シグナル 第7話ネタバレとあらすじ。岩田(甲本雅裕)を襲った犯人は?

『シグナル~長期未解決事件捜査班』第7話のあらすじと解説です。ネタバレが含まれるので未視聴の方はご注意下さい。

【シグナル 前回までのあらすじ】

1998年に発生した連続窃盗事件を捜査する三枝健人(坂口健太郎)。工藤という男を逮捕したが、これは誤認逮捕だった。20年に及ぶ服役を終えた工藤は出所後に復讐を開始。健人の同僚・桜井刑事(吉瀬美智子)が命を落としてしまった(T_T)

連続窃盗事件の真犯人が白石重工社長の長男・智弘である事を突き止めた健人。桜井の死を回避させるため1998年の大山刑事(北村一輝)に『証拠となる盗品を探し出して欲しい』と無線で依頼。健人は工藤と智弘の接点を探るため、刑務所に面会に向かった。

スポンサーリンク

シグナル 岩田係長を襲った犯人は誰?第7話ネタバレ

シグナル第7話ネタバレ。岩田を襲った犯人は誰

『シグナル~長期未解決事件捜査班』第7話のあらすじとネタバレです。

【シグナル 登場人物】
三枝健人
(坂口健太郎)…プロファイラー。城西警察署⇒警視庁長期未解決事件捜査班。
大山剛志
(北村一輝)…城西警察署の刑事。謎の無線で健人と繋がる。
桜井美咲
(吉瀬美智子)…城西警察署⇒警視庁長期未解決事件捜査班。
中本慎之助
(渡部篤郎)…警視庁刑事部長。
岩田一夫
(甲本雅裕)…城西警察署強行犯班長⇒刑事課係長。
加藤亮太
(神尾楓珠)…健人の兄。
工藤雅之
(平田満)…連続窃盗事件で誤認逮捕された男。娘の和美を事故で亡くし、出所後に復讐を開始。

工藤から情報を得た健人

健人への協力を拒む工藤だったが、『あなたは復讐相手を間違えた。真犯人は今も悠々と暮らしています。罪を償わせるべきだ!』という健人の説得に感化され、協力に応じる事に。しかし事件は20年も前の事。健人は工藤の記憶を蘇らすために時間を割いた。

すると工藤は1998年に一度だけ白石家に仕事で行き、その時智弘と揉めた事を思い出す。智弘に突き飛ばされた工藤は郵便受けに指紋を残してしまい、これが誤認逮捕の証拠となってしまったのだった。

【ネタバレ解説】

1998年に起きた連続窃盗事件の容疑者だった工藤。しかし彼の犯行を裏付けるものは郵便受けにあった指紋と、白石智弘の目撃証言だけで証拠としては弱かった。しかし警察はこの事件を早く片付けたいと思い、工藤逮捕を早まってしまったのだった。

大山はヨットから証拠品を発見!

一方 1998年の大山は『被害者たちの息子は皆 同じヨットクラブに通っていた』という健人からの手がかりを受け、港へと向かった。白石家が所有するヨットを調べると怪しげな薬品を発見!のちにこれはコカインであると判明した。

『逮捕令状を取って下さい!』と班長の岩田(甲本雅裕)にお願いする大山。しかし岩田は『指紋も出てないのにそれは無理』と却下してしまった。

大山はその後、白石家の使用人を尾行し、智弘が所有する車を発見。トランクシートの裏側をこじ開けると大量の貴金属が出てきた。

ついに智弘が窃盗事件の犯人である動かぬ証拠を見つけた大山。城西署に智弘を連行し逮捕にこじつけた。

スポンサーリンク

吉瀬美智子が生還(≧∇≦)/

智弘が逮捕された事で歴史が書き換わり、工藤が復讐を起こすという過去が消え去った。これにより桜井(吉瀬美智子)は死を回避し、ふつーに健人の前に現れた♪

『体大丈夫ですか?』

『…風邪で休むのそんなに珍しい?』

どうやら桜井は風邪で休んでいたことになっていたらしい^^;とりあえずホッとした健人は、桜井の快気祝いをしようと提案。強面の同僚・山田(木村祐一)がテンションMAXで喜んだ(≧∇≦)/

居酒屋で乾杯する未解決チーム。健人は大好きなオムライスがメニューにあると知り、ニコニコ顔で注文した♪

【ネタバレ解説 工藤の悲劇!】

窃盗事件で誤認逮捕された工藤は服役後、バス事故で失った娘の復讐を遂げるため爆破事故を起こした。

その後健人たちの奮闘により窃盗事件の真犯人・白石智弘が逮捕。しかし過去が変わったのは工藤の娘が死亡して以降のことで、娘は生き返らなかった。釈放された工藤は、娘の事故で逆怨みしていた矢部という男を殺害。再び逮捕され2008年に獄中で病死した。

謎のフロッピーディスク

大山は智弘から押収した盗品の中から謎のフロッピーディスクを見つける。パソコンで読み込むと、衆議院議員・野沢義男の不正収賄に関するデータが出てきた。とりあえずデスクに保管しておくことに…。

逮捕された白石智弘だったが、刑事部長の中本(渡部篤郎)が手を回し不起訴となって釈放された。大山が発見したフロッピーディスクに名があった大物議員・野沢義男が中本に圧力をかけてきたのだ。

悪が罪を免れる世の中にうんざりした大山は、議員の不正を暴くためフロッピーディスクを取りに戻る。しかしどこにも見当たらない…?同僚の話では中本(渡部篤郎)が持ち去ったという。警視庁に向かった大山は中本を問いただした。しかし…

『この事件に手を出すな。』

の一点張り。大山は『俺は諦めない。必ず真相を突き止めてやる』と中本を睨みつけた。

無線の会話を聞いた甲本雅裕

その夜、23時23分に無線が繋がった。健人が桜井と一緒に仕事をしていると知った大山は『あいつちゃんと仕事してますか?』と嬉しそうに聞いてきた。

健人は2018年現在、大山が謎の失踪を遂げていることを伝えようとするが、大山は『未来の事は知る必要はない。』と拒否。その後 無線は途絶えてしまった。

この会話を部屋の外で偶然聞いてしまった岩田係長(甲本雅裕)。『大山…どういうことだ…!?』と激しく動揺した。

岩田(甲本雅裕)が襲われた!犯人は誰?

動揺する岩田係長に一本の電話が。病院に駆けつけると、娘が死亡していた。悲しみに暮れているところを中本刑事部長(渡部篤郎)に呼び出される。

『娘が亡くなりました。』

『そうか。ならもう治療費はいらないな。』

意味深な会話をする二人。すると岩田は『もう終わりにしましょう』と中本にこれ以上の協力を拒む発言をする。『そんな事は許されない!』と怒りを顕にする中本を背に、岩田は去っていった…。

【ネタバレ解説】

岩田係長は病気の娘の治療費を援助してもらう代わりに、中本刑事部長の手足となって悪事を働いていた。しかし娘が死亡した事を受け、中本と縁を切ることを決意した。

翌日の夜、再び無線機のシグナルが鳴る。今回は1999年にいる大山と繋がったようだ。健人は大山にある依頼をした。

『あなたは近いうちに武蔵野暴行事件を担当します。これは兄が関わった事件なんです!情報を教えて下さい!』

無線が途切れると、健人に電話が。相手は岩田係長だった。

『君の兄の事、大山の事、真相を全て話す。三時間後に東京城西病院に来てくれ。』

健人が病院に到着すると、何者かに襲われ瀕死の岩田と遭遇した…。

【シグナル 第7話 終】

岩田係長を襲った犯人は誰?

シグナル 第7話で何者かに襲われた岩田係長(甲本雅裕)。彼を襲撃した犯人は誰なのか?詳しくは『シグナル』原作ネタバレとあらすじをご覧下さい。

シグナル ネタバレと最終回結末までのあらすじ

シグナル 第8話のネタバレとあらすじ。健人が兄の亮太と名字が違う理由とは?

シグナル 関連記事

『シグナル~長期未解決事件捜査班』関連記事一覧です。※ネタバレ注意。

『シグナル』北村一輝の正体を原作ネタバレ!

『シグナル』渡部篤郎の正体を原作ネタバレ!

『シグナル』関連記事一覧。

視聴率『シグナル』気になる視聴率をチェック♪

最新ドラマのネタバレとあらすじ

2018年最新ドラマのネタバレあらすじ記事をご紹介♪

『ラブリラン』ネタバレ

『デイジーラック』ネタバレ

『あなたには帰る家がある』ネタバレ

『ブラックペアン』ネタバレ

スポンサーリンク