貞操帯ナメんな!地味にスゴイ 校閲ガール第3話。あだ名にブチギレの悦子

●この記事をシェアする

地味にスゴイ 校閲ガール 卓球

『地味にスゴイ!校閲ガール 河野悦子』第3話のあらすじと感想です。折原幸人と再会を果たした悦子。今回ついに彼の正体を知ることになります。

そして彼の小説『犬っぽいすね』を読んだ悦子が衝撃の一言を!

森尾と折原の同棲も気になる!いつまで内緒にする気なんだろ?

今回は校閲部・藤岩のあだ名を発端に、強烈な悦子節が炸裂したな。

スポンサーリンク

ファッションショーで折原の正体を知った悦子!

なんかリニアモーター牛がチケットくれた!

折原幸人(菅田将暉)と再会した河野悦子(石原さとみ)は彼からもらったファッションイベント「クリスマス・コレクション」の招待状を森尾(本田翼)に見せた。

イベント当日。相変わらず一部のスキもないファッションに身を固めた悦子が会場に到着。そこには森尾と編集部の貝塚(青木宗高)の姿も。

貝塚と森尾が意味ありげな挨拶をかわす。

久しぶりだね…。

久しぶり

ショーが始まりテンションMAXの悦子!幸人の出番を今か今かと待つ。三組目に登場した幸人。ロングジャケット姿でランウェイを歩く。

すると貝塚がボソッと衝撃発言を!

是永是之、モデルにはむいてねぇだろ…

え…!?

彼が是永是之だよ。

ぇぇぇ!!

やっと気づいた悦子。彼こそが悦子が校閲を担当する覆面作家・是永是之だったのだ!悦子は本人の前でさんざん彼の作品をバカにしたことを思い出す。

そして幸人と同棲する森尾もこのとき彼の正体を初めて知った。

ショーが終わり、幸人と話す森尾。

あんた作家だったんだね。しかも先輩(悦子)と知り合いとか…

世間て狭いね~

同居のことは黙っててね。

悦子と貝塚もやって来た。

失礼なこと言ってすいませんでした。

一応覆面作家なので、あの時は正体を言えませんでした。また会いたいんで連絡先いいですか?

喜んで!!

貝塚は森尾の連絡先を聞こうとするがシカト

行くよ、幸人!

いつの間にか下の名前で呼んでいる森尾。

そんなことはお構いなしに、嬉しそうな悦子だった。

意外とあっさり是永是之の正体をしったね!もっと引っ張るかと思った。

もうリニアモーター牛が、なんて呼べないな。

問題は森尾が折原と一緒に暮らしてる事がバレた時ですね…。

それにしても貝塚と森尾、何かありそうですね。今回の感じからすると、貝塚は森尾の事が好きなようです。

貝塚と森尾…全然似合わない気がするんだけど…

あだ名は鉄パン女?藤岩フリフリファッション!

作家の四条真理子の校閲を依頼された悦子。すると四条は悦子に会いたいと言ってきた。彼女は校閲された原稿に貼ってあった付箋の指摘に感激したらしい。

しかしこの付箋を貼ったのは悦子ではなかった。じゃあ一体誰が…。

犯人が不明のまま四条の新書出版パーティーに参加した悦子。そこでフリッフリの衣装を着た女性に目が釘付け!

あの服どこのブランドだろ…?

気になった悦子は彼女を顔を除いて驚く。校閲部の先輩・藤岩りおん(江口のりこ)だった!

逃げる藤岩。追う悦子…からの確保!!

あの付箋はあなたの仕業ね!証拠はあがってんのよ!

刑事ばりに藤岩を問い詰め、ようやく白状した。

藤岩は四条のデビュー当時からのファンで、20年に渡り四条の小説を影で支えていた。悦子の校閲に見逃した点があり、藤岩が付箋を貼って指摘したのだった。

四条の小説を校閲してみたい…。しかしファンはその作家の校閲をしてはいけないというルールに従い、これまでぐっと堪えていたのだ。

納得した悦子。しかしこれだけは気になった。

そのワンピース、どこで買いました??

藤岩さんのファッションセンスが斜め上行ってて爆笑w

顔がこけしのフランス人形かと思った。

校閲部には『好きな作家を担当してはいけない』という暗黙のルールがあるそうです。これは客観的に作品を見れなくなってしまうのが理由で、感情移入しすぎて誤字や設定ミスなどを見逃してしまうとか。

藤岩さんは東大卒なんですね…。なんか納得!

折原をモデルにするためアピールポイントが欲しい森尾

折原幸人がファッション誌・Lassyの専属モデルの最終候補3人に残った。

他の二人は立派な経歴があるが、折原は現役大学生という肩書以外何もない。

何かアピールポイントが必要なの!

料理は?俺パスタもピラフも得意だよ。

森尾は彼に覆面作家の素顔を公表して欲しいと思っていた。しかし折原はうんと言わない。

で、どんな小説書いてるの?

彼の執筆中の原稿「犬っぽいすね」を読む森尾。しかし…意味がわからない!!

なかなかシュールでいいね…

なんとか褒め言葉を絞り出した。

同棲めっちゃうまく行ってそうw お互いヘンな気持ちにならないのかな??

イケメンで小説家で料理も上手とかチートすぎるな折原!

折原はやはりちょっとスランプ気味なのかもしれません。自分の書いた原稿が気に入らないようですね…。

森尾から率直な意見を聞きたかったようですが、その森尾も『意味わかんない』って顔して読んでましたし…。

スポンサーリンク

森尾の彼氏

景凡社の1階。森尾は誰かと電話をしていた

私も会いたいって…うん…じゃぁ…。

電話を切りため息をつく森尾。相手は彼氏らしいが、あまりうまく行ってないようだ。

彼氏、いるんだ!?

突然背後から現れた悦子!どうやら聞かれたしまったらしい。

おでん屋で飲むふたり。

彼は年上で付き合って一年くらい。お互い忙しいから会えないんだ。先輩は幸人のこと本気なの?

まだわかんない。でもあの顔をもっと見ていたい!

顔で男を選ぶのか!という大将のツッコミに

中身とかまだ知らないし!外見も両方大事!!

と猛烈に反論する悦子だった。

森尾の電話相手、気になる~!!

貝塚じゃないのか?あんまり会えてないって言ってたし、ファッションショーで会ったときも『久しぶり』なんて言ってたぞ。

どうなんでしょう…?ただ森尾はその彼氏とはもう関係を続ける気がなさそうですね。折原と同居してるくらいですし。完全に彼の方に目が♡ですよね。

鉄パン女とバカにする社員にブチギレる悦子!

作家・四条真理子の小説が丸川賞にノミネートされ、『待ち会』に招待された校閲部。待ち会とは受賞発表の当日、食事をしながら受賞の連絡を待つパーティーのこと。

ビシっと決めたファッションで会場にのぞむ悦子。しかし藤岩はいつものビンテージ作業着風スーツ。これに悦子はダメ出し!

森尾、ちょっと服貸して!

ファッション編集部で藤岩をおしゃれ女子に大変身させる悦子。受付の今井セシル(足立梨花)もお手伝い!

悦子がメイク室を抜けたとき、捜し物をしていた女子社員が藤岩と遭遇。普段『鉄パン』というあだ名で呼ばれている藤岩がメイクをしていたことをバカにする社員たち。

それを聞いた悦子がブチ切れた!

あなたたち、鉄パンって意味知ってて使ってるの?鉄パンは貞操帯のこと。パートナーに愛されてる女性が身につけるもんなんだよ!意味も知らねーでコソコソ陰口叩いてんじゃねーよこの若いだけの女が!

女子社員をコテンパンに言い伏せた悦子。

何事もなかったように藤岩の元に戻るとメイクを続けた。藤岩は『ありがとう…』と感謝した。

声もデカいし、ブチ切れると迫力あるな!ちょっとカッコ良かったが。

校閲部で勉強した成果が出たねw貞操帯なんて以前の悦子なら知らなかったでしょ。

えー改めて

石原さとみはキレてる方がすき

2016年10月19日

親が石原さとみのモノマネしてきたから鬼キレたった

2016年10月19日

貞操帯とは?

ちなみに貞操帯とはこういうものです。

貞操帯

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/貞操帯

貞操帯(ていそうたい)とは、狭義には被装着者の性交や自慰を防ぐ施錠装置つきの下着である。主に、妻・夫あるいは恋人・愛人・性的パートナーの純潔を求めて、性交渉を不可能にするために用いられる。女性用の物が有名だが男性用の物もある。貞操帯は強制的に装着させられる場合と、自発的に装着する場合がある。通常、被装着者は自らの意思で貞操帯を取り外すことはできない。現代では専らSMプレイのグッズとして知られ、またそれに用いられることがある。

まさにテツパンw鉄壁のガードパンツ!

奥さんがこれ付けてたらショックだな!

2ページ目:待ち会!卓球!悦子の衝撃発言!気になる視聴率は?

2017年01月20日 20時53分