【警視庁アウトサイダー】ネタバレと結末の考察、原作の黒幕、濱田岳の正体とは?

【新着情報】

・最新話あらすじを更新しました。

・視聴率を更新しました。

2023年1月5日スタートのドラマ『警視庁アウトサイダー』の情報まとめです。ドラマのストーリーや考察、キャラクター紹介、各話の視聴率などをお届けします。最終回結末まで随時更新中☆

原作のネタバレが一部含まれるのでご注意ください。

警視庁アウトサイダー
放送スタート放送日時
2023年1月5日毎週木曜よる9時
放送局エピソード数
テレビ朝日系列未発表
原作脚本
加藤実秋
『警視庁アウトサイダー』
髙橋泉
演出主題歌
木村ひさし
『オールドルーキー』『99.9-刑事専門弁護士』
山下達郎
「LOVE’S ON FIRE」
スポンサーリンク

『警視庁アウトサイダー』ってどんなドラマ?ストーリーをサクッと解説※ネタバレあり

警視庁アウトサイダーのネタバレ

『警視庁アウトサイダー』はこんな物語。※ドラマのネタバレが含まれます。

2023年新春、誰も見たことのない超異色刑事ドラマが誕生!!

《元マル暴オヤジ刑事》西島秀俊
《秘密をひた隠すエース刑事》濱田 岳
《やる気ナシ新米刑事》上白石萌歌

アウトサイダーな3人が見出す正義とは…!?

出典:テレビ朝日 警視庁アウトサイダー公式サイト

ワケあり刑事3人がバディを組み、巨悪に立ち向かう異色の刑事ドラマ。

組織犯罪を扱う警視庁マル暴係から桜町中央署に異動させられた中年刑事・架川(西島秀俊)は、異動の原因となったトラブルの真相を探るため、警視庁への復帰を目指している。

その架川にある秘密を握られ、やむなく協力者となった蓮見(濱田岳)。好感度バツグン刑事の衝撃の正体とは!?

めんどくさいセンパイ刑事たちに振り回される新人警察官・水木直央(上白石萌歌)は父親が警視庁副総監というサラブレッド。しかし本人は刑事の仕事にやる気を見いだせず、ため息ばかりの日々…( ´Д`)=3

3人のワケあり刑事たちが時に衝突し、時に心を通わせながら組織犯罪を牛耳る巨悪に立ち向かってゆく!

スポンサーリンク

警視庁アウトサイダー 登場人物※原作ネタバレあり

ドラマ『警視庁アウトサイダー』登場人物の紹介と解説です。一部原作のネタバレが含まれるのでご注意ください。

架川英児 – 西島秀俊

西島秀俊/架川英児(かがわ えいじ)…桜町中央署刑事課警部補。原作の年齢は52歳。かつては警視庁組織犯罪対策部(通称”マル暴”)に所属していた。

  • 愛用のサングラスをかけたそのビジュアルは、刑事というよりどこかの組員。喋り方も巻き舌で威圧的。
  • 第1話では新人警察官の水木直央(上白石萌歌)に反グレと思いっきり勘違いされていた。しかしその強面からは伺い知れぬ、血が大の苦手というウィークポイントを持つ。
  • ドラマ『はぐれ刑事純情派』の主人公・安浦刑事(藤田まこと)の大ファンで、スマホの待ち受けや着信音など安浦刑事に由来するものばかり。
  • スマホは複数台持っており、かつての仕事仲間から裏情報を仕入れるさいに使い分けている。
  • 刑事としての能力は高く、風貌に似合わない鋭い洞察力を備える。格闘技にも長け、第1話では凶悪犯をスリング・ブレイド(プロレスラー棚橋弘至の必殺技)で派手にノックアウトしていた。
  • 架川が桜町中央署に左遷させられた理由は、警視庁上層部が『架川がガサ入れ情報を鷲見組にリークした』と疑いを持ったから。

蓮見光輔 – 濱田岳

濱田岳(はまだ がく)/蓮見光輔(はすみ こうすけ)…桜町中央署刑事課の有能刑事。原作の年齢は27歳。厄介者の架川英児(西島秀俊)とバディを組むことになった。

  • 蓮見光輔は3年前に行方不明となった同名人物の戸籍を入手し、なりすましていたことが判明(第1話)。
  • 蓮見の本名が『梶間直人』であることが判明(第3話)。10年前のホステス・歌川チカ殺人事件で逮捕され現在も服役中の犯人・梶間優人の息子だった。
  • 蓮見の目的は父の冤罪を晴らすこと。『すべて終わったら自首する』つもりらしい。

水木直央-上白石萌歌

(みずき なお)…桜町中央署刑事課の新人刑事。安定職を求め警察官になったものの、まさかの刑事課に配属されテンション激落ち。このストレスを部屋の掃除で解消している。

  • 両親は離婚しており、母の真由(石田ひかり)は元警察官、父は現警視庁副総監の有働弘樹(片岡愛之助)というポリス一家。
  • 学生時代は演劇部に所属していた。
  • かなりの酒豪。『山嵐』『腕ひしぎ十字固め』などの柔道技に長けている。

有働弘樹-片岡愛之助

(うどう ひろき)…水木直央(上白石萌歌)の父親で警視副総監。妻とは離婚。娘の直央とはたまに会っている。

スポンサーリンク

藤原要-柳葉敏郎

(ふじわら かなめ)…警視庁組織犯罪対策部警部。架川英児(西島秀俊)の警視庁時代の元上司でよき理解者。問題を起こした架川を桜町中央署へ異動させ、辞職を回避させた人情刑事。

  • 第4話で鷲見組とのつながりが判明。娘が起こしたひき逃げ事件もみ消しを組対警視正の船津に依頼し、その見返りに黒石警視正を消すよう鷲見組に依頼していたのだった。
  • 架川を桜町中央署に飛ばしたのも藤原だった(鷲見組のガサ入れ失敗の責任を架川に押し付けた)。
  • 藤原は長野県警の刑事・折原大吾が鷲見組と繋がっていることを突き止めていた。これを架川に伝えた直後、何者かに銃殺された(第4話)。

仁科素子-優香

(にしな もとこ)…桜町中央署の鑑識官。架川とは古い付き合いらしく、再び架川と職場が同じになったことに驚いていた。架川に借りがあるようで、しぶしぶ協力している。

小山内雄一-斎藤工

(おさない ゆういち)…組織犯罪の撲滅をめざす衆議院議員。元警察庁のエリート官僚で、かつて長野県警の組織対策犯罪課で采配をふるっていた。愛妻家で、妻の名前は響子(青山倫子)。

倉間彩子-野波麻帆

(くらま あやこ)…警務課の事務職員。架川に一目惚れ中。

米光麻紀-長濱ねる

(よねみつ まき)…警務課の巡査長。倉間彩子と仲よし。

歌川チカ…水崎綾女

クラブ「コフレ」のホステスで2013年1月9日に殺害された。涼牙(りょうが:小越勇輝)という首にタトゥーを入れた息子がいる。鷲見組信濃一家の組長・当麻秀和の愛人だった。

  • この事件で逮捕された長野県警の刑事・梶間優人は無実を訴えており、息子の蓮見(本名は梶間直人:濱田岳)が真犯人を捜索している。

当麻秀和…鈴木一真

警視庁が追う鷲見組信濃一家の組長。

小浜三代子(石野真子)

当麻秀和の内縁の妻。

黒石俊範(井上肇)

元警視正。第4話で遺体となって発見される。架川の恩師。組織犯罪課の次期部長候補だった。

椛島寿夫(戸田昌宏)

組織犯罪対策部部長。黒石の代わりに部長となったエリート官僚。

船津成男(金児憲史)

組織犯罪対策部課長。藤原(柳葉敏郎)に娘のひき逃げ事件もみ消しを依頼され、見返りに黒石を消すよう強要した。

深山哲司(北嶋哲也)、森田拓平(西村優)

第4話で初登場した組織犯罪対策部の刑事たち。英児の元部下で、椛島の腰巾着。

※登場人物の情報はドラマ視聴後にアップデートする予定です。

スポンサーリンク

警視庁アウトサイダー 最終回結末までのあらすじをネタバラシ。

ドラマ『警視庁アウトサイダー』最終話結末までのストーリーを解説。ネタバラシが含まれるので未視聴の方はご注意ください。

第1話(2023年1月5日放送)ネタバレ

  • 元警視庁マル暴係の過激刑事・架川英児(西島秀俊)が桜町中央署に異動してきた。バディを組むことになった蓮見光輔(濱田岳)との最初の仕事は、町の有志である最上家で起きた家政婦殺人事件だった。
  • 捜査が進むにつれ、最上家の闇が次々と浮かび上がる。不倫中の妻、万引き犯の娘、引きこもりの息子…。殺害された家政婦はこれらをネタに家族や周囲の人間を脅し、金品を得ていたのだった。
  • 家政婦を殺害したのは最上家の父・憲彦(飯田基祐)だった。しかしその現場を引きこもりの長男・賢太郎(上原佑太)に目撃され『俺が代わりに罪を償う、父さんは逃げて』と提案される。
  • 実は賢太郎には『父に恩を売ればずっとこの家で暮らせる』という策略があった。さらに賢太郎はかつて父が『息子はゾンビ、邪魔な存在』と話すのを聞いており、父を逃亡犯にしたてて排除したかったのだ。
  • お互いを利用しようとした憲彦と賢太郎。逮捕された二人が桜町中央署ですれ違う。お互い目も合わさず、そこに家族のあるべき姿は無かった。
  • 事件解決後、架川(西島秀俊)はバディの蓮見(濱田岳)を呼び出し『お前は誰だ!?』と正体を問う。銃を向け合う二人。実は蓮見は三年前に行方不明となった同姓同名の人物になりすましていたのだった…。

視聴率…10.7%

第2話(2023年1月12日放送)あらすじ

  • 蓮見光輔(濱田岳)は行方不明者の戸籍を入手しなりすましていた”ニセ蓮見”だった。この件に警察上層部が絡んでいると知った架川英児(西島秀俊)は『黙っててやるから俺が警視庁に戻れるよう協力しろ』と提案。二人は協定を結ぶことに。
  • 河川敷で女性遺体が発見される。被害者は松原みちる(立石晴香)27歳。本業の傍ら、キャバクラで週2回ほど働いていた。頭には鈍器で殴られたような痕跡が。死亡推定時刻は昨夜午前0時から2時の間。
  • 架川、蓮見に加え、本日付けで刑事課に配属された新人・水木直央(上白石萌歌)が捜査にあたる。その結果・松原みちるは昨夜、キャバクラの同僚3人とともに新見一隆(森田甘路)という御曹司の誕生パーティーに参加していたことが判明。
  • 捜査が進み、事件の全容が浮かび上がる。みちるはパーティー当日、新見に『子供ができた』と結婚を迫っており(玉の輿目的の嘘)、動揺した新見がファンからプレゼントされたダンベルでみちるを強打。その様子を目撃したキャバ仲間3人がみちるの遺体遺棄を申し出ていたのだった(後で新見を脅して金を得るため)。
  • 【補足】新見が殴打したさい、みちるは気を失っただけでまだ生きていた。キャバ嬢3人はみちるを河川敷に運び、凶器のダンベルでトドメをさしていた。
  • 【補足】死亡したハズのみちるがエレベーター内で咳をした理由は”無呼吸症候群”に見られる生体現象だった。
  • 【補足】みちるの車にイタズラの書き置きをしたマンション住人は事件とは無関係。みちるに因縁をつけられた腹いせで犯行に及んでいた。
  • 物語のラスト、桜町中央署人事部の羽山(福士誠治)と警視庁人事課の小谷野(日野陽仁)が密会。二人はマークしている鷲見組が架川と繋がっていると疑っており、これからも架川の監視を続けるとのこと。

視聴率…9.1%

第3話(2023年1月19日放送)ストーリー

  • 水木直央(上白石萌歌)は帰宅途中、一人で夜道を歩いていた5歳の女の子・多村凛ちゃん(いろは)を保護する。母の加奈子(寒川綾奈)が家に帰ってこないという。
  • 捜査の結果、加奈子がマッチングアプリに登録していた事が判明。架川たちは最近発生した2件の『独身女性失踪事件』との関係を疑う。加奈子はシングルマザーだったが、独身と偽り登録していたのだ。
  • 架川たちは『それってあなたの主観ですよね?』という凛ちゃんの口癖から”世界総帥”なる動画配信者を容疑者に見立てる。しかしこの人物は失踪事件とは無関係だと判明。
  • その後、架川たちはこの動画を元に別の容疑者を割り出すことに成功。”世界総帥”の動画閲覧者の一人・山野井(味方良介)という生物学者だ。山野井を取り調べると『水木(上白石萌歌)だけに捜査協力する』と条件をつけてきた。水木は山野井とディナーを共にすることに。
  • 水木が山野井とディナー中、架川たちが山野井の自宅を捜索。すると廊下の突き当りに隠し階段を発見。奥の監禁部屋に加奈子、さらに失踪中だった他の二人の女性を発見し保護した。
  • 架川から確保司令を受けた水木は『山嵐』で山野井を投げ飛ばし逮捕。凛ちゃんは母と涙の再会を果たした。
  • 蓮見は自身の本名が『梶間直人』であること、さらに10年前に起きたホステス殺人事件で逮捕された父が現在も服役しており、その冤罪を晴らすために警察に潜入中だと架川にカミングアウトした。

視聴率…9.6%

第4話のストーリー

架川のかつての恩師・黒石元警視正(井上肇)が自宅アパートで遺体で見つかる。何者かにはめられた疑いを持つ架川は蓮見、水木直央らとともに捜査を開始。

黒石は数ヶ月前、森沢美央(喜多乃愛)という女性とのスキャンダルが報じられ、退職していた。

鷲見組と敵対する”一途会”の顧問(浅野ゆう子)と接見した架川らは、警視庁に鷲見組のスパイがいることを突き止め…?

視聴率…9.9%

【警視庁アウトサイダー】第4話ネタバレ解説。ゲストは浅野ゆう子、喜多乃愛など

第5話のストーリー

雑木林から死後5年ほど経過した若い男の白骨死体が見つかる。まもなく、遺体の身元が暴力団“仁英組”の構成員・楠本貴喜(横山涼)と判明。彼は生前、裏稼業から足を洗いたいと考えていたようで、更生して清掃会社を営む元暴力団員・小松崎実(デビット伊東)に相談を持ちかけていたことがわかる。

だが、架川、光輔、水木直央(上白石萌歌)が捜査をはじめたところ、組織を抜けたいと思っていたはずの楠本が組長をあおって傷害事件を起こすなど、矛盾する行動を取っていたことが明らかになっていき…!?

参考:テレビ朝日 警視庁アウトサイダー第5話

視聴率…8.5%

第6話のストーリー

桜町中央署管内で看護師・今野静香(高橋美津子)が何者かに駅の階段から突き落とされる事件が発生。静香は幸い一命をとりとめたものの、意識不明の状態だった。

架川は10年前のホステス殺人の被害者・歌川チカ(水崎綾女)が勤めていた店『コフレ』を訪れる。古参のバーテンダー・立石錠(正名僕蔵)の情報から、当時の人気ホステス・田並史江(高橋かおり)の存在にたどり着いた架川。史江は“ある人物”を捜してくれたら、架川の質問に答えると、交換条件を突きつけて…!?

参考:テレビ朝日 警視庁アウトサイダー第6話

スポンサーリンク

警視庁アウトサイダー 原作の結末は?ネタバレはある?

ドラマ『警視庁アウトサイダー』は加藤実秋氏による同名小説が原作となっています。シリーズは2023年1月現在も継続中で、最新刊は2023年2月に発売予定となっています。

ドラマ版は原作には無いオリジナルエピソードが含まれており、結末は不明です。

原作者・加藤実秋のプロフィール情報

『警視庁アウトサイダー』の原作者・加藤実秋さんのプロフィール情報です。

生年月日:1966年10月8日
出身地:東京都

2003年に発表した短編小説「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞し、作家デビュー。同作品はドラマ化、マンガ化されている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/加藤実秋

主な作品:『インディゴの夜』『モップガール』『テディシリーズ』『メゾン・ド・ポリス』『警視庁アウトサイダー』他多数。

警視庁アウトサイダー原作のネタバレと考察。黒幕予想と濱田岳の正体

『警視庁アウトサイダー』の結末はどうなるのでしょう?黒幕は?濱田岳さん演じる蓮見光輔の正体は?以下、原作のネタバレと考察になります。

  • 原作の蓮見光輔(濱田岳)の本名は『梶間直人』。蓮見の戸籍を入手し、なりすましている。
  • 梶間直人が蓮見になりすまして刑事になった理由は、梶間の父親が10年前のホステス殺人事件で逮捕されてしまったから。梶間はこの逮捕が冤罪だと信じており、父の無念を晴らすため真犯人を捜索している。
  • 蓮見光輔がたびたび雑貨店で会っている『兄ちゃん』は人事課の羽村さん。実は羽村は蓮見の味方。
  • 10年前のホステス殺人事件の犯人は失踪した長野県警の刑事・折原大吾。この男は鷲見組の闇金から金を借りるも返済が滞り、借金チャラにするかわりに鷲見組の依頼で歌川チカを消していた。
  • 原作では黒幕の正体はまだ明らかにされていない。
  • 【考察】黒幕は警察上層部の人間であることは間違いなさそう。現時点で怪しいのは第4話で死亡した黒石元警視正に代わり組対トップとなった椛島寿夫(戸田昌宏)。10年前の蓮見の父の冤罪事件もこの男が関与していると思われる。ただ、椛島は真の黒幕の傀儡という可能性が高い。
  • 【考察】問題アリすぎの長野県警。こうなってくると長野県警組織犯罪課の元トップであり現衆議院議員の小山内雄一(斎藤工)が怪しく思えてきます。彼は古巣で起きた組織犯罪を隠蔽しようとしているのか、はたまた県警の闇を暴こうとしているのか?
  • 水木直央(上白石萌歌)の父である警視副総監・有働弘樹(片岡愛之助)はいい人。
  • 結末は梶間直人の父の冤罪が晴らされ、架川が警視庁にカムバックすると予想。ただ、バディ解散は悲しいので、架川と蓮見は桜町中央署に残留という結末に期待。

というのが現時点での考察となります。原作の黒幕は明かされていないので、ドラマ版ではオリジナルのラスボスが登場するかも知れませんね。

ドラマ版『警視庁アウトサイダー』のネタバレ情報と考察は各話視聴後にこのページに追記する予定なのでお楽しみに♪

最後までお読み頂きありがとうございました~m(_ _)m

スポンサーリンク

人気ドラマのネタバレ記事一覧

最新ドラマから過去の名作まで。話題のドラマのネタバレ記事一覧です。

櫻井翔主演【大病院占拠】ネタバレ解説と結末を考察。黒幕の正体とは?

2023年最新!井上真央主演【100万回言えばよかった】ネタバレ考察を結末まで。

草彅剛主演【罠の戦争】ネタバレ考察とあらすじを結末まで。原作はある?

吉高由里子主演【最愛】ネタバレ考察と結末までのあらすじ。

川口春奈主演【silent】最終話結末までのネタバレ紹介。

藤原竜也主演【リバース】ドラマと原作の結末をネタバレ解説。

二宮和也主演【マイファミリー】衝撃の結末と犯人をネタバレ。

西島秀俊主演【真犯人フラグ】考察まとめと結末をネタバレ解説。

竹内涼真主演【六本木クラス】原作の韓国漫画をネタバレ解説。

イラストあり!斎藤工主演のミステリー【漂着者】ドラマ最終話までのネタバレと結末。

スポンサーリンク

警視庁アウトサイダー 見逃し配信&公式SNS

『警視庁アウトサイダー』の見逃し配信サイトや公式SNSの一覧です。

警視庁アウトサイダー公式ツイッター

警視庁アウトサイダー公式インスタグラム

警視庁アウトサイダー公式You Tube

警視庁アウトサイダー公式TikTok

(最新話のみ無料)【Tver】警視庁アウトサイダー見逃し配信

(登録あり)【TELASA】警視庁アウトサイダー見逃し配信

【テレ朝動画】警視庁アウトサイダー

スポンサーリンク

【この記事のカテゴリー】

警視庁アウトサイダー
\シェアありがとうございます! /
スポンサーリンク

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/keisityou-outsider-spoiler-drama/

【タイトル】

【警視庁アウトサイダー】ネタバレと結末の考察、原作の黒幕、濱田岳の正体とは?
※タイトルはご自由に♪
【著者プロフィール】
【この記事を書いた人】
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在ドラマ『100万回言えばよかった』にドハマリ中♪

ヒトコトマニア | ドラマのあらすじ、ネタバレ