このメス豚!せいせいするほど愛してる 優香(ゆか)の昼ドラ節が炸裂

●この記事をシェアする

このメス豚

ドラマ『せいせいするほど愛してる』第9話のあらすじと感想です。

前回ついに別れを迎えた海里と未亜。海里は妻と、未亜はジミーチュウ・宮沢と新たな人生を歩み出す決心をしました。

今回はいったん落ち着きを見せた妻・優香(ゆか)が再び大暴れ!泥棒猫に続く新たな名言『このメス豚ぁ!』も誕生します!

未亜は宮沢からのプロポーズを受けたんだよね!すんなり結婚…するはずないか!w

病み妻の存在感がブッチギリすぎて他のキャラがかすんで見えるな!

スポンサーリンク

せいせいするほど愛してる 第九話のあらすじと感想。それぞれの道を歩み始めた未亜と海里だったが…

宮沢(中村蒼)のプロポーズを受け、職場の同僚たちにレストランで祝福される未亜(武井咲)。幸いっぱいの未亜を遠くから海里(タッキー)が見つめていた。

帰宅した海里を妻・優香(ゆか 木南晴夏)がゴキゲンに迎えた。

おかえりなさい♪やっぱり家が良いでしょ?ホテルだと疲れ取れないし!

未亜と別れた海里は優香と一からやり直そうと心に決めていた。

今まで君を傷つけてばかりだった。ゴメンな。

優しい言葉をかける海里に思わず抱きつく優香。

俺達も前を向かないとな?

翌朝、優香と久しぶりにデートをする海里。二人で公園を歩き、焼肉屋で昼食をとった。

しかし海里が席をたった時 会計を済ませようとした優香はあるものを海里の財布から発見してしまう。

それは未亜から返された合鍵だった。

ゴキゲンだった優香の表情がみるみる険しくなっていった…。

修羅場不可避!あの病み妻と仲良くやり直そうなんて無理ゲーすぎるw

短い平和だったな。

海里も無防備過ぎましたね…。あの合鍵は封筒に入っていたのですが、その封筒にはアルファベットでMIAの文字が…。LINEを見せろとか平気で言う奥さんなんだから、財布の中にも気を使うべきでしたね。

結婚の報告をするため母の元へ向かう宮沢と未亜

結婚の報告をするため、宮沢とともに実家に向かう未亜。

焦らなくてええんよ。

こういうのは早いほうが良いんです。

海里の事は吹っ切れたハズの未亜だったが、ラジオから流れてきたザ・ブルーハーツの『キスして欲しい』の曲を聴き彼を思い出してしまった。

車を止め海を見る二人。未亜の手をとる宮沢。

好きやで、未亜。

キスをしようとする宮沢だったが、目を閉じた未亜の表情を見て笑ってしまう。

何やねんその顔w中学生のファーストキスか!

結局キスはしなかった二人。

イタタタ!腹痛くなってきた!お母さんに会うのまた今度にしよ!

その日は母に会わず帰宅。宮沢は未亜の気持ちがまだ海里にあることを見抜いていた…。

この二人、まだキスもしてないの?よくプロポーズOKしたよね?

楽しみは最後までとっておくタイプだな。

未亜がプロポーズを受けてくれた時はテンションMAXで喜んだ宮沢ですが、未亜の本当の気持ちに気付いているようですね。彼女はまだ海里を忘れていないようです。

未亜の気持ちを考えて、強引に自分のモノにしない所が宮沢の良いところ!

ノリの軽い紳士って感じだな!

妻・優香が未亜に損害賠償請求!

ティファニーを退社することが決まった未亜。職場でお別れの挨拶をする。

いままでお世話になりました!

そこへ弁護士を連れて現れた優香!大声で未亜に詰め寄る。

皆さん、この女は私の夫と不倫しました!

職場は騒然となり、未亜と優香は社長室へ。優香は弁護士を通し、未亜を訴え慰謝料を請求する事を告げる。

訴えるのは栗原(未亜)だけか?

社長の問いにうなずく優香。

私と海里は前に進みたいの。ケジメが必要なの!

不気味な笑顔を浮かべる優香。その時社長が思わぬことを口にした。

私が責任をとって退任する。それでおさめてくれないか?

頭を下げる社長。しかし優香の気は変わらなかった。

皆が退室したあと、向井部長が社長を抱きしめる。

『私がなんとかします…。』

慰謝料請求とか追い込みが激しすぎるw精神破綻するわ!

将来は騒音おばさん化しそうだな。

未亜のせっかくの退社日を台無しにしてくれましたね。それにしても気になるのが社長と向井部長の関係!どうやら二人はただならぬ仲っぽいです。

向井部長も以前から未亜の不倫に理解を示すような言動がありましたしね。

社長と副社長がどっちも不倫中とか会社的にヤバくね?ティファニーのイメージダダ下がりしそうだけど!

プライベートには干渉しない大らかな社風をアピールしたいんじゃないか?

(大らか過ぎますけど!)

宮沢と未亜の別れ

帰宅した未亜に宮沢から電話が。二人は喫茶店で会うことに。

いま結婚したら宮沢さんに迷惑がかかります。だから…

未亜を守れればそれでええ。俺の事は心配するな。

宮沢の優しい言葉を受けた未亜だったが、その表情は浮かないまま…。

未亜が心配してるのは、俺の事じゃないだろ?

言葉につまる未亜。

結婚はやめよう。俺は三好さんを忘れさす道具じゃない!

店を出た宮沢を追う未亜。

未亜は三好さんの幸せしか考えてない。一瞬でも俺を見て欲しかった…。

未亜をまっすぐ見つめる宮沢。

最後に聞く。世界で誰よりも俺が好きって言えるか?

沈黙の後、未亜はこう答えた。

…ごめんなさい。

宮沢は未亜の指からプレゼントした指輪を外す。

この指輪は未亜には似合わへん。…さよなら

涙を流す未亜を後に、宮沢はその場を去った。

しゃーないわ…。幸せにな、未亜…。

宮沢は一度も振り返らず、一人でそう呟いた。

あーあ、別れちゃった!

早かったな!

別れた後、必死に歯を食いしばって歩く宮沢の表情が印象的でしたね。あんなに好きだった未亜を諦める事がどれだけ辛い事だったのかをもの語っていました。

しばらく『まいどー♪』とか言え無さそう…。

宮沢はこの後一人でカラオケに行くパターンだな!『風になりたい』とか歌ってそうだ。

島唄じゃね?w

(なぜBOOM!?)

ブチ切れ優香が部屋を荒らす!

突撃!会社訪問!を終えた優香は自宅で海里を待つ。帰宅した彼に

お帰り♪会社クビになった?

とあっけらかんと聞く。

こんなことをして…記憶が戻ったら後悔するぞ!

すると優香の表情が豹変!

記憶 記憶 記憶 きおく…!いい加減にしてよ!!

優香は手当たりしだい物をぶん投げ、部屋をめちゃくちゃにする。

勘弁してくれよ…。そんな表情で暴れる妻を見つめる海里だった…。

翌朝 家に来た姉・遥香は荒れ果てた部屋を見て驚く。

どうしたのこれ…?それに裁判なんて…。海里の立場はどうなるの?

優香は笑いながらこう告げた。

私の目的は海里のそばにいること。私達、愛し合ってるの♪

笑顔で『会社クビになった?』とか聞く優香がダークサイドすぎるw

遥香もドン引きしてたな!

遥香は三好家の財産を狙っているので、海里がティファニーをクビになると困るんですよね。

以前は妹の優香を操っていた感がありましたが、今は妹の暴走を止められなくて焦っているようです。

自我が目覚めたスカイネット状態だな!

向井副部長が優香を闇討ちしそうな予感w 社長のためにティファニーを守りますって!

男・宮沢。海里を殴る!

同じ朝、宮沢から呼びだされた海里。

ちょっと一発殴らせてもらっていいですか?

と言うなり海里をぶん殴った。そして胸ぐらを掴んでこう言った。

彼女を守れるのはアンタだけだ!未亜を幸せにすると約束しろ!

海里は真剣な表情でこう答えた。

約束する。

宮沢 男前すぎるw アツい!

海里がノックアウトされなくてよかったな!アゴにクリーンヒットしてたら足ガクガクになってたぞ。

未亜の幸せを願う宮沢の想いが伝わるシーンでしたね。海里の覚悟をどうしても確認したかったんだと思います。

まぁ海里もこの状況じゃ『約束は出来ない!だって優香トンデモヤベーもん!』とは言えないしねw

トンデモヤベーもんって日本語か?

(知りません!!)

じょいふる からの逃避行!

せいせいするほど愛してる じょいふる

未亜が一人カラオケに行っているという情報を得た海里はJOYSOUNDへ向かう。未亜を見つけた海里。彼女はノリノリでいきものがかりの『じょいふる』を歌い狂っていた。

今日は皆さんありがとー!イエーイ!!

目の前に観客がいるかのようなライブ感全開で吉岡聖恵になりきる未亜。衝撃のシーンを目の当たりにした海里は爆笑!

海里に気付いた未亜はビックリ!

な、なんでこんな所に!?

まだ笑いが止まらない海里。

凄いもん見たw久々に笑った!

あれは特別バージョンです!

照れまくりで言い訳する未亜だったが、突然彼女から笑顔が消える。

私…宮沢さんにフラれました。

沈黙が続く…。海里は未亜と過ごした過去を思い出していた。

ふいに立ち上がった海里。

…全部捨てて、二人で逃げようか。栗原と一緒なら何も怖くない。

考えこむ未亜。

ゴメン、今のは忘れてくれ!

前言撤回する海里に未亜はこう言った。

副社長となら…怖くないです。

二人はお互いの手を取り、カラオケボックスの廊下を駆け出した…。

エアギター見られたリベンジを果たせたな!ここぞとばかりにイジってたぞ!

ジョイサウンドの通路をあんなドラマチックに駆け抜ける人間見たことないわw

まぁ久々に楽しい時間を二人で過ごせたことは良かったのでは?二人が揃って笑顔になるシーンなんて最近全く無かったですし。

で、結局 優香から逃げるってことね?

懸命だな。狂犬病の犬が目の前にいたら誰だって逃げるだろ。

ただ、そう簡単に逃げられたら苦労しません。このあと海里を想う優香の執念が二人を追い詰めることになります。

《2ページ目:このメス豚!ゆかの昼ドラ節が炸裂!→》

コメントや感想、持論、溢れる想いなどお気軽に♪

  1. 匿名 より:

    なんで松平健だけ絵がリアル?ww

    • ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      インパクトあるお顔を表現したかったんで…(笑)

2017年01月18日 06時17分