ラジエーションハウス 小林喜日が犯人役で登場!AI診断とは?第5話ネタバレ

ラジエーションハウス 第5話(2019年5月6日放送)のあらすじと解説をご紹介します。※ネタバレあり

【ラジハ 第5話のゲスト出演者】

南出凌嘉(役:藤本直樹)…謎の死を遂げた9歳の少年。

斎藤汰鷹(役:藤本雄太)…直樹の弟。兄の死に責任を感じている。

三浦誠己(役:藤本勝彦)…兄弟の父親。虐待の疑いが…!?

森脇英理子(役:藤本歩美)…母親。

小林喜日(役:山村肇)…直樹の親友。

スポンサーリンク

ラジエーションハウス 小林喜日が犯人役で登場!AI診断とは?第5話ネタバレ

ラジエーションハウスの小林喜日

ラジエーションハウス第5話あらすじ・ネタバレ

『五十嵐先生、ちょっと見てもらいたい画像があるんですけど』

憧れの甘春杏(本田翼)に声をかけらた五十嵐!『杏ちゃ~ん♪♪』とトロケそうになるwしかも顔が近い!!(;´Д`)ハァハァ

『これは呼吸によるアーチファクトですね。』カッコつけた声でビシッとアドバイスする五十嵐∠( ゚д゚)/今日は朝から気分は最高だ(≧∇≦)/

その後、甘春総合病院に9歳の少年の遺体が搬送されてきた。少年の名前は藤本直樹くん(南出凌嘉)。河原で一人でキャッチーボールをしていた時、突然倒れ、帰らぬ人となってしまったそうだ。

    【直樹くんが搬送された経緯】

  • 河原で一人でキャッチボールをしていた直樹くん。ここには後から弟の雄太くん(斎藤汰鷹)が来るはずだった。
  • 直樹くんが倒れた後、弟の雄太くんが到着。兄の異変に気付いた雄太くんは、河原の近くに住む直樹くんの友達・山村くん(小林喜日)に相談した。
  • 山村くんが救急通報し、直樹くんは病院に運ばれた。

弟の雄太くんは『僕がもっと早く河原に行っていれば…』と兄の死に責任を感じていた…。

スポンサーリンク

AI診断を両親が反対!

死因解明のため直樹くんをAI診断(オートプシー・イメージング:遺体を放射線診断機にかけ、死因を解明する診断)にかけようとするラジハチーム。しかし両親は『そんな事をしても息子は帰ってこない!』と猛反対!

技師長の小野寺(遠藤憲一)は『AI診断は遺族のためにするのです。あとで後悔しないために…』と両親を説得。母親は『しばらく考えさせて』と言ってきた。

AI診断は懐かしの医療ドラマ『チームバチスタの栄光』第6話にも登場♪

ラジハ第5話あらすじ:父に虐待の疑いが!

両親がAI診断に反対するのは、直樹くんを虐待していたからでは?と疑うラジハチーム。実は直樹くんには体のあちこちに謎のアザがあったのだ。

AI診断がスタート

直樹くんの母親の希望により、AI氏診断がスタート。遺体はCT診断機にかけられた。

作成された2000枚もの画像を、驚異の集中力で処理してゆく五十嵐(窪田正孝)。その後、杏(本田翼)が読影を開始。その結果、肝臓が破裂してたことが明らかになった!ボールがぶつかったくらいでは肝臓は破裂しない。これは事故、もしくは殺人…?

両親に診断結果を告げるラジハチーム。その頃、五十嵐は直樹くんの友達・山村くん(小林喜日)からある事実を聞かされていた。死亡した直樹くんは、父親と血がつながっていなかったのだ。

ネタバレ:直樹くんは離婚した母親の連れ子で、今の父とは血縁関係になかった。

これにより直樹くんの死因は父からの暴行という疑いがますます強まった…。

何かが閃く五十嵐

本当に虐待だったのか?直樹くんの死因にどこか納得できない五十嵐(窪田正孝)…。弟の雄太くんに話を聞くと、あの日『財布を忘れたから持ってきて』と兄から電話があったという。雄太くんが河原に着くのが遅れたのはこのためだったそうだ。

これに疑問を抱く五十嵐。直樹くんの遺品の中にスマホは無かったはず。どうやって電話をかけてきたのだろうか…?

何かが閃いた五十嵐は、雄太くんが持っていたボールを取り、そばにいた山村くん(小林喜日)に投げた。山村くんはフツーにキャッチ。五十嵐はなぜこんなことを…(・・?

犯人が判明!

会議室に集まったラジハチームと直樹くんの家族&山村くん。

AI診断で肝臓破裂が判明した事を両親に告げたラジハチーム。虐待の有無を父親に問うと、父は過去に一度だけ直樹くんに手を上げた事を認めた。

『おれがやったって言いたいのか!?』声を荒げる父親!

直樹くんに暴力をふるった日の事を話しだす父。あの日、夜遅くに帰宅した直樹くんを母が叱ると、直樹くんは『カンケーねーだろ!』と反発。見かねた父が思わずビンタしてしまったのだ。

『殴ったことは後悔している。…ただ俺は…あいつの家族になりたかったんだ…!』

直樹くんの死因は父の暴力ではなかった。となると真犯人は誰なのか?五十嵐はこう続けた。

『直樹くんは肝臓の右側に損傷を受けていた。右効きのお父さんには無理です。殴った犯人は左利きのハズ…。』

五十嵐の言葉に周囲は唖然とする。『この中に、格闘技経験のある左効きの人物が一人だけいます。それは…山村くんです。

皆の視線が山村くん(小林喜日)に注がれる。黙っている山村くん…。五十嵐は父からスマホを借り、直樹くんの番号に電話をかけた。するとなぜか山村くんのポケットから着信音が…!山村くんは直樹くんのスマホを持っていたのだ。

『あいつが…直樹が…家族の事を大切にしたいとか言うから…!』山村くんは床に崩れ落ち、『ごめんなさい!』と頭を下げた。

    【ネタバレ:五十嵐が山村くんを疑った理由】

  • 山村くんが左手でボールをキャッチしていたこと。
  • スマホを左手で扱っていた事。
  • 手の甲に空手修習者特有の拳ダコが出来ていたこと。

    【ネタバレ:山村くんが直樹くんを殺害した理由】

  • 山村くん(小林喜日)は父親から虐待を受けており、父を嫌っていた。同じく父を嫌っていた直樹くんを唯一の親友と思っていた。
  • しかし直樹くんは実は父と仲良くしたいと思っており、そのためにキャッチボールの練習をしていた。山村くんは裏切られたと思い、あの日、河原にいた直樹くんの腹を殴ってしまったのだ。
  • 山村くんに殺意は無かった。
  • 山村くんが直樹くんのスマホを持っていた理由は、LINEで言い争った事を隠すためだった。

激昂した父親は厳しく山本くんに詰め寄る!『一度でいいからあいつに”お父さん”って呼んでもらいたかった!なのに…!』

嘆く父親に、五十嵐は直樹くんのスマホを見せた。父からの着信履歴に”お父さん”の文字が…!直樹くんは口には出さなかったが、父と認めていたのだ。父は泣き崩れた…(TдT)

警察に連行される山村くん(小林喜日)。最後に直樹くんの両親に、深々と頭を下げた。

両親が病院を去った後、杏は『誰だって明日も今日と同じように生きてるなんてわからないのですね…。』とつぶやいた…。

またしても辻村先生の邪魔が…orz

後日、ラジエーションハウスにいた五十嵐を杏が訪ねてきた。『この画像見てもらいたいんですけど…』

『杏ちゃんきたー!!』気合が入る五十嵐だったが、ライバルの辻村(鈴木伸之)がまたしても邪魔に入る!『五十嵐さんは技師の仕事してて』

辻村に連れ去られる杏…。五十嵐は泣きそうな声で『杏ちゃ~ん…』とつぶやいた(TдT)

【ラジエーションハウス 第5話 終わり】

小林喜日

ラジエーションハウス第5話で犯人役の少年を演じた小林喜日さんのプロフィールをご紹介♪

名前:小林 喜日(こばやし きか)

生年月日:2004年3月17日(15歳)

出身地:愛知県

身長:155cm

所属事務所:クラージュ

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/小林喜日

主な出演作:『ウロボロス〜この愛こそ、正義。 (』『A LIFE〜愛しき人〜』『結婚相手は抽選で』『グッドワイフ』など。

ラジエーションハウス関連記事

月九ドラマ【ラジエーションハウス】の関連記事一覧です。

2019年最新ドラマのネタバレ記事一覧

2019年4月スタート!最新ドラマのネタバレや感想。

スポンサーリンク