パーフェクトワールド ネタバレ&原作あらすじ。最新巻までイッキ解説!

「パーフェクトワールド」原作マンガのあらすじと感想、各話の解説、登場人物などをご紹介します。※最新刊までのネタバレあり。

車椅子の建築士・鮎川樹と、彼に想いを寄せる高校時代の同級生・川奈つぐみの純恋と成長を描いたラブストーリー

運命の再会を経て恋に落ちた二人は、『好き』だけでは乗り越えられない壁にぶち当たり、挫折とすれ違いを繰り返していきます。

二人が築こうとする『完璧な世界=パーフェクトワールド』は祝福に満ちた世界となるのか?それとも…?

ドラマ「パーフェクトワールド」の情報

放送日:毎週火曜

放送時間:夜9時~

主題歌:菅田将暉「まちがいさがし」(EPICレコード)

原作:有賀リエ

脚本:中谷まゆみ

制作:カンテレ

参考:カンテレ「パーフェクトワールド」公式サイト

【この記事の内容】

パーフェクトワールドのストーリー紹介。

原作情報。

映画版『パーフェクトワールド』とは?

登場人物紹介

コミックス最新巻までのあらすじと感想&解説

スポンサーリンク

パーフェクトワールドはこんなストーリー!

パーフェクトワールド ストーリー

『自分が障害を負った時、愛する人とどう向き合うべきか?』

『愛する人が障害を負った時、自分はどう支えるべきか?』

2つのテーマを読者に問いかける、真実の愛を探求する物語!

パーフェクトワールドはこんな感じでストーリー展開していきます。

運命の再会!

ヒロインの川奈つぐみが、高校時代に想いを寄せていたクラスメート・鮎川樹と運命の再会を果たす。高校時代はバスケ部のエース&超絶イケメンだった鮎川は、大学生の時にあった事故により自分の足で歩けない障害を負っていた。

つぐみが鮎川に恋!

建築士の鮎川とインテリアデザイン会社勤務のつぐみ。一緒に仕事をする中で、つぐみは鮎川への想いが日に日に増してゆく。しかし鮎川は『一生誰とも恋愛しない』と心に決めており…?

つぐみが大ケガ!

つぐみの強い想いは鮎川を変え、二人はついに交際スタート!しかし、つぐみにある悲劇がおき、二人は別れてしまう…。

交際スタート!からの破局!新たな恋へ!

別々の道を歩みだした二人。つぐみは新たな恋に進み、鮎川もある女性に告白される。

まさかの大地震Σ(゚Д゚)

別れた二人だったが、突然の震災により物語は大きく動き出す!鮎川の本心とつぐみの覚悟が世界を変える!

ついに結婚!?

結婚の承諾をつぐみの両親に得ようとする鮎川。これまで猛反対していたパパがついに…!?二人を待ち受ける感動の展開とは…?

原作の詳細なあらすじと感想はこの後♪

パーフェクトワールド ネタバレと原作あらすじ

パーフェクトワールド ネタバレ

「パーフェクトワールド」原作コミック最新巻までのあらすじをご紹介します。※ネタバレあり

原作紹介

「パーフェクトワールド」原作者は漫画家・有賀リエ氏。2014年から講談社「Kiss」で連載がスタートし、2019年4月までにコミックス9巻まで刊行。現在も連載中です。

原作者は有賀リエ!

【原作者・有賀リエ氏のプロフィール】

出身地:長野県大町市

デビュー作品:『天体観測』。講談社「Kiss」ゴールド賞受賞。

主な作品:『パーフェクトワールド』『オールトの雲から』

有賀リエ/Rie Aruga

@aru_rie

パーフェクトワールドが連続ドラマになります。ようやくの情報解禁です。
映画だけでもとっても嬉しいことなのに、ドラマにもしていただき、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます!https://twitter.com/aru_rie/sta…

11:00-2019年1月30日

○1351人がこの話題について話しています

映画パーフェクトワールドについて

2018年には映画版『パーフェクトワールド~君といる奇跡』が上映!主人公の鮎川樹を岩田剛典さんが、ヒロインの川奈つぐみを杉咲花さんが演じました。

パーフェクトワールド映画

映画版のストーリーは原作同様、感動しまくり泣きまくりの展開でしたが、原作とは『鮎川とつぐみが高校の先輩後輩という間柄』という大きな違いがありました。

この理由は、岩田剛典さんと杉咲花さんの年齢差を考えての事だったそうです。

鮎川をつねに『センパイ!』って呼ぶつぐみが、原作ファンの僕には新鮮でした(*^^*)

登場人物(原作)

『パーフェクトワールド』の登場人物をご紹介します。メインキャラクターは主人公の鮎川、ヒロインの川奈つぐみ、恋敵の是枝と長沢の4人となっています。※()はドラマのキャスト。

鮎川 樹(松坂桃李)

松坂桃李

※イラストは模写

鮎川樹(あゆかわ いつき)役:松坂桃李

原作の年齢…26歳

ドラマの年齢…29歳

建築会社勤務。一級建築士。大学生のとき交通事故に巻き込まれ、脊髄を損傷。一生歩けない体になってしまった。性格はマジメで努力家だが、どこか冷めた部分がある。元カノ・美姫(水沢エレナ)にフラレた後、「もう誰とも一生恋をしない」と決めている。

川奈 つぐみ(山本美月)

山本美月

川奈つぐみ(かわな つぐみ)役:山本美月

原作の年齢…26歳

ドラマの年齢…29歳

インテリアデザイン会社「クランベリーズ」勤務。特技は絵。高校時代、鮎川が好きだった。東京で偶然再会した鮎川に惹かれていく。性格はマジメでおとなし目。長野県出身。

是枝 洋貴(瀬戸康史)

瀬戸康史

是枝洋貴(これえだ ひろたか)役:瀬戸康史

原作の年齢…26歳

ドラマの年齢…29歳

システムエンジニア。長身。性格は優しくて時に強引。高校時代、つぐみが好きだったが告白出来ずにいた。東京でつぐみと再会し、再び恋の炎が燃え盛る!

長沢 葵(中村ゆり)

perfectworldの中村ゆり

長沢葵(ながさわ あおい)役:中村ゆり

原作の年齢…不明(鮎川よりちょっと年上)

ドラマの年齢…36歳

鮎川の身の回りの世話をするヘルパー。元看護師で、事故を起こした鮎川のリハビリを担当していた。鮎川の事がずっと好きで、つぐみにライバル心を燃やす!性格はキツめ。

雪村 美姫(水沢エレナ)

雪村美姫(ゆきむら みき)役:水沢エレナ

原作の年齢…26歳

ドラマの年齢…29歳

鮎川の高校~大学時代の彼女。鮎川が事故を起こした直後にフッている。結婚を控えているが鮎川と別れたことを気にしており「自分だけ幸せになっていいのか?」と思い悩んでいる。

川奈 元久(松重豊)

川奈元久(かわな もとひさ)役:松重豊

つぐみのパパ。仕事一筋のマジメ男。つぐみの幸せを強く願っており、体の不自由な鮎川との交際を猛反対している。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/パーフェクトワールド

パーフェクトワールド 原作第1巻ネタバレあらすじ

原作ネタバレ

パーフェクトワールド 原作コミックス第1巻のストーリー(ネタバレあり)と感想です。

▼ここから▼

インテリアデザイン会社『クランベリーズ』の社員・川奈つぐみ(山本美月)は、新たな取引先との飲み会で めっちゃイケメンに声をかけられました。鮎川樹(松坂桃李)…。高校の同級生で、つぐみの初恋だった人です!

8年ぶりの運命の再会…♥鮎川は一段とイケメンっぷりが増しており、さらに一級建築士の資格も取得済!高校のときからの夢を叶えていました。

ドキッとしたつぐみでしたが、鮎川は一足先に帰ることに…。ここでつぐみは衝撃を受けます。鮎川は車椅子に乗って帰っていったのです。

【ネタバレ:鮎川が車椅子の理由】

鮎川は大学生の時、雨のなか自転車に乗っていた所を車にはねられ、脊髄損傷の大ケガを負ってしまった。懸命にリハビリを続けたが、一生歩く事が出来ない体になってしまったのだった(T_T)

高校時代、バスケ部のエースとして活躍し、人気者だった鮎川。その彼が今、自分の足で立つことが出来ない…。つぐみは大きなショックを受けました。

後日、打ち合わせのため、鮎川が勤める建築会社を訪れたつぐみ。「自然体で接しよう!」と決め、鮎川の背中を元気よくドンッ♪この衝撃で鮎川がコンペ用に作っていた模型がブッ壊れ、残念な空気が流れます^^;

【鮎川が取り組むコンペとは?】

鮎川は「桜ヶ丘地区」に新設される市民交流センターの設計コンペに応募するため、日夜 設計プランをねっていた。『絶対に成功させたい!』鮎川は強い想いでこのコンペにのぞんでいる( ー`дー´)キリッ

車椅子というハンデを物ともせず、積極的に仕事に取りくむ鮎川…。つぐみは『すごいなぁ…』と尊敬の眼差しを向けます。

その夜、二人は夕食を食べに行くことに(*^^*)高校時代の思い出話で盛り上がりましたが、ここで鮎川は衝撃のセリフを口にします。『俺は…もう誰とも恋愛はしないから。』

鮎川はなぜ『もう恋愛しない』と決めたのか?これは彼のある悲しい過去が関係していました。

【鮎川が『もう誰とも恋愛はしない』と決意したキッカケ】

鮎川は事故の後、高校時代から交際していた美姫(水沢エレナ)に別れを告げられていた。美姫には障害のある鮎川を支える自信がなかったのだ。これがキッカケで、鮎川は『もう恋愛はしない』と決めたのだった。※美姫はこの後登場する。

つぐみの恋が再熱!

コンペまであと3日とせまった今日、ある事件が起きました。鮎川(松坂桃李)が仕事中に高熱で倒れたのですΣ(゚Д゚)原因は褥瘡(じょくそう=血液の流れが滞り、皮膚が壊死する症状)。鮎川は手術を受けることになりました。

病院にかけつけたつぐみ(山本美月)は、鮎川の背中にあった痛々しい傷跡を見て絶句します…。

目を覚ました鮎川は40度の高熱の中、コンペに出す設計パースを仕上げようと筆をとります。つぐみは夜を徹してつきそいましたが、期限はあと一日。間に合うはずがありません。

『もうあきらめよう?』と言うつぐみに、鮎川はこう言いました。『俺には”次”の保証なんてない!今やらないとダメなんだ!』

これまで障害のせいで幾度となくチャンスを潰してしまった鮎川…。彼の積年に渡る悔しさを、つぐみは思い知ったのです。

『わたしが色を塗る』と協力を申し出るつぐみ。絵が得意なつぐみのガンバリにより、朝、パースはついに完成(≧∇≦)/疲れて寝てしまった鮎川の手に、つぐみは自分の手をそっと重ねました…。

この時つぐみは高校時代に抱いていた鮎川への想いが蘇り、再び彼にをしている自分に気が付きました…。

退院した鮎川はすっかり元気を取り戻し、職場に復帰しました。コンペではみごと佳作を受賞!マスコミにも取り上げられ、今は新たな仕事に取り掛かっています。鮎川が勤める会社と取引のあるつぐみも、インテリア担当として、鮎川と一緒に仕事をする日が増えていきました。

鮎川への想いが日に日に大きくなるつぐみ。しかし以前彼が言った『俺はもう誰とも恋愛しない』というセリフが気になります。遠回しに真意を聞いてみると、『健康な人が大勢いるなかで、わざわざ俺を選ぶ必要はない』と少し冷めた返事が帰ってきました…。

同窓会へGO!

二人は高校の同窓会に参加するため、鮎川の運転で地元・長野県へと車を走らせました。

会場につくと、鮎川は元カノ・美姫(水沢エレナ)と再会。美姫は鮎川を別室に呼び出し、明日結婚することを告げました。

事故後に鮎川をフッたこと、自分だけが幸せになる事への後ろめたさなど、様々な感情が溢れた美姫は涙をながします『ごめんね…』。鮎川は美姫を気づかい『もう過去のことだよ』と優しく言いました。

二人のやりとりを立ち聞きしてしまったつぐみは、ある事を鮎川に提案しました。『美姫さんの結婚式に参加しよう!』

これは美姫のため、そして美姫との破局後 前に進めなくなっていた鮎川のためでもありました。

結婚式当日。ウェディングドレスに身を包み、皆に祝福される美姫。鮎川の姿を見つけ、涙を流します。『幸せになってくれて良かった…』鮎川の目にも涙が…(T_T)

過去をふっきった鮎川。笑顔でつぐみにこう言いました。『東京に帰ろう♪』

パーフェクトワールド 第1巻ネタバレ:つぐみの告白

パーフェクトワールド 原作ネタバレの続き

数カ月後、季節は冬になっていました。この頃、鮎川は2020年東京パラリンピック関連施設のデザインコンペに応募するため、いつも以上にヤル気マンマン!

つぐみは未だ告白すら出来ていませんが、大好きな鮎川と過ごす穏やかな時を楽しんでいました。

新たな事件&鮎川のママ登場!

そんななか、鮎川が尿路感染で倒れてしまいますΣ(゚Д゚)幸い症状は軽く、数日の入院で済むとのことε-(´∀`*)ホッ

ホッとするつぐみの前に現れた一人の女性。鮎川のママ(麻生祐未)ですΣ(゚Д゚)緊張気味にご挨拶したつぐみを、ママは笑顔で迎えてくれました。

【鮎川のママはどんな人?】

いつも笑顔で優しそうな鮎川のママ。しかし本心では鮎川をめっちゃ心配しており、仕事を辞めさせて実家で一緒に暮らしたいと考えている。また、鮎川をフッた元カノ・美姫のことを良く思っていない。

ママと別れた後、鮎川は唐突に、つぐみをどん底へと突き落としてしまいます。

前々からつぐみの気持ちに気づいていた鮎川。『その気持には応えられない』と交際ムリ宣言をかましたのですΣ(゚Д゚)

告白する前にフラれてしまったつぐみ^^;涙を流し病院を去っていきましたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

なぜ鮎川は突然つぐみにこんな事を言い出したのか?この理由は、鮎川のママの口から語られることに…。

翌日、鮎川ママに電話で呼び出されたつぐみは、鮎川の不安と葛藤を聞かされます。

『昔から脊髄損傷者は腎不全を起こすリスクが高いと言われていたの。医学の進歩によりこのリスクは下がったものの、息子は『自分は長く生きられないかも』という恐怖と常に戦いながら生きてきたのよ。』

つぐみは悟ります。『もう誰とも恋愛はしない』という鮎川の言葉の真意は、元カノ・美姫と別れた事へのショックの他に、『早死するリスクがある自分は恋愛なんてしてはいけない』と考えていたからだ、と…。

キスからの交際スタート♥

鮎川のマンションに向かったつぐみε≡≡ヘ( ´Д`)ノ到着すると、鮎川はなぜかオロオロ…(・・?飼っていた猫のケンゾーが逃走したそうです^^;二人は外に出て猫を探すことに…。

雪がちらつく夜。つぐみは鮎川の体を気づかい、家に帰そうとします。『俺のことなんかどうでもいい』と言った時、つぐみがキレました。『なんでそんな事言うの!?』

つぐみは涙を流し、ついに告白します。『鮎川が好き…』

鮎川はつぐみの頬に触れ、涙を拭おうとします。

その後、二人は鮎川のマンションへ。行方不明だった猫のケンゾーはまさかのタンスの中で発見されましたw

見つめ合い、キスをする二人…。この日からついに交際がスタート。しかしそれは、途方もない試練への幕開けでもあったのです…。

【パーフェクトワールド 第1巻 終】

パーフェクトワールド 第1巻の主なエピソード

パーフェクトワールド第1巻のまとめと主要エピソードを復習♪

  • 高校時代の同級生つぐみと鮎川が8年ぶりに再会。鮎川は大学生の時事故で大ケガを負い、自分の足で立てない体になっていた。
  • 建築士になっていた鮎川は、取引先のインテリアデザイン会社で働くつぐみと仕事を共にするようになる。
  • 鮎川に恋心が芽生えたつぐみだったが、鮎川は「自分はもう一生誰とも恋愛しない」と宣言。事故の後、元カノ・美姫にフラれたことにがキッカケだった。
  • つぐみは美姫の結婚式に鮎川を連れていき、過去を乗り越えさせようとする。始めは反対していた鮎川だったが、美姫の幸せそうな姿を見て「良かった…」と涙を流した。
  • ある家のリフォームを依頼された鮎川は、この家に住む車椅子の高校生・晴人と出会った。障害を受け入れられない晴人に車椅子バスケの楽しさを教え、晴人を前向きにさせることに成功した。
  • 脊髄損傷患者は合併症により短命になるリスクがあると知ったつぐみ。「もう誰とも恋愛しない」と言った鮎川の真意を知ったつぐみは、全てを背負う覚悟で鮎川に告白。二人はキスをし、交際をスタートさせた。

パーフェクトワールド 第1巻の感想

鮎川の不安を全て受け止める覚悟で告白したつぐみ。高校時代からの恋はめでたく実を結び、念願の交際がスタートしました。

再会した当初は付き合う気などなかったつぐみですが、障害を乗り越えようと強く生きる鮎川の姿を見て、次第に心惹かれていったのですね…。(*^^*)

鮎川の苦しむ姿を幾度となく目の当たりし、それでも彼を好きだという気持ちが揺らがなかったつぐみ。そこには『愛されあればどんな障害も乗り越えられる』という確固たる思いが、心のどこかにあったのでしょう。

しかし!その自信がいかに無力なものか、この後、つぐみは思い知ることになります。

『パーフェクトワールド 第2巻』では、新たに2人の人物がストーリーに大きく絡み、鮎川とつぐみの恋に亀裂が生じます。つぐみに思いを寄せる高校時代の同級生・是枝と、鮎川の身の回りの世話をしているヘルパー・長沢です。

二人を待ち受ける試練、そして愛だけでは決して乗り越えられない壁とは…?

【第2巻へと続く…】

パーフェクトワールド 第2巻ネタバレあらすじ

コミックス第2巻のあらすじ

パーフェクトワールド コミックス第2巻のネタバレあらすじ&感想です。

江ノ島観光に出かけた鮎川とつぐみ。キツイ坂道を上がると街を見渡す絶景が広がっていました。

二人の初デート…鮎川は交際の記念にネックレスをプレゼント♪嬉し涙を流すつぐみ…。

年が明け、二人は地元・長野に帰省。つぐみを実家まで送ってくれた鮎川は、つぐみのパパと遭遇します。

自己紹介した鮎川ですが、『車から降りずに挨拶して、失礼だったかな…?』とちょっと不安に…^^;

父親が交際を猛反対!

その夜、一家団らんの時を過ごしていたつぐみは、鮎川と交際していることを両親に打ち明けます。

鮎川が一生歩くことが出来ないと知ったつぐみパパ(松重豊)は不機嫌になり、席を立ってしまいました^^;ママにも遠回しに交際に反対され、つぐみは両親の了承を得ることができませんでした…。

是枝との再会

翌日、初詣に出かけた鮎川とつぐみは、高校時代の同級生・是枝洋貴(瀬戸康史)と偶然再会。

二人が交際中だと知った是枝は『東京に戻ったらまた会おうな♪』と約束し、笑顔で去っていきました。

【是枝とは?】

つぐみの高校時代のクラスメート。鮎川とはクラスは別で、話したことはない。現在 東京でシステムエンジニアとして働いている。かなりの長身!

是枝は高校時代、ずっとつぐみの事が好きだったが、告白できずにいた。

つぐみの恋のライバルとなる長沢とご対面!

東京に戻った二人は鮎川のマンションへ。部屋入ると鮎川の身の回りの世話をしているヘルパー・長沢葵(中村ゆり)と遭遇します。美人でスタイルバツグンの長沢を見て、つぐみはかなり動揺^^;

【長沢とは】

  • 鮎川が入院していた時の看護師。自暴自棄になっていた鮎川を奮い立たせ、リハビリを手伝った。
  • 現在は退職し、週に何回か食事や掃除など鮎川の世話をしている。
  • 鮎川に建築士の知り合いを紹介し、夢だった建築士への道を切り開いてくれたのも長沢だった。
  • 長沢は鮎川が入院していた頃からずっと彼の事が好きだった。しかし元患者という関係を気にし、思いを告げられずにいる。
  • 鮎川が入院中、寝ている彼にキスをしたことがある。(鮎川は知らない)
  • 長沢を忘れるために別の男性と結婚したが、今は離婚寸前。

鮎川が仕事の電話をしに席を外すと、長沢はつぐみをまっすぐ見つめ、こう言いました。

『私は誰よりも彼を理解しているから…。』

まるで宣戦布告のような長沢の言葉!ガクブル状態のつぐみにこう続けます。『障害を負った人と付き合う覚悟があなたにある?』

いきなりなんなの??^^;つぐみはたじろきながら『…あるつもりです』と答えました。長沢はつぐみの自信の無さを見透かしたように『…そう』と言い、帰っていきました。

突然現れた恋のライバル・長沢!つぐみはこの後、多くのプレッシャーに苛まれる状況に…!

是枝とお食事。からの…?

数日後、つぐみは長沢(中村ゆり)の事が気になりすぎて仕事に集中できません(そりゃそーだ^^;)

すると正月に偶然出会った高校時代のクラスメート・是枝(瀬戸康史)が連絡してきました。食事に出かけた二人は楽しい時間を過ごします。(鮎川には報告済み)

そしてこの時 是枝は、つぐみの事がまだ好きであることを再確認するのです。

好きな人に告白できず、見守ることしか出来なかった是枝と長沢。ふたりはどこか似ている部分がありますね…。

後日、鮎川の自宅のパソコンの調子が悪くなり、つぐみはシステムエンジニアの是枝に修理を依頼します。やってきた是枝は鮎川に敵対心を燃やします。この時、鮎川は是枝の『つぐみが好き』という気持ちを知りました。

その帰り、マンションの下まで見送りにきたつぐみを、是枝は抱きしめてしまいます!『冗談だよ♪』と笑いながら帰っていった是枝ですが、つぐみはドキドキがとまりません^^;

長沢に続き、是枝も宣戦布告!泥沼の4角関係となってしまうのでしょうか…?

パーフェクトワールド第2巻:つぐみが大ケガ!

パーフェクトワールド第2巻のネタバレ

長沢のこと、是枝のこと、そして交際に反対する両親…。つぐみはこの頃、過呼吸になるほどいろいろなものに追い詰められていました。

ある雨の夜。仕事帰りに鮎川と駅にいたとき、体力が限界に達したつぐみは虚ろな目で『いっしょに住みたい…』とつぶやき、その直後ホームから落下!線路の上で意識を失ってしまいましたΣ(゚Д゚)

『誰か助けて!』大声を出す鮎川!自分で彼女を助けられない無力さに打ちひしがされます。

間一髪のところで駅員に救助されたつぐみ。鮎川に電話で助けを求められた是枝も病院に駆けつけますε≡≡ヘ( ´Д`)ノつぐみは左足を骨折、全治二ヶ月の重症に…!

【パーフェクトワールド 第2巻 終】

第2巻のエピソードまとめ

  • 鮎川とつぐみの交際がスタート。デートに出かけた江ノ島で、鮎川はネックレスをプレゼントしてくれた。
  • つぐみは高校時代のクラスメート・是枝と再会。つぐみの事が好きだった是枝は、鮎川に宣戦布告をかます!
  • 鮎川のヘルパー・長沢と対面したつぐみ。遠回しに『あなたは鮎川くんにふさわしくない』とこれまた宣戦布告が炸裂!
  • プレッシャーに襲われたつぐみが駅のホームから転落!全治二ヶ月の重症を負ってしまった…(T_T)

パーフェクトワールド第2巻の感想

第2巻の感想です。ようやく交際が始まったのに、駅のホームから転落というまさかの悲劇に襲われてしまったつぐみ^^;

とくに長沢の登場は彼女にとってかなりの衝撃だったのでしょう。美人でスタイル抜群の若い女性が鮎川の部屋に出入りしてるなんて、不安になって当然ですよね^^;

一方、第2巻で初登場した是枝(瀬戸康史)も、メガネ姿の繊細なビジュアルからは想像できないほどの強気っぷりを見せ、いきなりつぐみを抱きしめてしまいました。

高校時代からつぐみに思いを寄せていた是枝にとって、彼女との再会はまさに運命!このチャンスを絶対モノにしたいハズです。

つぐみと鮎川に、それぞれ恋のライバルが登場した第2巻!つぐみは障害のある鮎川と本当に付き合っていけるのか?その覚悟が今、試されようとしているのです。

パーフェクトワールド 第3巻のストーリー解説とネタバレ

パーフェクトワールド コミックス第3巻のストーリーを解説※ネタバレあり

第3巻のストーリー

駅のホームから転落し足を骨折してしまったつぐみ。病院で目を覚ますと、鮎川と是枝の姿を見て涙を流しました。

そこに長野県から駆けつけたつぐみの両親ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ パパは『今日は帰ってくれ』と鮎川を追い出しました。

翌日、再び病院に来た鮎川に、つぐみパパは『娘と別れてください!』と土下座m(_ _)m 娘の幸せを強く願うパパは、体の不自由な鮎川との交際に猛反対していたのです。

この時、鮎川はある決心をしました…。

鮎川はつぐみと別れる決心をし、長沢にもそう伝えました。しかし…。

鮎川の決意はもろくも…

後日、つぐみ(山本美月)はめでたく退院(^o^)しかし歩くことは出来ず、しばらくの間 車椅子生活を余儀なくされました。職場にも復帰できず、完治するまで長野の実家に帰ることに…。

つぐみが実家に帰る日、鮎川(松坂桃李)がやってきました。この時、鮎川は別れを告げる決心をしていましたが、つぐみの笑顔を見たとたんその思いは吹っ飛んでしまいます。

鮎川にとってつぐみは、この世でただ一人の安らぎを与えてくれる存在。手放したくない…鮎川はそう思ったのです。

つぐみパパは病気を患っていた

実家に帰ってきたつぐみは、パパ(松重豊)が鮎川に『別れてくれ』と頼んでいた事を知り激おこヽ(`Д´)ノ大げんかになってしまいました。

その後、つぐみはママ(麻生祐未)から衝撃の事実を告げられます。パパが重い病を患っており、もう長くは生きられないという事を…。

重病が発覚したパパは『自分が生きている間につぐみの幸せな姿を見ておきたい』と思っていました。鮎川のことで苦労する娘の姿を見たくなかったのです。

パパの気持ちを優先させるべきか、自分の幸せを追うべきか、つぐみには答えを出せません…。

翌日、つぐみは鮎川と過ごした地元の高校に出かけました。当時描いた『体育館と桜の絵』を思い出すつぐみ。

ネタバレ:『体育館と桜の絵』とは?

高校3年生の時、つぐみは将来、好きな絵を活かした仕事に就きたいと思っていました。しかし自分の絵がなかなか評価されず凹んでいました。

そんなつぐみに『大切な誰かがそこにいると想像して描け』とアドバイスした鮎川。(鮎川はこの頃から建築パース用の絵を練習しており、いつも想像で描いていた。)

鮎川の事を思い浮かべながら描いた『体育館と桜の絵』。これが展覧会で入賞し、つぐみは絵の道に進む自信を付けたのです。

解説:実はこの絵を展覧会に送ったのは是枝です。自信がなかったつぐみはこの絵を焼却炉に廃棄^^;それを是枝が見つけ、内緒で展覧会に送ったのでした。

解説:内緒で送った理由は「つぐみに知られるとまた破棄される恐れがあった」ため。

つぐみは思い出します。インテリアデザインへの道を示してくれたのは鮎川だったのだと(是枝でもあるけど^^;)つぐみは『想い』が人の未来を変える事を改めて自覚しました。

自分の道を突き進もう…。そう決意したつぐみは鮎川に電話し、『会いにきて』と告げました。

鮎川が空洞症に!?

電話を受けた鮎川は長沢(中村ゆり)の反対を押し切り、長野に向かおうとします。しかし…

車に乗ったとたん、突然苦しみだす鮎川!病院に救急搬送されてしまいます。診断の結果、『空洞症』の恐れがあると告げられました。

【解説:空洞症とは?】

脊髄の中に水がたまり痛みを引き起こす症状。

もし本当に空洞症なら、もう仕事もできなくなってしまう!激しく動揺する鮎川を、長沢がなだめます。『きっと大丈夫だから…!』

鮎川から電話を受けたつぐみは、嫌な予感が走り、東京に戻ろうとします。激怒したパパは『行くなら二度とウチに帰ってくるな!』と怒鳴りました。

しかし、つぐみは帰ることを決意。偶然地元に帰っていた是枝(瀬戸康史)に電話をし、迎えに来てもらいます。

是枝の告白!

東京に向かう車の中で、是枝が突然の告白!『お前のためならどこにでも駆けつける。…好きだから…。』

複雑な想いを抱えるつぐみ。気まずい空気のなか、二人を乗せた車は、鮎川がいる病院に到着しました。

長沢が激おこ!

つぐみが病室につくと、寝ていた鮎川が目を覚ましました。しかし熱は下がっておらず、絶対安静の状態が続きます。

高熱の原因が『排便が無いこと』と診断した医師。摘便をするよう看護師に命じました。

摘便…肛門から便を直接指で掻き出すこと。

動揺する鮎川。長沢は鮎川の気持ちを察し、元看護師の自分がやると言い出します。するとつぐみが負けじと『私がやります!』と立候補!しかし素人のつぐみには当然ムリ…。何も出来ない悔しさで、つぐみは激凹みします。

摘便を終えた長沢は、廊下で待っていたつぐみを怒鳴りつけます。『障害が日常だと理解出来なければ愛なんてあっても無駄よ!私は彼を支えていく自信があるわ!』

好きだけでは鮎川と付き合えない…。自分の無力さを思い知ったつぐみは、肩をおとして帰っていきました…。

翌朝、再び病院に現れたつぐみ。長沢は『よく来れたわね』とイジワルを言います^^;

その頃、鮎川は空洞症の検査を受けていました。彼の今後の人生が決まる運命の瞬間…!果たして結果は…?

診察室から笑顔で出てきた鮎川!ガッツポーズをかまします。倒れた原因は不明のままですが、とりあえず空洞症では無いことが判明。つぐみと長沢もホッと胸をなでおろしましたε-(´∀`*)ホッ

鮎川が別れを…!

つぐみの足が完治し、二人は桜を見に旅行に出かけました。

その夜、二人は小高い丘に立つ観覧車に乗り夜桜見物♪鮎川と並んで座り、幸せを噛み締めます。

しかし、鮎川はなぜか泣いていました。

『恋人らしい事を何一つしてやれない自分が悔しい…。』

『ホームから落ちた時、助けてやれなかった自分が悔しい…。』

鮎川はつぐみをキツく抱きしめ、こう言いました。

『別れよう』

この時つぐみは気づきました。鮎川を一番苦しめていたのが、自分の存在であることを…。

【パーフェクトワールド 第3巻 終】

パーフェクトワールド第3巻ネタバレまとめ

パーフェクトワールド第3巻のネタバレまとめです。

  • つぐみパパが鮎川に『娘と別れてくれ』と土下座。別れる気でつぐみと会った鮎川だったが、彼女を失いたくないという気持ちが勝り、別れることが出来なかった。
  • 鮎川の件でパパと大ゲンカしたつぐみ。しかし高校時代に描いた『体育館と桜の絵』を思い出し、自分の気持ちを優先させることを決意した。
  • 突然倒れた鮎川。空洞症の疑いがあったが、検査の結果、この病気では無いことが判明。今まで通り仕事を続けられることになり、ホッと胸をなでおろした。
  • 退院した鮎川はつぐみを旅行に誘った。鮎川は観覧車の中で、恋人に何もしてやれない悔しさから涙を流し、つぐみに別れを切り出した。

パーフェクトワールド 第3巻の感想

パーフェクトワールド第3巻の感想です。

まさかの別れを切り出した鮎川…。自分の存在がつぐみの負担になっていることを悔み、彼女のために自ら身を引くことを決意してしまったのです…。

好きだからこそ…つぐみの未来を思うからこその別れ…。

障害さえなければ…と涙を流す鮎川の姿に、僕もウォンウォン泣いてしまいました…(ToT)

一方のつぐみも、鮎川を支えるどころか、自分が彼を追い詰めていた事を知りショックを受けます。『障害さえなければ…』という悔しさを鮎川に与えてしまったのは、他でもないつぐみ自身だという事に気付いてしまったのです。

摘便のやり方さえ知らないつぐみ。そんな彼女がこの先どうやって鮎川を支えていけるのか?好きな気持ちだけでは決して乗り越えられない壁を、つぐみは痛感しました。

以前長沢が言った『愛だけでは障害を持つ者と付き合えない』というセリフの重さを、つぐみは今ようやく理解したのだと思います。

つぐみはこのまま鮎川との別れを受け入れてしまうのか?本当に愛だけでは鮎川と付き合えないのか?第4巻の展開に注目です!

パーフェクトワールド 第4巻あらすじネタバレ&感想

4巻の感想

パーフェクトワールド第4巻のストーリー&感想です(ネタバレあり)

鮎川に別れを切り出されたつぐみ。観覧車を降りてから、つぐみはずっと泣いていました…(T_T)

東京に戻ったつぐみは職場に復帰。鮎川とは今までどおり仕事場で顔を合わせますが、声をかけることが出来ません…。

後日、鮎川のマンションに宅急便が届きます。送り主はつぐみ…!中には『観覧車と桜の絵』が…!鮎川と過ごした最後の幸せな時間を、つぐみは絵にしたのです。

この絵にはつぐみの『別れの決意』が込められていました。「幸せな時間をありがとう」という意味を込めて…。

この絵を自宅の壁に飾った鮎川。長沢(中村ゆり)はこれが気に入らないらしく『川奈さん(つぐみ)の事はもう忘れなさい!』と詰め寄ります。。

仕事を辞めたつぐみ

つぐみパパ(松重豊)が倒れ、手術を受けました。幸い重い症状にはなりませんでしたが、パパにある変化が訪れます。

唐突に『お前の花嫁姿を早くみたい』と言い出したのです。

何か悪い予感が走るつぐみ。その予感は的中していました。パパにステージ4のガンが発覚したのです。

つぐみは少しでも長くパパのそばにいるため、仕事を辞めて長野の実家に帰る決意をしました。

是枝とつぐみがキス!からの交際スタート!

つぐみを食事に誘った是枝(瀬戸康史)は、彼女が仕事を辞めて実家に帰ることを知りました。東京で働く是枝とは当分会えなくなります。

食事の後『いろいろありがとう…』とお礼を言うつぐみに、是枝がキス!動揺するつぐみにさらにキス!!

是枝はつぐみを抱きしめ『遠距離でもいいから付き合いたい!』と告白!抵抗していたつぐみですが、彼の背中に手を回し、抱きしめました。

カップル成立\(^o^)/

その帰り道、是枝はさっそく『手、つなご♪』と恋人モードにwつぐみは笑顔を見せます。

この二人のLOVELOVEな姿を、鮎川が偶然目撃していました…Σ(゚Д゚)

実はこの時、鮎川はある決意を胸に、つぐみに会いに家の前まで来ていたのです。

【ネタバレ:鮎川の決意、というか心変わり】

鮎川はつぐみと別れたあと、彼が尊敬する障害者支援者のネット記事で『障害者が心のバリアを張ることで、健常者との溝が深まってしまう』という一文を見つけハッとします。

『身を引くのではなく、前に進む…』この気持ちこそが自分に欠けていたモノだと気づいた鮎川。このままつぐみと別れたら後悔しか残らないと思い、やり直す決意をしていたのです。

しかし時すでに遅し…。つぐみと是枝の関係を目撃した鮎川は、想いを告げること無くUターンして帰っていきました。

東京を発つつぐみ。そこに鮎川が現れ…!?

今日はつぐみが長野県の実家に帰る日。是枝が新幹線のホームまでおくってくれました。

そこに現れた鮎川!復縁を求めます!『もう一度やり直したい!一緒にいたいんだ!!』

新幹線は間もなく発車!是枝は『早よ乗れ!』と怒鳴ります。オロオロしまくるつぐみでしたが『今までありがとう』と鮎川に言い、涙をこらえ新幹線に乗りました。

つぐみが去った後、是枝は鮎川にこう言いました。『俺があいつを大事にしていく』と…。

長沢の告白

伝えたいことは全て伝えた…。鮎川はつぐみとの恋を終わったものと考え、この悲しみを乗り越える決意をしました。

ここから長沢(中村ゆり)が鮎川に急接近!

ある夜、長沢はつぐみが東京を去ったことを知り、鮎川の前で涙を流します。つぐみが現れてからずっと自分の居場所が無かった…。張り詰めていた気がゆるみ、つい涙がこぼれたのです。

ネタバレ:長沢はこの時すでに夫との離婚が成立していました。

長沢は鮎川に告白!『ずっと好きだったの…。』

これまで彼女の気持ちに全っっったく気付いていなかった鮎川は動揺してしまいます。

長沢がつぐみに電話

つぐみが長野に帰って数日後、長沢から突然の電話を受けました。長沢は今、松本市(つぐみの実家の隣町)にいるといいます。

ビックリするつぐみに、長沢はこう言いました。

『これから会えませんか?』

一体何の用!?つぐみに嫌な予感が走りました…。

【パーフェクトワールド 第4巻 完】

第4巻のネタバレまとめ

  • つぐみと別れた鮎川。つぐみはこれまでの感謝と別れの決意を込めて『観覧車と桜の絵』を送った。
  • つぐみのパパが重度のガンを患っていることが判明。つぐみは仕事を辞め、実家で暮らすことになった。
  • 是枝がつぐみとキス!二人の交際がスタート!
  • つぐみが実家に帰る当日。新幹線のホームに是枝が現れ、『やり直したい』と申し出る。しかしつぐみは『ゴメン』と謝り、新幹線に乗ってしまった。
  • 長沢が鮎川に告白!後日、長沢はつぐみに電話をかけ、『会って話したい』と言ってきた。

パーフェクトワールド第4巻の感想

パーフェクトワールド 原作コミックス第4巻の感想です。

第3巻のラストで、つぐみの未来のために自ら身を引いた鮎川。しかし第4巻でそれは間違いだったと気づきます。

『彼女のために何もしてやれない』と考えることは自分自身が作った壁に過ぎない。大切なのはそれでも前に進むことなんだ…鮎川はそう前向に考えるようになったのです。

つぐみとやり直したい…そう思って駅のホームに行った鮎川でしたが、その想いは届きませんでした(T_T)

すれ違いを繰り返す二人。ホントは好き合っているのに…。

しかし『何度すれ違えば気が済むの!』なんてツッコんではいけません。何が正解かもわからない二人が失敗を繰り返し、もがき苦しみながら成長してゆく姿こそが、このマンガの眼目すべきポイントなのですから。

そしてついにつぐみとの交際をスタートさせた是枝くん。告白も、抱きしめも、キスも、いつも突然&強引でちょっと笑えますw鮎川とは違った意味でイケメンですね(笑)

で、長沢さん。つぐみが実家に帰ったことで、あの強~い長沢さんが初めて涙を見せました。これほどまでにつぐみに驚異を抱いていたとは…Σ(゚Д゚)

鮎川を長年一番そばで見てきたにもかかわらず、立場上その想いを封印せざるを得なかった長沢さん…(ちょーマジメ!)。突然現れたつぐみに全部持っていかれた喪失感を考えると、涙の意味もよく分かりますね…。

その長沢さんからの突然の電話。いったいどんな用件なのか?パーフェクトワールド第5巻が気になります。。。。

パーフェクトワールド 第5巻のストーリー&ネタバレ

マンガ第5巻

パーフェクトワールド 第5巻のストーリーとネタバレです。

長沢から突然電話をもらったつぐみは不安に包まれます。『一体なんの用…^^;』

ちょうどその時、是枝もつぐみに会うため東京からわざわざ長野まで来ていました。しかしせっかくのデートは一時中断(T_T)是枝はつぐみを長沢との待ち合わせ場所に送ってくれました。

カフェで向き合うつぐみと長沢。気まずい空気の中、突然長沢が頭を下げました。『ごめんなさい!』

長沢は過去につぐみにキツく当たった事を謝罪。「その事か…!」とホッとしたつぐみでしたが、すぐに新たな不安に襲われます。『ほんとにそれだけのために長野まで来たの…?』

そこに乱入してきた是枝wwどうやら様子が気になって居ても立ってもいられなくなったようです^^;変な空気が流れるなか、三人はドライブすることに…。

ドライブ中、つぐみの携帯が鳴り、パパが病院で転んだと告げられます。つぐみは病院に行くことに…。と、その時、長沢が衝撃のセリフを口にします。

『鮎川くんと付き合うことになったの』

つぐみ絶句Σ(゚Д゚)

長沢がつぐみに会いに来た真の理由は、この事を伝えるためだったのです。しかし…実はコレ、長沢のウソでした^^;

ネタバレ:長沢は鮎川に想いを伝えたものの、空気を読んで『今の忘れて』と撤回していた。つまり「鮎川くんと付き合うことになった」というのは大ウソ!

ウソをついた理由は、もうつぐみに邪魔されたくないと思ったから。

楓と圭吾との出会い

長沢(中村ゆり)からドヤ顔で衝撃事実を告げられたつぐみ。ショックのさなか、闘病中のパパを支えるため、介護の勉強を始めました。

この介護セミナーの教室で、つぐみは二人の人物に出会います。

二人の出会い

西村楓 … 車椅子の美少女。病気を患い歩けなくなってしまった。

高木圭吾 … 楓の婚約者。ジビエ料理店のシェフ。ゴツい。

この二人は今後、物語に大きく絡んできます。

楓と圭吾、二人の夢は『バリアフリーのマイホーム』を建てること。二人と仲良しになったつぐみですが、ある衝撃の事実を知り言葉を失います。

楓は進行性の病を患っており、あと数年しか生きられないというのです!

さらにつぐみは衝撃を受けます。彼氏の圭吾は、夢のマイホーム建築を鮎川に依頼しようと計画していたのです!

ネタバレ:圭吾は「車椅子の建築士-鮎川」を雑誌の記事で偶然知り、彼なら理想の家を設計してくれると期待していた。

是枝とベッドイン♥

つぐみと是枝は久々のデート♪その帰り道、突然の豪雨で道路が封鎖され、二人は帰れなくなってしまいます。

二人はホテルへ…。この時、つぐみは一線を超える覚悟をしていました。

シャワーを浴びた二人はベッドへ。キスをし、ついにおっぱじめます!

怯えるつぐみを見た是枝は『今日はやめよう』と言いました。つぐみは『やめないで…』と返します。

その後二人は●×△■↑↑=(*´ω`*)ウフ

翌朝、是枝は『また来るね♪』と言い東京に帰りました。

ついに結ばれた二人!つぐみはどんな時でも自分を最優先に考えてくれる是枝を、ますます好きになっていきました。

長沢の長野行きが鮎川にバレる^^;

鮎川に告白した長沢(中村ゆり)でしたが、その後の告白撤回により交際には至っていませんでした。ちょっと気マズイながらも、これまで通りヘルパーとして鮎川の世話を続ける長沢…。

そんなある日、鮎川の母親から『長野で長沢さんを見た』と電話が!つぐみに『わたし鮎川くんと付き合ってるの』とウソを言ったあの日、長沢は鮎川ママに目撃されていたのです!

鮎川に真相を聞かれた長沢は激しく動揺!思わず『ひ、人違いじゃ?』と言ってしまいます。

しかし、キョドりまくる長沢を見た鮎川はウソを見破ります。観念した長沢は真実を話すことに…。

涙を流す長沢…。自分が嫌な女になってしまった事を嘆きます。

鮎川は『長沢さんをここまで追い詰めたのは自分だ』と責任を感じてしまいました…。

パーフェクトワールド第5巻ネタバレ:鮎川とつぐみが東京で再会!

つぐみが介護セミナーで知り合った圭吾と楓のカップル。圭吾は余命わずかな楓のために理想のマイホームを建てるため、長野県から東京にある鮎川の建築会社にやってきました。

しかし、鮎川はこの依頼をまさかのお断り!ここには、歩くことの出来ない鮎川だから分かる、ある理由が…。

【ネタバレ:鮎川が建築依頼を断った理由】

車椅子の婚約者・楓のために家を建てるのが夢だった圭吾。しかし楓はそう願っていませんでした。楓は本心では『あと数年しか生きられない自分のために家を建てるなんて無意味』と思っていのです。

鮎川は楓の想いを敏感に察知し、圭吾の依頼を拒否したのでした。。。

鮎川が依頼を拒否したことを圭吾の口から知ったつぐみ。楓の本心を知っていたつぐみですが、『楓と一緒にいられるのは今しかない』という圭吾の気持ちも分かります。

つぐみは鮎川を説得するため、圭吾とともに東京にやってきました。

【パーフェクトワールド 第5巻 終わり】

第5巻ネタバレまとめ

  • 長沢がつぐみに『わたし鮎川くんと付き合うの』と大ウソをかます。
  • つぐみと是枝がホテルでベッドイン♥
  • 長沢のウソが鮎川にバレる。鮎川は長沢を追い詰めていた自分に責任を感じる。
  • つぐみが介護セミナーで圭吾と楓に出会い意気投合(≧∇≦)/
  • 楓のために家を建てたいと思っていた圭吾。鮎川に建築を依頼するが断られてしまう。
  • 鮎川を説得するため、つぐみが鮎川の前に現れた。

パーフェクトワールド第5巻の感想

パーフェクトワールド第5巻の感想です。

つぐみとベッド・インしちゃった是枝。展開が早いですね!見た目は草食系、でも中身はけっこうオラオラの是枝くんw初対面の人ともすぐ仲良くなれるし、優しいし、背高いし、なんか男として欠点ナシ!って印象です。

一方のつぐみは、鮎川への想いを完全に絶つことができたのでしょうか…?(全然そーは思えない^^;)

長沢さんも『悪いオンナ』になった自分を嘆いていましたね。前回鮎川に告白していらい、ちょっとメンタル不安定なので心配です。。。

鮎川は長沢さんを『悪いオンナ』にしたのは自分のせいだと考え、動揺していました。このまま『償いのための交際』がスタートしそうで不安です^^;

さて、第5巻から新たに登場した圭吾と楓という二人のキャラクター。この二人との出会いが、つぐみと鮎川が再会するキッカケを作りました。

家を建てたい圭吾と、余命わずかの自分ために家を建ててほしくないと願う楓。二人を見ていると、相手を思いやるあまりすれ違いを繰り返していた、過去の鮎川とつぐみを思い出します。

楓が家を望まないなら建てることは出来ないという、鮎川ならではのこだわりもよく分かります。住む人が幸せになれない家造りは、鮎川にとって本意ではないのですね。

圭吾と楓の家を設計するよう、つぐみは鮎川を説得出来るのか?第6巻の展開に注目です♪

パーフェクトワールド 第6巻あらすじ&ネタバレ

パーフェクトワールド第6巻ネタバレ

パーフェクトワールド第6巻のネタバレです。

東京で久しぶりの再会を果たした鮎川とつぐみ。驚く鮎川に、つぐみは『圭吾と楓の家』の設計を依頼します。

つぐみはこう言いました。『圭吾さんの負担を考えて身を引こうとする楓さん…その思いが一番圭吾さんを傷つけているの』

この言葉に、鮎川は観覧車の中でつぐみに別れを告げた夜を思い出します。あの時、鮎川もつぐみの未来を考え、自ら身を引こうと思っていたからです。

つぐみは続けます。かたくなな楓を説得するには『目に見える幸せのカタチ』が必要であり、それが『家』なのだと…。

じっと話しを聞いていた鮎川は『楓さんに会ってみたい』と口を開きます。一歩前進し、ホッとするつぐみと圭吾…ε-(´∀`*)ホッ

楓の説得

後日、鮎川はつぐみたちに案内され、楓の家にやってきました。しかし楓は『わたしを説得しに来たの?』と不快感をあらわに…!

彼の負担になりたくないだけなの…涙を流す楓に、鮎川は言葉をかける事ができませんでした…。

もはや楓の説得は無理…。誰もがそう思った時、鮎川はつぐみの口からある事実を知ります。

それは、『圭吾が家を買うために溜めていたお金は、もともと自分の店を開店させるための資金だった』ということ。

圭吾がジビエ料理のシェフであることを知った鮎川に、あるアイデアが閃きました。

鮎川のナイスすぎる提案

翌日、鮎川は徹夜で描いた家のイメージ図を楓たちに見せました。それは『将来、店舗に改装できる家』

これなら、いつの日か楓が亡くなったあとも店舗として活用できる!圭吾への後ろめたい気持ちも拭えます。

『店と家』ふたつの夢を同時に叶えるナイスな設計を、鮎川は思いついたのです♪

『ありがとうございます…』涙を流しお礼を言う楓と圭吾。その横で、目をハートにしたつぐみが、じっと鮎川を見つめていました…^^;

完全に惚れ直しちゃいましたね…。

パーフェクトワールド ネタバレ第6巻:是枝、焦る!

仕事中の是枝の前にいきなり現れた長沢(中村ゆり)!看護師に復職するため、このビルにある会社に面接に来たそうです。(是枝は偶然にもこのビルにある会社のSEとして働いていた。)

ここで長沢がうっかり口を滑らせ、つぐみと鮎川が仕事(楓の家の件)で会っていたことを話しちゃいます^^;

『そんなの聞いてない!』是枝の顔色が変わります。

仕事に目覚めたつぐみ

是枝が不安いっぱいな頃、つぐみは楓たちの新居のインテリアデザインを依頼されていました。

ヤル気マンマンのつぐみ!パパの介護のためにデザイン会社を辞めたつぐみでしたが、楓たちと過ごした時間が、再び彼女の仕事魂に火を付けてしまったのです。

鮎川に『インテリアデザインを任せてほしい』とお願いするつぐみ。しかし鮎川はこれを断ってしまいます。

鮎川は以前ホームから転落したつぐみを思い出し、『一緒にいるとまた悪い事が起きる』と不安だったのです。

しかし!覚醒したつぐみは諦めません!『鮎川が私を変えたんだよ』再び鮎川にお願いしに来ました。

つぐみの本気度を察した鮎川は、インテリアを任せる事を承諾してくれました。

これが是枝に知れ、つぐみとの間に不穏な空気が流れます^^;

是枝の葛藤と決意

つぐみと鮎川の接近に不安を感じる是枝。しかしある決意を胸に、二人の前に現れました。

是枝は不安を押し込め、仕事に目覚めたつぐみを応援する決意をしたのです。これには彼の悲しい過去が関係していました。

【ネタバレ:是枝の過去】

是枝には15年前に亡くなった兄がいました。当時、短気だった是枝とは対象的に、『カッとなっても意味ないよ♪』が口ぐせだったおおらかな兄…。

兄が亡くなる前、高校受験を控えた是枝に、合格祈願のお守りを買ってきてくれました。是枝は見事合格!『自分が高校に合格できたのは、兄が願ってくれたからだ。願いは届くんだ!』是枝はそう考えるようになりました…。

亡き兄がしてくれた事を、今度は自分がつぐみにしてあげたい…。是枝はそう考え、不安がありながらもつぐみを応援する決意をしたのです。

鮎川は是枝を安心させるため、こう約束しました。『俺たちがヨリを戻すことはないから。』

是枝の”お許し”を得たつぐみは、楓の家のインテリアデザインに伸び伸びと専念することが出来るようになりました(^o^)

地震発生!鮎川が被災!?

楓と圭吾の夢のマイホームは着々と建築が進み、いよいよ明日、上棟祭(家の柱を建て終えた後に行う、工事の安全を祈る儀式)が執り行われることに。

その夜、突然の大地震が日本を襲いました!

ゴゴゴゴゴ!!!

長野の実家にいた鮎川は被災!両親はタイミングわるく旅行に出ており、家には鮎川ただ一人!崩れてきた棚の下敷きになってしまったのですΣ(゚Д゚)

おなじく長野の実家にいたつぐみは、何とか怪我なく済みましたが、鮎川と連絡が取れずパニックに…!

余震が続く中、つぐみは鮎川の家に行く事を決意しました…!

【パーフェクトワールド 第6巻 完】

パーフェクトワールド第6巻エピソードまとめ

パーフェクトワールド第6巻エピソードのまとめです。

  • 楓と圭吾のマイホーム設計を鮎川にしてもらうよう説得したつぐみ。承諾した鮎川は『店舗に改装できる家』を提案した。
  • 楓にインテリアデザインを依頼されたことで、つぐみが仕事に目覚める。鮎川を説得し、一緒に仕事をすることになった。
  • これを知った是枝は不安をよぎらせるが、亡き兄から学んだ『願いは届く』という教えを胸に、つぐみを応援することを決意した。
  • 楓たちの家の上棟祭前夜、突然の大地震により鮎川が被災!連絡が取れない事でパニクったつぐみは、鮎川の家に行くことに…。

パーフェクトワールド 第6巻の感想

パーフェクトワールド第6巻の感想です。

鮎川が提案した『将来、店舗に改装できる家』はとても理にかなっていて、さすが!という物でした(^o^)つぐみが惚れ直す(?)のも分かりますね ( ̄∀ ̄)ウシシ

是枝と長沢が裏で急接近してるのも気になるところです。図らずも『つぐみと鮎川についての情報を交換しあう仲』になってますね^^;共同戦線をはる『戦友』のようにも思えてきます(笑)

『好きな人をずっと影で見守ってきた』という共通点がある長沢と是枝…。けっこうお似合いな気がしてますが、そーゆー結末もあるのかな…?

そして唐突に発生したまさかの大地震!鮎川の安否が気になります。こんな時に限って家に一人なんて…(T_T)ツイテネー!

建築が進む楓たちの家は無事だったのでしょうか…?地殻以上に、物語は大きく動きそうですね…(全然うまくない^^;)

パーフェクトワールド 7~最新巻までのあらすじ・ネタバレ

パーフェクトワールド原作マンガ第7巻~最新巻までのあらすじ&ネタバレです。以降はこんな内容で展開していきます!

  • 別れを告げた鮎川とつぐみが地震後に再び急接近!
  • つぐみと是枝の関係に亀裂が!
  • 長沢さんの大ウソがバレて鮎川と気マズくなる!?
  • 鮎川がプロポーズ!?そしてついに…!!

二人の純愛はどんなエンディングを迎えるのか?映画版『パーフェクトワールド』のラストカットと併せてご紹介♪下記リンクからどうぞ♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました