ハックス将軍の演説は熱くてクール | 内容や意味など フォースの覚醒

●この記事をシェアする

ハックスのスピーチ内容 スターウォーズ

※この記事にはスターウォーズ/フォースの覚醒の内容が含まれます。

【スターウォーズ/フォースの覚醒】の見せ場の1つであるハックス将軍の演説。

スターキラー基地の超兵器ビームが発射される直前に行われたこのスピーチはストーム・トルーパー達の士気を上げ、ファーストオーダーの結束力をより強固なものにすることに成功しました。

カイロレンやキャプテン・ファズマとくらべてビジュアル的なインパクトは無いが、ハックス将軍のキャラの濃さはこの演説で伝わってきたな。

意識の高いバイトリーダーって感じw

Additional Comic-Con Portraits of Domhnall alongside co-stars Gwendoline Christie & Adam Driver pic.twitter.com/4DZ7V5d8Y — Domhnall Gleeson DGN (@domhnallnetwork)2015年10月30日

スポンサーリンク

ハックス将軍の演説内容

Today is the end of the Republic. The end of a regime that acquiesces to disorder. At this very moment in a system far from here, the New Republic lies to the galaxy while secretly supporting the treachery of the loathsome Resistance. This fierce machine which you have built, upon which we stand will bring an end to the Senate, to their cherished fleet. All remaining systems will bow to the First Order and will remember this as the last day of the Republic!

-共和国は今日終焉を迎える。秩序の無い体制にもう従うことはないのだ。この瞬間も新共和国はあの忌まわしい裏切り者であるレジスタンスをサポートし続けている。

お前たちが作り上げたこの脅威たる兵器が奴らの艦隊、議会に終止符をもたらすだろう。残りの組織も我がファーストオーダーに服従し、共和国最後の日を記憶に焼き付けることになるのだ!

ハックス将軍の演説内容はスターキラー基地の星系破壊兵器による共和国の終焉とファーストオーダーの戦闘力の高さを示すものでした。

この演説後、新共和国の首都ホズニアン・プライムと防衛艦隊は木っ端微塵に破壊されました。

ナチス・ドイツのヒトラー演説を見ているようだったな!

田原総一朗に『ちょっと黙って!』って注意されるタイプだよw

おまけ。ハックス将軍の迷惑な演説in小学校

ハックス将軍の演説

スターウォーズ セリフ

フォースの覚醒 ハックス

話が長い

話が長いオヤジは嫌われるよw

なるほど。俺も気をつけよう!スピーチは端的に的を射る、がキホンだな。

大丈夫。部長の話は誰も聞いていないからw

(あなたの話もね!!)