Heaven?(ヘブン)ネタバレあらすじと原作の結末、最終回でレストラン消滅?

『Heaven?ご苦楽レストラン』原作マンガのあらすじと結末、登場人物情報などをご紹介します。※ネタバレあり。

墓地の前に佇むフレンチレストラン【ロワンディシー】で繰り広げられる涙と爆笑の物語!ワガママオーナー・黒須仮名子が従業員たちを今日も困らせます。

2019年7月9日から石原さとみさん主演で同作品のドラマがスタート!ドラマを楽しむために、原作のストーリーを予習しておきましょう♪

ドラマ見たけど、ツッコむ間もなく次のボケが押し寄せる忙しいドラマだった…。

ずっと笑顔の志尊淳さんが顔面筋肉痛にならないか心配です…。

スポンサーリンク

Heaven?(ヘブン)あらすじ

Heaven?(ヘブン)あらすじ

『Heaven?(ヘブン)〜ご苦楽レストラン〜』ってどんな物語?簡単なあらすじをご紹介します。結末ネタバレはこの後!

理想のフレンチレストラン【ロワンディシー】をオープンさせた黒須仮名子(石原さとみ)。集められた従業員は

『接客が苦手なウェイター』

『資格マニアのソムリエ』

『勤めた店がことごとく潰れる縁起の悪いシェフ』

『元牛丼店勤務の店長』

など個性的すぎる猛者たちばかり!

そんな彼らをも脅かす傍若無人なオーナー・黒須仮名子!最凶ワガママっぷりを発揮する仮名子は毎日レストランに入り浸り、思いつきの企画で従業員たちを振り回します。

果たして【ロワンディシー】は墓地の真ん前という悪条件を拭い去り、経営を軌道に乗せることが出来るのか!?爆笑ときどき涙の”目にも美味しいコメディ巨編”が今、幕をあける!

見どころは最強オーナー・仮名子が突きつける無理難題を、従業員たちが一致団結して解決に導くその姿!仮名子さえいなければ順調なのに!と思わざるを得ないシーンが多々あります^^;

ヒロイン兼ラスボスだからね…。

問題は仮名子自身が『店の繁盛よりも自分が楽しみたい』と思ってるところですね…。

スポンサーリンク

予告動画

Heaven?(ヘブン)基本情報

『Heaven?(ヘブン)〜ご苦楽レストラン〜』ドラマの放送日や原作などの基本情報です。

放送開始日:2019年7月9日~

放送時間:火曜 夜10時~

放送局:TBS系

主演:石原さとみ、福士蒼汰

原作者:佐々木倫子

脚本:吉田恵里香

主題歌:あいみょん「真夏の夜の匂いがする」

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/Heaven?

ヘブン?ご苦楽レストラン 原作

ヘブンの原作漫画

【ヘブン?ご苦楽レストラン】原作者は漫画家の佐々木倫子氏。小学館「ビッグコミックスピリッツ」で1999年~2003年まで連載。(すでに完結)

【佐々木倫子氏のプロフィール】

出身は北海道旭川市。1980年『花とゆめ夏の増刊号』(白泉社)掲載の「エプロン・コンプレックス」でデビューした。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/佐々木倫子

主な作品:『動物のお医者さん』『ペパミント・スパイ』『おたんこナース』『チャンネルはそのまま!』

原作漫画の面白いところは、ギャグマンガとは思えない繊細な絵柄から繰り出されるシュールなボケの数々(笑)。登場キャラの真面目さがさらに笑いに拍車をかけています。

ロワン・ディシーの意味はフランス語で”この世の果て”という意味だそうですよ…。

『ヘブン=天国』『ご苦楽=極楽浄土』とかあの世系ワードのブッ込み率高し…。

Heaven?ご苦楽レストラン 登場人物

『Heaven?ご苦楽レストラン』の主要登場人物をご紹介します♪(原作マンガのネタバレ情報が含まれます)

※イラストは模写

石原さとみ

Heavenの石原さとみ

いつも嵐を予感させる黒須仮名子

石原さとみ…役:黒須 仮名子(くろす かなこ)

どんな人?『Heaven?ご苦楽レストラン』のヒロイン。『自分が楽しむためだけのレストランを開きたい』というフザけた野望を叶えるため、フレンチレストラン【ロワンディシー】のオープンを目指す。

性格は?メンタル最凶のポジティブモンスター。天真爛漫&猪突猛進な性格で周囲をつねにドン引きさせる。仮名子が次の日休みだと知ると、従業員たちはホッと胸をなでおろすことも…(笑)

暴君の名をほしいままにする仮名子だが、彼女が放つ言葉には不思議な説得力がある。

美味しいもの&ブランド品が大好きで、普段のファッションはかなり独特(クモの巣モチーフのワンピとか^^;)

実は本業はミステリー作家!

【石原さとみが演じる黒須仮名子の破天荒エピソード】
  • 【ロワンディシー】オープンの日にちを間違えて招待客に送っており、当日はごく少数の客しか来なかった。
  • オープン初日、フォークが足りないので割り箸を配った。(フレンチなのに!)
  • まかない担当になった時、客用の豪華食材を使い切ってしまった。(まかないを残り物で作る事を知らなかった)
  • 店の客が雪で立ち往生した時、タクシーが捕まらずやむなく焼き芋屋の車を借りてきたorz

ド派手ファッションなトコがドラマ『校閲ガール・河野悦子』の石原さとみと被るな…。

あれ以来、ワガママキャラ路線からブレてませんね…。

福士蒼汰

福士蒼汰のイラスト

無表情な伊賀くん

福士蒼汰…役:伊賀 観(いが かん)

【ロワンディシー】のチーフウェイター。フレンチレストランで働いていたところを仮名子にスカウトされる。

真面目すぎる性格が災いし、以前の店で3年間修行したものの接客がいまだに苦手。仮名子との出会いにより自信を取り戻してゆく。

【福士蒼汰が演じる伊賀観の原作ネタバレ】
  • 原作では『淡々としたマシーンのような接客態度』から客とトラブルになり、自分は接客業に向いていないと自信を失ってしまった。しかしその『媚びない姿勢』が仮名子の目に止まり、【ロワンディシー】に引き抜かれるキッカケとなった。

志尊淳

ご苦楽レストランの志尊淳

いつもニコニコ川合くん

志尊淳…役:川合 太一(かわい たいち)

【ロワンディシー】のアシスタントウェイター。人懐っこい性格でド天然。皆のマスコット的キャラ。雰囲気はバツグンだが幼稚な面が多々あり、仕事はあまり出来ない。

【川合太一の原作ネタバレ】
  • 以前は美容室で働いていたが、シャンプー係に飽きて転職することにした。
  • 実は霊感が強く、ロワンディシーに住みつく幽霊が『見える』らしい^^;

福士蒼汰といい志尊淳といい、原作キャラに似すぎてて逆に怖い…。

あっぱれなキャスティングですね…。

勝村政信

勝村政信…役:堤 計太郎(つつみ けいたろう)

【ロワンディシー】の店長。なにかとスケールの小さい男で、気も弱い。経費のことばかり考えている。

前職は牛丼店の店長で、フレンチレストランで働いた経験はゼロ。仮名子に振り回されいつも冷や汗を垂れ流す。

【堤計太郎の原作ネタばれ】
  • 牛丼店を辞めた理由は、『まかないの牛丼』にウンザリしたから。

岸部一徳

岸部一徳…役:山縣 重臣(やまがた しげおみ)

元銀行員で資格マニア。ソムリエの資格をとるために【ロワンディシー】で働くことに…。

【岸部一徳の原作ねたばれ】
  • 実は東大出身の秀才。
  • 銀行員時代、異常なまでの資格マニア熱が災いし、出世街道から外されてしまった。

勝村政信と岸部一徳の『ドクターX』コンビが見れるとは…。

加地先生と晶さん…。

勝村さんはこのドラマでも傍若無人なヒロインに振り回される役なんですね…。

岸部一徳

内田 慈

内田 慈…役:和田 英代(わだ ひでよ)

仮名子の友人で職業は食レポ関連のエッセイスト。容赦なくズバズバとモノ申しまくる。

段田安則

段田安則…役:小澤 幸應(おざわ ゆきお)

【ロワンディシー】の調理責任者。三ツ星レストランでの勤務経験もある凄腕シェフだが、味付けがメンタルにより左右してしまうという致命的難点がある。

参考:TBS「Heaven?ご苦楽レストラン」

※登場人物情報やイラストは随時更新予定です。

Heaven(ヘブン)ネタバレ

Heavenネタバレ

1話完結で進む『Heaven?ご苦楽レストラン』の原作漫画。重要なあらすじや、印象に残ったエピソードをご紹介します。※結末のネタバレあり

伊賀(福士蒼汰)がロワンディシーに入った経緯

物語はあるフレンチレストランのウェイターとして働いていた伊賀観(福士蒼汰)が、客とトラブルになったところからスタート。伊賀の接客態度が気に入らないチンピラ風の客が『店員なら笑顔を見せろ』と絡んできたのです。

この店で働きはじめて3年の伊賀でしたが、実は愛想笑いが大の苦手!結局笑顔を作れず、店長に怒られてしまいます。

『自分はこの仕事に向いていない…』そう落胆する伊賀の前に一人の女性客が現れます。一部始終を見ていた黒須仮名子(石原さとみ)です。

伊賀の”自分を曲げない毅然とした態度”をたいそう気に入った黒須仮名子は、近々オープンするというレストラン【ロワンディシー】に彼をスカウト!伊賀は悩んだ末、このオファーを受けることを決意します。

ロワンディシーに向かう伊賀くん。しかし…

後日【ロワンディシー】に向かう伊賀。しかし教えられた住所はまさかの墓地^^;『こんなとこにレストランがあるわけない』と嫌な予感がしまくる伊賀は、実は黒須仮名子に騙されていたのでは?と疑います。

墓地で立ち尽くしていると、遠くに光を発見。近づくとそれは立派な洋館…【ロワンディシー】でした。エントランスでは従業員が総出で伊賀をお出迎え。しかし伊賀は【ロワンディシー】がこの世のものとは思えず、『あっちに行ったら死ぬ』と怯えます^^;

意を決して歩み寄った伊賀。仮名子は伊賀の事をド忘れしてたという大ボケを炸裂させますが、伊賀は晴れてロワンディシーの一員となりました。

伊賀(福士蒼汰)の過去をネタバレ

ヘブン福士蒼汰のイラスト

思いの外コントラスト強めに仕上がった福士蒼汰のイラスト

ついに【ロワンディシー】がオープン!しかし黒須仮名子のいい加減采配により、しょっぱなからパニックに陥ります。従業員は未経験者ばかり、食器も足りず、招待客にもオープン日を間違って伝えており、出足は最悪です^^;

仮名子はそんなことはお構いなし!とばかりに客席に自ら座り、美味しい料理を一人でむさぼる毎日を送っています。

黒須仮名子が母親と重なる伊賀(福士蒼汰)

ある日、伊賀(福士蒼汰)は黒須仮名子に『人気店のコロッケを買ってきて』と命令されます。伊賀はコロッケ屋の列に並びながら、大学受験の苦いエピソードを思い出しました。

【回想シーン】受験当日、会場に向かおうとした伊賀は、勝手についてきた母親がディズニーランドのチケットと受験票を間違えて持ち出した事に気が付き、受験が出来なくなってしまいました。

母親は自分の失態を棚に上げ『土下座すれば受験出来たはず』と息子に逆ギレします。

回想シーンはここで終わり。コロッケは伊賀が買う直前で売り切れになり買えませんでした。すると激怒した仮名子が『土下座すれば買えたはず!』と母親のようなセリフを吐きます^^;

身勝手な母親と黒須仮名子が重なった伊賀は、『実はオーナーは自分の親戚では?』と見当違いな妄想に囚われるのでした…(笑)

仮名子(石原さとみ)の意外な正体をネタバレ

【Heaven(ヘブン)コミックス第2巻よりネタバレ】

ロワンディシーに現れた二人の男。なにやら仮名子と揉めています。従業員たちは『借金取りでは?』と噂をし、店の経営を心配します。

従業員たちがこっそりオーナー室を除くと、天井からロープが!『まさか借金を苦に首吊り…?』と動揺しますが、ここで衝撃事実が明らかに!

実は仮名子は現役のミステリー作家だったのです!ロープは小説の構想用のもので、店に来た謎の男たちも出版社の編集者でした^^;

オーナーの意外な正体を知り、従業員たちは唖然とするのでした…。

山縣(岸部一徳)の目的をネタバレ

【Heaven(ヘブン)コミックス第3巻よりネタバレ】

ある日、伊賀(福士蒼汰)はスキルアップのため『英検』を受験しに会場にやってきます。そこで偶然遭遇した山縣さん(岸部一徳)。

その後、山縣(やまがた)さんは伊賀のバイク送迎により『日本語検定』『書写検定』など次々と受験会場をハシゴ!伊賀は『ソムリエの仕事に活かすため』だと感心していましたが、『時刻表検定』を受験したと聞き『ん?』と違和感を感じます。ソムリエ関係なくね…?

実は山縣さんは単なる資格取得マニアだったのですΣ(゚Д゚)しかもロワンディシーで働く理由も『ソムリエ資格をとるための実務経験を積むため』であることが判明!

衝撃事実を知った従業員たちはポカーンと立ち尽くしました…orz

※ちなみにコミックス第5巻で伊賀(福士蒼汰)がソムリエ試験にチャレンジ!結果は、試験官になりすました仮名子のせいで不合格になっています(T_T)

ロワンディシーには幽霊がいる?

【Heaven(ヘブン)コミックス第4巻よりネタバレ】

ある夜、黒須仮名子(石原さとみ)がロワンディシーで寝ていると、天井から何やら物音が…。次の日、なぜか天井に水漏れの痕が出来ていました。

『幽霊の仕業では?』と疑う川合(志尊淳)。実は彼には強い霊感があり、何度か”実物”を見た事があるらしい…。

皆は真相を知るため、夜中にレストランで待機。するとまたしても天井から物音が…!泥棒かも、と疑い二階の部屋を探索すると、古びた棚の裏に御札が貼られた扉を発見!

皆がビビる中、黒須仮名子が扉を開けます。すると…!中の子供部屋に男の子の幽霊が…!しかも何やら水を欲しがっています。

川合(志尊淳)が慣れた感じで水を上げると、幽霊は去っていきましたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

皆が驚くなか、仮名子はなぜか悔しがります。『なんで私だけに見えないの!!?』(そこ?w)

Heaven?ご苦楽レストラン 結末

Heaven(ヘブン)コミックス第6巻(最終巻)より結末をネタバレ。ロワンディシーが存続危機に!?

伊賀(福士蒼汰)がロワンディシーを去る?

伊賀(福士蒼汰)の父親がジンバブエに転勤になることにΣ(゚Д゚)両親は息子を連れて行く事を考えます。

両親がロワンディシーに押しかけ、伊賀をめぐり仮名子と激しく対立。伊賀に辞められると困る仮名子は必死に抵抗します。

結局、伊賀は残ることに。しかし母には『しばらくしたら仮病をエサにジンバブエに呼び寄せる』という悪い目論見がありました。

残留が決定した伊賀でしたが、ある日、客たちがジンバブエの治安の悪さを話している声が耳に入り、心配になってしまいます。

そんな中、黒須仮名子が『行きたいなら行ってもいいよ』と言ってきました。仮名子は『強制ではなく伊賀自身の意志で店に残ってほしい』と考えていたのです。

しかし伊賀は『自分は必要とされていない』と気落ちし、ついにロワンディシーを辞める決意をします。

その後、ジンバブエに渡った両親から電話があり、『すぐに来い!』と身勝手な要望を突きつけます。現地での生活が予想以上に大変だったのです。

これに反発した伊賀は、ロワンディシーに残る事を決意しましたε-(´∀`*)ホッ

最終回結末ネタバレ:ロワンディシーが解散?

ヘブン最終回結末ネタばれの続き

ロワンディシーにライバルが出現します。ここの土地で和風喫茶店を開きたいという会社が現れたのです。

仮名子は猛反発しましたが、墓地の真ん前という立地に異を唱える従業員もおり、とりあえず紹介された移転候補地を見に行くことに…。

新たな立地は駅からも近く、人通りも多い最高の場所でした。

移転に乗り気だった従業員ですが、このあと話しは思わぬ方向へ。皆はロワンディシーで過ごした過去を思い出し、『ここを離れたくない』と考え直したのです。

そんな中、悲劇がおきます。ロワンディシーが落雷の被害にあい、店は全焼!やむなく閉店となってしまったのです(T_T)

その後ロワンディシーは伊賀(福士蒼汰)の実家で再オープンします。しかしこの店も二年後に閉店。伊賀の両親がジンバブエから帰国したのです。

その後、ロワンディシーは日本各地で移転を繰り返します。

ヘブン最終話ネタばれ

月日は流れ40年後。白髪姿の老紳士となった伊賀がバリのあるレストランで働いていました。彼と向き合っていたのは年老いた黒須仮名子。伊賀の仕事ぶりを久しぶりに見に来たと言います。

Heavenの結末をネタばれ

おじいちゃんになった伊賀くん。

あれからロワンディシーはどうなったのか?他の従業員たちはどうなったのか?真相は不明ですが、伊賀は最高のサービスマンとして南国の楽園(Heaven)バリで活躍していたのでした…。

【Heaven?最終回 完】

落雷で店消滅とか、この行き当たりばったり的な展開が『Heaven?』のハイセンスたる所以…。

コミックス第1巻の冒頭で登場したあの謎の白髪の紳士が、未来の伊賀だったんですね。見事な伏線回収で…。

ドラマはどんな結末をむかえるのか?漫画にはなかった”他の従業員のその後”が描かれる事を期待しています。

以上、『Heaven?ご苦楽レストラン』原作マンガのネタバレとあらすじ、結末などの情報でした。お読み頂きありがとうござますm(_ _)m

スポンサーリンク

『Heaven?ご苦楽レストラン』視聴率

ドラマ『Heaven?ご苦楽レストラン』の視聴率をご紹介します。第1話~最終話結末まで更新予定です。

ヘブンの視聴率
第1話第2話第3話第4話
10.8%9.2%-%-%
第5話第6話第7話第8話
-%-%-%-%
第9話第10話
-%-%

※ドラマの最新情報やストーリーはこのページに追記予定なので、また遊びに来てくださいね♪(ブクマ推奨)

Heaven?(ヘブン)を無料で読む

以下のサイトで『Heaven?ご苦楽レストラン』の原作マンガを無料で読むことが出来ます(一部のみ。登録なし)。

原作の雰囲気を知りたい方はどうぞ♪

『Heaven?』無料立ち読み【コミックシーモア】

amazonはこちら♪

【Heaven?】単行本・Kindle他

スポンサーリンク