きらなつ 第2話の感想とあらすじ。吉良奈津子に姑の小言が炸裂!

●この記事をシェアする

吉良奈津子の感想

ドラマ『営業部長 吉良奈津子(きらなつ)』第2話のあらすじと感想です。

姑問題、子育て、慣れない営業職、賛同を得られない部下…様々な困難を抱えながらCM作りに復帰するために突き進む奈津子(松嶋菜々子)。強くてカッコいいですよね!

今回は新規顧客を獲得するため営業に奮起、出稿を勝ち取るためコスメフェスのイベントで元部下の高木(松田龍平)と対決します。

あのベビーシッターも気になるね!絶対フツーじゃないよあの女!

今回は中村アンが大活躍するな!このドラマでは地味な格好をしているが、漂う色気を隠しきれてないぞ。

スポンサーリンク

きらなつ 第2話のあらすじと感想。ノルマと部下に悩む奈津子!

上司の斎藤常務に呼び出された奈津子。部下の名前すら覚えていない事を叱責され、さらに

『今月中に一本仕事を取れ』

とノルマをかせられる。

部下の事を良く知るため、自己紹介をさせる奈津子。その席でコピーライター志望の神崎あすか(足立梨花)にダメ出しし、派遣社員の今西朋美(中村アン)の自己紹介中に席を立ってしまう。

その夜、副部長である米田(板尾創路)から電話を受けた奈津子。

『神崎が仕事を辞めると言っています。今西については”派遣だから邪険に扱われた”とパワハラ認定を受ける可能性があります。何とかして下さい。』

翌日、二人をランチに誘いご機嫌をとる奈津子だった。

管理職の辛い所だな!上司と部下からの板バサミ。俺も同じ立場だからよく分かるぞ!

上司にも部下にも相手にされない部長乙w

(部長、僕は応援してますよ、一応!)

神崎は大手焼酎メーカー社長の娘で、東邦広告の大事な出稿主ということが判明しましたね。第1話から脳天気なおねーちゃんという感じでしたが、実は筋金入のお嬢様だったんですね。

出稿とは?

新聞・雑誌・テレビ・ウェブサイトなどに広告を出すこと。

羨ましすぎるw 働く必要無いんじゃない?

会社的には美味しい存在だが、直属の上司は気を使って大変そうだな!そそうをやらかしたら即クビが飛びそうだ。

姑(義母)が家にやって来た!ネチネチ小言を言われる奈津子

奈津子の夫・浩太朗(原田泰造)の母・周子が家に来た。夕食時、仕事で食事を作れなかった奈津子は惣菜屋で買った出来合いのおかずを並べるが、ダメ出しをされる。

周子『家事も出来ないなんて、仕事のしわ寄せがきてるんじゃないかしら?』

さらにベビーシッターを雇ったことも指摘。

周子『赤の他人に子供預けて心配じゃないの?子育てのプロは母親以外にいません!』

そしてベビーシッターの坂部に電話をかけ、どんな人物か探る周子。しかし坂部は冷静に対応し、周子の信頼を得たようだ。

こういうお姑さんがいると大変だな。奈津子が苦手なのも頷ける。正論で攻めてくるから何も言い返せないしな!

子育てに物申したくてしょうが無いんだよw

夫の浩太朗もガツンと言えればいいのですが、そんな雰囲気じゃなかったですね。

お姑さんにしてみれば、孫の壮太を想っての言動なのですが。

それにしてもあのベビーシッター、しっかりしすぎている所が逆に不気味ですね…。

コスメイベントに参加!ライバルは…元アシスタントの高木!

自然なつけまつ毛が話題の『マイキュート』に営業をかけた奈津子。広告出稿の条件は年に一度開催される化粧品業界のイベント『東京コスメフェア』で大手化粧品会社リナージュより人気のあるブースを作ること。

しかしリナージュのブースを手掛けるのは東邦広告、しかも企画担当は奈津子の元アシスタント・高木(松田龍平)であることが判明。

奈津子は高木と親しい今西(中村アン)を利用し、どんなプランを練っているのか探ろうとする。一度は引き受けた今西だったが、

『やっぱりスパイはしたくありません。』

とこれを拒否。

常務からノルマを課せられていた奈津子はどんな手を使ってもこの仕事を成功させると躍起になるが、副部長の米田はついて行けないと言い降りてしまう。

予算も人員も足りない中、今西が『マイキュート』についてまとめた資料を目にした奈津子はあるアイデアを思いつく。

『観客の女の子にメイクをするのはどうかしら?きっと話題になる!』

こうして東邦広告社内での企画対決が幕を開けた。

なんだ、高木と今西はデキてたのか?社内恋愛なんて羨ましいなチッキショー!

どうなんでしょうね?今西は高木に気があるようですが、高木はポーカーフェイスすぎてよく分かりませんね。

女子はあーいうミステリアスな雰囲気の男にそそられるんだよw

スポンサーリンク

イベントが開催!大物アーティスト登場に苦戦を強いられる奈津子たちだったが…

東京コスメフェアがついに開催!高木が企画担当したリナージュには世界的メークアップアーティスト・ローズが協力。しかも観客をステージに壇上させメークを施すという、奈津子が企画したものと同じ内容だった。

企画が被ってしまった奈津子。こうなるとローズを呼び寄せた高木が完全に有利!奈津子が担当するマイキュートのブースには一向に観客が集まらない。

なんとか挽回しようと策を練るが、良いアイデアが浮かばない奈津子。マイキュート側も諦めかけたその時、今西が観客一人一人に声をかけ、勧誘を始めた。

他の営業部員たちも各々が観客集めに尽力。地道な声掛けが功を奏し、次第にマイキュートブースに人が集まってきた。

それでも結果的にリナージュ側には及ばず、マイキュートの担当者に謝罪する奈津子。しかし担当者は思わぬ事を口にした。

『リナージュに勝つことより大事なことを思い出しました。マイキュートの商品を愛してくれた東邦広告に雑誌広告を依頼します。2000万円の出稿でどうですか?』

こうして奈津子たち営業部は少額ながらも新規契約を獲得することに成功した。

年間出稿費30億円のノルマがある奈津子にとって2000万はちょっと物足りないが、それでも営業部長になって初めての売上獲得だ。これは嬉しいだろうな!

とりあえず今月中に一本っていうノルマは達成したね!

今回の契約は派遣社員・今西の活躍が大きかったですね。

企画のきっかけとなるファイルの作成、そしてブースへの呼び込み。派遣でありながら力を示した今西の評価は上がるでしょうね。正社員登用もあり得るかも…?

ベビーシッター坂部がやっぱりヤヴァい!

ベビーシッター

奈津子が東京コスメフェアで忙しい中、ベビーシッターの坂部から一本のメールが届いた。息子・壮太の具合が悪いから帰って来れるか?という内容だった。

仕事を抜けられない奈津子はもう少し様子を見るようにと返信。

すると坂部は夫の浩太朗にも連絡をし、ゴルフ中だった浩太朗が急遽家に帰ってきた。これにより浩太朗は、具合の悪い壮太をそっちのけで仕事をしていた奈津子に不満を抱いてしまう。

しかし…実は壮太は元気そのもの!坂部は奈津子と浩太朗の間に溝をつくるため、嘘のメールをしたのだった。

キモっ!だんだん本性を現してきたね!実は夫の浩太朗を狙ってるとか?

家庭崩壊させるのが趣味なんじゃないか?

まだ詳細は不明ですが、坂部は浩太朗からもらったお菓子を大事そうに抱きしめていましたね。

マギーさんの言うとおり、浩太朗に想いを寄せている可能性もあります。

そんなモテキャラのイメージ無いけどな、原田泰造に。

部長に比べたら誰だってモテキャラだよw

……!!

きらなつ 第2話のあらすじと感想 まとめ

いかがでしたか?『きらなつ』第2話では奈津子たち営業部が力を合わせて契約をつかみ取りました。

派遣である今西の力量をちゃんと評価し、チャンスを与え、結果的に契約獲得に導いた奈津子の采配は素晴らしかったですね。

部下を信じる事を学んだ奈津子、育休前と比べ少し成長したのではないでしょうか?

強引な面もあるが、営業という職種は他社の先を取って奪い合う仕事だからな。そういう意味では奈津子は頼れる上司と言ってもいいだろう。

仕事は順調だったけどプライベートで問題が山積みだね!旦那、姑、ベビーシッター…。そろそろ泥沼化の予感!!楽しみ~♪

(…あなたの性格にもかなり問題が山積みですけどね…)

きらなつ その他のあらすじと感想

吉良奈津子 最終話の感想。常務の狙いと高木の告白未遂 | きらなつこ
『営業部長 吉良奈津子』最終話の感想とあらすじです。高木(松田龍平)が奈津子に告白?彼の気持ちとは…。斎藤常務がまさかの行動に!これまで敵だと思っていた彼ですが、実は…。きらなつこ 最終回の結末は予想外の
吉良奈津子の感想とあらすじ 第9話。一条の目的とは
ドラマ『営業部長 吉良奈津子』第9話のあらすじと感想。過労で倒れな奈津子(松嶋菜々子)の元へ現れた一条(DAIGO)。彼の手には紛失用したプレゼン用の資料が…。一条の目的とは一体…。きらなつこ 9話の内容
DAIGOの悪っぷりにドン引き。吉良奈津子 第7話
ドラマ『営業部長 吉良奈津子』第7話のあらすじと感想。ついに廃部が言い渡された営業開発部。部の存続を誓う奈津子を部下の一条(DAIGO)があざ笑う。お前らはゴミだと罵倒中傷する一条。彼は東邦広告の陰謀に
【第4話】吉良奈津子 | 夫の浩太朗とシッター坂部の不倫で家庭崩壊の危機
ドラマ『営業部長 吉良奈津子』第4話のあらすじと感想です。仕事に本気モードになった奈津子は新規顧客を獲得。しかし親子の対立が水を差し…。夫の浩太朗(こうたろう)はシッター坂部と密会。不倫、家庭崩壊の危機が迫る…

スポンサーリンク