ホームレスなど住民票が無くてマイナンバーを取得できない人は役所に相談しよう

●この記事をシェアする

マイナンバー ホームレスは貰えない

マイナンバーの配布も一段落しいよいよ1月より本格導入がスタートしました。

しかし世の中にはホームレスやネットカフェ難民、住所を取得せずに暮らすヒモ男などマイナンバーが貰えていない人が多くいます。

ヒモはまずマイナンバーより自立しろ!

住民票がないとマイナンバーは貰えないのか?

マイナンバーは『住民票があるすべての国民に配布される』となっています。長年ホームレスを続けている人は最後に住民登録してあった居住地が長期不在と判断され、住民票が失効するケースがあります。

この場合、住民票が復活しなければマイナンバーは取得できないでしょう。

スポンサーリンク

住民票がない人はマイナンバーが貰えない?ホームレスはどうなる?

浮浪者 住民票

ホームレス、浮浪者、ネットカフェ難民など住民票が登録してある住所(転入先)に住んでいない場合マイナンバーの通知ハガキは届きません。

さらに住民票は市の職員の調査などでその住所に住んでいないことが判明すると失効してしまいます。

住民票の失効『職権削除とは?』

理不尽な理由で住居をおわれた人もいるだろう。DV被害者や勤め先の急な倒産などで。

ですね。他にも様々な理由で住民票を出さずに暮らしている人もいます。

借金取りから逃げている人、親と喧嘩して家を出てそれっきりの人、警察に手配されている犯罪者。まんが喫茶やカプセルホテル、簡易宿泊所を住居替りに生活している人も多いでしょう。

いや、指名手配犯はマイナンバーよりまず出頭してよ!

マイナンバーがないと仕事探しも困難です。

例えば日雇い労働で生計を立てているホームレスは今後働けなくなる可能性もあります。そうなると彼らは生きる手段を失ってしまいます。

社会復帰が遠のいてしまうな。政府はどう考えているんだろう?

住民票のないホームレス マイナンバーを取得するには?

マイナンバーは住民票がある全ての世帯に配布されますが、今現在さまざまな事情でマイナンバーを受け取れない人も多いと思います。

現在ホームレス状態の方はまず役所に出向き相談すべきです。

何を相談するの?どう言えばいいの?

まず役所の住民課に行き、ホームレスになる前に登録していた住所がまだ有効かどうかを確認します。

もし有効ならばマイナンバーは割り当てられていますし、通知カードも届いている可能性もあります。身分証がない場合住民票を所得出来ず自分のマイナンバーを知ることが出来ませんが、現状を職員に説明して対応してもらいましょう。

役所は対応してくれるのか?

”マイナンバーは住民登録されているすべての国民に配布される”という前提を考えれば、身分証の有無は関係なく割り当てられています。

後は本人確認の問題になりますが、運転免許証や保険証などたとえ期限がきれていたとしても役所で対応してくれるケースもあります。この場合、家族構成を口頭で聞かれたり、家族や親族に連絡が行く場合もあるようです。

期限切れの身分証すら無い場合はどうなるの?

たとえ身分を証明できるものが無くても戸籍は存在します。働いていた時に税金を払っていたら記録も残っているでしょう。

昔ホームレスだった人が社会復帰して職に就くケースも多々あります。まずはどうせダメだとハナから諦めず、役所に相談することが第一です。

要は一人で悩まず役所に相談するのが一番の方法ってわけだな。

はい。今後ホームレスから脱却し働きたいと思っている方はどうしてもマイナンバーが必要になります。

逆に言えばマイナンバーがないと仕事探しも困難です。早い段階で解決しておくことが重要です。

マイナンバー総合フリーダイヤル
0120-95-0178(無料)
平日 9:30~22:00
土日祝9:30~17:00

マイナンバーは住民票のある住所に通知カードが届く。しかし例外もある。

ホームレス以外にも住民票がない人、あえて住民登録をせずに暮らしている人、健康的な理由で通知カードを受け取れない人達もいます。

  • 医療施設に長期入院中で通知はがきを受け取れない人。
  • DV被害、ストーカー被害を免れるために引っ越先に転入届けを提出していない。
  • 東日本大震災により被災し本来の住所とは違う場所に移り住んでいる人。

様々な理由で現住所に住んでいない人も多いらしいな。

はい。これらの条件に該当する方は『通知カードの居所変更』

各市町村の役所または総務省のホームページから行うことで通知カードを受け取る場所を変更することが出来ます。

部長はセクハラ加害者だけどマイナンバーは貰えるの?

貰えると思いますけど!!

この手続は2015年8月24日から9月25日までです。しかし期限を過ぎた場合でも役所に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク