【危険なビーナス】斉藤由貴が演じる母・禎子を殺害した犯人は誰?ドラマ第5話

『危険なビーナス』ドラマ第5話のあらすじと感想です。※ネタバレあり。

矢神家の現当主・康治の殺害計画を実行にうつした次女の祥子(安蘭けい)。伯朗と楓は計画を阻止するため、矢神家で極秘ミッションを発動します。

その祥子が物語の最後で衝撃発言を!伯朗の母親(斉藤由貴)の死は事故じゃなかった…!?

【原作の結末はこちら】

【危険なビーナス】ネタバレ・原作あらすじを解説。犯人の正体と絵の秘密
「危険なビーナス」原作ネタバレあらすじ。犯人の正体と絵の秘密を解説します。東野圭吾が手掛けるミステリ...
スポンサーリンク

危険なビーナス 母の禎子(斉藤由貴)を殺害した犯人は誰?第5話ネタバレ

危険なビーナスの斉藤由貴

『危険なビーナス』ドラマ第5話(2020年11月8日放送)のストーリー

▼ここから▼

動物病院にいた伯朗(妻夫木聡)の元に一通の封筒が届く。中の便箋には『今夜、康治がころされる』と書かれていた…!

伯朗は楓(吉高由里子)と助手の陰山元美(中村アン)のランチに誘い『どう思う?』と相談。聡明な美女二人は『これは殺害予告ではなく助けを求める手紙では?』とするどい指摘をかます。

伯朗と楓は康治(栗原英雄)を救うため矢神家へε≡≡ヘ( ´Д`)ノ楓が康治のベッドの下に潜り込み、計画を阻止することになった。

計画の全貌が明らかに

楓がベッドの下で身を潜めていると、主犯である次女の祥子(安蘭けい)が現れ、共犯者たちに康治殺害計画の説明をしはじめた。

ドス黒計画の全貌はこうだ。

暗殺チームのメンバーは祥子、夫の隆司、看護師の杏梨、使用人の君津(結木滉星)の4人。

今夜7時に予定された”開かずの間”のオープンにあわせ、親族たちがお宝を鑑定しているスキに杏梨が康治の酸素供給バルブを閉じて殺害。

使用人の君津(結木滉星)が『大変ですぅ~!』と親族に報告。

医師の隆司が診察し死亡確認。この時、『遺産は祥子にまかせる』とあらかじめ打ち込んでおいた目線モニターを皆に見せる。

祥子が遺産独り占めのハッピーエンド(≧∇≦)/

『これだと怪しまれますぅ(´・ω・`)』とビビる君津くん。すると祥子がこう付け加えた。『波恵姉さんを仲間に引き入れるわ。遺産は二人で分けるの。』

実は祥子の目的は遺産独占ではなく、ある理由で憎んでいる佐代(麻生祐未)と勇磨(ディーン・フジオカ)に遺産を渡さないことだったのだ。

楓がピンチ!

ベッドの下で全てを聞いていた楓。しかし祥子に気づかれ、スタンガンで気絶させられてしまう。

祥子は計画を一部変更し、楓に罪を被せちゃおと悪巧み。楓の指紋を酸素供給バルブにつけてしまった…!

危険なビーナス 開かずの間で母(斉藤由貴)のアルバムを発見

危険なビーナス ドラマ第5話あらすじの続き

午後7時。親族たちが”開かずの間”に集結し、パチンコ店に早朝から列をなすジャンキーのごとく今か今かとオープンを待つ。伯朗は連絡がつかない楓が心配のようだ。

いよいよ開かずの間がオープン。中には康治が蒐集した高価な美術品がドッサリ!さっそく品定めにかかる親族たち。『こ、この古伊万里、500万はするでぇ(^q^)ヨダレ!』

母(斉藤由貴)のアルバム

お宝に興味ナシの伯朗はかなりヒマそう。すると長女の波恵(戸田恵子)がある物を見せてくれた。伯朗の亡き母・禎子(斉藤由貴)の私物だ。そこには母の古いアルバムが…。

アルバムには母と康治が再婚した時の写真や、異父弟の明人(染谷将太)が生まれた時の写真が納められていた。しかし伯朗の写真はほとんどなかった。

『たぶん意図的に僕が写らないようにしていたんです』とショボーン気味に話す伯朗。康治にとって血の繋がりの無い自分は邪魔な存在だったのだ、と…。

ここで波恵が意外な事実を伯朗に告げた。『…兄は伯朗さんの父親になれるか不安だったと言っていましたよ』

アルバムをめくっていると、康治と相撲を見に行った時の写真が。笑顔の伯朗がバッチリ写っているじゃあないか!楽しかったあの時を思い出す伯朗…。

『兄のために出来ることがあるのでは?』と言う波恵にハッとする伯朗。『…今朝、ぼく宛に届いたあの手紙…書いたのはあなただったんですね…!?』

波恵は康治が殺される事を予感しており、伯朗に助けを求めていたのだ…。

伯朗と康治、親子の時間。

一方、康治の部屋では殺害計画がついに実行されようとしていた。酸素バルブを閉めようとする看護師の杏梨…。しかし、彼女には出来なかった。『私には…ムリですぅ』

そこに伯朗が駆けつけ、『康治氏と二人にしてください』とお願いした。

意識不明の康治に語りかける伯朗。

『初めてです。あなたの顔を近くでちゃんと見たのは…。』

意識を取り戻した楓も乱入。伯朗は康治に『明人の嫁さんの楓さんです』と紹介した。

伯朗の母(斉藤由貴)は事故死じゃなかった?

計画が台無しになりワインがぶ飲み中の祥子(安蘭けい)。伯朗と楓が現れ、康治の部屋に仕掛けられていた盗聴器を見せた。これは佐代と勇磨が仕込んだものだという。

祥子の計画は勇磨たちに筒抜けだったのだ。

ヤレヤレ( ´Д`)=3 観念して全てを語りだす祥子。佐代と勇磨を恨む理由は、佐代が祥子の母を毒殺したからだった。『あの二人から全てを奪ってやる!まだ終わってないわ!』とリベンジを誓う祥子。

すると伯朗は衝撃の事実を祥子に告げた。『実は盗聴器はもう一つあったんです。仕掛けたのは波恵さん。あなたの言葉は全て録音されていると思いますよ。』

不意に笑い出す祥子。『まったくどいつもこいつも…ww』

『もう二度とバカなマネはしないでくださいね』

祥子にそう釘を刺し、去ろうとする伯朗。すると祥子がまさかのセリフを口にした。

『あなたもきっと矢神家を恨むことになる。あなたの母親は…ころされたのよ!』

ナヌ…!と驚く伯朗Σ(゚Д゚)。『母が…ころされた!?』

【危険なビーナス 第5話 終】

視聴率…10.9%

【危険なビーナス】母の実家の謎と人類の未来。ドラマ第6話ネタバレ
「危険なビーナス」ドラマ第6話ネタバレ&あらすじ感想。取り壊されたはずの母の実家がまだ建って...

危険なビーナス 第5話レビュー

『危険なビーナス』ドラマ第5話(2020年11月8日放送)のレビュー。

  • 矢神邸にあと200個くらい盗聴器仕掛けられてて『あれ、これ私のだっけ?』って親族たち混乱しそう。
  • 佐代と勇磨が親子だった事より、親子なのにベッタリしすぎの方が衝撃。
  • 豚野郎あつかいされた隆司(田口浩正)が『ンゴッ!』って鳴いたトコ。『ブヒッ』よりもリアル(笑)。監修してる獣医さんのファクトチェックが入ったのかも?
  • 耳元で自分の殺害計画の会議される康治氏。病みが倍速で進みそうで心配。
  • 猫の脳を電気でビリビリ…。伯朗でなくてもトラウマになるよね…^^;
  • 隠しカメラ買いに行ったはずの楓がいつの間にかベッドの下にいた謎。
  • 伯朗が相撲好きだったという衝撃事実が判明。千代の富士が好きだった理由は単純に強かったから?それとも”ウルフ”って動物系のあだ名が気に入ったから?
  • 4週にわたり焦らしまくった”開かずの間”が意外とフツーの部屋で(笑)
  • 誰よりも”開かずの間”を楽しみにしていた牧雄さん(池内万作)入院中という悲報(T_T)
  • 祥子さんなんでフツーにスタンガン持ってるの?(笑笑)
  • 『お義父さん』って呼びそうで呼ばない伯朗。感動シーンは最終回にお預け?
  • 康治殺害計画を知ってた波恵さんが自分ではなく伯朗に解決させた理由は、二人の確執を取り除いてあげるためだったのかも。意外と兄想い&甥想い。言葉キツイけど良い人っぽい。

危険なビーナス 東野圭吾原作の小説を読んだ感想

危険なビーナス 伯朗の母親(斉藤由貴)を殺害した犯人とは?

『危険なビーナス』第5話で安蘭けい演じる支倉祥子が告げた衝撃の事実。『伯朗の母(斉藤由貴)は矢神家の人間にころされた』は事実なのか?

ネタバレOKな方は以下の記事をついでにどうぞ。原作の全ての謎を解説しています。

斉藤由貴 プロフィール

『危険なビーナス』で伯朗の母・禎子を演じている斉藤由貴さんのプロフィール情報です。

本名:小井 由貴
生年月日:1966年9月10日(54歳)
出身地:神奈川県横浜市
身長:161 cm
血液型:B型
配偶者:一般人男性

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/斉藤由貴

主な出演作:『スケバン刑事』『連続テレビ小説 はね駒』『はいすくーる落書シリーズ』『お母さん娘をやめていいですか』『カンナさーん!』『いつかこの雨がやむ日まで』他多数。

参考:東宝芸能 斉藤由貴

【次回のストーリー】

伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が矢神家の人間に殺されたと聞きショックを受ける。

明人の失踪と禎子の死の真相には何か関係があるのか?と考察する伯朗と楓。気になるのは「30億の遺産よりももっと価値があるもの」という牧雄(池内万作)の言葉だ。しかし、その牧雄が「退院する」とメモを残し、病院からいなくなってしまう。

一方、伯朗は楓のことが気になっていた。自分が矢神家に行くことを伝えても「今夜は予定があるから」と素っ気なく、メールや電話にも応答がない。

その頃、楓は勇磨(ディーン・フジオカ)と2人で会っていて…。

危険なビーナス 関連記事

危険なビーナス 堀田真由の正体を原作より解説

危険なビーナス ドラマ版と原作小説の違い

危険なビーナス 妻夫木聡の原作まとめ

危険なビーナス 小日向文世はラスボス?

危険なビーナス 吉高由里子の正体と結末をネタバレ

スポンサーリンク
危険なビーナス

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/kikenna-venus-saitouyuki/

【タイトル】

【危険なビーナス】斉藤由貴が演じる母・禎子を殺害した犯人は誰?ドラマ第5話
※タイトルはご自由に♪
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在『危険なビーナス』にドハマリ中♪

ヒトコトマニアをフォローする
スポンサーリンク
ヒトコトマニア | スターウォーズやらドラマのあらすじ、ネタバレやら
タイトルとURLをコピーしました