【リコカツ】紘一(永山瑛太)のステキな言葉と優しいウソ。第8話ネタバレ感想。

リコカツ最終回のレビューを更新しました。ページ下のリンクよりどうぞ♪

『リコカツ』第8話あらすじと感想です。※ネタバレあり

『咲は俺がもらう』と紘一に宣言したカリスマ小説家・水無月連(白洲迅)。今回ついに咲に交際を迫ります。

咲の幸せを願う紘一は、優しいウソで咲に別れを告げることに…!

今回の紘一は『お茶吹きマーライオン化』『あやしい探偵化』などお笑い面でガンバっていた。

筑前煮自衛官こと一ノ瀬さんがガッツリふられててお気の毒さまでした…。

スポンサーリンク

リコカツ 第8話ネタバレ感想。再婚に向け動き出す二人。紘一の素敵な言葉と優しい嘘

リコカツ第8話ネタバレ

リコカツ第8話(2021年6月4日放送)ストーリーとネタバレ感想。

▼ここから▼

『水口咲は俺がもらう。』と紘一に宣言した水無月連(白洲迅)。

紘一は『あなたは咲さんに相応しくない』と反論したが、『じゃあ誰が相応しいの?』と聞く水無月に何も言い返せなかった。

その頃、咲の元カレ・青山貴也(高橋光臣)も『俺とやり直そう、結婚を前提に』と咲に復縁アピール!

しかし直後、離婚したばかりの咲には時期尚早と考えた青山は、『君が落ち着いたら改めて言うよ』とオトナの対応を見せた。

リコカツ第8話:筑前煮女子・一ノ瀬が土下座謝罪

咲は自衛官女子・一ノ瀬順(田辺桃子)の訪問をうけ、かつて咲にした数々の事件(山中置き去り事件や紘一との離婚強要など)を涙の土下座謝罪

『生まれてはじめて人を好きになって…それが紘一さんだったんですぅ!』

いきなり土下座とかされて戸惑う咲…。

後日、カリスマ水無月(白洲迅)は咲を”秘密の場所”と称するビルの屋上に連れていく。『嫌なことがあった時ここから街を見下すんだ』

新たな小説執筆に取り組めたのは咲のおかげだという水無月。『俺はアンタのために書きたい』と愛の告白とも取れるセリフを言い放った。

紘一がマーライオン化

咲の元カレ・青山貴也(高橋光臣)は紘一に会い『咲にやり直そうって言った』と報告。驚いた紘一はマーライオンのごとくお茶を吐き出す(笑)

紘一(永山瑛太)の七変化はまだ終わらない。今度は青山の人柄を探るため、サングラス&サファリハットという怪しいファッションで尾行を開始。

その結果、このナイスガイが咲の再婚相手にふさわしい男だと認めた。

デイト楽しんでください

紘一(永山瑛太)は咲と青山をデートさせるためレストランを予約。何も知らずに現れた咲と青山は店員から謎の巻物を受け取った。

巻物には『デイト楽しんで下さい』という紘一からのメッセージが…!『デイト!?』とハモる二人(笑)

リコカツ デイト

食事中、青山は『紘一さんの話を聞きたい』と咲にリクエスト。『いつもケンカばかりだった』とグチる咲を、青山はこう諭した。

『ケンカするのは真剣だったからだよ』

水無月が咲に交際を迫る

翌日、咲は水無月(白洲迅)のマンションで仕事のミーティング。水無月は『もしこの小説を書き終わった時あんたが誰とも付き合ってなかったら、俺と付き合う』と提案してきた。

離婚した咲の母・美土里が咲に再婚を勧めてきた。『咲は自分の幸せを考えて。親が死んであなた一人だと心配だわ』

一方の紘一も離婚した父から『お前はまだ若い。一人は寂しいぞ。俺みたいになるな』と再婚を勧められる。

一ノ瀬の恋を応援する咲。紘一の答えは…?

咲(北川景子)は自衛隊基地に出向き、紘一に想いを寄せる自衛官・一ノ瀬(田辺桃子)と面談。

『もし結婚したら仕事はどうする?』と聞く咲に『夫のために辞める』と答えた一ノ瀬。彼女がまだ紘一を想っていることを悟った咲は『私たちはもう離婚済みだし、気にしないで』と一ノ瀬の恋を応援した。

紘一も咲の元カレ・青山貴也(高橋光臣)と面談し、『咲さんの理想の相手はあなた。彼女をよろしくお願いします』と頭を下げた。

その後、紘一は一ノ瀬を神社に呼び出し『あなたとお付き合いはできません』とキッパリ宣言。

動揺する一ノ瀬を残しダッシュで去っていったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

紘一(永山瑛太)のステキな言葉

紘一は咲のマンションへ。青山との『デイト』を無理やりセッティングしたことを謝罪したあと、咲にこう告げた。

『自分と君を例えるなら太陽と天王星。近くにあると爆発だ。つまり…君にはいつも穏やかでいられる相手が一番なんだ。例えるなら”陽だまり”のような…そういう場所を見つけてほしい。』

咲は『素敵だね』と言ったあとこう続ける。

『あなたにとって一ノ瀬さんが”陽だまり”なの?彼女はマジメで不器用で…あなたに似てる。結婚したら仕事も辞めるって言ってたし…』

紘一(永山瑛太)の優しいウソ

自分が一ノ瀬とくっつけば、咲も青山と再婚してくれるかも…。そう考えた紘一は咲にウソを言ってしまう。『彼女と付き合うことにした。』

咲は動揺を隠し『よかったね…』と祝福。二人はお互い『ありがとう』と言って別れた。

帰路につく紘一を咲が追いかけてきた。咲は『わたし…貴也とやり直す』と宣言。今度は紘一が『良かった…』と祝福。

咲が帰ったあと、紘一は窓に映る自分に向かい『お前、ウソついたな…!』と涙の激昂(T_T)

咲の決意

咲はその足で青山貴也の元へ。『私たちもう一度…』と復縁を口にしようとするが、どうしても言えなかった。『ごめん…』

咲はある決意を青山に伝える。『私、誰とも結婚しない。』

【リコカツ 第8話 終】

紘一が咲についた優しいウソ…。家訓にある『言行に恥づるなかりしか(嘘やごまかしは無かったか)』を破ってまでも咲の幸せを願っていたのですね…。

”思いの言語化”が苦手な紘一さんから『天王星爆発』とか出てきてあ”あ”あ”って思ってたら次に『陽だまりのような場所を見つけて』とか歌詞レベルのフレーズ来て有終の美でした。

一ノ瀬筑前煮にとって紘一は初恋だったのか。なら山中置き去り凍死殺人未遂事件くらい許され……いやムリ。

リコカツ 次回のストーリー

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、互いの幸せを願うあまり本音を隠して再び別れた。

そして咲は、紘一との思い出が詰まった共有名義のマンションを売ることを決意。貴也(高橋光臣)にマンション売却の一切を委ね、依頼を受けた貴也は水戸の緒原家に紘一を訪ねる。

ある日、武史(平田満)に呼び出された紘一は、武史が美土里(三石琴乃)をだまして大金を奪った立川(中山麻聖)をやり込めようと作戦を練っていることを知る。立川に対面した二人は、美土里が必死に隠していたある事実を知ることに…。

咲が担当するカリスマ恋愛小説家・水無月連(白洲迅)の小説が完成間近に。結末は咲と紘一次第だと言う連は、強がる咲の本心を見抜く。

それぞれが大切な人に伝えたい、本当の想いとは…。

リコカツ TBS公式

【リコカツ】白洲迅の口パクのセリフ内容は?第9話ネタバレあらすじ。
「リコカツ」第9話ネタバレあらすじ感想。白洲迅が演じる水無月先生の口パクが話題に。なんて言っていた?...

リコカツ 関連記事

【リコカツ】最終回ネタバレ感想。山田幸男って誰!?結末でついに二人はキス?
「リコカツ」最終回のストーリーと感想※ネタバレあり。ついに咲と紘一がキス?白洲迅が演じる水無月先生の...

こちらもチェック♪2021年最新ドラマ

スポンサーリンク

【この記事のカテゴリー】

ネタバレ-あらすじ リコカツ
\シェアありがとうございます! /
スポンサーリンク

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/rikokatsu-nagayamaeita-lie-serif/

【タイトル】

【リコカツ】紘一(永山瑛太)のステキな言葉と優しいウソ。第8話ネタバレ感想。
※タイトルはご自由に♪
【著者プロフィール】
【この記事を書いた人】
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在ドラマ『真犯人フラグ』にドハマリ中♪

ヒトコトマニア | ドラマのあらすじ、ネタバレ