ラジエーションハウス 遠藤憲一(小野寺)は離婚寸前!?第2話あらすじネタバレ

ラジエーションハウス第2話のあらすじをご紹介します。※ネタバレあり

【第二話のゲスト出演者】

田中奏生ー小野寺大樹…技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)の息子。

石田星空ー千葉健太郎…膝の痛みを訴え病院を訪れた8歳の少年。

中越典子ー千葉美沙子…健太郎の母親。

宮田早苗ー金田富恵…金田製薬会長の妻。

スポンサーリンク

ラジエーションハウス 第2話のあらすじ。遠藤憲一は離婚寸前だった!

ラジエーションハウス 遠藤憲一

ラジエーションハウス第2話(2019年4月15日放送)のあらすじ※ネタバレあり。

▼ここから▼

職場に届いた離婚届をガン見する放射線科技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)。妻が家を出てから1年…この間、なんども離婚を突きつけられていたようだ^^;またか…小野寺は離婚届をやぶってゴミ箱にポイ捨てした。

その頃、放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)は、院長室で大森渚病院長(和久井映見)に『苦丁茶(くてちゃ)』をごちそうになっており、あまりの苦さにむせまくっていた『コレまっずぅ!』

大森院長は『くれぐれも医師免許を持っていることを皆に知られないでね』と釘を刺し、『あの約束も忘れないで』と意味深なセリフを口にした。

激マズ茶を涙目になりながら飲み干した五十嵐。院長もお茶を飲んでこう呟いた。『マズイわねコレ!』

スポンサーリンク

ラジハ第2話あらすじ:膝の痛みを訴えて病院にやってきた健太郎少年

放射線科・ラジエーションハウスでは、技師たちが膝の痛みを訴える少年・千葉健太郎くん(石田星空)の画像診断をしていた。その結果、成長痛の疑いが浮上。小野寺は『俺の息子もよく成長痛で痛がってたな…』と離れて暮らす息子に思いを馳せた。

離婚危機真っ只中の小野寺だったが、離婚届にサインしない理由は、息子に会えなくなる寂しさからだったのだ…。

読影を終えた甘春杏(本田翼)は、健太郎くんの母親・美沙子(中越典子)に診断結果を説明。すると健太郎くんが美沙子に謝りだした。『大げさに痛いって言っちゃった。お母さんの仕事じゃましてゴメンね…。』

多忙な母を気遣う健太郎くん…。

今度は母が倒れる!

病院を出てバスを待つ千葉親子。すると母の美沙子が突然倒れてしまったΣ(゚Д゚)バス停に居合わせたた少年が医師を呼び、美沙子は診断をうけることに…。

回復した美沙子は『ただの生理痛です。』と主張。すると技師長の小野寺(遠藤憲一)が何かに気づく。『美沙子さんは以前、この病院で治療をうけた患者では…?』

小野寺の推測は正しかった。千葉は7年前、小山という名で副腎皮質ガンの治療を受けていたのだ。その後、離婚した小山は旧姓の千葉に名字が変わっていたのだった。

この話を聞いた五十嵐(窪田正孝)は『もしホントなら大変だ!』と嫌な予感が走る。美沙子は7年前の治療以降、一度も事後診断を受けておらず、今回の生理痛も過去の病気と何か関係があるかもしれないからだ。

再検査を勧められた美沙子だったが、これを拒否した。今、彼女は正社員になれるかどうかの瀬戸際で、入院する時間などないのだ。

その後、杏(本田翼)の説得により、美沙子は再検査を受けることに。膵炎と診断された美沙子はしばらく入院することになった。

小野寺の息子・大樹くん

美沙子がバス停で倒れた時、医師を読んでくれたあの少年がラジエーションハウスに現れた。この少年の名は小野寺大樹(田中奏生)。まさかの小野寺技師長の息子だΣ(゚Д゚)

衝撃を受けるラジハ技師たち!小野寺パパはタバコを吸いに出ており、対面はならなかった。『これ、父に渡して下さい』離婚届を技師の黒羽(山口紗弥加)に渡し、大樹くんは帰ろうとする。しかし黒羽は『自分で渡しな』と言い、離婚届を大樹くんに返した。

ラジエーションハウスにやってきた大森病院長(和久井映見)。健康グッズオタクの彼女は『ツボマッサージ手袋』の講釈を始める(笑)皆がめんどくさそうに聞いてるなか、五十嵐はひとり、健太郎くんの診断画像を見つめていた。

『ツボを体の左右押し比べることで、異常部分がわかるのよ』

病院長のこの言葉に何かがひらめく五十嵐。『左右を比べる…?』

リ・フラウメニ症候群

五十嵐は小野寺(遠藤憲一)を現像室に呼び、健太郎くんの膝を写したレントゲン写真をフィルム化してほしいと依頼した。『フィルムなんて意味ないだろ。』という小野寺に、『使い方次第ですよ』と返す五十嵐。

フィルム化された2枚のレントゲン写真を見比べた五十嵐は『健太郎くんは…リ・フラウメニ症候群かもしれません!』呟いた。

【ネタバレ:リ・フラウメニ症候群とは?】

さまざまな臓器で悪性疾患が多発する、遺伝性の病気。

健太郎くんの病名が判明

母・美沙子がリ・フラウメニ症候群であることが判明し、これにより健太郎くんの膝の痛みが成長痛ではない可能性が高まった。

健太郎くんを再検査するため、鏑木部長に許可を得ようとする小野寺。しかしCT室はこの後、金田製薬会長の予約が入っており、部長は猛反対!金田製薬は甘春総合病院に多額の献金をしているスポンサーなのだ。

部長に『君も身の振り方を考えろ』と怒られる小野寺。この様子を見ていた小野寺の息子・大樹くんは『ダサ…』と呟いた。

遠藤憲一が頑張る!

小野寺(遠藤憲一)は諦めなかった。技師たちに協力してもらい、金田会長を足止めすると、無許可のまま健太郎くんをCT室へ運ぶ。

成り行きを知った部長が『クビにするぞ!』と激おこしながら現れたが、小野寺は『もう少し時間を下さい。責任は私が取ります』と譲らない。

診断の結果、健太郎くんは『骨肉腫』であることが明らかとなった。50万人に一人しか発症しない難病だ。

写真を撮ること以外なにもできない技師たち…。『同情するだけ無駄』と肩を落とす技師たちに、小野寺はこう言った。『俺たちは病気を見つけやすくするのが仕事だ。』

息子の難病を知り、涙を流す母・美沙子(中越典子)。杏は『私達を信じて一緒にがんばりましょう』と声をかけた。

『お母さん、病気になってゴメン…』とあやまる健太郎くん。母は『健太郎は1分の1…かけがえのない存在だよ』と笑顔で抱きしめた。

遠藤憲一は離婚するの?

ラジエーションハウスでは、小野寺の息子・大樹くんが離婚届をパパに突きつけた。『サインしたら持ってきて。ロビーで待ってるから』

大樹くんが去った後、五十嵐(窪田正方)はこう呟いた。『家族と紡いだ時間はそう簡単に忘れられません。』

その後、小野寺はロビーへ。離婚届には『離婚なんてするか、バーカ!』と書かれていたw大樹くんは『バカはどっちだよ』と笑った。

金田会長はどうなった?

CT検査の予約を強引にキャンセルされた金田会長だったが、技師の威能(丸山智己)の『奥の手』により問題は解決していた。威能は今朝、病院に診察に訪れていた会長の妻から『今日が彼女の誕生日』であることを知り、これは会長に伝えたのだ。

妻の誕生日をど忘れしていた会長は予約をキャンセルし、『教えてくれてありがとう』と笑顔で病院を後にした。応対した鏑木部長も機嫌を良くし、無許可でCT室を使った小野寺のクビは回避された(*^^*)

杏の兄は亡くなっていた

翌日、出勤した五十嵐は、廊下で杏と遭遇。二人はぎこちなく『お、おはよう』と挨拶。

杏が去った後、大森院長(和久井映見)が現れ、五十嵐にこう言った。

『彼女は前院長の父親が体調不良でリタイアして、今辛い状況なの。ホントは兄のひさし君がこの病院を継ぐはずだんだけど、20年前に亡くなってしまったのよ…。』

杏の兄が亡くなっていたことを知りショックを受ける五十嵐。20年前、杏の兄は飼い犬を探しに工事現場に入った時、足場崩落の下敷きとなり、命を落としていたのだ。

『兄にかわりこの病院を守ろうと、一人でいろいろ背負い込んでいるの。』

院長の話を聞き、五十嵐はこう決意した。『僕が杏ちゃんを支える。技師として…。』

しかし、五十嵐の目の前で、杏は整形外科の医師・辻村(鈴木伸之)に食事に誘われ、あっさりOKしてしまった(T_T)五十嵐、大ショックからの撃沈…orz

【ラジエーションハウス第二話 終わり】

ラジエーションハウス 関連記事

ラジエーションハウスの関連記事一覧です。

2019年春ドラマのネタバレ

2019年4月スタート!春ドラマのネタバレ記事一覧。

スポンサーリンク