ドラマ 東京タラレバ娘の名言や響いたセリフ。吉高由里子、坂口健太郎など

●この記事をシェアする

東京タラレバ娘の名言

ドラマ『東京タラレバ娘』の名言集です。

吉高由里子さん、大島優子さん、榮倉奈々さん、坂口健太郎さんなどタラレバ娘出演陣が発した「心に響く名台詞」「刺さった言葉」などをご紹介します。

アラサー女子じゃなくてもグサグサくるな、このドラマ。

見終わった後 自分の人生を振り返らずにはいられないw

?タラレバ娘【第4話~7話】の名言

?タラレバ娘【第8話~最終回】の名言

スポンサーリンク

東京タラレバ娘の名言

吉高由里子の名言

『私は贅沢は言わないけど、いい男と出会ってますように!…って出会ってね~(T_T)』

鎌田 倫子(吉高由里子)

東京タラレバ娘 第1話。オリンピック東京開催が決まった年、未来の自分について語っていた三人。しかし現在、思い描いていた未来と全く違う現実を目の当たりにした時の倫子のセリフ。

現実はきびしい

このビジュアルでモテないはずないんだけどな…

榮倉奈々の名セリフ

『とりあえずヤッてみれば?その後のことはまた考えればいいし♪』

山川 香(榮倉奈々)

東京タラレバ娘 第1話。早坂(鈴木亮平)に食事に誘われた倫子。第4出動が発動し『呑んべえ』で作戦会議していたときの香のセリフ。

香の性格が一瞬で分かるセリフw

ヤッた後がさらに面倒くさくなる気もするが…

タラ君とレバちゃん

『30過ぎたら女は愛されるより愛する幸せを選ぶタラ。』

『そうすれば早坂さんとHAPPY チャーンス!』

タラとレバ

タラとレバ初登場シーン。昔フッた早坂(鈴木亮平)をグイグイすすめて来た。

アラサー男女の心理をどこで学んだんだ?この鱈とレバーは?

知らんけど居酒屋で鱈の白子とレバ刺しがバカ売れしてるらしいよw

よし死のう

『よし、死のう!』

鎌田 倫子(吉高由里子)

早坂から告白されると思いきや、マミの恋愛相談をされた倫子。呑んべえで一気飲みをした後に言った言葉。

潔いw

思い残すことありすぎだろ。

キー

『そうやって一生 女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

呑んべえでタラレバ話してた倫子たちにKEY(鍵谷春樹)が言ったセリフ。

初対面女子3人相手にここまで言えるキー君のハートの強さにシビれるw

キレ味すごいな

逃げまーす

『逃げまーす』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

ボロクソに言い過ぎたKEYが店を出るときに言ったセリフ。

言い方が可愛かったw

逃げるは恥じゃない。

タラレバ娘のセリフ

『若い女に鼻の下伸ばしてるおっさんなんてこっちがお断り!』

山川 香(榮倉奈々)

東京タラレバ娘 第1話。『男と飲む!』と相席フレンチに出向いたが年齢の壁にぶち当たり、誰にも相手にされなかった三人。帰りに香が言った負け惜しみのセリフ。

結局いつもどおり3人で飲んでただけだな。

相席フレンチに来てる男ってうんちくウザそう

ちなみに3人が行った相席フレンチレストランは恵比寿の『KICHIRI』です。

実際は相席ではないようですね。

KICHIRI 恵比寿

KICHIRI恵比寿

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-12 キュープラザ恵比寿6F

アクセス:JR山手線 恵比寿駅 西口 徒歩1分、地下鉄日比谷線 恵比寿駅 徒歩3分

坂口健太郎

『いい年した大人は自分で立ち上がれ。もう女の子じゃないんだから、お宅ら。』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

呑んべえの前で転んだ倫子に言ったセリフ。

鬼モードの松岡修造はいってる?

『スキコト』の山崎賢人と話が合いそうだな。

倫子

『このまま私の人生 花も咲かずに終わってたまるか~!!』

鎌田 倫子(吉高由里子)

バッティングセンターでKEYを思い浮かべながらバットを振った倫子のセリフ。

女子3人でバッティングセンターってナンパ目的と勘違いされそうw

この後KEYが置いてったビールをグビグビ呑んでたな。せっかくカロリー減らしたのに。

バッターボックス

『私達はこの人生を続けていくしかない。だったらバッターボックスに立とう』

鎌田 倫子(吉高由里子)

バッティングセンターを出た後ポジティブな気分になった倫子の想い。しかしこの後『とは言え何をしたら良いんだ~!』とちょっと後ろ向きにw

試合に参加することに意義がある。

デッドボール喰らわないようにw

東京タラレバ娘 第2話の名言と響いたセリフ

小雪の言葉

『すれ違いと出会いは似て非なるものだから。』

鳥居 小雪(大島優子)

東京タラレバ娘 第2話。冒頭の回転寿司のシーンで小雪が言った言葉。

悟ってる感すごいw

さすが元・会いにいけるアイドル。

おばさんみたい

『さっとティッシュが出て来るなんておばさんみたい。』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

街で撮影中だったKEYと偶然出会った倫子。春物の撮影で薄着だったKEYはくしゃみを。ティッシュを渡した倫子にKEYが言ったセリフ。

親切を暴言で返す男w

これを見てた世のおばさん達は二度とティッシュ出さなくなるぞ。

平岡祐太

『私は夢追い人を支える女にはなれなかった…』

山川 香(榮倉奈々)

元カレ・鮫島 涼(平岡祐太)と再会した香。二人で同棲していた頃を思い出したあとの言葉。

昔の涼ちゃん見たら不安になってもしょうがないw

今でもかなり危うい感じだけどな。

涼ちゃん

『売れたらヨリ戻したいなんて甘い。』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

東京タラレバ娘 第2話。元カレ・鮫島 涼(平岡祐太)にはすでに新しい彼女がいることが判明。居酒屋『呑んべえ』でグチる香たちにKEYが言ったセリフ。

ってゆーか向こうからグイグイ来られてるんだけどねw

見た目とセリフのギャップがありすぎだろ、この人。

大島優子のドラマの名言

『回転寿司なら取り逃した皿はまた回ってくるけど、現実の男はそうはいかない。』

鳥居 小雪(大島優子)

KEYに『甘い』と言われた後、成功した元カレと別れ後悔する香に小雪が言った言葉。

たまに「何周してんだよこの皿!」ってツッコミたい時あるけどw

このまえ回転寿司で外国人が食い終わった皿をレーンに戻してたぞ。

刺さった言葉

『若い時は平気で捨ててたものが、今となっては手に入らないものだと気付く…』

鎌田 倫子(吉高由里子)

居酒屋『呑んべえ』を出た後、帰り道での倫子の心の声。

グサッと刺さる~w

昔俺を捨てた女達は今頃後悔してるんだろうな

してないですよ

世界は手に入れられないもので溢れてた

『仕事は頑張れば結果が出るって信じてた。でも気付けば世界は手に入らないもので溢れてた…』

鎌田 倫子(吉高由里子)

脚本を進めていた『恋するシーズン』が若い作家に奪われ納得がいかない倫子。しかし自分の実力不足であった事を知り、自己嫌悪に陥ったときの言葉。

悲しい時~!努力が報われない時~!

仕事盗られた、日本死ね。

お前は終わってる

『お前はもう終わってるんだ~!』

タラとレバ

『恋するシーズン』から降ろされ、呑んべえで頭突きをしながら荒れる倫子。タラレバが登場し『女を怠けてたツケが回ってきた』と説教を食らう。泣きそうな倫子にいったトドメの一言。

バルス級の破壊力w

悪いのは何もしなかったお前だ~!と言いたげ

女子会

『女子会って言うよりタラレバ女の井戸端会議だけどねw』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

呑んべえで倫子の後ろの席に座ったKEY。『今日は女子会じゃないんだ?』の後に言ったセリフ。

挨拶代わりの嫌味炸裂w

KEYに欠点が無さすぎて何も言い返せないのがツライな

にしおかすみこ

『こんな女に誰がした!?…って、私だよ!』

鎌田 倫子(吉高由里子)

呑んべえで『恋愛にブランクありすぎて今時の胸キュンなセリフなんて書けない!』とKEYにグチる倫子。自分の人生を嘆きまくった時の言葉。

にしおかすみこっぽいw

胸キュンなセリフも出尽くした感があるけどな。

俺とやってみる

『俺とヤってみる?』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

酔って寝てしまった倫子を家まで送ったKEY。目を覚まし→八つ当たり→自己嫌悪の彼女にKEYが言ったセリフ。

勘違い男がマネするとドン引きされそうだ。

津崎平匡が一番言わなそうなセリフw

鍵谷に言われた事

『この先どうなるかなんて分からない…。でも私たちは進んでいくしかないんだ。時間は巻き戻せないから』

鎌田 倫子(吉高由里子)

東京タラレバ娘 第2話のラスト。KEYにキスされながら倫子が思った言葉。

今を楽しもう(・∀・)イイネ!

そういえばゴムのご用意はあったのか?

東京タラレバ娘 第3話の名言と響いたセリフ

次の一手が分からない

『ずっと女子会ばっかりしてたから、次の一手が分からない』

鎌田 倫子(吉高由里子)

東京タラレバ娘 第3話。鍵谷に抱かれた事を香と小雪に報告した倫子。しかし次にどうしたら良いのか分からず頭を抱えた。

何この「女子会は恋愛廃人を生み出す」みたいな感じw

「ベッドイン その後」でググればいいのでは?

おでん 玉子

『タイプだ!旨いの言い方とか、おでんをいきなり玉子から食べる所とか、超絶タイプ!!』

鳥居 小雪(大島優子)

自転車を倒しジャガイモをぶちまけた小雪。通りかかった丸井 良男(田中圭)と運命的な出会いを!彼を呑んべえでもてなしていた時の小雪の心の声。

いきなり玉子でそこまでテンション上がるか?

喰いつくところがマニアックw

ちなみに「おでんの具 何から食べる?」アンケートでは大根と答える方が多いようです。

理由は「出汁の味が分かるから」だとか。

あきらめないでの意味

『あきらめないでください。』

鳥居 小雪(大島優子)

丸井(田中圭)に誘われ飲みに行った小雪。丸井に好きだと告白されたが、その直後『別居中の妻がいる』と衝撃カミングアウト!正直な気持ちを打ち明け小雪に選択を委ねた時、小雪が言ったセリフ。

すご~く上から言ってる感じがするんだが

「大丈夫、そんなあなたでも私に手届きますよ」的なw

奥さんがいても気にしません、って事では?

KEYのツンデレ

『やっぱ終わってないじゃん』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

東京タラレバ娘 第3話。早川(鈴木亮平)から脚本企画の仕事をもらった倫子は鍵谷と遭遇。以前彼に『もう終わってる』と自分を嘆いた倫子。夢に向って頑張ってる姿を見た鍵谷が彼女に言ったセリフ。

ツンデレキタ━━(゚∀゚)━━!!

鍵谷は役者の仕事もらってさらにナナメ上行ってたけどな

だって人間だもの

『そうだよね。だって人間だもの。』

山川 香(榮倉奈々)

鍵谷がどういう気持ちで抱いたのか分からず悩む倫子。小雪に『ウチの常連さんとそういう事出来る?』と聞かれ全力否定した倫子に香がしみじみと言ったセリフ。

相田みつをw

全力否定は常連さんに失礼すぎるだろ

愛が欲しい

『マシがいくつあったって、たったひとつのアレには敵わないんだ…。残念ながら多分それは愛なんです…』

鎌田 倫子(吉高由里子)

タラとレバに『お前は何が欲しいんだ!』言われた倫子。鍵谷とのことを『イケメンと出会えただけマシ』『平坦な生活に何かあっただけでマシ』と思い込もうとしたが、心の底ではあの時感じたに幸せを感じていた事を認めていた。

愛 最強説が浮上w

なぜか俺も泣けてきた。

俺とあんたは恋愛できない

『俺はあんたとは恋愛できない』

KEY 鍵谷春樹(坂口健太郎)

鍵谷(坂口健太郎)に自分への気持ちを聞いた倫子(吉高由里子)。人の気持ちを聞いてから自分の答えを出そうとする彼女に鍵谷が言った言葉。

ハッキリ言うな~

頭突きタイム突入の予感w

よしたかゆりこの名言

『私達は女子会というぬるま湯につかりすぎて、恋愛という戦場のルールを忘れてしまっていた…』

鎌田 倫子(吉高由里子)

鍵谷の言葉を聞き『愛はどうやったら手に入るんだろう…。もう戦えない…』と自信を失った倫子が思った言葉。

女子会をディスりまくるドラマだな。

恋愛バトルを勉強したいなら『奪い愛、冬』がおすすめw

タラとレバ

『まさか向こうから好きって言ってくるのを待ってるとか?』

『何様タラ』

タラとレバ

『金髪が店に来てる!』と第四出動のLINEを受けた倫子。しかし鍵谷とどう接していいか分からず家を出ようとしない。そんな彼女にタラとレバが言ったセリフ。

弱気を許さないタラレバw

こいつらこそ何様なんだ?

スポンサーリンク

『ドラマ 東京タラレバ娘の名言や響いたセリフ。吉高由里子、坂口健太郎など』へのコメントや考察、感想など

  1. 匿名 より:

    イラスト可愛いくて感動しました?KEYって鍵谷って言うんですね、知らなかった。またおじゃまします★☆彡

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >匿名さん ありがとうございます(^^) 鍵谷って名前かっこいいですよね。坂口健太郎さんの透明感に毎回ヤラれてますw

  2. バカワイン より:

    今回はリアルタイムで観ました。
    積んで崩して、やってる3人に共感できますねー。

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >バカワインさん

      訪問ありがとうございます(^^)積んで崩して…まさにそんな感じですね(笑) 僕も居酒屋いくとタラレバ話ばっかりです( ´Д`)=3このドラマ見るたびにKEY君に怒られてるような…^^;