【リコカツ】白洲迅が演じるカリスマ恋愛小説家に振り回される咲!第4話ネタバレあらすじ

ドラマ『リコカツ』第4話のストーリーをご紹介します。※ネタバレあり

ファッション誌編集部から文芸部に異動となった(北川景子)。担当することになったクセ強めのカリスマ小説家・水無月連(白洲迅)にイキナリ振り回されます。

名前がすでにカリスマの人ですね。

闇濃いめの自衛官女子・一ノ瀬も油断ならん…。

前回までのあらすじ

交際ゼロ日で結婚した自衛官・緒原紘一(永山瑛太)とファッション誌編集者の(北川景子)。二人は価値観の違いから挙式の翌日に大ゲンカをヤラカシ、お互い離婚に合意してしまう。

気マズイ夫婦生活を続ける二人だったが、心の底ではお互いを想う気持ちは消えていない。離婚活動をしながら復縁の道を模索中という奇妙な展開に…!

そんな中、紘一の両親、さらに咲の両親も離婚危機にあることが判明し…!?

スポンサーリンク

リコカツ第4話ネタバレ感想。咲が白洲迅演じるカリスマ恋愛小説家の担当に!

リコカツ第4話の白洲迅

リコカツ第4話(2021年5月7日放送)あらすじネタバレと感想。

▼ここから▼

物語は前回の続きから。母が家出した件で父に責められる紘一(永山瑛太)。見かねた(北川景子)が紘一をフォローし、二人の距離は縮まったかに思えた。

しかし…!

二人が帰宅すると、家の中に咲の元カレ・青山貴也(高橋光臣)の姿が…!弁護士の貴也は行き違いにより咲の母・美土里の離婚手続きを担当する事になったらしく、母とともに家にお邪魔していたのだ。

これが発端となり、紘一は咲と貴也の復縁を疑い始めることに…!

翌朝、出社した咲は編集部のデスクを片付け、異動先の文芸部へ(第3話で異動辞令を受けていた)。

咲はカリスマ恋愛小説家・水無月連(白洲迅)の担当を任されることになった。

カリスマ水無月の家に挨拶に出向いた咲。彼とは初対面ではなく、つい先日 編集部で会っていたことを思い出す(第3話)。

水無月はそーとーな俺サマさんで『次に来るときブルゴーニュのビンテージワインと甘くないジェリービーンズ、それと真っ赤な彼岸花を持ってきて』と無理難題を咲にリクエスト。

後日、咲はこれらをなんとか入手し、再び水無月の家へ。咲を信用したのか、水無月は構想中の小説へのアドバイスを求めてきた。

カリスマと恋愛談義をしていると、咲に紘一とやり直したい気持ちが芽生えはじめる。『私たち…やり直せるかも?』

ダッシュで紘一の待つ家に戻った咲ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ復縁を口にしようとしたが、紘一がこのマンションを売る気マンマンだと知りショックを受ける。

紘一はさらに署名済みの離婚届を渡してきた。ますます落ち込む咲…(T_T)

咲の母・美土里の誕生パーティーが咲たちの家で開催されることに。

咲は母と別居中の父を訪ね『誕生会に来てほしい』とお願い。母が本気で離婚を考えていることを伝えるも、父は『大丈夫だよ♪』と軽くスルーしてしまう。

このままでは両親は離婚してしまう…不安いっぱいになる咲。

母の誕生パーティー当日。咲の元カレ・貴也(高橋光臣)や紘一の自衛官仲間たちも出席し、わいのわいのと盛り上がる。

ヽ(゚ー゚*ヽ)ヽ(*゚ー゚*)ワイノワイノ

パーティーの最中、紘一に想いを寄せる自衛官・一ノ瀬純(田辺桃子)が無断で寝室に侵入。

咲が声をかけると、一ノ瀬は『奥さんは緒原隊員(紘一)のために万全を尽くしてますか?』と失礼すぎる質問をブチかましてきた。

返答できずうろたえる咲…。

ここで咲の父が花束を持って登場。しかし母は花束を突き返し、あろうことか『私たち離婚しまーす』と皆に発表!

母が本気だと知った父はショックのまま帰路につく。後を追った咲は泣き崩れる父と遭遇した…。

夜、帰宅した咲は両親の離婚を止められないことに号泣。『戻る家が無くなるって寂しい…(泣)』。紘一は泣きじゃくる咲に『離婚はやめよう。君を一人にしたくない』とハグ。

からの米津玄師。一生分泣く咲(T_T)

ここからエンドロール。箱根旅館に住み込みで働いていた紘一の母・薫(宮崎美子)が実家に帰還。ビックリの父!

咲の母・美土里(三石琴乃)は乳がん検査の結果なる書類を意味深に見つめる。

元カレ・貴也はかばんの中に見覚えの無い封筒を発見。中には紘一が荒々しく署名した離婚届が…!(終)

貴也のカバンに離婚届を忍ばせたのは自衛官女子の一ノ瀬(田辺桃子)…?誕生パーティーの時に侵入した寝室でゲットしたのかも…?

この人やることがギリギリアウトな事ばっかし…。

咲ママさんが乳がん検査を受けていたようで心配ですね…。

第4話レビューいろいろ

  • 紘一のヘリウムガスに笑い死に(爆)撮影現場のスタッフたちも笑いこらえるのに大変だった事でしょう。
  • 体調不良で降板された佐野史郎さんのご回復をお祈り申し上げます。代役でスクランブル出演を果たした平田満さんに違和感ナシ。溢れ出る哀愁&悲壮感はさすが。
  • 紘一が家を売ろうとしてた不動産屋の名称、サンチー不動産に期待したけどさすがに無かった笑(家売るオンナは日テレ)
  • トップ俳優である北川景子さんの全力の涙を見て魂揺さぶられた。咲と同様、仕事に手を抜かないその姿に。
スポンサーリンク

水無月連を演じる白洲迅さん

ドラマ『リコカツ』でカリスマ恋愛小説家・水無月連を演じる白洲迅さんのプロフィール情報をご紹介します。

本名:佐々木 迅
生年月日:1992年11月1日(28歳)
出身地:青森県
身長:178 cm
血液型:A型
事務所:キューブ

略歴:高校在学中の2010年、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのベスト30に残ったことを機に芸能界入り。2011年、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』でデビュー。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/白洲迅

主な出演作:『押忍!!ふんどし部!』『おわらないものがたり』『愛してたって、秘密はある』『明日の約束』『僕らは恋がヘタすぎる』『僕はまだ君を愛さないことができる』他多数。

参考:https://www.cubeinc.co.jp/archives/artist/shirasujin

【リコカツ】白洲迅の口パクのセリフ内容は?第9話ネタバレあらすじ。
「リコカツ」第9話ネタバレあらすじ感想。白洲迅が演じる水無月先生の口パクが話題に。なんて言っていた?...

リコカツ 次回のあらすじ

リコカツ第5話のあらすじをご紹介♪

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、離婚はせずにもう一度最初からやり直そうと心を新たにする。

その夜、紘一の母・薫(宮崎美子)が自宅に戻って来たと正(酒向芳)から連絡が入る。二人が駆け付けると、薫は旅館で働いた給与明細を正に見せ、正式に離婚を迫る。

一方、紘一は咲の母・美土里(三石琴乃)から離婚宣告されて落ち込んでいた武史(平田満)を心配し、咲の実家へと向かう。するとそこには武史の浮気相手と思われる里奈(中田クルミ)の姿が。

さらに美土里から離婚届を託された貴也(高橋光臣)もやって来て、紘一、武史、貴也、里奈の4人はすき焼きを囲むことに…。

リコカツ 関連記事

ドラマ『リコカツ』関連記事一覧です。

【リコカツ】筑前煮女のお宅訪問!煮物を手に紘一の家へ。第7話ネタバレ感想
「リコカツ」第7話ネタバレとストーリー、感想など。田辺桃子が演じる”筑前煮女”こと一ノ瀬純が煮物を持...
スポンサーリンク

【この記事のカテゴリー】

リコカツ
\シェアありがとうございます! /
スポンサーリンク

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/rikokatsu-ep4-sirasujin/

【タイトル】

【リコカツ】白洲迅が演じるカリスマ恋愛小説家に振り回される咲!第4話ネタバレあらすじ
※タイトルはご自由に♪
【著者プロフィール】
【この記事を書いた人】
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在ドラマ『真犯人フラグ』にドハマリ中♪

ヒトコトマニア | ドラマのあらすじ、ネタバレ