吃音症はつらい!月9ドラマ【ラヴソング】の感想。1話~最終回 (6ページ目)

月9ドラマ ラヴソングの感想

月9ドラマラヴソング第6話の感想です。

一時は白紙に戻ってしまったさくら(藤原さくら)のプロデビューですが、動画投稿サイトで話題となった事、広平(福山雅治)の元マネージャー・弦巻(大谷亮平)にデモテープを聴いてもらった事で道が開けてきました。

今回の第6話ではさくらと広平がオリジナルソングを作るためともに頑張ります。一体どんな曲が完成するのでしょうか?

なんか視聴率6%台まで落ちたみたいだね。面白いのにな~!空一アツいしw

藤原さくらが可愛くないとか言われてるけど、俺から見たら石原さとみとあまり変わらん。

スポンサーリンク

月9ドラマ『ラヴソング』第六話の感想!さくらと広平で曲作り!

広平の元マネージャー・弦巻が勤めるトップレコードに売り込むため、さくらと広平は曲作りを開始する。歌詞はさくら、曲は広平が担当することに。

元バンド仲間の増村(田中哲司)から機材を借り、自宅で曲作りに励む広平。さくらは仕事中や深夜遅くまで歌詞を考える毎日。

『好きだから』

『一緒にいられないと』

『とても怖いの』

いきなり愛の告白とも取れるメールをさくらから受け取り、広平は固まる。しかしこれはさくらが思いついた歌詞で、深い意味は無かった。

まさかの告白かよっ!って思ったw

単に思いついた歌詞を広平にメールしてただけだったな。人騒がせな!

それにしても冒頭の喫茶店でさくらと広平が待ち合わせしてた時に出会った美女、どうやら広平とただならぬ関係って感じでしたね。

女性宅を転々として来た広平にはただならぬ仲の女性がいっぱいそうです。さくらも気にしてましたよね?

好きなタイプとか何人付き合ったのかとか色々聞いてたな!

マジぼれしたのは一人って言ってたけど、例の春乃のことだよね?

ですね。しかし第6話だっていうのに今だに春乃について詳しく言及が無いなんてかなり引っ張りますよね。

皆んな春乃の正体が知りたくてウズウズしてると思うんですが。

夏希と弦巻、空一と涼子がいい感じに!

広平の元マネージャー・弦巻と夏希(水野美紀)がいい感じになってキスとかしてましたね!弦巻は夏希の元カレらしく、しかもまだ未練があるようです。

もう6話目だっていうのに、誰と誰がくっつくのか今だに見えてこないな?

“誰と誰が付き合う?”の図

広平  → さくら or 夏希
夏希  → 広平 or 弦巻
さくら → 広平 or 空一
空一  → さくら or 涼子

空一と涼子(山口紗弥加)もラブホでイチャイチャしてたよねw空一が野獣化してたw

涼子は夫と別れたらしく、子供も引き取られてしまって寂しい感じでした。ちょっと自暴自棄になっているような…?

空一もさくらのデビューには賛成ですが、広平との仲が気になっているようですね。

さくらの吃音は相変わらず改善していない様子!

夏希の治療は継続しているようですが、さくらの吃音症はいまだ改善が見られません。

職場でも『火曜日』と言えず、オートバイも『バイク』としか言えません。

吃音はこれといった治療法が無いので一朝一夕で改善するものではありませんが、さくらも気にしているようですね。

歌ってる時はスラスラ言葉が出るから楽しそうだけどな。歌が吃音改善につながれば良いが。

ってゆーか広平は工場長の滝川(木下ほうか)にさくらの症状を説明してないよね?今だに無愛想な奴って思われてるよ!

曲が完成!歌詞は切ないラブソング!

明日の締め切りまでに完成させるべく、さくらは広平の家に泊まりこみで曲を作る。ようやく曲が完成し、疲れた広平はベッドで寝てしまう。そこにそっと添い寝をするさくら…。

差し入れをもってきた夏希はさくらが一晩広平と過ごした事に動揺し、思わず涙を流す。そこに弦巻が現れ…。

弦巻にテープを渡すため徹夜で曲作りに明け暮れた広平とさくら。そしてついに完成!

広平はさくらの歌詞を元に一から曲を作り直し、ようやく完成に至りました。胸がキュンとなるような切ないラブソングですね。

好きよ好きよ好きよ こんな歌が出来たの
言葉じゃものたりないから

古いキャンピングカー買って こんな街出ていこうよ
ロードムービー気取って 自由の旅に出ようよ

私失ったことも 戦ったことさえないから
怖いものなんて知らないから

好きよ好きよ好きよ 今はとても怖いの
あなたが いなくなること

好きよ好きよ好きよ こんな歌が出来たの
言葉じゃ物足りないから

まだ誰も知らない私の ラブソング

広平の事を想って作ったんだろうね!これって愛の告白じゃんw『まだ誰もしらない~』ってのが切な!

21歳に惚れられる44歳か…。裏山…。

曲が完成して一安心ですが、差し入れをもってきた夏希は一晩一緒に過ごしたさくらと広平の姿を見て動揺してしまいます。二人の間には何も無かったのですが…。

嫉妬だな!21歳の小娘に負けた!って心中穏やかじゃないだろ。

そういう夏希も弦巻とキスしてたけどねw

泣き顔を広平に見せないよう弦巻とその場を去る夏希。しかし車の中で聴いた二人の曲にまたしてもショックを受けてしまいます。

この曲は春乃との想いが詰まった曲…?

広平とさくらの曲を弦巻の車の中で聴く夏希。しかし曲を聴いた途端夏希は車を飛び出してしまう。

家で昔のCDを探す夏希。取り出した一枚のCDをかけると、その曲は広平とさくらが作ったものと全く同じメロディだった。

何?広平はむかし春乃とデビューしてた時の曲を歌詞にあてたの?なんか楽してない?

いえ、弦巻がこの曲を初めて聴いたような感じだったので、おそらく世に出ていない曲だと思います。

それに夏希がかなりショックを受けていたので、何か深い意味があるのでは?

春乃との最後の曲だったのかもな?CDには1995年新曲と書かれていたぞ。

なんで広平はこの曲を選んだんだろ?さくらと春乃がシンクロしすぎてるんじゃない?

もともと広平はさくらに春乃の影を重ねあわせるような印象がありました。このことは夏希も薄々感じていましたよね?

しかし今回の夏希の動揺ぶりから、広平のさくらへの想いはそれ以上のもの、つまりただのパートナー以上のものへ向かっているのかもしれません。

まだ広平がマジぼれした感じは受けないけどねw

来週あたりついに歳の差カップル成立か!?広平とさくらの両親ってどっちが年上なんだろ?

(そこはあえて不問に…!)

スポンサーリンク

ラヴソング第6話 まとめ

今回の第6話で一番衝撃的だったのは空一と涼子のラブホシーンでしたね。

二人は果たして一線を超えてしまったのか?空一のさくらへの想いはどうなるんでしょうか?

一線を越えたってゆーか、ラブホに行った時点でゴールじゃねw

弦巻が夏希ゲットに向けてグイグイ来そうな気もするな!あ、再ゲットか。

頑張って作ったオリジナルソングによりさくらのデビューは叶うのか?

歌詞に乗せた広平への想いは届くのか?来週も楽しみですね!

月9ドラマ ラヴソング その他の感想

ラヴソング 第6話の感想←今ここ

《番号をクリックすると各話の感想に移動します》

スポンサーリンク