。

【ハヤブサ消防団】古川雄大”真鍋”と繋がっている内通者の正体は?裏切り者発覚の第6話ネタバレ
ドラマ「ハヤブサ消防団」第6話あらすじ・考察・感想などのネタバレまとめ。古川雄大が演じる営業マン・真...
【ハヤブサ消防団】麿赤兒が演じる住職の正体と聖母との関係判明の第8話ネタバレ
「ハヤブサ消防団」第8話あらすじ解説、感想、考察などのネタバレ情報まとめ。麿赤兒さんが演じる江西住職...
【ハヤブサ消防団】最終回ネタバレ。映子の正体、太郎の父が展子の写真を持っていた理由などが判明。
ドラマ「ハヤブサ消防団」最終回あらすじ・感想・考察などのネタバレ情報まとめ。映子さんの正体がついに判...

話題のドラマのネタバレ記事一覧

最新&旧作、話題のドラマの記事一覧です。※ネタバレあり

ドラマ【CODE(コード)】ネタバレまとめと台湾原作の結末を考察。

【警部補ダイマジン】原作あらすじネタバレを結末まで。生田斗真が訳アリ刑事役で出演。