青木さやかと小野ゆり子がゲスト。奥様は取り扱い注意 第3話

●この記事をシェアする

奥様は取り扱い注意 第3話

『奥様は取り扱い注意』第3話のストーリーと感想です。

今回のゲストは小野ゆり子さんと青木さやかさん。いじめられ主婦とボス主婦のトラブルを解決すべく、最強主婦・菜美(綾瀬はるか)が立ち上がります。

今回こそ菜美の苦戦に期待w今まで余裕で勝ち過ぎ

青木さやかじゃなくて北斗晶クラスを連れてくればよかったんじゃ。

スポンサーリンク

奥様は取り扱い注意 第3話の感想。ゲストは青木さやかと小野ゆり子

奥様は取り扱い注意 第3話(10/18放送)のストーリーと感想です。

映画館に来た菜美(綾瀬はるか)、京子(本田翼)、優里(広末涼子)の3人。菜美がトイレに行くと、カツアゲされてる高校生を発見。

『悪いことはやめてお家に帰りなさい。』

と注意すると、不良たちが逆ギレ!『ババァは引っ込んでろ!』と禁句を発言。菜美のお仕置きタイムが始まり、不良たちはズタボロにされた。

その様子を影で見ていた一人の女性…。格闘シーンを撮影していた。

今回は珍しく冒頭からお仕置きタイムがありましたね。

カルチャースクール行ったり映画行ったり、ちゃんと主婦業してるのか不安になる。

第3話の菜美宅での夕食がビックリするくらい小さい鮭だったな。

スポンサーリンク

小野ゆり子『ケンカの仕方を教えて下さい!』

この女性は菜美を尾行。しかしあっさり尾行がバレてしまった。清水理沙(小野ゆり子)と名乗った女性は菜美にケンカの仕方を教えてほしいと言う。理沙は町内のボス主婦・貴子(青木さやか)にイジメを受けており、どうしても強くなりたいと菜美に指導を懇願。

『しばらく考えさせて』という菜美。後日、理沙がゴミの分別で嫌がらせを受けているシーンを目撃し、理沙を指導することを決意。『教えるけど、ぜったいにケンカはしないで』と条件を付けた。

第3話の1人目のゲストは小野ゆり子さん。今回はイジメを受けてる主婦という役です。ちなみに小野ゆり子さんのリアル夫は俳優の大森南朋さん。ドラマ『コウノドリ』でおなじみですね。

ボス主婦役は青木さやかか。顔が怖かったな。

公園にいた菜美の事を不審者扱いしてたけど、あの主婦軍団のほうがよっぽど怪しいw

菜美の厳しいトレーニングがスタート

理沙のトレーニングが始まった。しかし70メートル走っただけで『心が折れる音が聞こえた(T_T)』という理沙。腕立ても一回も出来ない…。はやくも挫折感ありありの理沙だったが、菜美は厳しくトレーニングを続けた。

数日後、理沙は見違えるような成長を遂げた。最近菜美にかまってもらえない京子と優里もトレーニングに参加。菜美も体が引き締まり、夫の勇輝(西島秀俊)から『ちょっと引き締まった?』とジロジロ見られた。

腕立てシーン笑ったww

数だけカウントして一回も出来ていないという。

このドラマに向けて6月から格闘トレーニングをして来た綾瀬はるかさん。トレーニングウェア姿もアスリートのようでしたね。

青木さやか演じるボス主婦は元女子プロレスラー!

菜美がスーパーで買い物をしていると、理沙をイジメているボス主婦・貴子(青木さやか)が近づいてきた。

『私に勝てるとでも思ってるの?』と凄む貴子。実は元女子プロレスラーだという。しかし菜美は動じず、完全シカトでその場を去っていった。

『ドコ見てんのよ!?』に期待してたんだが…。

青木さやかの真の敵は『間違いない!』の長井秀和じゃね?

菜美が只者じゃないと一見で見抜いた貴子もスゴイですね…。

孤立するボス主婦

公園では貴子軍団(貴子と家来の主婦たち)が理沙をどうイジメるかの作戦会議をしていた。すると家来の主婦2人が『もうやめた方がいい。理沙さんは悪くない』と口答えし、軍団を抜けてしまった。

その後も貴子のやり方に賛同出来ない家来たちが次々と軍団を抜ける。抜けた主婦たちは菜美たちと一緒にトレーニングを始め、気がつくと貴子は完全に孤立状態になっていた。

実は貴子の家庭は問題を抱えており、夫とは別居状態。そして久々に帰ってきた夫は離婚届を渡し、出ていってしまった。

ドラマでも干される青木さやか…

実際は『とと姉ちゃん』や『ゆとりですがなにか?』とかけっこうドラマ出演も多いけどな。舞台も頑張ってるみたいだし。

ちなみに青木さやかさんは2012年に元ダンサーだった夫と離婚が成立しています。

たまには心が折れてもいいんだよ…

翌日、暴走した貴子はゴキゲンな鼻歌を歌いながら自転車に乗る理沙を待ち伏せ、突き飛ばした。理沙は腕を骨折する大けがを負う。駆けつけた菜美たちに『不注意で転んじゃって…』と本当の事を言わない。

『憎しみの連鎖に巻き込まれたくない。こらえる。』という理沙だったが、『たまには(心が)折れてもいいんだよ』という菜美の言葉に涙を流した。

死んでもおかしくないレベル

鼻歌のボリュームデカすぎだろ。

ちなみにドラマでは大きく見える青木さやかさんですが、身長は165cm。理沙役の小野ゆり子さんのほうが2cm高いです。

青木さやかVS綾瀬はるか

貴子(青木さやか)の家に来た菜美。『ちょっと顔貸してくれる?』と言い公園に連れ出した。

『なにか辛いことがあるんでしょ?私が助けてあげる。』という菜美に襲いかかる貴子。しかし最強主婦・菜美に全く歯が立たない。貴子は夫とのストレスを菜美にぶつけながら何度も菜美に飛びかかる。しかし菜美が貴子の腕を取り、勝負はついた。

『狭い場所でボスを気取っても行き着く先は誰もいない荒野。…私もそうだった。』と過去の経験を交えて話す菜美。そして

『自分の弱さを認めて、皆の力を借りて生きていけばいい。』とアドバイス。貴子は涙を流した。

元女子プロレスラーに向かって『あなたは私が出会った相手で一番弱い』とかどんだけ

さすが幼稚園児からボスだった菜美。

ケンカが弱いというよりも、虚勢を張る貴子の『メンタルが弱い』と言いたかったのだと思いますよ。

ボス主婦との和解。そして今夜も…♥

後日、理沙が帰宅すると家の前で貴子が待っていた。身構える理沙だったが、貴子は腕を骨折している理沙のかわりに買い物袋を持ってくれた。

『…本当にごめなさい』と謝罪する貴子に理沙は笑顔を見せた。2人はこの後 親友になったそうだ。

家で夕食の支度をする菜美。しかし夫の勇輝が『夕食は後にしない?』と言い菜美の腰に手を回す。

『私のホントの秘密を知ったら、もっと燃えてくれるだろうか…?』

そして今夜も2人は甘~い夜を過ごすのだった…。

【奥様は取り扱い注意 第3話 終】

第3話はちょっとジーンと来るいい話でしたね。これで理沙も子供と思う存分公園で遊べます。

『最近引き締まった?』って勇輝が意味ありげな目線送ってたけど『ただのエロ目線』だったのねw

何か裏がありそうとか噂されてる勇輝だが、ただのエロ亭主に思えてきた…。

【奥様は取扱い注意 第3話評価】
胸キュン度
★☆☆☆☆
スカッと度
★★★★★
 衝撃度 
★★☆☆☆
 爆笑度 
★☆☆☆☆
 感動度 
★★★★★

総評:青木さやかの髪型が攻めすぎてた。

奥様は取り扱い注意 次回予告

『奥様は取り扱い注意』第4話(10/25放送)の予告動画です。

奥様は取扱い注意 第4話の感想

奥様は取り扱い注意 第4話のあらすじと感想。

スポンサーリンク