時をかける少女 第3話 文化祭はロミオとジュリエットで爆笑!…からの吾郎ちゃん残念!

●この記事をシェアする

時をかける少女 感想

ドラマ『時をかける少女』第3話のあらすじと感想です。

前回は未来人・翔平(菊池風磨)に不意打ちキスをくらった未羽(黒島結菜)。さらに翔平は未羽に想いを寄せる幼なじみ・吾郎(竹内涼真)に宣戦布告!3人の関係は一体どうなってしまうのでしょう?

今回の第3話では文化祭で披露する演劇『ロミオとジュリエット』を成功させるため、未羽たちが奮闘!そしてついに翔平が未羽に…!

お好み焼き屋『りぼん』のマスターの秘密も明らかになるね!これはまさかの展開だった!

翔平の助手・ゾーイが可愛いんだよな。結構タイプ!

スポンサーリンク

『時をかける少女』第3話のあらすじと感想。ゾーイが未羽のクラスにやってきた!

翔平にファーストキスを奪われた未羽。タイムリープで時間を戻し無かったことにしようとも考えたが、たとえ時間を戻しても未羽の記憶からは消えない…。悶々とする未羽とは逆に翔平はかなりのんき

翔平『タイムリープしないって事は、あのキスは嫌じゃなかったってこと。ますます未羽の事好きになったw』

そんなことを考えていた翔平だったが、教室に入ってきた一人の生徒を見て驚いた。それは翔平の後輩で、同じく未来からやってきたゾーイ(吉本実憂)だった。

ゾーイは教室に入るなり生徒全員の記憶を塗り替える。未羽や吾郎もゾーイが元々クラスメートだったかのように何の疑問も持たない。

翔平『何やってんの?』

ツッコむ翔平にゾーイは笑顔で答える。

ゾーイ『先輩の言ったとおり、この時代を楽しむの!』

翔平が学校の事楽しそうに喋ってるの見て、ゾーイも行きたくなっちゃったんだねw

それにしても未来人の名前ってなんでカタカナなんだ?翔平も本名はケン・ソゴルだし。気になって夜も眠れないぞ!

(あんまり深く考えない方が…)

いきなり現れたゾーイに翔平もビックリしていましたね。彼女の本当の狙いは何なんでしょう…?単に楽しみたいだけなのか、それとも…?

高校最後の文化祭でロミオとジュリエットを披露することに!

未羽たち三年生にとって最後の文化祭の開催日が迫る。しかしクラスの皆は全く乗り気じゃない。結局未羽のクラスは文化祭で出し物をしない事が決定。

文化祭当日、他のクラスが歌やダンスを披露するのを見て、未羽たちは『やっぱりやりたい!』と思い直す。タイムリープで過去に行き、クラスメートを説得する。なかなか賛同を得られない未羽だったが、吾郎の一声で皆やる気に!

吾郎の人気ぶりにヤキモチを焼く未羽。

未羽『どんだけ人望あるんだよ、このバカ好青年!』

未羽のクラスは『ロミオとジュリエット』を演じることに決定した。

吾郎がこんなに人気あるとは知らなかったな!

さわやか短髪男はモテるんだよwしかも名前がゴローとか可愛がられる要素満載じゃんw

(名前は関係ある…?)

未羽たちは『ロミオとジュリエット』の練習にとりかかります。ロミオ役は吾郎、ジュリエット役はまさかのゾーイに決定!しかしこの後ゾーイがとんでもない事になってしまいます!

ゾーイのジュリエットが下手過ぎてクラス中から非難の嵐!

文化祭前日。未羽のクラスは『ロミオとジュリエット』の通し稽古を行った。しかしジュリエット役のゾーイに問題がありすぎてクラス中からダメ出しをくらう。

ゾーイ『私だって猛練習したのに…。力が無いのに出しゃばってすいませんでした。』

落ち込むゾーイだったが、本番はもう明日。クラスメイトの長谷(平岡拓真)が

『ジュリエットが男だったら面白いのにな。でも本番は明日だしもう無理だ』

と呟く。

その言葉に未羽があるアイデアを思いつく。翔平と吾郎を連れてタイムリープした未羽は、『ロミオとジュリエット』の配役ミーティングまで時間を遡る。そしてジュリエット役を翔平、ゾーイを背景作りに割り当てる。

ゾーイのセリフがめっちゃ棒読みで笑ったw普段はフツーに喋れるのに演技だとカタコトになるんだねw

翔平も時々変なイントネーションになるけどな!第一話でかき氷のこと『カキ コオリ』って言ってたぞ。

ゾーイは演技が苦手のようですね。

でも一生懸命練習していた事を考えると、ちょっと可哀想…。結局ジュリエットは翔平、ロミオは吾郎が演じる事になりました。

お好み焼き屋『りぼん』のマスターがまさかの未来人!?

文化祭に向け熱の入りまくった練習を重ねる翔平。そこに意外な客が訪ねてきた。未羽たち行きつけのお好み焼き屋『りぼん』のマスター・三浦(高橋克実)だった。

三浦『未羽ちゃんの事は諦めろ。君はこの時代の人間じゃないだろ?』

なぜか翔平の正体を知っている三浦。さらに驚きの事実を語る。

三浦『俺も君と同じ未来から来たんだ。いいか、違う時代に生まれた人間を好きになってはいけない!』

まさかの告白と忠告に動揺する翔平だった…。

超びっくりなんだけど!翔平とゾーイ以外に未来人がいたなんて。しかもなんでお好み焼き屋やってんのw

顔的にはもろ昭和の人なんだけどな。

三浦には一緒に店を切り盛りする女性・由梨がいますよね。

彼女は正式な奥さんではなく、内縁の妻だそうです。息子の圭太も由梨の連れ子なので、三浦とは血のつながりがありません。

なぜこの3人が現代で一緒に暮らしているのか?ちょっと謎ですね…。由梨や圭太も洗脳されてるんでしょうか…??

《2ページ目:文化祭当日。翔平が未羽に告白!吾郎大ピンチ!!→》