【真犯人フラグ】ネタバレ考察と結末までのあらすじ解説。犯人の正体とは

【2021年11月28日更新】

第6話の考察&第7話のストーリーを更新しました。

イラスト色々追加しました。

結末考察を更新。

2021年10月10日スタートのドラマ『真犯人フラグ』あらすじと考察、ネタバレ情報のまとめです。

原作・秋元康さん、主演・西島秀俊さんでおくる今季最大の話題作!行方不明となった家族を捜索する夫に疑惑の目が向けられちゃいます。

登場人物みんな容疑者…!視聴者の推理力が試される衝撃のミステリードラマです。

このまま『押入れの中身はHuluで』にならないことを祈る。

【真犯人フラグ ドラマ情報】
放送開始日放送曜日
2021年10月10日毎週日曜
放送時間放送局
夜10時30分~日本テレビ系列
原作脚本
秋元康 高野水登
「あなたの番です」
主題歌放送回数
「seeker」
Novelbright
不明
※2クール連続放送
スポンサーリンク

真犯人フラグはこんなあらすじ※ネタバレあり

真犯人フラグのあらすじをネタバレ

ドラマ『真犯人フラグ』のストーリーをザックリご紹介♪

※ネタバレが含まれます

『愛する家族が突如行方不明に…!』

主人公の相良凌介(西島秀俊)は運送会社に勤務するサラリーマン。趣味は読書で、妻と高校生の娘、小学生の息子とともに平凡ながら幸せな毎日をおくっていた。

運命の10月15日(金)、仕事から帰宅した凌介は、家族が不在なことに不安を覚える。翌朝になっても戻らない妻と子供たち…!書き置きは無く、炊飯ジャーには手つかずのご飯が…!

警察に相談するも『ただの家出』と判断され取り合ってくれない。追い詰められた凌介は友人のススメで週刊誌に記事を載せ、広く情報提供を呼びかけることに。

これがさらなる悲劇へ(T_T)!

凌介はネット上で『家族を殺害した容疑者』にされ大炎上!さらに凌介の周囲で不可解な事件があいつぎ…!?

“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”へ…!愛する家族を取り戻すため、“真犯人”と“世間の目”との闘いが始まる―――!!

参考:真犯人フラグ 日本テレビ公式サイト

真犯人フラグ 原作

ドラマ『真犯人フラグ』は秋元康さん原案のオリジナルストーリーとなっており、原作マンガや小説はありません。

事前ネタバレ無しなので考察で盛り上がりましょ~♪

スポンサーリンク

【原作者・秋元康さんのプロフィール情報】

生年月日:1958年5月2日(63歳)
出身地:東京都目黒区大橋
学歴:中央大学文学部 中退
配偶者:高井麻巳子(元おニャン子クラブ)
身長:167cm
愛称:やすす
事務所:株式会社秋元康事務所

参考:fandom.com「真犯人フラグ」原作は秋元康

【秋元康のドラマ作品一覧】

『マジすか学園シリーズ』『クロユリ団地』『学校の怪談』『愛してたって秘密はある』『あなたの番です』『この初恋はフィクションです』『じゃない方の彼氏』『漂着者』他多数。

ネタばらし…の前に真犯人フラグ登場キャラをサクッと予習

「真犯人フラグ」の登場人物をご紹介します。一部ネタばらしが含まれます。

【相良家】
相良凌介
(西島秀俊)…年齢48歳。亀田運輸カスタマーセンターの課長。横浜市青葉区あおば団地403号室に家族4人で生活。マイホーム建設中。大学時代は文芸サークルに所属し、小説家を目指していた。
相良真帆
(宮沢りえ)…48歳。凌介の妻。スーパーのパート従業員。娘、息子とともに失踪。
相良光莉
(原菜乃華)…16歳。凌介と真帆の娘。高校2年生。
相良篤斗
(小林優仁)…10歳。小学4年生。サッカー教室に通っている。
【亀田運輸関連】
二宮瑞穂
(芳根京子)…28歳。凌介の部下。クレーム対応のエキスパート。凌介の味方。
【団地関連】
菱田朋子
(桜井ユキ)…34歳。凌介の家族と同じ団地に住む。真帆のママ友。職業は整体師。10歳の息子・清明くんを育てるシングルマザー。
【凌介の友人】
河村俊夫
(田中哲司)…50歳。凌介の大学時代からの親友。独身。人気週刊誌「週刊追求」の編集長。
日野渉
(迫田孝也)…48歳。凌介の大学時代からの親友。バー『至上の時』を経営。
【他の重要人物】
橘一星
(佐野勇斗)…23歳。IT企業プロキシマ社長。凌介の娘・光莉の彼氏。
本木陽香
(生駒里奈)…23歳。葬儀会社社員。凌介に近づく謎の女性。

【登場人物の詳細はこちら】

スポンサーリンク

真犯人フラグ 最終話までのストーリーまとめ※ネタバレ・考察

真犯人フラグのストーリーを最終話までネタバレ

ドラマ『真犯人フラグ』のストーリーまとめです(主に重要エピソード)。予習・復習用。

各話の考察はリンクよりどうぞ。

※第1話~最終話まで放送終了後に順次更新予定。

ドラマ第1話(2021年10月10日放送)主なイベントまとめ。

  • 亀田運輸に勤務する相良凌介(西島秀俊)の妻と子供二人が行方不明に。
  • 友人・河村(田中哲司)の勧めでこの件を週刊誌に掲載。しかし事件当日の酒飲みシーンが拡散され凌介は大炎上!
  • ユーチューバーぷろびんが凌介の会社を特定。
  • 凌介宛の荷物が会社に届く。中には息子・篤斗の遺体らしきものが…!

真犯人フラグ 第1話視聴率…8.4%

【真犯人フラグ】第1話の詳細。保温中の炊飯器、駅で話しかけてきた女性、エリンギ王の謎。

第2話のストーリー

真犯人フラグ第2話(2021年10月17日放送)のストーリーをネタバレ。

  • 凌介に届いた冷凍遺体は5年以上冷凍された少年だった(身元は不明)。刑事は『娘の光莉がイジメ加害者で恨みを買われている』と推理。
  • 猫おばさんが謎の白フード人物が公衆電話から出てくるシーンを目撃。
  • 凌介の会社のトラックのドライブレコーダーに事件当日の家族の姿が映っていた。時刻は17時18分。
  • 住愛ホームの林から『建築中のマイホームに来て』と電話を受けた凌介。到着すると、コンクリートの中に娘の光莉のものと思われるローファーを見つけ大・絶・叫!

第2話視聴率…7.2%

【真犯人フラグ】第2話。ローファーのコンクリ漬けに絶叫!橘社長(佐野勇斗)は光莉の彼氏?

第3話のストーリー

真犯人フラグの本木陽香とリンゴ

イラスト『生駒里奈さんとリンゴ』

第3話(2021年10月24日放送)

  • コンクリから出てきたのは23.5cmのローファーだけ。
  • プロキシマ社長・橘が凌介に接触。一年ほど前から光莉と交際していたことをカミングアウトし、捜索に協力することに。
  • YouTuberぷろびんが凌介の文芸サークル誌を入手。凌介が大学時代に書いた『懺悔の旅路』という自著のとおり証拠を隠滅していると考察した。
  • 猫おばさんが深夜に猫さんぽ。シューベルト作のオペラ『魔王』を声高らかに歌い上げる。
  • 光莉のGPSが群馬の山中で反応。現場に向かった凌介、橘、二宮の3人は廃墟となったトンネル内で光莉のスマホを発見。さらに茂みの中に妻・真帆の結婚指輪を発見した。
  • 何者かがラジカセのテープを再生し”お経”を流す。凌介の遺影の前で…!

第3話視聴率…7.3%

【真犯人フラグ】第3話ネタバレ考察。魔王を歌う猫おばちゃん

第4話のストーリー

真犯人フラグ第4話(2021年11月7日放送)のあらすじまとめ。

  • 誹謗中傷を止めるため、凌介が記者会見をひらく。そこで本木陽香(生駒里奈)とのツーショット写真、さらにyoutuberぷろびんが投稿した「冷凍少年動画」が公にされ凌介大ピンチ!
  • 光莉が失踪後に計3回、スマホ電源をONしていた事実が判明(①都内,②橘に「たすけて」のSNS,③群馬)。
  • ローファー事件をリークした「をんぬむ」と、本木陽香の駅画像をリークした「ミシシッピアカミミガメを守る会副会長」が同一人物であることを橘(佐野勇斗)が突き止める。
  • 菱田朋子の息子・清明くんが自宅押入れの中に何かを発見。
  • 凌介の部屋にサッカーボールが蹴り込まれる。

第4話視聴率…7.0%

【真犯人フラグ】第4話ネタバレ考察。押入れの中に何が?サッカーボールの犯人を考察。

第5話のストーリー

真犯人フラグ桜井ユキのコロコロ

『コロコロねーさん※第5話より』

2021年11月14日放送

  • サッカー教室の山田コーチが『篤斗くんは失踪当日、ボールを持ち帰っていた』と証言。直後、山田は激しい動悸に襲われていた。
  • お人良しの凌介に代わり、橘一星と二宮瑞穂が同盟を組んで捜索を進めることに。
  • 猫おばさんはサッカーボール事件の犯人を目撃したらしい。『全身まっ黒の男』とは…?
  • 信号待ちをしていた凌介が何者かに背中を押され車道に。轢かれそうになった所を二宮に救われた。
  • 失踪事件当日のドライブレコーダー画像に2つの不審な点を発見。『真帆が篤斗に車道側を歩かせるわけがない。篤斗が真帆と手をつなぐハズがない』
  • 菱田朋子の部屋に真帆の傘が。

第5話視聴率…6.4%

【真犯人フラグ】第5話。前野朋哉の正体とは?凌介を車道に押した謎の男をネタバレ考察

第6話のストーリー

2021年11月21日放送。

  • 菱田朋子が傘の件を凌介に説明。『フリマアプリで買った』らしいが…?
  • 二宮瑞穂が朋子の働く整体院に潜入捜査。忘れ物を取りに来た朋子と遭遇してしまい、顔バレしてしまった。
  • ぷろびんが『橘一星黒幕説』の動画をUP。炎上する橘だったが、光莉との交際を嘘偽り無く生配信し、炎上は沈静化した。
  • 真帆からまさかのメールを受信した凌介。発信元はまたしても群馬。メールには”しし座流星群の画像”が。
  • 二宮は会社宛ての苦情メールの中に『お探しのものです』と題したメールを発見。メールに添付された動画を見る二宮と凌介。そこには血の染まった部屋で監禁される光莉の姿が…!

第6話の視聴率…6.6%

【真犯人フラグ】第6話ネタバレ感想。「部屋とYシャツと私」を歌う菱田朋子

第7話のストーリー

拘束される光莉(原菜乃華)の動画を見た凌介(西島秀俊)は、すぐさま警察に通報。サイバー捜査班と、一星(佐野勇斗)らプロキシマの一同がほぼ同時に動画解析を始める。その結果、動画撮影された場所として、ある廃墟が特定される。

警察では、光莉の生存は濃厚だが、背景に飛び散っていた大量の血痕が本物の血液であれば、真帆と篤斗(小林優仁)はすでに死亡している可能性が高いという見方が出てくる。動画の送信元が判明し、阿久津がその場所に踏み込み――!

一方、瑞穂は、ぷろびん(柄本時生)の直撃を受ける。ぷろびんは「あんた、炊飯器旦那と不倫してんだろ!?」と、凌介と瑞穂がキス寸前にも見える隠し撮り画像を突き付ける。場所は会社の給湯室。社内の人間の誰かが凌介と瑞穂を陥れようとしていると知り、瑞穂はショックを受ける。

まもなく、凌介と瑞穂の不倫を告発するぷろびんの動画が公開され、瞬く間に拡散。凌介へのバッシングが激しくなるだけでなく、瑞穂もマスコミの標的になってしまう。

そんな中、自宅ポストに投函された嫌がらせのビラの中に、ある怪文書を見つける凌介。それは、冷凍遺体の箱に入っていた『お探しのものです』の文字に酷似していて――!?

出典:真犯人フラグ 第7話

あらすじ詳細と最新の考察はドラマ視聴後にこのページに更新する予定なのでお楽しみに※ブクマ推奨。

スポンサーリンク

真犯人フラグ ネタバレまとめ・考察と解説

真犯人フラグの考察とネタバレ

ドラマ『真犯人フラグ』最新話までの謎と判明した事実、考察まとめ。皆さんの考察の参考にしてください(^^)

※ドラマ視聴後に更新。

※ネタバレが含まれるので未視聴の方はご注意ください。

真犯人フラグ ヴィヨンの妻のキーホルダーの意味をネタバレ解説

真犯人フラグのキーホルダーの意味

凌介の職場のペン立てにかけられていた太宰治著『ヴィヨンの妻』のキーホルダー。この小説は『放蕩の限りを尽くすダメ夫に振り回される悲劇の妻』を描いた物語。

これは凌介がダメ夫である証かも?凌介には隠された闇がある…?

【真犯人フラグ】西島秀俊は二重人格者?凌介の正体と誘拐犯をネタバレ考察

早番、遅番の解説。

スーパーでパートの仕事をしている妻の真帆(宮沢りえ)は、失踪する前日『明日パート遅番だから篤斗のサッカー教室のお迎えよろしくね』と凌介にお願いしていた(第1話)。

しかし翌日の16時12分(失踪当日)、真帆は『雨でサッカー教室中止になったからお迎えしなくていい』と凌介にSNS送信。

家族の失踪後、店長の証言により、真帆は『早番の17時13分』にパートを終えていた事が判明(遅番だと閉店間際の22時頃終了と思われる)。

『遅番⇒早番への突然のシフト変更』があった理由は第6話の時点で謎のままとなっている。

※真帆のメール内容についてご指摘くださったAki様、有難うございます。修正させて頂きましたm(_ _)m

生駒里奈が演じる謎の女性・本木陽香の正体をネタバレ考察

真犯人フラグの生駒里奈

『第3話の本木陽香さま』

家族が消えた10月15日(金)の夜、帰宅途中だった凌介は駅で面識のない女性・本木陽香(生駒里奈)に声をかけられ、意味不明な事を言われていた。

『先生、酔っぱらいを駅に放置なんてひどい』『らっきょう、どうしました?持って帰りました?』

参考:真犯人フラグ デイリースポーツ

真犯人フラグに登場した本木陽香の正体

【ネタバレ】⇒第4話で『ミシシッピアカミミガメを守る会副会長』なるSNSアカウントがこのシーンの撮影画像を拡散。会見中だった凌介が不倫を疑われることに。

【考察】⇒陽香が凌介に話しかけた時、画面手前の謎人物が二人にスマホを向けていた。撮影者も陽香の仲間と思われる。

クレームを入れてきた小幡由実(こばたゆみ)の正体を考察

こばたゆみの正体を考察

凌介の会社にたびたびクレーム電話をしてくる謎女性・小幡由実。お客様IDは【012290】、顧客情報によると年齢は30~40代。

【考察】⇒小幡由実の正体は冷凍少年の母親と予想(第4話で包丁を研いでいた謎の女性と同一人物?)

二宮瑞穂(芳根京子)は小幡について『寂しい思いをしている人』と考察していた。

かがやきの土

第3話では小幡由美から「かがやきの土」なる謎土が二宮宛に送られてきた。

【解決!】真犯人フラグ第1話「世田谷区多田」の謎。

西島秀俊のスマホ地図を考察

第1話で凌介は大学時代からの友人・日野(迫田孝也)がオープンしたバーへ。

バーの住所は『横浜市都筑区多田』。しかし凌介がスマホ検索していたのはなぜか『世田谷区多田』だった。いったいなぜ…!?

真犯人フラグ第1話のスマホ地図

ネタバレ⇒この謎は制作時のミスだったそうです。『世田谷区多田』が正解とのこと。

詳細【真犯人フラグ】バー至上の時の住所は横浜?世田谷?公式サイトがツイートでネタバレ解説

二宮(芳根京子)とぷろびん(柄本時生)の関係

二宮が凌介に渡した企業ロゴ入りのボールペンにより、ユーチューバー【ぷろびん】が凌介の職場を特定させていた。

真犯人フラグで芳根京子が渡したボールペン

【考察】⇒二宮はユーチューバーぷろびん(柄本時生)の信者、もしくはカップルと考察(そうじゃないことを祈ります^^;)。

第4話ではぷろびんが冷凍少年の隠蔽動画をYouTubeにUP。冷凍少年の件は限られた者しか知らないが、その中に二宮も含まれている。※他は凌介、友人の河村、警察、亀田運輸の上司のみ。

二宮は凌介を助けるフリをして、裏でぷろびんの動画再生数稼ぎに協力しているのかもしれない。第5話で橘一星(佐野勇斗)が『誘拐犯捜索の同盟』を二宮と結んでいたが、これも二宮を監視するためだったり…?

橘(佐野勇斗)と光莉(原菜乃華)の関係をネタバレ。

佐野勇斗と原菜乃華の関係

【ネタバレ】⇒橘と光莉(原菜乃華)は一年前に知り合い、交際スタートしていた事が判明(第3話)。橘に『たすけて』のトークを送ったのも光莉だった。

ちなみに光莉が『たすけて』を送信したのは失踪から4日後の10月19日16時07分。

「をんぬむ」の正体は誰?

真犯人フラグをんぬむの正体

第3話でローファー事件をSNSに流出させた「をんぬむ」というアカウントの正体は?

【ネタバレ】⇒「をんぬむ」は、凌介と本木陽香(生駒里奈)の密着写真をSNSに投稿した「ミシシッピアカミミガメを守る会副会長」と同一人物であることが判明している(第4話)。

【考察】⇒「をんぬむ」「ミシシッピ」の正体は本木陽香(生駒里奈)と予想。密着写真に関わっているのは確定しているし、ネットカフェにいた時の姿もかなり小柄で華奢だった。

駅でスマホ撮影したのは陽香の協力者。住愛ホームの林の婚約者・等々力茉莉奈(林田岬優)と予想。

”ある筋”の正体を考察

「をんぬむ=陽香」にローファーの件をリークした『ある筋』について考察。

最初はローファーの件を知る住愛ホームの林だと思っていたが、第5話で林の婚約者・等々力茉莉奈(林田岬優)が登場したことで断然彼女が怪しくなった。

ローファーは誘拐犯の一人である本木陽香から茉莉奈に渡されたもの。相良家の工事中止を願う茉莉奈は、林から基礎コンクリ工事の日程情報を入手し、コンクリが固まる前にローファーを埋めた。

埋めた後で陽香に電話で報告。猫おばちゃんが現場近くの公衆電話で見たのはこの時の茉莉奈。

警察がローファーを掘り返した後「をんぬむ=陽香」が現場に現れ、撮影してSNSに投稿した。

サッカーボールを蹴り込んできた犯人は?

真犯人フラグのサッカーボール

【考察】⇒『黒い服の男が蹴った』ことが判明している。サッカー経験者である住愛ホームの林が怪しい。

清明くんが押入れの中で見たものは?

真犯人フラグの桜井ユキのイラスト

第4話で菱田朋子(桜井ユキ)の息子・清明くんが自宅の押入れを開けてビックリするシーンがあった。

【考察】⇒第6話で朋子が凌介の部屋の合鍵を持っていたことが判明。押し入れには朋子が不法侵入で得た相良家グッズ(真帆や凌介の私物)が入っていると予想。

凌介(西島秀俊)に届いた冷凍少年をネタバレ考察

西島秀俊に届いたダンボールの考察

【ネタバレ】⇒遺体は小学生男児のもので、最低5年間冷凍保存されたものだった。市販されているサッカーユニフォームを着ており、打撲と内蔵損傷が死因。生きていれば15~16歳だという。

【考察】⇒第5話でサッカー教室付近をうろついていた謎の男(前野朋哉)の息子と予想。

死因は交通事故死。サッカー教室近くにある”飛び出し注意の看板”はこの事故が元で立てられた。

飛び出し注意の看板

少年の母親は第4話で登場した”包丁女”かも。

真犯人フラグ:包丁女の正体を考察

真犯人フラグで包丁を研ぐ女性の正体

第4話で初登場した謎の包丁女の正体をとは?

【考察】冷凍少年の母親で、前野朋哉さん演じる謎男の妻。

5年前、包丁女と前野さんの息子は、当時5歳だった篤斗のリフティングミスで起きた交通事故により死亡。第5話の回想シーンにあった『篤斗リフティング上手くなったね』はこの伏線かも。

事故後、精神がおかしくなった包丁女は、息子がいつか生き返ると考えずっと冷凍保存していた。

しかし息子は生き返らず、包丁女は相良家への復讐を開始。

包丁女の夫は前野朋哉さん演じる謎男と予想。妻の復讐を止めようとしている。

第5話で信号待ちしていた凌介を押したのも、襲われそうになった凌介を助けるため。

ちなみに包丁女は第3話で凌介のお葬式を挙げていた人物、第6話の『包丁で指を切った女性』と同一人物(どちらの部屋にも同じ金魚鉢があった)。

アフロディーテの下僕の正体は?

アフロディーテの下僕の正体

真犯人フラグ第5話で判明した、冷凍少年の件をYouTuberぷろびんにリークした「アフロディーテの下僕」というアカウント。

『二宮に片思いしてる人物』と橘が考察していた事から、正体は配送員の望月と予想。

真犯人フラグ:事件発生から最新話までの時系列をネタバレ解説

真犯人フラグの炊飯器を考察

時系列のネタバレ解説はこちらのページに移動しました【真犯人フラグ】これまでの時系列

真犯人フラグ 結末の考察。犯人の正体は誰?

真犯人フラグ結末をネタバレ

↑第1話冒頭のセリフ。いきなり大ヒント?

ドラマ『真犯人フラグ』最新話を見ての結末考察です。犯人候補、動機などをまとめました。

※最新話視聴後にこの場所に修正、追記、書き直しをしています。

※ネタばらしが含まれます。

結末予想:複数犯の場合の考察

  • 犯人は複数おり、それぞれが真帆、光莉、篤斗を別々に誘拐。事件当日、3人は合流していなかった。
  • 誘拐犯たちは『相良家に恨みを持つ集団』。捜査を混乱させるため協力しあっている。
  • 篤斗を誘拐したのは”包丁女”。彼女の息子は5年前、篤斗のせいで亡くなっている(篤斗は当時5歳)。場所はサッカー教室付近にあった”飛び出し注意”看板のところ。死因は交通事故。
  • 第五話の回想シーンで、部屋の中でリフティング練習をしていた篤斗を、家族が『上手になったわね』と褒めていた。つまり昔は下手だったということ。5年前、サッカー教室を見学に来たさい、見よう見まねでリフティングをし、こぼれたボールにより包丁女の息子が交通事故にあってしまったのだ。
  • 包丁女は凌介と同じ団地に住んでいる。第五話で橘が『犯人は相良さんの近くにいる』と考察したとおりに。なんなら凌介の隣の部屋かも。
  • 凌介の葬式を挙げたのも彼女。包丁を研いでいる時に映った金魚鉢は、葬儀シーンで写った金魚鉢と同一っぽかった。
  • “包丁女”の夫は第5話で登場した前野朋哉さん演じる謎の男。妻の犯行を止めようとしている。
  • 真帆と光莉も別の犯人により監禁中。真帆は凌介との仲を嫉妬する菱田朋子(桜井ユキ)、光莉は本木陽香に監禁されていると予想。
  • 群馬で光莉のスマホと真帆の結婚指輪が発見された理由は『家族は同一犯に誘拐され同じ場所に監禁されている』と思わせるための策略。実際は別々に監禁されている。
  • 犯人は包丁女子の他に二宮瑞穂(芳根京子)、本木陽香(生駒里奈)、シングルマザーの菱田朋子(桜井ユキ)&山田コーチ(柿澤勇人)、他多数。それぞれペアを組んでおり、仕事中はもうひとりが見張りにつくなど上手いこと協力しあっている。

犯人がわかるたびに家族が一人ずつ解放されていく、という展開になるのかも。

2クール連続放送ってことで誘拐犯はうじゃうじゃいそうだ。

結末予想:西島秀俊が二重人格の場合

  • 凌介は二重人格者。夢だった小説家になれず、平凡なサラリーマンに堕ちたことによる『理想と現実のギャップ』が別人格をもたらせた。
  • 凌介は『狂気の小説家』の別人格をもつ。この黒凌介は、自分が実際におこした殺人事件を小説にしている。オープニング曲中にある謎の執筆シーンはコレ。真犯人フラグ凌介が二重人格の犯人
  • この小説は”書斎コンテナ”にコレクションしてある。
  • 第1話で本木陽香(生駒里奈)が凌介に駅で話しかけた時『先生』と呼んでいた。まるで小説家の先生を呼ぶように。彼女は以前、小説家人格が降臨中の黒凌介に会っていたのかも。
  • エリンギ王事件の犯人も凌介。『犯人ぽいやつが実は犯人とは限らない』という意味深なセリフはその伏線。
  • 第3話で現状を『パラレルワードにいるみたい』と言っていた凌介。これも二重人格説の伏線と予想。凌介にとって『もうひとりの自分』発動中が現実世界。
  • 凌介は書斎コンテナにいる時に別人格と本来の自分をスイッチしている。
  • 凌介のペン立てに飾ってあった『ヴィヨンの妻のキーホルダー』も、凌介に別の顔があることの伏線。
  • 近所にでる不審者の正体も、別人格降臨中の凌介。
  • 猫おばちゃんは凌介の正体を知っている。第3話で『魔王』を歌っている時『おとーさん、おとーさん♪』の部分を強調していたのは『凌介=悪』の暗示。深夜のお散歩中に黒凌介を見たのかも。
  • 妻たちは自作自演の失踪ではなく、凌介に恨みをもつ集団(被害者遺族)により誘拐されている。
  • 犯人候補は本木陽香(生駒里奈)、ママ友の菱田朋子(桜井ユキ)、凌介に嫉妬してそうな河村&日野の友人コンビが怪しい。みな共犯も考えられる。
  • 真犯人フラグの”フラグ”を『帆』と読み『真帆が犯人』とタイトルに含ませたのは、視聴者をミスリードさせるためのただの匂わせ。真帆は犯人ではない。
  • 物語のラスト、ついに凌介の闇が明かされる。黒凌介が執筆したリアル殺人小説が見つかっちゃうのだ。秋元康さん原作ドラマ『愛してたって秘密はある』と同様、最後の最後で凌介のサイコな二重人格が発覚するオチでフィニッシュ。

なかなかのバッドエンドとなりそうな^^;

建築中のマイホームは完成と同時に売りに出されそうだね。

というのが犯人予想と結末考察になります。別パターンを思いついたらこのページに追記する予定なのでお楽しみに♪

以上『真犯人フラグ』ネタバレ考察&ストーリーまとめをお届けしました。また来週お会いしましょ~☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

真犯人フラグ 見逃し配信&公式SNS情報

ドラマ『真犯人フラグ』の見逃し配信サイトや公式SNSの情報です。

【Hulu】真犯人フラグ 見逃し配信(登録あり)

【日テレ】真犯人フラグ(最新話のみ無料)

【Tver】真犯人フラグ(最新話のみ)

【公式インスタ】真犯人フラグ

【公式ツイッター】真犯人フラグ

【YouTube】真犯人フラグ公式

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事のカテゴリー】

真犯人フラグ
\シェアありがとうございます! /
スポンサーリンク

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/shinhannin-flag-netabare-spoiler-story/

【タイトル】

【真犯人フラグ】ネタバレ考察と結末までのあらすじ解説。犯人の正体とは
※タイトルはご自由に♪
【著者プロフィール】
【この記事を書いた人】
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在ドラマ『真犯人フラグ』にドハマリ中♪

ヒトコトマニア | ドラマのあらすじ、ネタバレ