ラジエーションハウス 内山理名と松下洸平がゲスト!第3話ネタバレ

ラジエーションハウス 第3話のストーリーをご紹介します(ネタバレあり)

【第3話のゲスト出演者】

内山理名…(役:葉山今日子)…乳がん検診で訪れた患者。雑誌編集者。7歳年下の彼氏と結婚間近。

松下洸平…(役:平田公太)…今日子の婚約者。

スポンサーリンク

ラジエーションハウス 内山理名と松下公太がゲストの第3話

ラジエーションハウスの内山理名

ラジエーションハウス 第3話(2019年4月22日放送)のストーリー※ネタバレあり

放射線科の仕事についてドヤ顔でプレゼンする甘春杏(本田翼)。『放射線科医は病院の花形です!』…しかし傍聴者はたったの数名…。閑古鳥が鳴く会場で、技師の五十嵐唯織だけが彼女の話しに聞き入っていた。

『杏ちゃん…♥』

プレゼンを終えた杏に、ねぎらいの言葉をかけようとする五十嵐だったが、宿敵・辻村の邪魔が入る。馴れ馴れしく杏の背中をタッチする辻村!五十嵐は『うそでしょ…(T_T)』とさらに凹んでしまった。※実際は、辻村は杏に触るフリをしてただけw

スポンサーリンク

ラジハ第3話:ゲストは内山理名

甘春総合病院に乳がん検診にやってきた雑誌編集者の葉山今日子(内山理名)。彼女は毎年、乳がん検診を欠かさず受けており、今回もマンモ検査(マンモグラフィー検査。透明板で乳房を圧迫し、内部をX線で調べる検査)を行った。

緊張気味に検査を受ける今日子。担当した技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)はリラックスさせるため、近々結婚する今日子に『おめでとうございます!』と祝福の言葉をかける。

しかし先輩技師の黒羽たまき(山口紗弥加)に『余計なおしゃべりは技師の仕事じゃない』と怒られてしまった…。

結果は異常なし…?

撮影された画像を読影する杏(本田翼)。なにか引っかかる部分を発見したが、部長の鏑木(浅野和之)に『異常なし』と判断されてしまった。

内山理名はデンスブラスト

『異常なし』の診断を受け、安心して帰ろうとする今日子(内山理名)。病院前のバス停に向かうと、五十嵐がすっ飛んできたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ『あなたはデンスブレストです。再検査させて下さい!』

デンスブレストとは、乳腺が発達した乳房のことで、マンモ検査では乳腺の影がじゃまになり、正確な診断が出来ない場合がある。さらに今日子の家系は母、祖母ともにガンを患っており、これを知った五十嵐は超音波による再検査を薦めてきたのだった。

必死に説得する五十嵐だったが、今日子はバスに乗り去ってしまった…。

山口紗弥加も不安を抱えていた。

その夜、技師の裕乃(広瀬アリス)がひとり残業し、マンモ検査の練習をしていた。昼間、たまき(山口紗弥加)に叱られた事を気にしていたのだ。

そこに現れたたまき。『私の胸でやってみる?』と練習台をかって出てくれた。どうやら裕乃にキツく言い過ぎた事を反省しているようだ(*^^*)

たまきをマンモ検査した裕乃だったが、検査が終わると、たまきはデータをUSBに移し、元のデータをデータを削除してしまった(・・?一体なぜ…?

自分のデスクに戻った黒羽は、胸を気にし触診を始める。この姿を当直の五十嵐(窪田正孝)に見られ、動揺して出ていってしまった…。

内山理名が激おこで再登場!

翌日、今日子(内山理名)が激おこ状態で病院に現れた。『検査結果が異常ナシなんてなぜ言ったの!?』

実は昨日、バス停で五十嵐に言われた言葉が気になった今日子は、自分でデンスブレストについて調べたらしい。マンモ検査だけでは正確な診断が出来ないと知り、あやふやな診断をした事を責めに来たのだ。

応対した五十嵐は『マンモ検査で異常がなかったら、異常なしと答える事しか出来ないんです』という規定を告げる。しかし五十嵐自身この規定に納得しておらず、『発見が遅れて悲しい思いをする方を何人も見てきました』と辛い過去を振り返った。

五十嵐は改めて『超音波検査をやらせて下さい!』と頭を下げた。

山口紗弥加の診断結果は…?

その頃、技師の裕乃(広瀬アリス)は、黒羽(山口紗弥加)が削除したマンモ検査のデータを発見。怪しい影が発見され、改めて黒羽を検査した。

実は黒羽は、自分が乳がんではないか?と疑っていたのだ。裕乃のマンモ検査の練習に付き合ったのはこのためだった。

黒羽の検査の結果がでた。しこりはあったものの”良性”であることが判明!黒羽は安堵し、涙を流した…。

今日子にガンが発覚!

五十嵐の勧めで超音波検査を受けた今日子(内山理名)に、衝撃の事実が伝えられる。乳房に怪しい影を見つけたのだ。正確に診断するためMRIにかけると、乳がんが見つかった。

右胸全摘出を余儀なくされた今日子はショックに打ちひしがされる…。婚約者・平田公太(松下洸平)の事を想い、『彼になんて言えばいいの…?』と涙を流した。

そこに現れた黒羽(山口紗弥加)。

『乳がんになる確率は10人に一人…でも愛する人に出会う確率は奇跡に等しいです。その奇跡を大切にして下さい。』

と声をかけ、元気づけようとする。

その後、婚約者の公平が病院に駆けつけ、事情を聞いた。手術すれば命は助かると聞きほっとする公平。右胸を失うことに動揺していた今日子に

『俺だって同じだよ。年取ったらメタボになるかもしれないし、髪だって薄くなるかも。見た目が変わるのなんてお互い様だ♪』

公平の言葉に笑顔を取り戻した今日子。二人は手をつなぎ、病院をあとにした。

謎のパンダ茶w

院長室に呼ばれた五十嵐。今日はパンダ茶をごちそうになる^^;なにやらパンダのフンが入っているらしいが、意外と美味しかったようだΣ(゚Д゚)

後日、出勤した五十嵐は、廊下で杏と遭遇。今日子(内山理名)が書いた乳がんの記事を見せ『ぜひ呼んで下さい』と笑顔で言った。今日はなんだかイイ感じだ(*^^*)

しかし!またしても辻村(鈴木伸之)の邪魔が入る。楽しそうに盛り上がる二人を恨めしそうに見つめる五十嵐…。『ウソだろ…(T_T)』とショックを受けたorz

【ラジエーションハウス 第3話 終わり】

内山理名

ラジエーションハウス 第3話にゲスト出演した内山理名さんのプロフィールをご紹介♪

生年月日:1981年11月7日(37歳)

出身地:神奈川県

出身校:日本女子体育大学附属二階堂高等学校 卒業

身長:157cm

血液型:O型

趣味:観葉植物、アロマテラピー、乗馬、ネイルアート、料理、書道(七段)

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/内山理名

主な出演作:『大奥〜華の乱〜』『嫌われ松子の一生』『マチ工場のオンナ』など多数。

第3話ゲスト 松下洸平

第3話のゲスト 松下洸平さんのプロフィール情報♪

本名:松下 洸平

別名義:洸平

生年月日:1987年3月6日

出身地:東京都

身長:175 cm

血液型:A型

2008年より自作曲に合わせて絵を描きながら歌う「ペインティング・シンガーソングライター」の洸平として都内および関東近郊でライブ活動を行う。

2010年、本名の松下洸平へと改め、俳優を中心に活動を開始。

主な出演作:『噂の女』『家族の裏事情』『家政夫のミタゾノ』『サバイバル・ウェディング』他多数。

ラジエーションハウス 関連記事

『ラジエーションハウス』の関連記事一覧です。

2019年春ドラマのネタバレあらすじ

2019年最新!4月スタートの春ドラマのネタバレ記事。

スポンサーリンク