【ノーサイドゲーム】ネタバレと原作の結末あらすじ。黒幕はまさかのあの人!

池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」原作小説のあらすじと感想です。※結末ネタバレが含まれます。

弱小ラグビーチームのゼネラルマネージャーに就任した会社員・君島隼人の奮闘を描いたストーリー。販売戦略のプロである君島が、ビジネスマン目線でチーム再建を計ります。

2019年7月7日には大泉洋さん主演で同作品のドラマ放送がスタート!ドラマをより楽しむために、「ノーサイドゲーム」のストーリーを予習しておきましょう♪

スポンサーリンク

ノーサイド・ゲームはこんなあらすじ

「ノーサイド・ゲーム」のあらすじを結末までザックリご紹介します。※解説はこの後♪

  • 物語の冒頭、主人公の君島隼人(大泉洋)が横浜工場に左遷させられる。
  • 横浜工場(ドラマでは府中工場)の総務部長となった君島は、弱小ラグビーチーム【アストロズ】のゼネラルマネージャーに就任。
  • チーム再建をはかる君島。名将・柴門監督を迎え入れ、赤字脱却のためチームのマネタイズを図る。
  • ニュージーランドから来た期待の新人・七尾(眞栄田郷敦)が大活躍!チームを優勝争いに導く。
  • 君島を左遷させた黒幕が上司の脇坂だと判明。脇坂の目的は【カザマ商事】の不祥事をネタにライバルの滝川常務を失脚させること。このために邪魔な存在だった君島を横浜工場に飛ばしていたのだ。
  • 君島は脇坂の悪事を役員会で暴露し、脇坂は失脚。
  • ラストで君島はアストロズを優勝に導き、日本ラグビー協会理事に就任した【完】

ラグビーを題材にした作品ですが、描かれているのは大企業内での内紛と出世競争というおなじみの池井戸潤ワールド!ラグビーのルールを知らなくても物語にグイグイ引き込まれて行きました♪

スポンサーリンク

ノーサイドゲーム 原作の結末をネタバレ解説

ノーサイドゲーム ネタバレ

ここからは『ノーサイドゲーム』原作小説の解説となります。ネタバレが含まれるのでご注意ください。

大泉洋が演じる主人公・君島隼人の結末をネタバレ

主人公・君島隼人(大泉洋)は大手自動車メーカー【トキワ自動車】の本社に勤務するサラリーマン。

入社以来22年間、ずっと本社で活躍してきた”デキる男”です。

ネタバレ:君島が横浜工場に左遷させられた理由

君島が本社勤務から外され横浜工場に左遷させられた理由…それは常務取締役営業本部長のスーパーエリート・滝川桂一郎(上川隆也)が進めていた【カザマ商事買収計画】に異を唱えたからです

激おこした滝川常務は、君島の直属の上司・脇坂室長(石川禅)に『このクッソ生意気な部下をなんとかしろ!』とクレームを入れ、結果、君島は本社勤務を外され、横浜工場に飛ばされてしまったのです。

君島(大泉洋)の結末

  • 君島は元経営戦略室室長というマーケティングのプロの能力を活かし、赤字続きだったアストロズの黒字化に成功。
  • アストロズを社会人ラグビー日本一に導き、みごとゼネラルマネージャーの大役を果たした。
  • カザマ商事買収計画の裏にあった脇坂の陰謀を暴き、脇坂を追放した。
  • 全てが解決したあと本社勤務に戻り、日本ラグビー協会の理事にも就任した。

ノーサイドゲームの大泉洋

気合を入れるシェフ大泉(描きたかっただけ)

解説:カザマ商事買収計画とは?

滝川常務(上川隆也)が推し進めていた【カザマ商事】を買収する計画。

オイルメーカーである【カザマ商事】はトキワ自動車の事業と親和性が高く、買収に成功すれば将来的に多大な利益を得ることができる、と滝川は考えていました。

滝川は知りませんでしたが、カザマ商事は不祥事をもみ消した過去があったのです。

カザマ商事の不祥事とは?

数年前、死者数人を出す船舶事故が発生。原因はカザマ製オイルにあった。

カザマ社長は隠蔽に走り、トキワ自動車の脇坂に相談を持ちかけた。実は脇坂とカザマ社長は、高校時代の同級生というフレンドリーな仲だったのだ。

脇坂は裏で動き、横浜大学の教授を買収して、偽のオイル分析結果を捏造させた。この偽装工作により、船の事故原因はカザマ製オイルではなく他メーカー製造のエンジンにあると断定され、カザマは窮地を脱することに成功した。

黒幕・脇坂(石川禅)の陰謀をネタバレ解説

脇坂(石川禅)は君島の直属の上司で、ノーサイドゲームの黒幕にあたる人物。彼の陰謀の全容をネタバレ解説していきます。

  • 脇坂はカザマ商事の不祥事隠蔽に協力したあと『うちの滝川に会社の売却話を持ちかけてみろ』とカザマ社長に進言。
  • カザマ社長はこの話に飛びつく。万が一船舶事故の真相が公になっても、買収後なら責任を回避できると考えたのだ。
  • ここには脇坂のある陰謀があった。買収のめどがついた頃に不祥事を暴露し、滝川に責任を取らせるのだ。
  • 脇坂の計画は成功し、滝川は不祥事隠蔽を見抜けなかった責任を追求され失脚した。

脇坂はカザマを助けるフリをし、実は滝川を会社から追い出すために利用していたのです!

ラスボス・脇坂の結末

ノーサイドゲームのラスボス・脇坂(石川禅)の結末を解説。

  • 計画通り滝川(上川隆也)を失脚させ、常務の座についた脇坂。しかし君島(大泉洋)の調査により脇坂の陰謀が明るみとなり、脇坂は失脚。
  • 脇坂は退職を余儀なくされ、その後刑事告訴された。

ノーサイドゲーム:滝川常務(上川隆也)の結末をネタバレ解説

君島を横浜工場に左遷した張本人・滝川常務(上川隆也)。ノーサイドゲームでは君島の天敵というポジションです。

滝川の結末はこうでした。

  • 【カザマ商事買収計画】を進めていた滝川。しかしライバルの脇坂が『カザマ商事の不祥事隠蔽』を役員会で暴露したことで失脚。取締役を解任され、関連会社に異動となった。
  • その後、君島の調査によりカザマ商事の不祥事が脇坂の陰謀だったことが判明。滝川は復活し、次期社長候補となった。

物語の最後で、滝川は『実はラグビー大好き』だったことが判明♪君島に厳しくあたっていたのも期待の裏返しだったのです。

ノーサイドゲーム 上川隆也が演じる滝川常務の過去と、カザマ商事買収計画との関係を解説!

スポンサーリンク

ネタバレ:大谷亮平が演じる柴門監督とは?

大学ラグビー三連覇を成し遂げた名将。チーム強化のため君島がスカウトしました。

  • 実は君島と柴門は大学時代の同期
  • 柴門は過去にもアストロズ監督のオファーを受けていた。しかしトキワ自動車側が別の監督にもオファーを出していたことが判明し、柴門は激怒。これによりトキワとの間に確執が生まれてしまった。
  • 君島は柴門に手紙を書き、過去の過ちを謝罪。誠意を汲んだ柴門は監督を引き受けてくれた。契約は二年。

結末で柴門監督はアストロズをみごと日本一に導きました。

ノーサイドゲーム:七尾圭太(眞栄田郷敦)の結末

七尾圭太(眞栄田郷敦)はラグビーの本場・ニュージーランドで育った22歳のイケメンラガーマン。柴門が以前から目をつけていた”未来のスタープレーヤー”です。

  • 七尾は最初、ラグビー枠ではなく一般枠でトキワ自動車に入社。この理由は『ラグビーだけに将来を委ねることに不安があった』から。
  • 入社後、七尾は仮部員としてアストロズに入団し、その実力を見せつける。正部員としてリーグ優勝に貢献した。

ノーサイドゲーム 眞栄田郷敦が演じる七尾圭太のネタバレ。過去や葛藤

スポンサーリンク

2ページ目ノーサイドゲームの結末ネタバレと感想→

スポンサーリンク

【この記事のカテゴリー】

ノーサイドゲーム
\シェアありがとうございます! /
スポンサーリンク

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/noside-game-last-story-netabare/

【タイトル】

【ノーサイドゲーム】ネタバレと原作の結末あらすじ。黒幕はまさかのあの人!
※タイトルはご自由に♪
著者プロフィール
この記事を書いた人
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在ドラマ『リコカツ』にドハマリ中♪

ヒトコトマニア | ドラマのあらすじ、ネタバレ

コメント

  1. 面白そうですね。池井戸潤好きなんでこんど読んで見ます。てかなんでシェフ大泉wwww

    • >ノーサイド財前さん

      めっちゃ面白かったです(^^)ぜひぜひ読んでくださいね!シェフ大泉はなんとなくです^^;彼の敵は脇坂じゃなくてヒゲですね(笑)

  2. ヒトコトさんお久しぶりです。おー脇坂が黒幕でしたか!!滝川ばっかり悪く映ってるから騙されましたよ~( ゚д゚)ハッ!でも注意深く見てると、滝川さんってちゃんと君嶋の話に耳を貸してるし、味方っぽい描写もありますね。

    奥さん(松たか子)の鬼嫁っぷりも楽しいです。会社ではエリートだった君嶋が、家では小さくなってるんですね(笑)

    またちょいちょい寄らせてもらいます。では(^_^)/~ あ、大泉シェフのイラスト、さすがです(笑)

    • >まるみさん

      お久しぶりです(^^)ドラマの滝川さん、『俺のラグビー愛に気付いてくれ~!!』って顔でちょいちょい君嶋のこと見てますよね(笑)かなりカワイイ人ですw

      悪役の脇坂にシェフ大泉の必殺フランベおみまいしてほしいです(笑)

  3. やっぱりでしたか…
    実は3話の、会議での滝川の演技に「いじめ感」はあったものの「ラグビー部を消滅させる」感じは無かったのと。以前、柴門監督にオファーしていたと言うのが引っ掛かっていたのです。ネタバレしたものの、楽しみになって来ました。なので2ページ目は読むのをやめときます(笑)

    • >カレンママさん

      ドラマよく見ると滝川常務の「実はラグビー大好き♥」を匂わすシーンが随所にあって楽しいです(笑)結末は完全に池井戸潤ワールドなので、ドラマ完結後にまたのぞきに来てくださいね~(^^)