逃げるは恥だが役に立つの感想。最終回まで。事実婚と契約結婚 (2ページ目)

逃げ恥の原作は連載中!

『逃げるは恥だが役に立つ』は海野つなみさん原作の人気漫画。2012年に「kiss」で連載を開始し、現在も連載中です。コミックスは2016年10月現在で7巻まで発行されています。

連載中漫画のドラマ化ということで、最終回までの展開は全くの不明です。

2015年にはこの漫画が講談社漫画賞・少女部門賞を受賞しているな。

最近連載中のマンガや小説をドラマ化した作品が多いね!とっととネタバレしたい人にはツライ…。

『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみによる日本の漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2012年22号より連載され、同誌は2013年5月号より月刊誌となり、6月号より毎号連載されている。単行本は2016年6月現在既刊7巻。略称は『逃げ恥』。
契約結婚をテーマとし、タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざで各話サブタイトルもことわざである。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/逃げるは恥だが役に立つ

逃げ恥 登場人物紹介

森山みくり2

森山みくり / 新垣結衣

もりやま みくり:大学在学中 就活に失敗し大学院へ進学。臨床心理士の資格を取得するが、またも就職できず。派遣社員として生計を立てるがあえなく派遣切りにあい、現在職探し中。

妄想癖がありたまに壊れる(自分の現状を「徹子の部屋」や「情熱大陸」風に置き換える)。大学時代、交際していた彼氏に「小賢しい」と言われたことが忘れられず、それ以降恋愛に腰が引ける。
津崎家の家事手伝いの職を得て、平匡に「契約としての結婚」を提案する。

みくりの名は植物の「ミクリ」に由来する。

星野源

津崎 平匡 / 星野源

つざき ひらまさ:京都大学卒の秀才。年齢35歳。性格は超真面目で曲がった事が大嫌い。神経質な性格と潔癖症が災いし35年間彼女ナシ!

家事手伝いのみくりから「契約結婚」を提案され、これを承諾。みくりの雇用主となる。他人との距離感を大事にする男。

大谷亮平

風見涼太 / 大谷亮平

かざみ りょうた:平匡の後輩。イケメンでモテモテ、仕事もデキる男。合理的な性格で結婚に意味を見出せず、一人の時間を楽しむタイプ。津崎が結婚したと知り…

石田ゆり子

土屋 百合 / 石田ゆり子

つちや ゆり:みくりの伯母。化粧品会社に勤めている。仕事はデキるが生涯未婚で男性経験ゼロ!みくりの相談相手&飲み友達。おばさんと呼ばれるのが嫌い。

真野恵里菜

田中安恵 / 真野恵里菜

たなか やすえ:元ヤンキーでみくりの親友。一時の母。夫に浮気疑惑があり、実家に帰っている。

森山栃男 / 宇梶剛士

もりやま とちお:みくりの父親。就職が決まらない娘を心配し、平匡の家での家事代行を提案。定年退職後は妻と田舎でスローライフをおくろうと計画している。

森山桜 / 富田靖子

もりやま さくら:みくりの母。夫の栃男と共に熟年バカップルぶりを見せつける。掃除のスペシャリストでみくりに家事の全てを伝授。

沼田頼綱 / 古田新太

ぬまた よりつな:平匡の会社の同僚。平和な性格のオネェ。次のターゲットは平匡…?

日野秀司 / 藤井隆

ひの ひでし:平匡が勤める会社の同僚。二児の父で家族を愛するイクメンパパ。かなりハイテンション!

梅原ナツキ / 成田凌

うめはら なつき:百合の部下。イケメンだが独特の雰囲気を持っている。

以下はネタバレを含む内容なのでご注意下さい。

逃げ恥最終回ネタバレ

逃げるは恥だが役に立つ。原作のストーリー

ヒロイン・森山みくり(25歳)は大学での就活に失敗し、やむなく大学院に進む。しかし大学院を卒業しても就職難により目当ての企業への就職が決まらず、卒業後は派遣社員として働いていた。

しかし派遣切りにより職を失ったみくり。父の紹介で津崎平匡の家で家事手伝いをするという仕事につく。

平匡は36歳独身で彼女もおらず、かなり神経質な男。これまで何人ものホームヘルパーが「大雑把」「馴れ馴れしい」などの理由で彼にクビを言い渡されていた。

新たに家事手伝いに来たみくり。平匡は彼女の「完璧な掃除スキル」「適度な距離感」を気に入り、我が意を得たりと満足する。平匡が体調不良になった時も献身的に看病してくれ、おじやや下着まで買ってきてくれた。平匡は次第に彼女に心を許すようになっていった…。

しかしみくりの両親の定年退職により、地方に引っ越す事がきまったみくり。

『私たち田舎の古民家に引っ越すけど、あなたはどーする?』

みくりはこのままここに残るか、両親とともに地方に行くかを選ぶことに。

悩んだみくりだったが、残留を決意。しかし就職先も決まっていないみくりは生計を立てることが出来ない…。

そこで彼女は「契約結婚」を平匡に提案する。

『就職としての偽装結婚をしませんか?』

戸籍を入れない事実婚という形にし、夫と妻は「雇用主」と「従業員」という関係。給料をもらう代わりに家事の全てをみくりがこなす、という契約内容だった。

平匡はこの提案に賛同し、二人は外見上「夫婦」として生活を始める。

しかし同僚が家に遊びに来た時うっかり寝室をのぞかれ、『この二人本当に夫婦?』と疑われてしまう。

周囲に偽装結婚がバレないように色々と策を練る二人。月に2回は抱き合うという「ハグの日」を決め、周囲にフレッシュな新婚感をアピール。

そして平匡の37歳の誕生日を機に、ふたりは「恋人契約」を結ぶのであった…。

逃げ恥 最終回の結末予想

原作はまだ連載中なので、ドラマ版ではまた違った展開になりそうですね。みくりにとっては収入源になっている平匡との「契約結婚」

みくりは「仕事としての結婚」にかなりこだわりがあり、正式に籍をいれることに抵抗があるんです。

結婚しちゃったらお給料もらえなくなるしね。やることはいつもの「仕事」なのに収入ゼロなんて、なんか損した気分w

おれなんか家にお金いれて、その上で掃除洗濯までしてるからな!少しは見習ってほしいもんだ。

(それは奥さんに使われてるだけ…)

ただ最終的にはみくりと平匡の間に真の愛情が芽生えるという終わり方なのかな、と予想しています。お金で割り切った夫婦関係にどのようなきっかけで愛が生まれるのか?ここがこの『逃げ恥』の見どころだと思います。

同じ契約結婚をテーマにしたドラマ「○○妻」は悶絶悲しい結末だったけど、「逃げ恥」は明るくフィニッシュしてもらいたいね!

こちらもチェック!人気ドラマの最終回のあらすじと感想

月9ドラマ『好きな人がいること』最終回の結末と感想。夏向はニューヨークへ

『せいせいするほど愛してる』感動のラスト!海里と未亜の結婚式!

『世界一難しい恋』最終話のあらすじと感想。零治と美咲がついにキス!

『時をかける少女』未来人ケン・ソゴル、最後は未来へ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました