【ラブリラン】大政絢が演じる小笠原杏子の正体を原作ネタバレ。第3話

ラブリランの大政絢

ドラマ『ラブリラン』第3話のあらすじと、ラストでヒロイン・さやか(中村アン)にいきなりビンタを喰らわせた謎の美女・小笠原杏子(大政絢)の正体についてお届けします♪

この記事には原作の内容が含まれます。ネタバレにご注意下さい。

【ラブリラン 前回までのあらすじ】

記憶喪失になった南さやか(中村アン)は目が覚めると会社の同僚・町田翔平(古川雄輝)と同棲していた。

さやかの記憶が戻るまでとりあえず同棲を続ける事にした二人。するとさやかの前に藤崎隼人というチャラそうな美容師が現れ『ベッドをともにした相手を忘れちゃったの?』と衝撃発言をかます!

全く記憶にないさやかだったが、実は隼人の言った事は大ウソ!彼は翔平に想いを寄せており、さやかとの仲をぶち壊そうとしていたのだ。

隼人が自分と同じ『届かぬ想い』を胸に抱いていることを知ったさやかは、勇気を出して片思いの男・亮ちゃん(大谷亮平)に告白する決意をする…。

スポンサーリンク

ラブリラン 大政絢がいきなりビンタ!第3話ネタバレ

ラブリラン第3話(2018年4月19日放送)のあらすじとネタバレ一人でコンペに臨むさやか!橋の上の風景さやか、ついに告白!大政絢がビンタ!

【ラブリラン 登場人物】
南さやか
(中村アン)…記憶喪失中の地味女。亮介に片想い中。
町田翔平
(古川雄輝)…さやかの同棲相手。ツンデレ塩男。
鷺沢亮介
(大谷亮平)…デザイナー。ヒゲ。
青山瑞希
(片瀬那奈)…イラストレーター。亮介の婚約者。
藤崎隼人
(市川知宏)…さやかとホテルに行ったと言う美容師。町田は高校の同級生。
小笠原杏子
(大政絢)…町田の元カノ。トップモデル。

大手コスメ会社・レジーナ化粧品のコンペに向け、プレゼンの予行練習をする町田翔平(古川雄輝)。いよいよ明日最終コンペが行われる。

町田とともにプレゼンに挑むさやか(中村アン)は、競う相手が片思い中の亮ちゃん(大谷亮平)だと知り尻込みする。亮ちゃんは第一線で活躍するデザイナーで、勝ち目は薄い…。

しかしさやかは『これが成功したら、何かが変わるかも…。』と気合を入れた。

コンペ当日、まさかのトラブルが発生Σ(゚Д゚)『アライグマが電線をかじった』ため電車がストップし、町田がプレゼンに間に合わなくなってしまったのだ。

『あんた一人でプレゼンやって下さい。』とさやかに電話で告げる町田。あがり症のさやかは『ムリムリムリ!』と声を震わせる。しかし町田は

『アンタの度胸を前に見たことあるから。絶対に出来る!』

と言い電話を切ってしまった^^;

一人でコンペに臨むさやか。しかし…(T_T)

レジーナ化粧品に着き、いよいよプレゼンがスタート。亮ちゃんは貫禄のナイスプレゼンをかまし、次はいよいよさやかの番。『やるしかない!私なら出来る!』と自分を奮い立たせたが、壇上に上がった瞬間に頭の中は真っ白!小声でボソボソ説明し、資料を床にぶちまけ、セリフも忘れてしまった…OTZ

もうだめだ…どうせ私には!と諦めかけた時、亮ちゃんと目が合う。無言でうなづく亮ちゃんに勇気を貰ったさやかは、つたないながらもプレゼンを再開。

『私は南さやか30歳です。今まで男性と付き合った事がありません。恋愛初心者にとって最初の一歩は重いんです。傷つくのが怖いから…。私みたいなアラサー女子はけっこういるので、御社の製品を通して彼女たちの背中を押してあげたいです。』

ノリノリになってきたさやかは、力強くこう続けた。『日陰で生きている女性をリングに上げてあげたいんです!』

なんとか溢れる想いを伝えることが出来たさやか。しかしクライアントは『アンタの話はどうでもいいんだよ!』と冷たくダメ出し。再び窮地に陥ってしまったさやか…!

そこに全力ダッシュで駆けつけた町田ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ さやかとバトンタッチし、クールにプレゼンを完遂した。

橋の上の風景

なんとか大役を果たしたさやか。すると帰り道、橋の上から川を望む風景に見覚えがあることに気付く。『前にもここに来た気がする…。』

しかしさやかはそれがいつだったのか、思い出すことが出来なかった。

亮ちゃんとデート♪からの告白…?

翌日、今日は亮ちゃんが誕生日を祝ってくれる日♪早起きしたさやかはメイクもファッションもバッチリキメる。すると町田が『また都合よく呼び出されたんだ?それって便利使いって言うんだよ。』と嫌味を言う。

カチンと来たさやかは『あなたに関係ないし!』と言い返し、軽くおこ状態で家を出た。

亮ちゃんが連れてきてくれたのは全然オシャレじゃないラーメン屋。しかも客はゼロ…。『なんでこの店…?』と心の中でつぶやくさやか。

ズルズルとラーメンを食べていると、亮ちゃんが『可愛い服来てるからデートの帰りかと思った。同棲してるんだよね?』とさやかの気持ちをガン無視した発言をかます。さやかは思わずレンゲを丼に叩きつけてしまった…。

マジギレするさやかに少し驚く亮ちゃん。さやかは『ごめんなさい』と謝ったが、気まずい空気が流れる…。

『このラーメン屋、広島の駅前にあったあの屋台なんだ。』と言う亮ちゃんにハッとするさやか。実はこの店はさやかと亮ちゃんが広島にいた時、年末に二人でよく食べていたラーメン屋だった。店の親父さんは屋台をたたみ東京に出店していたのだ。

『今だけ貸し切りにしてもらったんだ。昔の気分を味わいたかったから。』

やっと笑顔を見せたさやか。亮ちゃんは『誕生日おめでとう』と祝福してくれた。

帰り道、さやかは亮ちゃんを呼び止める。『あの、私…亮ちゃんの事…』

ついに15年間にわたる想いを伝えるさやか!

リングに上がれ!

帰宅するとマンション前でゲイ美容師の藤原隼人(市川知宏)が立っていた。町田は出かけていて不在だったが、さやかは隼人を部屋に招く。

さやかは亮ちゃんに告白しなかった事を隼人に告げた。『どうして…?』

『私、亮ちゃんの事ずっと家族みたいに思ってるから。彼も私のこと幼馴染としか見てないし。今の心地いい関係を崩したくないの。』

すると帰宅した町田が『ブァッカじゃねーの!?』とブチギレる!

『妹ポジション守ってどーすんだ!リングに上がる勇気の無いヤツは一生勝てないんだ!とっととリングに上がれ!』

フっと記憶が蘇るさやか。コンペのプレゼンでさやかが言った『日陰にいる女性をリングにあげたい』という言葉は、さやかが思いついたものではなく、過去に町田に言われた言葉だったのだ。

さやかは流星群を見ながら亮ちゃんへの想いを語っていた時、この言葉で町田が自分を勇気づけてくれた事を思い出した。

スポンサーリンク

さやかがついに告白!

さやかはダッシュでマンションを飛び出すと、電話で亮ちゃんを呼び出した。

『…さっき言い忘れた事があって…。私…亮ちゃんが好き!!』

ついに告ったさやか。すると亮ちゃんは『二度も告白してくれてありがとう』と言う。…二度も…(・・?

その時、さやかは最初に亮ちゃんに告白した時の事を思い出した。『妹としか見れない』と言われ、フラレていたのだ。

『俺、瑞希とやり直したいんだ。』という亮ちゃん。婚約を破棄した交際相手・青山瑞希(片瀬那奈)をまだ想っている事を告げる。

そっか…と笑顔を見せるさやか。『二度もフッてくれてありがと!』と言い背中を向ける。すると亮ちゃんがこう言った。

『俺、お前の彼氏にはなれないし、アニキでいられることも出来ない。でも俺は絶対にお前の味方だからな!』

必死に涙をこらえるさやか。精一杯の笑顔を見せ、帰路についた。

橋の上で町田に言われたセリフ

トボトボと歩いていると橋の上で町田が待っていた。『フラレちゃったw』と笑うさやかに、『とりあえず行きましょうか』と言い手を引く町田。さやかの記憶がまたしても蘇る…。

最初に亮ちゃんにフラれた後、瑞希とのデート現場を目撃しショックを受けていたさやかに『次は女として観てもらえますよ。俺、素敵だと思ってますから。南さんの事』と亮ちゃんへの再アタックを後押ししてくれた町田。それがこの橋の上だったのだ。

『思い出した、あなたに言われた事…』と町田のセリフを口にするさやか。町田は『いちいち報告しないで。』とちょっと照れくさそう…w

町田に手を引かれながら、さやかはこう思った。

『前と同じ手だ。冷たくて強い…。私はこの手に引っ張られて、長い片思いを終わらせる事ができたんだ…。』

町田の元カノ・小笠原杏子(大政絢)

15年の片思いにピリオドを打ったさやか。これからは仕事に生きよう!と意気揚々と会社に向かう。すると前からモデル風のスタイル抜群オーラはんぱねぇスレンダー美女が歩いてくる。

見惚れるさやかの前で立ち止まった美女。いきなりさやかにビンタを喰らわした!Σ(゚Д゚)

ものすごい形相で睨みつけてくる美女…。何が起きているのかさっぱり分からないさやかは

『え”え”え”ー???』

とパニクった。

【ラブリラン 第3話 終】

大政絢 プロフィール

『ラブリラン』第3話の最後でさやかにビンタを食らわした美女を演じていたのは女優の大政絢さん。彼女のプロフィールをご紹介します。

【大政 絢/おおまさ あや】

生年月日:1991年2月4日
出身地:北海道滝川市
血液型:O型
身長:164 cm

主な出演作:『コスメティックウォーズ(映画)』『アルジャーノンに花束を』『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『あなたのことはそれほど』『ラブリラン』他多数

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/大政絢

ネタバレ!ラブリランで大政絢が演じる小笠原杏子の正体

『ラブリラン』第3話でさやかにいきなりビンタをかました謎の美女(大政絢)。彼女の正体は町田翔平の元カノ・小笠原杏子(おがさわら きょうこ)です。

大政絢が演じる小笠原杏子。原作ではこんな人

小笠原杏子

ドラマでは現役トップモデルという華やかな職にある小笠原杏子(大政絢)。町田の元カノで、彼にまだ未練があるようです。同棲相手のさやかにビンタをした理由は、『この泥棒猫!』的嫉妬かもしれませんね…。

原作の小笠原杏子はこんな人です。※ネタバレ注意

  • 町田と同じ系列の会社に勤めるOL(原作では町田とさやかは違う職場に勤めている)。仕事帰りに町田を飲みに誘うことも。
  • 美容師の隼人の幼馴染。杏子は隼人がゲイであることを知っており、昔からよく相談にのってくれていた。
  • ドラマの隼人は町田とさやかを別れさせようとしていたが(第2話)、原作では隼人は町田の事は何とも思っておらす、幼馴染である杏子の恋を叶えるためにさやかを誘惑し、町田と別れさせようとしていた。(ちなみに杏子が町田にまだ未練があると思ったのは隼人の勘違い。杏子は町田に未練は無かった。)
  • 初登場は『ラブリラン』コミック第一巻。町田の家に借りてたCDを返しに来た(この時すでに破局している状況)。杏子は家にいたさやかを見て『誰あの人?』と聞く。町田が同棲していることを告げると『町田さんがこんなダサい人と付き合うわけない!』といきなりさやかをディスった。
  • じつはこの時さやかと杏子(大政絢)が会うのは二度目だったが、さやかは記憶喪失で覚えておらず、杏子は地味な格好のさやかが同一人物だと思わず気づかなかった。
  • さやかは町田と交際中(記憶を失う前)、初めて杏子を見た時、元カノと知ってめちゃくちゃ嫉妬&不安になった。さやかが愚痴りまくったため町田の機嫌が悪くなり、二人は距離を置くことに…。

職業がトップモデルであることと、町田にまだ未練があること。この2つが原作と大きく違うようです。

原作のラストでは、小笠原杏子は町田とさやかの恋に大きく関わってきます。

『ラブリラン』原作コミックのネタバレとあらすじ

ドラマではさやかの前に現れていきなりビンタをしてましたね。かなり性格強そうな予感…^^;トップモデルが会社員の町田とどうやって知り合ったのでしょう…?二人の接点が気になりますね。

以上、ラブリラン第3話のあらすじと、大政絢さんが演じる小笠原杏子のネタバレでした♪

ラブリラン 関連記事

『ラブリラン』の関連記事です♪

【ラブリラン】第5話のネタバレ感想と水族館のロケ地

【ラブリラン】第6話ネタバレ。榊原郁恵が母親役で登場!

【ラブリラン】気になる視聴率をチェック♪

最新ドラマのストーリーとネタバレ

2018年最新ドラマのストーリーやネタバレ関連の記事です♪

スポンサーリンク