【シグナル】変わる歴史と過去…被害者が生きている事に!第2話ネタバレと解説

●この記事をシェアする

シグナル第2話ネタバレ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』第2話のあらすじと解説です。※原作ネタバレあり

15年前に発生した綾香ちゃん誘拐事件の時効まであと20分!容疑者を任意同行したものの、なかなか口を割らず、時間は刻一刻と過ぎてゆく…。

健人と桜井は犯人の自供を得るため、ついに強硬手段に出ることに…。

【シグナル 登場人物】
三枝健人
(坂口健太郎)…城西警察署の警察官。交番勤務。
大山剛志
(北村一輝)…城西警察署の刑事。謎の無線で健人と繋がる。
桜井美咲
(吉瀬美智子)…城西警察署の刑事。
山田勉
(木村祐一)…城西警察署の刑事。顔が怖い。
中本慎之助
(渡部篤郎)…警視庁刑事部長。
岩田一夫
(甲本雅裕)…城西警察署の刑事課係長。
加藤亮太
(神尾楓珠)…健人の兄。
北野みどり
(佐久間由衣)…大山行きつけのラーメン屋の娘。

スポンサーリンク

シグナル 第2話のあらすじと解説。

2010年15年前の綾香ちゃん誘拐殺人事件の容疑者・吉本(長谷川京子)を任意同行した城西警察署の捜査員たち。時効まであと20分…。吉本の犯行を裏付ける証拠は無く、逮捕するには自供させるしかなかった。

取調室で吉本と向かい合う強行犯係の桜井美咲(吉瀬美智子)。吉本が誘拐の罪をきせた交際相手・橋本圭介との関係を問うが『橋本?誰ですか?』と吉本はしらを切る。

あきらかに時間稼ぎをしている吉本。すると桜井が揺さぶりをかける。『橋本の首にかかっていたロープからあなたの血痕が見つかりました。』

しかしこれはまだ未確定事項だった。鑑識は現在DNAの照合をしている段階で、ロープに付着していた血痕が吉本の物かは未だ判明していない。桜井はカマをかけたのだ。

これが功を奏し、吉本は明らかに動揺し始めた。別室でこの様子を見ていた三枝健人(坂口健太郎)は『ここからが勝負だ…』とつぶやく。

『もう逃げられないわ。』と詰めに入る桜井。すると吉本が笑い出す。『…証拠は無いんでしょ?だから自白させようとしているw』

時効まであと1分30秒!

時効まであと1分30秒。ここで健人は取調室に入り、『DNAが一致した。』と大ウソをかます!吉本はうつむき、観念するような様子を見せた。しかし…!

顔をあげた吉本は『私は…犯人じゃない。』と否定。そしてついに時効を迎えてしまった…(T_T)

『もう帰っていいかしら?』と勝ち誇る吉本。悔しそうな表情を浮かべる健人と桜井…。

すると科捜研から連絡が!吉本が殺害した交際相手・橋本の着衣からコインパーキングの領収書が見つかったのだ。この領収書は死亡推定時刻とされていた4月11日より一日後の4月12日…。

つまり橋本は4月12日に殺害されたことになり、時効が一日伸びたのだ。

綾香ちゃん誘拐事件は時効を迎えたが、橋本の事件の時効は明日となる。吉本は橋本殺人の容疑で逮捕された。

後日、桜井(吉瀬美智子)は、吉本が拘留されている拘置所を訪れる。吉本と面会すると『この男に見覚えない?』と一枚の写真を見せる。吉本は『知らない』と答えた。

解説:この写真は2000年に行方不明となった桜井の先輩刑事・大山(北村一輝)。桜井は彼に想いを寄せており、長年彼の捜索を続けている。

スポンサーリンク

長期未解決事件捜査班が誕生!

2010年犯人を捕らえたにもかかわらず時効により罰する事が出来なかった綾香ちゃん誘拐事件。これを機に、時効制度の改正案が国会を通過。時効を過ぎた事件でも立件することが可能という新法案が成立した。

警視庁捜査一課では刑事係長の岩田(甲本雅裕)をリーダーとした長期未解決事件捜査班が設立された。初期メンバーは

櫻井美咲(吉瀬美智子)
山田勉(木村祐一)
小島信也(池田鉄洋)

の3人。しかし未解決事件を捜査するということは、警察の失態を調べなおすことにもつながる。警察上層部はこのチームを一時的なものとみなし、世論が納得した後で解散させる意向だった。

健人が再び無線交信。

その頃、城西署の交番勤務である三枝健人(坂口健太郎)は、再び謎の無線と交信。すると通信相手の大山(北村一輝)が

『これが最後の通信になるかもしれません。でも終わりじゃない…。無線はまたつながります。相手は三年前の私です。』

意味が全く分からない健人。すると…。

『過去は変えられます。…諦めないでください…。』

そう言うと、無線の向こうから銃声が聞こえ、大山との通信は途絶えてしまった…。

ネタバレ北村一輝が演じる大山の正体と23時23分の意味

8年後、健人がチームに招集!

8年後の2018年。長期未解決チームのリーダー・岩田(甲本雅裕)は、新たな人員をメンバーに紹介した。それはアメリカでプロファイリング技術を学んだ健人(坂口健太郎)だった。

捜査員4人体制となったチームは、1997年1月27日に発生した城西地区連続殺人事件を捜査することに。この事件の被害者は全て同じ結び方のロープにより手足を縛られ殺害されていた。しかし現場に犯人と繋がる手がかりはなく、20年以上も捜査に進展が見られなかった。

8年ぶりの無線通信

自宅で事件について調べていた健人は、無線機のシグナル音を聞く。時刻は23時23分…。無線が繋がるのは8年ぶりだ。

大山(北村一輝)と交信を始めた健人。しかし大山の様子がおかしい…。彼は健人が誰なのか分かっていない様子だった。

大山は『現在 失踪中の近藤ミカさんを調べています。』と健人に報告。この女性は城西地区連続殺人事件の4番目の犠牲者だった。

健人は被害者の発見現場を伝え、さらに五番目の被害者の発見現場も伝えた。無線はそこで途絶えてしまった…。

その後、1997年の大山は、健人が言っていた場所で近藤ミカの遺体を発見。『あいつは何者…?』と不思議に思った。

解説:大山は今回1997年から通信してきた。前回(第一話)で大山と健人が通信したのは2000年なので、1997年にいる大山はまだ健人の事を知らない。

桜井が渡した『特別な資料』

2018年、健人は城西地区連続殺人事件に関わった刑事を調べ始めた。ここで大山の名を発見し『無線男はこの人なのか…?』と疑う。

20年以上前の事件ということで捜査は難航。すると桜井(吉瀬美智子)がある写真を健人に手渡す。これは警視庁の記録に残されていない、事件当時の現場刑事が入手した『特別な』資料だという。

解説:この写真は事件当時、担当捜査官だった大山が桜井に渡したもの。

健人はこの現場写真を元にプロファイリングを行い、犯人は20代前半(2018年では40代)で、暴力的衝動のある人物だと推理した。

1997年の大山が被害者を救う!そして歴史が変わった…。

1997年、大山は行きつけのらーめん屋で夕食中。店主の娘・北野みどり(佐久間由衣)は『もう二度とクスリはやらない』と大山に約束。どうやら彼女は以前、悪い仲間にそそのかされ警察沙汰になった事があるようだ。

『なんかあったら俺に言えよ』と言い、大山はラーメン屋を後にした。

すると帰り道、大山は健人から無線を通じて伝えられた5番目の被害者の発見場所がこの近くだと思いだす。『まさかな…』と思いつつその場所に向かうと、ブルーシートにくるまれた女性を発見!しかもこの女性はまだ生きていた。慌てて救急車を呼ぶ大山。

2018年。残業していた健人は不思議な現象に目を疑う。桜井から預かった写真に写っていた被害者が、突然消えたのだ!そしてホワイトボードに書かれていた『遺体で発見』という文字が『未遂』に書き換えられた。

なんでやねん!と目をパチパチさせる健人。無線男が最後に言っていた言葉を思い出した。

『過去は変えられます。諦めないで下さい。』

【シグナル 第2話 終】

解説:1997年に大山が発見した女性は5番目の犠牲者になるはずだった中島良子。健人から未来の情報を得た大山がこの女性を救ったことで過去(健人からみた過去)が変わり、写真に写っていた被害者が消え、ホワイトボードの文字も『未遂』に書き換わった。

シグナル 第2話の解説とネタバレ

シグナル 第2話の解説とネタバレです。

  • 1995年に発生した綾香ちゃん誘拐事件は時効を迎えた。犯人の吉本(長谷川京子)は罪を逃れたが、交際相手・橋本を殺害した容疑で逮捕された。
  • この事件を発端に、長期未解決事件捜査班が誕生。チームは20年前に発生した城西地区連続殺人事件の捜査を開始した。
  • 8年後、アメリカでプロファイリング研修を終えた健人(坂口健人)がチームに参加。
  • 健人は1997年にいる大山(北村一輝)と無線でつながり、城西地区事件の5番目の被害者の発見場所を伝える。
  • 現場に向かった大山は被害者を救出。これにより歴史が変わり、事件は『未遂』扱いとなった。
【シグナル】ネタバレと原作のあらすじ結末。無線機男の正体は?
2018年4月スタートのドラマ「シグナル~長期未解決事件捜査班」のネタバレや原作のあらすじ、最終回の結末などをご紹介。韓国で高視聴率を記録した人気ドラマのリメイク。謎の無線機男の正体とは?坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子が共演!ラストのストーリーは…
シグナルの解説。犯人や健人の兄が起こした過去の事件、黒幕など
坂口健太郎さん主演ドラマ『シグナル』の解説です。第1話から最終話まで。原作のネタバレが含まれるのでご注意下さい。北村一輝を襲った犯人、健との兄が起こした事件、背後にいる黒幕など。第1話では無線機を拾った健人が大山刑事と交信し、誘拐事件の手がかりを…
【シグナル】時系列の一覧。タイムラインで見る過去と現在
「シグナル 長期未解決事件捜査班」各エピソードの時系列一覧です。タイムラインで見る過去と現在。1995年田代綾香ちゃんが誘拐される。2000年大山刑事が無線で健人と更新。2010年4月15日真犯人の吉本(長谷川京子)を逮捕。2018年長期未可決事件捜査チームが結成…

スポンサーリンク

『【シグナル】変わる歴史と過去…被害者が生きている事に!第2話ネタバレと解説』へのコメントや考察、感想など

  1. 匿名 より:

    分かりやすくまとめてくれてありがとうございます。次回もお願いしまーす♪♪