花火大会にバーベキュー!月9ドラマ『好きな人がいること』第4話のあらすじと感想

●この記事をシェアする

桜木部員

月9ドラマ『好きな人がいること』第4話のあらすじと感想です。今回は美咲(桐谷美玲)が超絶イケメン長男・千秋(三浦翔平)を花火大会に誘うため奮闘!さらに次男・夏向(山崎賢人)のアツい名言も炸裂します!

千秋は楓(菜々緒)と別れて未練もないみたいだから、美咲にとっては今がチャンス!

マギー助手

大原櫻子演じる謎の美少女も気になるな。あの透明感がたまらん!

部長

スポンサーリンク

レストラン『Sea sons』にやって来た楓が宣戦布告!

『おはよーございます』

レストラン『Sea Sons』に出勤した美咲だったが、千秋や夏向の姿がない。兄弟たちは朝食を買いに行きがてら釣りをしていた。

美咲が仕込みをしてると(菜々緒)が店にやって来た。二人の間に気まずい空気が流れる。

美咲は以前楓に千秋が好きだという自分の想いを打ち明け、同じく千秋に想いを寄せる楓に『ライバル宣言』をしていた。

『この間は失礼な事言ってすいませんでした。』

しかし楓は敵対心むき出しでこう答えた。

『ホントは悪いなんて思ってないくせに。私も美咲ちゃんと一緒。千秋を好きな気持は誰にも負けないから。千秋は渡さない。』

そう言うと店を出た楓。外で夏向(山崎賢人)に会った。千秋と連絡をとれるようお願いする楓だったが

『あんたが兄貴と別れた後何をしていたか知ってる。二度と兄貴に近づくな。』

と、夏向は冷たく言い放った。

出勤前に釣りとか、若いのにどんだけスローライフ送ってんのこの兄弟w

マギー助手

俺なんか毎朝満員電車に揺られて痴漢容疑と戦ってるというのに!

部長

桜木部員

楓(菜々緒)もまだ千秋の事は諦めて無いようですね。前回美咲が宣戦布告したように、今回は楓がやり返しました。女の戦いは一見静かですが、鬼気迫るものを感じますね^^;

クールな菜々緒が登場するだけで部屋の温度が2度くらい下がる気がするw

マギー助手

夏向(かなた)のセリフも気になるな?楓の過去に何か秘密がありそうだ!

部長

江ノ島花火大会に千秋を誘いたい美咲だったが…

後輩の石川(阿部純子)に電話をし、恋の相談をする美咲。

石川『告白するべき。ひと夏の片思いで終わっていいんですか?』

千秋に告白したい気持ちに拍車がかかった美咲は、来週行われる江ノ島花火大会に千秋を誘う事を決意。しかし給料明細を届けに来た千秋に花火大会の事を言おうとするが、なかなか言い出せない。

『あの…はな…はな…鼻高いですね!

テンパりすぎた美咲は結局 花火大会に誘えず、全く関係ない事を言ってしまう。

『あの…今度釣りに行く時誘ってくれませんか?』

前回は水族館で不法侵入してた千秋だから、花火大会でも何かやらかすかもねw

マギー助手

そろそろ指名手配されそうだな!

部長

桜木部員

(それはない!)

それにしても千秋は美咲の気持ちに全然気付いてないんですかね…?あれだけ好き好きオーラ出てるのに^^;もうモテすぎて当たり前の感覚になってるのかな…?

バーベキュー大会を開催!

サーフショップ『LEG END』の経営者・日村(浜野謙太)の提案でバーベキュー大会を開くことに。山に行けば普段言えないことも言えてしまうという日村の言葉に聞き入る美咲。千秋を花火大会に誘うチャンスだと考えた。

くじ引きの結果美咲と夏向がレンタカーで一緒に行くことに。

『最悪!』

と文句を言う美咲に夏向は無表情で答えた。

『ボケっとするな。カーナビくらいセットしろ。』

夏向と二人きりになって会話に困る思ったが、結構盛り上げってたな。

部長

夏向のブレないオラオラ節にシビれるw

マギー助手

桜木部員

花火大会にバーベキューなんて、リア充全開で羨ましいです。僕なんて休日出勤のオンパレードですよ!

桜木は我が社期待のホープだからな!

部長

ついでにもっと残業も頑張れ!!

マギー助手

桜木部員

(あなたたちがサボってるから僕が大変なんですけど!)

ボートで魚釣り!

キャンプ場に着き、それぞれが支度をする。美咲は食事当番である夏向のサポートをすることに。

千秋は美咲を釣りにさそい、二人でボートに乗る。花火大会に誘おうとタイミングを伺う美咲に、千秋が思わぬことを口にした。

『これからもずっとSea Sonsでデザートを作ってくれないか?正式にうちの店のパティシエになってほしい。』

千秋の突然の言葉に動揺する美咲。その時魚が竿にかかり、ボートが揺れた。倒れこむ美咲を受け止める千秋。そして笑顔でこう言った。

『返事はすぐじゃなくていいよ。』

ボートの上で立つと危ないぞ。

部長

あからさまな胸キュンシーンでイラッときたわw

マギー助手

桜木部員

正式なパティシエになってくれという千秋の言葉はかなり嬉しかったようですね。美咲も『千秋さんとずっと一緒にいられる!』って思ったのでしょう。

しかしこの幸せな瞬間はあのクールビューティーの登場により一気に崩れ去ります。

キャンプ場に楓がやって来た!

バーベキュー会場に突然 がやって来た。千秋と連絡がつかなかったため、楓は日村にお願いしてこの場所を聞いたようだ。二人きりになった千秋と楓。

『ちゃんと話がしたいの。自分でも勝手なのは分かってる。でもこの2年、千秋を忘れられなかった。』

復縁を迫る楓だったが、千秋は冷たくこう言った。

『ボストン留学は嘘なんだろ。楓が六本木のクラブで働いている所を見た奴がいる。どうして嘘付いたんだ。』

『違う…!』

『言い訳なんて聞きたくない!もう二度と姿を見せないでくれ!』

千秋の強い口調に動揺する楓。

『美咲ちゃんが好きなの?』

『美咲の事は大切に思ってる。Sea Sonsのスタッフとして。』

その言葉を偶然聞いてしまいショックを受ける美咲。

楓は一人、キャンプ場を後にした。

菜々緒の威圧感がハンパないな。おしっこちびりそうになったぞ!

部長

留学って嘘だったんだ?六本木のクラブで働いてた理由はなんなの?お金?

マギー助手

桜木部員

うーん、理由についてはまだ明らかになっていませんね。ただ当時付き合っていた千秋に言えない位の重要な理由があったのでしょう。

整形費用稼ぐためじゃないか?

部長

整形が必要なのは部長だよw

マギー助手

《2ページ目:美咲がついに千秋を誘う。しかし夏向が『行くな!』→》