セカムズの感想(1話~最終回)全10話 ドラマ『世界一難しい恋』 (7ページ目)

世界一難しい恋の感想 セカムズ

セカムズ第7話の感想です。

ついに交際がスタートした零治(大野智)と美咲(波瑠)。前回では零治の悲願であったホテル協会のパーティーに美咲を連れて行く事に成功!ライバルの和田社長(北村一輝)の一言でケンカになった二人ですが、『いさなみやすお』のおかげで無事仲直りすることが出来ました。

第7話では零治が初めてのキスに向け奮闘します。

零治のキス顔を想像するだけでウケるw

美咲は真面目でカタそうだからキスするまでが大変そうだな

スポンサーリンク

セカムズ第7話の感想!美咲が零治の家にお泊り!

彼女が初めて家に来る事になり零治は大慌て!

シャンパンや料理を買い込み、いさなみやすおのイラストを壁に飾り、美咲の好きな松前漬けまで用意。浮かれてる零治は

『モデルルームみたい!』

という美咲のほめ言葉に

『モデルルームなんだ』

意味不明な返事。

話も弾み和やかな雰囲気になった二人。そろそろ帰ると言い出した美咲に零治は

『家に泊まって行っていいぞ。俺は庭にテント張って寝袋でねるから』

とお泊りを提案。迷ってる美咲に

『気を使うのはやめにしよう。それがお付き合いの醍醐味だ!』

と意外にもグイグイ誘う。結局泊まっていった美咲の寝顔を見て幸せいっぱいの零治だった。

なんか結構強引に泊まってけって言うから、ヤル気満々なのかと思ったけど何も無かったねw

美咲もあっさり寝ちゃったしな。今時の若いカップルにしては健全だな

何もしなかった零治に、舞子がダメ出し!

美咲と一晩を過ごしたのに何も行動をおこさなかった零治を秘書の舞子(小池栄子)が非難。

『何もしないなんて勇気を出して泊まった美咲に失礼。彼女も覚悟はしてたはず』

舞子の言葉に奮起する零治。

『俺を誰だと思ってる。キスと言ったら鮫島零治だ!』

ついに美咲とキスをする気になった零治。場所は『20代女性が彼氏にキスしてほしい場所第1位』の夜景が見える観覧車に決定!

会社の目の前がテーマパークだからな。観覧車もあるし誘いやすそうだ

偉そうに言ってた零治だけど、自分からキスしたことないらしいw

ちなみに『20代女性が彼氏にキスしてほしい場所TOP3』の第二位は『夕方の浜辺』、

第三位は『彼氏の家』でした。零治が観覧車を選んだのは”仕事も恋愛も目指すは1位!”という理由からでした。

こうして零治のキス作戦が始まりました。果たして上手く行くのでしょうか…?

零治のキス作戦①!夜景の見える観覧車!

社員の三浦(小瀧望)から手に入れた観覧車のチケットを手に、零治は美咲を誘った。

零治『お前の顔から観覧車に乗りたい気持ちがにじみ出ているぞ!』

そして念願の観覧車に乗った二人。初めは向い合って座っていたが、車内から会社の社長室が見えるという美咲の言葉を期に零治は席を移動。美咲と並んで座った。

夜景を見ている美咲に顔を近づける零治。最大のチャンス到来!

…しかし零治は勇気を出せず、キスをすることが出来なかった。

惜しかった!雰囲気も良かったのにね!残念!

零治にとって自分からキスをする事はかなりのハードルのようだな!

結局観覧車でのキスは叶いませんでした。

『もう1回乗ろう!』と誘う零治でしたがあえなく閉園時間。しかしここで諦めない零治!『軽く飲まないか?』と美咲を家に誘います。

零治のキス作戦② 自宅で2回目のお泊り!

観覧車でキスをすることが出来なかった零治は、美咲を家に誘う。

零治『また泊まって行けばいいじゃないか』

零治『朝、家まで送ろうじゃないか』

ちょっと変な日本語ながら、美咲を宿泊させることに成功。

美咲が寝たのを見計らいキスをしようとする。

一方の美咲も寝たふりをしてキスを待っていた。

しかし零治はまたも勇気を出せず、キスをすることが出来なかった…。

なんか歯がゆいね!二人共する気まんまんだったのに!

絶好のチャンスを逃したな!

あとちょっとだったのに残念ですね!

それにしても美咲を家に泊めるまでは強気なのに、いざキスする瞬間になると一気に弱気になる零治が可愛いですねw

舞子が和田社長と恋愛関係に!しかし…

秘書の舞子はステイゴールドホテルの社長・和田と恋愛関係になっていた。零治のライバルである和田との交際は鮫島ホテルズを退職を余儀なくされる。

零治に打ち明けた舞子。反対されるかと思いきや

『別にいい。お前の相手が和田だろうがニシキヘビだろうが知ったことじゃない。プライベートまで口出しする気はない。』

『お前も相手を見つけなきゃ行けない時期。残り物同士ちょうどいい。』

と嫌味を言いながらも交際を許可。舞子をステイゴールドホテルに送り出す決意をする。

後日、和田社長とホテルのバーで飲む舞子。

『先に部屋に行っててくれ。』

と和田はキーを渡す。

しかし舞子は

『やっぱり和田さんとはお付き合い出来ません。私は鮫島を裏切れない。8年前から心に決めていた。大好きなんです。』

と交際を撤回した。

絶対ありえないって思ってたこの二人がまさかの関係になるとは!零治も言っていたが、舞子は危険な匂いのする男に惚れやすいんだな。

昔の交際相手も不倫からだったしねw零治たちの恋愛に比べるとだいぶ大人の世界だねw

気になるのは『舞子は零治に義理があるから和田社長との交際を撤回した』のではなく、

零治に恋愛感情を抱いているからかもしれません。舞子の『大好きなんです。』というセリフはちょっと意味深でしたよね?

なんかまたややこしい展開になりそう…。

零治のキス作戦③ 偶然を装ってキス!

2度のチャンスを逃した零治。運転手の石神に胸の内を打ち明ける。

『好きの二文字の次は、キスの二文字に苦労するのか!』

『本当に好きな人とはキスなんてしなくていい。一緒にいるだけで十分満足』

半ば諦めムードの零治に、石神は冗談まじりでアドバイスする。

石神『ベッドの足でも折れて転がり込んでくれれば…』

しかしこの言葉に零治がひらめく。

『それだ!』

こうして零治の『ベッドの足が折れて隣に寝ている美咲に偶然を装って転がり込みキスをする作戦』が発動した。

いや、絶対おかしいでしょコレ?都合よくベッドの足が折れるわけないじゃんw

だいぶ脱線してきたな!冷静さを見失ってる気がするぞ

二人は木材を購入し、ベッドを一から作り始めます。

紐を引っ張ると片側の足が折りたたみ、傾いたベッドから零治が美咲めがけて転がるという仕組み。

しかもただ転がるだけではなく、美咲の唇にちょうど合わさるよう転がり具合を調整。何度もシュミレーションし、ついに仕掛けが完成しました。

ベッドが完成した直後、美咲から『明日泊まりに行っていいですか?』とタイミングよくメールが来る。

満を持して美咲を迎え入れた零治。そして勝負の夜、美咲が寝たのを見計らい作戦を決行しようとする零治。しかしなかなか紐を引く決意が出来ない。

キスを待っていた美咲は自分から零治にキスをしようとする。と、その時零治が紐を引いてしまい、二人してベッドから転げ落ちる!

零治のキス作戦は不発に終わった…。

いや、こーなるでしょw

気合の入った小細工も無駄になってしまったな。そもそも発想自体がおかしいが

問題はこの後です。

大げんかになった二人はお互いに文句を言い合います。そして、零治が禁断の一言を告げてしまうのです!

深夜の大げんか!零治の一言で美咲は…

零治の細工ベッドキス作戦は失敗し、ベッドから転げ落ちた零治と美咲。キスを避けられたと思った美咲は

『私の事が嫌いなんですか!?』

と零治に激昂する。

『これは逃げるための装置じゃない!石神のドッキリだ!』

と痛い弁明をする零治だったが、美咲の怒りは収まらない。

美咲『嘘つき!意気地なし!こんなに器の小さい人だったなんて、私誤解してました!』

零治『こんなに気の強い女は初めてだ!キスしたいと思わせない君の性格に問題がある!』

おもいっきりケンカになった二人。歯止めの効かなくなった零治は

『お前はクビだ!』

と思わず言ってしまう。我に返った零治だったが、弁解も虚しく美咲は家を出て行ってしまった。

あーあ!言っちゃったよ。権力者の禁断の一言!

ますます器の小ささが際立つな!

零治もクビだといった後 我に返り、発言を撤回しようとしましたが

美咲は聞く耳を持たず家を出て行ってしまいました。前回せっかく仲直りしたのに、またケンカになっちゃいましたね(^_^;)

しかも今回のケンカはそうとう修復が難しそう…。もう『いさなみすやお』は通用しないでしょうね。一体どうなるんでしょう?

スポンサーリンク

セカムズ第7話の感想 まとめ

第七話では結局キスは出来ませんでしたね。

最後はケンカになってしまったし、次回で仲直りしたあとまでキスはお預けになりそうです。

それにしても気の強い美咲とプライドの高い零治、けっこう水と油って感じがしますが、この先大丈夫なんでしょうか…。ちょっと不安ですね(^_^;)

そういえば社員の三浦君も気になるね。まひろちゃんも美咲も脈なしで当分彼女でき無さそう…。イケメンなのに!

舞子は和田社長をフっちゃったけど、まさか零治と付き合う何て事は無いよな…?あの大好き発言が気になる!

次回は美咲が和田社長が経営するステイゴールドホテルに勤めるような展開になるようです。

クビ宣言しちゃった零治がどう美咲を取り戻すのか、気になりますね!

セカムズ その他の感想

セカムズ 第7話の感想← 今ここ

《番号をクリックすると各話の感想に移動します》

スポンサーリンク

『セカムズの感想(1話~最終回)全10話 ドラマ『世界一難しい恋』』へのコメントや考察、感想など

  1. DURAN DURAN より:

    スターウォーズの記事も
    いつも楽しく読まさせてもらって
    ヒトコトマニアさんの着眼点に感動します。
    ドラマの中でやる気の無いダース・ベイダーのテーマに似た曲が流れるのが
    好きです。(*^^*)

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >DURAN DURANさん

      こんな変なブログをいつも読んでくれるなんて…貴重なお時間を費やさせてる感じでなんかすいませんm(_ _)m

      セカムズ面白いですよね!零治がダークサイドとライトサイドの狭間でもがいているようでいつも爆笑ですw
      ベイダーのテーマに似ている曲!言われてみればたしかにw なんか余計に親近感が湧いてきました!