セカムズの感想(1話~最終回)全10話 ドラマ『世界一難しい恋』 (4ページ目)

世界一難しい恋の感想 レビュー

『世界一難しい恋』第四話の感想です。

前回は柴山美咲(波瑠)から『新入社員と社長の恋愛なんて気持ち悪い!』とショッキングな一言を聴いてしまった鮫島零治(大野智)。心傷の零治は一人山にこもってしまいました。

そこに現れたライバルの和田社長(北村一輝)。自らを社内恋愛のエキスパートと謳う和田を『師匠!』と助言を求める零治。果たして零治の恋は成就するのでしょうか…?

和田を信用していいのかまだ不安w

今回は一体どんな作戦で美咲をゲットする気なんだ?

スポンサーリンク

セカムズ第四話 舞子が零治を慕う理由が明らかに!

第四話は零治の秘書を勤める村沖舞子(小池栄子)の過去のストーリーから始まりました。

舞子がなぜ零治を全力でサポートするのか?その理由が明らかになりましたね。

舞子は高校卒業後 零治の父が経営する『鮫島旅館』に就職。仲居として働く。

鮫島旅館の経営が不振となり、イギリスでホテルの経営を学んでいた零治を急遽呼び戻す。

旅館の経営は順調にのびたが、舞子の職場不倫が発覚し、辞職に追いつめられる。

再就職の宛がない舞子を零治が『俺の秘書をやらないか』と誘う。

舞子を救ってくれた零治に恩返しがしたいとずっと思っていた。

一見カタそうな舞子も人間味ある意外な過去があったんだな。なんか好きになりそうだ。

だから零治には幸せになって貰いたいんだね。

セカムズを初めて見た時波瑠のライバルは舞子になるのかな~って思っていましたが、全然違ってました。

舞子はホントに零治を全力で応援してるんですね!

和田の恋愛大作成①!美咲に好きな色を聞け!

第3話でステイゴールドホテルの和田社長が零治に恋愛成就の秘訣を伝授!その教えの第一は美咲に好きな色を聞け、というものだった。

『好きな色はなんだ?』

と聞く零治に『緑色です。』と答える美咲。

実はこの質問自体に意味はなく、美咲に『なぜこんな質問をしてきたんだろう…?』と考えさせるのが目的。

翌日『きのうの質問の意味はなんですか?』と零治に聞く美咲。

和田にその事を報告すると

『脈ありだ。』と答えた。

和田の教え通りの展開にめっちゃ嬉しそうだった零治w可愛すぎる!

俺が女子社員にそんな質問したら『はぁ?』って言われそうだ。

はぁ?何て言わないよ。ひたすらシカトだよw

和田社長の作戦①は大成功だったようです。

零治も『和田の脈あり判定 陽性がでたぞ!』とガッツポーズしてましたね!舞子も石神(杉本哲太)も喜んでいました。

この件をきっかけに零治は和田社長をすっかり信用することになりました。

和田の恋愛大作成②!美咲と二人きりで出張。車は小型車にしろ!

6番目となる鮫島ホテルズ着工に向けフレンチレストランの料理長を探していた零治たち。第一候補に上がった田中シェフ(宇梶剛士)を引き抜くため零治と美咲は二人で静岡に向かう。

『車は小型車で行け。大型高級車は使うなよ。社長が小さくて可愛い車に乗っているというギャップ、社長が私のために運転してくれている、そして狭い空間が親近感をわかせる。』

という和田社長のアドバイスどおり零治はミニクーパーを用意し美咲とともに現地に旅だった。

車内恋愛のエキスパートと言ってる割には結構王道で責めさせるな。

そういえばあのミニクーパーのナンバーが【3298】だったよねw誰もツッコまなかったけど。

零治も美咲と二人になってかなり緊張してましたね。

仕事は強気な零治ですが、恋愛は本当に苦手で見てるこっちも歯がゆくなりますね。

和田の恋愛大作成③!童心に帰れ!

『夕陽がキレイな砂浜に行け。海は固くなった心を柔らかくする。童心に帰り、見たまんまを口にする。大きな声で!』

和田のアドバイス通り途中海によった零治。見たまんまを口にしろという和田のアドバイス通り

『海は…青い!』

『空も…青いな!』

『好きな食べ物はなんだ?』

と童心に帰りすぎたセリフを連発。美咲も最初は戸惑いながらも次第に笑顔に…。

『(零治の投稿が掲載された)キノコの雑誌見ました。ステキな趣味だと思います。』

という美咲に零治はテンションMAX!海に入り

『ぬるい!』

と嬉しそうに連発。

もう爆笑過ぎるシーンだったねw『海は…青い』ってw

美咲は松前漬けが好きって言ってたな。それを聞いた零治は『ませてる!』だと。

和田社長のアドバイスは順調のようですね。

このあと零治と美咲は田中シェフを引きぬくため二人っきりでディナーを食べに行きます。お酒が入った零治が口にした言葉とは…?

和田の恋愛大作成④!告白しろ!

『ドライブや海の効果で美咲の心は完全にスポンジ状態だ。柔らかくなった心に愛のことばを染み込ませろ。告白するんだ!』

田中シェフが勤めるホテルでディナーをともにする美咲たち。緊張をほぐそうとワインをガブガブ飲む零治。『この料理好きです』と言う美咲に零治はついに告白!

『俺も好きだ。料理も…ワインも…そして目の前の…』

ついに告白!って思ったら『目の前の…花瓶も好きだ』だってw絶妙のタイミングだったのに!

零治のシリアスな表情に美咲もちょっとドキッとしてたけど、結局告白は出来なかったな。

『私もこの花瓶良いと思ってたんですよ』とのんきに答える美咲でしたが、

零治は不甲斐なさにショックを隠しきれません。その後田中シェフと交渉したのは美咲一人。そしてこの交渉は失敗に終わります。

帰り際和田のアドバイス通りバラの花束を用意していた零治ですが、結局渡すことは出来ませんでした。こうして二人っきりの出張は消化不良のまま幕を閉じました。

美咲を諦めた零治!仕事に生きることを宣言!

『何十人もの人間にクビを宣告してきた俺がなぜ『好き』の二文字を言えなんだ。』と落胆する零治。秘書の舞子と運転手の石神にこう話す。

『自分の気持ちを知られるのが怖い。10歳も年下の新入社員にフラれるのが怖い』

『村沖(舞子)、石神。今日まで協力してくれてありがとう。でも俺はもう疲れた。不甲斐ない自分と向き合うことに。』

『俺は決めた 今日からメダカとキノコにだけ愛を注いで生きていく。これで思う存分仕事に専念出来る』

あ~あ、諦めちゃった!なんか可哀想…。

零治の中では社長という身分が恋愛の邪魔をしているようだな。かと言って仕事をやめる訳にもいかないし。

零治も言ってたけど和田の作戦で美咲をゲット出来たとしても一生に着なきゃならないしね。結果的に良かったのかもね。

美咲の事を諦めた零治は二人が出会う以前のように仕事一筋に生きようと決心します。

そして一度断られた田中シェフの元に一人向かうのでした。

仕事に目覚めた零治!田中シェフを口説きに一人静岡へ!

美咲の事を諦め、一度引き抜きを断られた田中シェフの元へ再度向かう零治。しかし鮫島ホテルズではなくステイゴールドホテルを選んだ田中シェフは考えを改める気はないという。

本気になった零治は田中シェフにこう告げる。

『この前は二人で3本のワインを開けました。普段1~2杯しか飲まない私が。これは田中さんの料理のちからです。私は本当に好きなものには好きと言えない性格。だから何度も足を運び味わっています。一度食べただけで褒め称えては逆に失礼だからです。』

『私は田中さんの料理を誰よりも愛しています。』

この言葉に心を動かされた田中シェフは、鮫島ホテルズへ赴く事をを固く誓った。

この時の零治は超絶カッコ良かった!

さすが敏腕経営者って感じだな。こと仕事に関しては人の心を操るのが上手い!

なんかこのドラマが始まって初めて零治の実力を見た気がしますね。

さらにカッコいいのは、この契約成立を他の社員に全く自慢しなかったこと。これくらいで浮かれるな、と社員達を無言で戒める姿も良かったですね。

メダカの産卵のため会社に残る零治。そこに美咲が現れ…ついに!

大好きなメダカの産卵が近いため会社に残り見守る零治。そこに残業中の美咲が現れる。

『一緒に見ても良いですか?』

と社長室に入ってきた美咲。零治と並んで水槽を見つめる。やがてメダカが産卵を始めると二人は大興奮!

『ホントに可愛いですね!』

と目を輝かせる美咲に零治は思わずこう告げる。

『お前が好きだ。』

まさかの告白!最初メダカに言ったのかと思った!

言われた美咲もだが、言った零治の方もかなり驚いてたな!

いきなりの展開に顔を見合わせる二人が面白かったですね!

あれだけ綿密な和田社長の計画で告白出来なかったのに、ふと心が緩んだ時にポロッと好きだと言ってしまうのも自然で良かったと思います。

社長と新入社員、さらに10歳歳の差がある美咲と零治。この告白が今後二人にどう影響していくのか?楽しみですね!

スポンサーリンク

セカムズ第4話の感想 まとめ

いかがでしたか?第四話は和田社長の恋愛作戦、豪腕零治の仕事っぷり、そしていきなりの告白とかなり見どころが満載でしたね。

ラストの舞子(小池栄子)と和田社長の会話も気になるな。『俺と付き合って』という和田の狙いは何なんだろう?

和田は零治に田中シェフを横取りされたから仕返ししたくてしょうが無いんじゃない?そのうち美咲にも手を出しそう!

次回は零治と美咲が対立し、なにやら険悪なムードになるようです。

まだまだ波乱がありそうですね!

セカムズ その他の感想

セカムズ 第4話の感想 ← 今ここ

《番号をクリックすると各話の感想に移動します》

スポンサーリンク

『セカムズの感想(1話~最終回)全10話 ドラマ『世界一難しい恋』』へのコメントや考察、感想など

  1. DURAN DURAN より:

    スターウォーズの記事も
    いつも楽しく読まさせてもらって
    ヒトコトマニアさんの着眼点に感動します。
    ドラマの中でやる気の無いダース・ベイダーのテーマに似た曲が流れるのが
    好きです。(*^^*)

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >DURAN DURANさん

      こんな変なブログをいつも読んでくれるなんて…貴重なお時間を費やさせてる感じでなんかすいませんm(_ _)m

      セカムズ面白いですよね!零治がダークサイドとライトサイドの狭間でもがいているようでいつも爆笑ですw
      ベイダーのテーマに似ている曲!言われてみればたしかにw なんか余計に親近感が湧いてきました!