銀と金【原作ネタバレ】とあらすじ、最終回の結末など。2017年ドラマ

●この記事をシェアする

※ドラマ『銀と金』第2話の感想を追記しました。

原作のストーリー

出典:テレビ東京「銀と金」オフィシャルサイト

2017年1月7日スタートの新ドラマ『銀と金』のあらすじと原作の内容(ネタバレ含む)をご紹介します。

悪党vs悪党が繰り広げる魑魅魍魎のマネーゲーム。狂気に身を投じるギャンブルの先にあるものとは…?

平井銀二とかいうナイスミドルな頭キレッキレ魔人がとにかくカッコイイw

ギャンブル好きは絶対ハマるな、このドラマ。

漫画『銀と金』ってどんなストーリー?

  • 300億競馬対決!
  • 1ツモ数億の特殊麻雀!
  • 札束で作った橋を渡り絵画の偽物を見抜け!
  • 秒速で札束が積み上がるポーカー対決!

など人知の計りを越えたありえへんギャンブルが人気の『銀と金』。勝つとはどういうことか?いかにして勝つ道を作るのか?常勝男・平井銀二の『勝ちへのヒント』が詰まった作品。

人生に何も見いだせない20歳のフリーター・森田鉄雄が裏社会の大物・平井銀二と出会う事でその人生が動き出す。銀二と組み数々の修羅場を経験する森田の成長と、善と悪の間で葛藤する姿を描く。

銀と金の原作

原作者は『カイジ』『アカギ』『天』など数々のギャンブル漫画を世に送り出してきた福本伸行氏。なかでも『銀と金』は最高傑作!と言われるほど人気が高い作品。

よくこんなギャンブル思いつくな!と感心する。

ありえへんけど妙な説得力があるんだよねw

放送開始日:2017年1月7日(土) 深夜0時20分~

【メインキャスト】

平井銀二 … リリー・フランキー

森田鉄雄 … 池松壮亮

安田巌 … マキタスポーツ

巽 京子 … 臼井あさみ

船田正志 … 村上淳

主人公・森田鉄雄とは?

森田鉄雄

  • 家賃4万円の風呂なしアパートで暮らす森田鉄雄。定職につかず日払いのバイトなどで生計を立てる。
  • 両親とはすでに死別しており兄弟もいない。平井銀二に言わせると彼のような「身軽」な人物は裏社会の仕事にうってつけらしい。
  • 金よりも人を重んじ、欲に惑わされないハートを持つ。ギャンブルに関しては「崖から身投げする」イメージを持っており、仕事仲間からは「破滅的」と言われた事がある。
  • 銀二に魅せられ、『欲の世界を突っ走ったその先』の景色を見たいと願う。そしていつか『金』と呼ばれる男になりたいと思っている。
  • 原作では骨肉の後継者争いを繰り広げた「神威家」に関わって以来、悪党でいることへの後ろめたさに苛まれ、銀二のもとを去り裏社会から引退する。

まぁ引退しても億万長者w

今頃何やってるんだか気になるな。森田の今後を扱ったドラマも見てみたい。

裏社会の大物・平井銀二とは?

平井銀二

  • 『銀王』と恐れられる裏社会の大物フィクサー。頭脳明晰で冷静沈着、格闘技にも長け、心理を巧みについた人操術で数々の成功を収めてきた。
  • 人脈も広く、政財界の大物やメガバンクの頭取、さらに中東の皇族とも懇意にしている。
  • 勝つ事は大事だが、それ以上に『どのように戦い』『どのように勝った、あるいは負けたか』という過程を重んじる。
  • 悪党であることは間違いないが、人を殺める事を良しとせず、金のために味方を売るような人間も信用しない。
  • 自分の後継者にしようと森田を育ててきたが、彼の離脱により自分も引退を考える。しかし『今さら勝ち逃げなどできぬ。』と考えをあらため、裏社会に居続けることを心に決める。

勝ち逃げ全然アリだと思うけどw

ドラマ版はリリー・フランキーが演じるのか。随分優しい感じの銀さんになりそうだな。

ちなみに1990年代に発売されたオリジナルビデオでは平井銀二役を中条きよし、森田鉄雄役を豊原功補が演じました。

白髪でオールバック、つり上がった目など中条きよしが演じた銀さんのビジュアルはかなり漫画に近かったと思います。

ドラマ 銀と金 1~3話 株の仕手対決編

ドラマ銀と金のあらすじ

2017年ドラマ版「銀と金」の第1話~3話は株の仕手対決が題材になっています。

仕手とは投機目的で株を大量に買う人の事を指し、仕手戦とは仕出と企業との間で勃発する株の売り買いの攻防戦を指します。

原作では株の事なんか何も知らない森田と、仕手のご本尊・梅谷とのやり取りが面白かったな。

「ワイなんて金持たなきゃただのサル」って自覚してる梅谷が潔かったw

【ドラマの登場人物】

梅谷 哲(ダンカン) …… 秀峰創業グループのドン ※原作では丸宝グループのドン

伊沢敦志(嶋田久作) …… 自由民生党議員。最大派閥・竹本会のナンバー2 ※原作では民生党。

海堂正行(丸山智己) …… 国会議員。土門猛の娘婿

土門 猛 …… 帝日銀行頭取

仕手対決の原作ネタバレ

平井銀二の仲間となった森田鉄雄。彼にとって初の大きな仕事となった「仕手戦」。機械製造会社大手・日本旭の株を大量に買い利益を得ようとする丸宝グループのドン・梅谷 哲。しかし梅谷は資金難におちいり敗戦ムードに…。

梅谷に代り仕出戦に参戦した平井銀二たち。日本旭のメインバンクである帝日銀行の弱みを握り、日本旭への融資を凍結させようと動く。

帝日銀行頭取・土門猛、その娘婿である国会議員・海堂正行らの密会をテープに収めた銀二だったが、海堂が呼び寄せた暴力団により拉致されてしまう。

銀二を助けるため森田鉄雄は梅谷の紹介で民生党議員・伊沢敦志と面会。密会テープを伊沢に渡す事を条件に、銀二たちの解放に手を貸すよう交渉した。

結果、銀二らは解放されたが、これは森田の手柄ではなく銀二が土門らを説得し、協力して日本旭を「喰って」しまう流れになったためだ。

森田の救出作戦は徒労に終わったと思われたが、伊沢に渡したはずの密会テープは森田のトリックにより手元に残った。これにより銀二らは株で得た金の他に帝日銀行と大物政治家という2つのコマを手にすることに成功した。

「おいおい、森田が初めて役に立ったぞ…!雪が降るぜこりゃあ…。」

【1/8追記】第1話の感想

ドラマ『銀と金』第1話を見た感想です。まずは原作との違いご覧ください。

  • 冒頭の競馬シーン、一着馬の名前がワシズオウジャだった。原作はホクトチカラ。
  • 銀さんが黒ずくめでちょっとおしゃれ。原作では輩っぽい白スーツ。ドラマの森田がダサすぎるw
  • ファミレス店員にクレームをつけてた奴のパスタにコーラ(烏龍茶?)をぶっかけるシーンが追加。
  • 森田の勤務先がアルパカ引越センター
  • 森田が仲間入りするための試験が病院で行われた。
  • 銀二が森田の”答え”を待つ場所が料亭から小洒落たジャズバーに変更。
  • 銀二の仲間 が女性(臼田あさ美)に変更。

銀さん軍団の中でも怪しさナンバーワンだった巽が女になってたのが一番ウケたw

第1話の感想

福本ファンなら競馬シーンのワシズオウジャ(鷲巣王者)に吹いただろうな。

ドラマで映った競馬場は船橋競馬場でしたね。

さて、まず感想として原作のセリフが忠実に再現されてるな~と感じました。福本漫画といえば金と人生感を織り交ぜた数々の名言が登場しますが

『クビしまってるくせに駆け引きうってんじゃねぇ!』

『決断の遅い者はそれだけで道を誤る。』

『金を掴んでみろよ。世界が曲がって見えるぞ。』

など原作のセリフはそのまま使用されていましたね。これはちょっと嬉しかったです♪

リリー・フランキーの巻き舌っぽい喋り方がビミョーだった。風貌も中条きよしが演じたビデオ版の方が似てたね。もうちょっと毛量欲しい…。

リリー銀二も独特の凄みはあるけど。

ビデオ

『銀と金』中条きよしバージョン

森田鉄雄も原作のギラギラした感じは今のところ無いですね。

ドラマで追加されたファミレスのコーラぶっかけシーンは、鬱屈した毎日を送っている森田の人物像が良く分かる描写でしたが。

ベンツにイタズラしてたカイジっぽいw

正義の鉄槌というよりは単なる憂さ晴らしだな。

次回の第2話ではいよいよ仕出戦がスタートします。ちょっと頼りなさ気な森田が覚醒するシーンも楽しみですね。

サルの名言に期待w

【1/15追記】第2話の感想

【ドラマのあらすじ】

自動車部品メーカー大手・日本旭と仕出戦を繰り広げていた本尊・梅谷(ダンカン)は資金繰りに窮しリタイア。代わりに仕出戦に参戦した平井銀二軍団は梅谷の持ち株を50億円で買い取る。

銀二はまず日本旭の後ろ盾である帝日銀行の弱みを握り、融資の凍結を試みる。帝銀の貸付担当・内村を買収し、金の流れを調べさせるとある事実が浮かび上がる。帝銀頭取・土門孟は娘婿の国会議員・海堂に不正に金を流していたのだ。

帝銀の不正融資、私文書偽造のネタを入手した内村は何者かに自殺に見せかけられ殺されてしまう。森田は彼を守れなかった自分を責めた。

海堂への金は帝銀から丸双不動産を通して入金されていた。銀二らは海堂、土門、そして丸双社長・石丸の3人が密会するよう仕向け、彼らの不正融資の会話を盗聴しようと試みる。

ホテルに集合した海堂と石丸。しかし土門が現れない。このホテルは密会現場ではなくただの中継点だった。車の中で待機していた銀二軍団だったが警ら中の警察官に不審人物と疑われ職務質問を受ける。

銀二は『森田、踏め』と指示を出し、車は猛スピードでその場を去っていった…。

銀二軍団の巽ですが、原作では元毎朝新聞記者という肩書でしたが、ドラマでは銀二たち行きつけのバーの店長になっていました。

銀さん行きつけのバーがどうもしっくり来ない。やっぱ料亭ってイメージあるよね。

それかホテルのスイートルーム。

仕手戦の本尊・梅谷はダンカンが演じていましたね。イメージぴったりでした。

『金持たなきゃサル以下』の名言も聞けたw

サル以下の役の出演を承諾したダンカンに拍手をおくりたい。

第2話も基本的には原作通りでしたが、帝銀の貸付担当・内村が殺される部分はドラマのオリジナルでしたね。

内村が死ぬことで、彼と行動を共にしていた森田にこの裏世界で生きていく事への責任の重さや覚悟を認識させようという意図があったのかも。

森田の小者感がまだ拭えない。

いつチョンマゲにするんだ?

どうなんでしょ…?池松壮亮さんの髪の長さだと無理な気がしますが^^;

次回は仕出戦の最終回。原作通りすすむと海堂らに軟禁された銀二たちを助けるため、森田が大活躍するハズです。楽しみですね♪

※第3話の感想は放送後このページに追記する予定です。

ドラマ 銀と金 4~6話 セザンヌ編

金の橋

ドラマ「銀と金」第二章となるセザンヌ編。名画の本物と偽物を見分ける「見識眼」が勝負の肝になっています。

原作マンガでは一人前になるべく銀二と別行動をとることになった森田が、何もない状態から一人で5億円という大金を作るため奮起する姿が描かれています。

金の橋といい「カイジ」の電流鉄骨といい、原作者の福本伸行はせま~い橋を渡らせるのが好きだな

森田が実力で金持ちになった記念すべき回だね。私もこの世のスキマを見たい!!

【登場人物】

中島明夫(佐野史郎)… 画商。※原作では中条 明夫。

川田三成 … 森田と手を組む事になる悪党。

セザンヌ対決の原作ネタバレ

森田鉄雄は一人前になるまで平井銀二と別れることに。金儲けのヒントを得ようと一流ホテルのロビーに入り浸る日々が続く。

そこで出会った画商の中条。森田は彼に時価6億円と言われるセザンヌの絵画の偽物をつかませるため、見識眼を賭けたギャンブルに誘う。

賭けの内容は3つのセザンヌの中にある一つの本物を当てるというもの。中条はセザンヌまでの距離(1cm=100万円)を買い、用意した4億円の札束で金の橋を作る。

金を出せば出すほどセザンヌに近づけ本物の見分けがつきやすくなるが、自分の見識眼を見失った中条は偽物を選び、森田は勝利。

森田が得た4億円はパートナーの川田三成と折半。2億円を手にする。

銀と金 7~9話 ポーカー対決

ポーカー

ドラマ『銀と金』第3章の題材はポーカー。森田鉄雄が建設会社社長の御曹司・西条と壮絶なポーカー対決を繰り広げます。

西条は金持ちの自分を『支配する者』、金の無い者を『奴隷』と称するキングオブ嫌な奴。さらに勝負で負かした女性をカラダごと頂いちゃうという鬼畜な一面も。

甘いマスクでお金持ちな西条ならいくらでも女寄ってきそうなのにね

カバンに札束詰め込んで街をウロウロしてる森田もちょっとアレだけどな。

見どころは西条のイカサマのトリックを見破った森田がどう反撃するのか?という所と、

終盤の賭け金の積みあい。何億という金がみるみる積み上がるシーンはこの世のものとは思えない非現実的な世界でした。

【登場人物】

西条達也(大東駿介)… 西条建設の御曹司。※原作では西条進也

伊藤 美緒(高月彩良)。西条のポーカーの犠牲になった明穂の友人。

ポーカー対決の原作ネタバレ

画商の中条との勝負の後、森田は喫茶店店員・伊藤美緒と出会う。あるバーで高レートの賭けポーカーが行われる情報を得た森田は建設会社社長の息子・西条進也と勝負することに。

ポーカー勝負は賭け値無制限の青天井ルール。西条は信用金庫をバックに大金を用意し、さらに仲間を通じ森田のポーカーの役を見抜くイカサマをしていた。

西条のイカサマ

ポーカーが行われるバーカウンターに下から透けて見える仕掛けが施されており、鏡の反射でバーテンダーが森田の役を見ていた。


バーテンダーはグラスの配置などで西条の仲間に森田の出来役を知らせ、その情報を仲間が西条の背中に指で伝える。これにより西条は視線を泳がすことなく森田の手を知ることになる。

テーブルの仕掛けに気付いた森田は逆にそのイカサマを逆手に取り、「目くらまし作戦」で西条に勝利。一晩で9億円(実利6億6千万円)を得る。

この対決以降、森田は再び平井銀二と組むようになった。

ちなみに西条はその後、下記で紹介している蔵前仁との麻雀対決にも登場していました。

ここでも負けて億単位の負債を抱えてましたが^^;

西条、貧ぼっちゃま化w

肘の高さどころの負けじゃ済まないな。

銀と金 10話~最終回 麻雀対決

ネタバレ

ドラマ『銀と金』ラストを飾るのは原作でも大いに盛り上がったマージャン対決。

原作者・福本伸行氏のライフワークとも言える麻雀が題材ですが、このドラマでは通常とは一味ちがった特殊ルールが採用されています。

一番衝撃だったのは対戦相手の蔵前が家の地下で人を飼うというリアル育成ゲームをしてるとこだな。

やだな~あんなハゲ親父に飼われたら。しかも超絶金持ちのくせに与える食事がショボいとか最悪。デザート キャラメル一個とかありえない。

【登場人物】

蔵前 仁(柄本明)… カジノ王/日本最大級のパチンコチェーン会長。※原作では百貨店、鉄道などを要する一大コルツェン会長。

袋井 … 蔵前の執事。

マージャン対決の原作ネタバレ

成長した森田は再び平井銀二らと合流。今度の相手は一大コルツェン「誠京」のドン・蔵前仁。森田と銀二は500億を賭けたマージャン対決をすることに。勝負に負けた場合、森田達は蔵前に飼われてしまう。

「誠京マージャン」はツモごとに現金を払い、多少の不正も金さえ払えば許されるという特殊ルール。トップをとった者がそれまでの供託金を総取りできる。森田はこのルールに精通した悪魔じみた蔵前の実力に己を見失い、連敗を重ねる。

しかし銀二のアドバイスにより目を覚ました森田は捨て身の覚悟で蔵前を追い詰める。さらに銀二の駆け引きに踊らされた蔵前は勝負を降り、銀二たちは500億円+誠京に借金のある国会議員58人の借用書(約2500億円分)を手に入れた。

原作の最終回の結末

森田鉄雄が裏社会を引退し、平井銀二はやる気を失っていた。そんな中 帝日銀行頭取・土門を救うため300億円を賭けた競馬対決に挑むことに。

勝負の相手は民政党総裁・河野洋一。年末に行われるレースで1着馬を出したほうが勝利というルールの中、自軍のフィールドで戦える河野は圧倒的有利のまま勝ちへの布石を積み上げる。

そしてレース当日。銀二は森田に代わって仲間に引き入れた川松良平を利用し河野を惑わせ、さらに海外から呼び寄せた実力馬をレースに紛れ込ませるという秘策を打つ。

勝負は僅差で銀二が勝利。その後の祝勝会で引退をほのめかすが、最終的に現役続行することを仲間たちに告げる。

その夜、これまで勝ち続けてきた銀二はいつか訪れるであろう『負け』の可能性を示唆し、それでも逃げる事は許されないという自分の宿命を一人吐露するのであった…。

※銀と金は完結しておらず、現在休載中という状態。しかし連載が再開する動きもなく事実上『未完の作品』と見られている。

ドラマ『銀と金』 あらすじと原作ネタバレのまとめ

いかがでしたか?「銀と金」2017年版は一つのストーリーが3話構成なので、かなりじっくり作り込まれていると思います。

キャラクターの違いはあれど、内容は原作を忠実に再現しているのではと予想されます。漫画を読んでいない人も充分楽しめると思いますよ。

これ見ちゃうとマジメに働くのがアホらしくなるかもな。

銀さんみたいに灰になるまで勝ち続けたい!

ドラマ放送後、新たに原作との違いなどが判明したらこのページに追記する予定です。お楽しみに♪

コメントや感想、持論、溢れる想いなどお気軽に♪

  1. いごっそう612 より:

    明けましておめでとうございます。

    新春から濃厚な記事ありがとうございます。
    めっちゃ時間かかるでしょう?凄いですよね~。

    今年もよろしくお願いします。

    • ヒトコトマニア より:

      >いごっそう612さん

      明けましておめでとうございますm(_ _)m憧れのブロガーさんにコメント頂けて嬉しいです(^o^)「銀と金」はセリフ全部覚えるくらい読み込んでるので、ドラマも楽しみです。

      今年もよろしくお願いします(≧∇≦)/

  2. 睡蓮 より:

    銀と金ドラマ化するとか知らなかった…!
    心理物好きなのでこれは楽しみです!

    P.S.
    ドクターX最終回の記事も密かに待ってます…!

    • ヒトコトマニア より:

      >睡蓮さん

      銀と金面白いですよねw銀さんの魅力がドラマで伝わる事を期待しています。巽を演じるのが女性というのが意外ですが(笑)

      ドクターXおまたせしてすいません。年末ノロウィルスにかかってしまい、まだ作成中なんですよー(完全にタイミング逃した^^;)近いうちにUPします。

2017年01月18日 06時22分