最高指導者スノークの正体はダースプレイガスなのか、それともダースシディアスか?

※この記事にはスター・ウォーズ『最後のジェダイ』の内容が含まれます。未視聴で内容を知りたくない方はご注意ください。

スノークの正体はダースプレイガス

スターウォーズ『フォースの覚醒』で初登場した最高指導者スノーク。

一体誰だよ!?と疑問に感じた方は多いと思います。

最後のジェダイを見た限り『映画史上もっとも残念な悪役キャラ』なんだけどw梅干しのミイラって事以外何もかも不明w

マズカナタと並ぶ謎キャラだな!一体何者なんだ?

スノークの正体については劇中で明かされませんでしたが、色々な噂が飛び交っています。

今回はそれらの噂を元にスノークの正体を検証したいと思います。

2017年12月現在 最もHOTなスノークの正体説!

・ダース・プレイガス
・ダース・シディアス
・スノークはエピソード9で復活?【new!】
・尋問官
・アナキンのダークサイドが実体化
・ルークの切り落とされた右腕から作られたクローン
・メイス・ウィンドゥ【new!】

スポンサーリンク

最高指導者スノークの正体はダースプレイガス?

まず最高指導者スノークはダース・プレイガスという説。

ダース・プレイガスとは旧帝国軍の皇帝・ダース・シディアスの師であり、ダークサイドのフォースを操るシスの暗黒卿の一人です。

ダース・プレイガスとは?

銀河共和国の末期に暗躍したシスの暗黒卿である。シス卿ダース・ベインがヤヴィンの戦いから1000年前に一師一弟子制と徹底した秘密主義を確立してから、表舞台に姿を現さなかった最後のシス卿である。そのため、多くのことが謎に包まれている。

ダース・プレイガスはフォースの源であるミディクロリアンから生命を作り出す術を確立したと言われていて、人を死から救い出す力があるという。

ちなみにダース・プレイガスは弟子であったシディアスに寝込みを襲われ43BBY(アナキンが生まれる2年前)に暗殺されています。

で、フォースの覚醒の最高指導者スノークがダース・プレイガスであるという根拠は何だ?

はい。以下にまとめましたのでご欄ください。

スノークの正体=ダース・プレイガスである根拠1:シディアスの師がスノークの可能性あり

師弟関係

『フォースの覚醒』の小説を手がけたアラン・ディーン・フォスターという小説家がいます。

アランはスターウォーズ第一作『エピソード4 新たなる希望』の小説をジョージ・ルーカス名義で執筆したライターで、これまで『エイリアン』『トランフォーマー』『ターミネーター』など人気映画をノベライズしている人物です。

彼の作品『フォースの覚醒』小説版に登場するスノークについてこのような記述があります。

Snoke was a powerful figure, skilled with the dark side of the Force, who had trained the Force-sensitive Kylo Ren and at least one other apprentice.

スノークは強力なダークサイド・フォースを習得し、、カイロ・レンと少なくとももう一人の弟子を育て上げた。

つまりスノークにはカイロレンの他にもう一人弟子がいた。この弟子がダース・シディアスでは?と言われています。

シディアスの師がスノークだとすると、スノークとプレイガスが同一人物ってことだな。プレイガスは生きていたという事か?

なんか無理やりじゃね?

たしかに無理やり感はありますね。スノークの正体がプレイガス、しかも生きていたのならかなりの高齢となりなぜ過去のスターウォーズに登場しなかったのか、という疑問が生まれます。

しかしその疑問はこう考えるとつじつまが合うんです。

スノークが過去のスターウォーズに登場しなかった理由。

スノークとダース・プレイガスが同一人物という前提で話を進めます。

まずダース・プレイガスは強大な暗黒面のフォースを持つ人物です。その弟子であるシディアスは自身がシスであるということをヨーダにすら気づかれず銀河共和国の最高議長にまで登りつめました。

プレイガスも弟子同様人を欺くのはお手の物と思われます。となれば暗殺を目論んだシディアスに死んだと思わせることも可能では無いでしょうか?

生きていた

死んだと思わせる事に何かメリットがあるのか?

あります。それはダース・プレイガスがその後弟子であるシディアスがつくり上げる銀河帝国が破綻すると予期していたからです。

プレイガス=スノークは静かに身を潜め期を待った。これはシスの掟である『時代ごとに一師一弟子』を守るため表舞台にあえて登場しなかったのかも知れません。シディアスにはすでにダースベイダーという弟子がいましたからね。

その後「エピソード6/ジェダイの帰還」で死亡したシディアスに変わりプレイガスが再び打倒ジェダイに立ち上がったのです。

で、ファーストオーダーを組織してカイロレンを引き入れ、自らの野望達成の為ルークや新ジェダイ・オーダーの抹殺を図ったというわけか。もしスノークがプレイガスだとしたらとんでもない策士だな!

下克上でウハウハだったシディアスも、結局はプレイガスに踊らされていたってことね。

スポンサーリンク

スノークの正体=プレイガスの根拠2:スノークの頭の傷は昔ダースシディアスに襲われた時のものでは?

スノークの頭の傷

スノークの画像を見ると頭に古い傷のようなものが確認できます。

先程もいいましたがダース・プレイガスは弟子であるシディアスに寝込みを襲われ暗殺されました。

この傷はその時についてものでは?とも考えられます。

傷じゃなくてシワじゃね?昔のピッコロ大魔王みたいな

あり得なくもないが、これだけではスノーク=プレイガスとは言えんな。

ちなみにダース・プレイガスはこんな顔をしているようです。目がくぼんでいるところや鼻がぺしゃんこのところがちょっと似て無いですか?

スノークの顔 イラスト

なんかヒョロヒョロで弱そうだな。とてもシスの暗黒卿とは思えないぞ!

ドラクエでこれがラスボスだったら金返せレベルだよw

(なにかこの人に恨みでも!?)

スノークの正体=プレイガスの根拠3:スノークとシディアス バックに流れるBGMが酷似している。

フォースの覚醒で最高指導者スノークが登場するシーン。

この時BGMとして流れていた曲が『エピソード3/シスの復讐』でシディアスがアナキンにダース・プレイガスについて会話していた時のBGMと酷似していると海外サイトで騒がれています。

偶然じゃないの?聴いたけど酷似ってほどじゃない気がする。

たしかにスターウォーズに流れるBGMは登場人物やシーンに関係した曲が選曲されているな。『帝国軍のマーチ』、哀愁漂う『フォースのテーマ(Light of the Force)』とか

スターウォーズが他の映画と違うのはBGMが多く使われている所です。

これがスターウォーズが『スペース・オペラ』※と呼ばれる所以で、BGMを通じて視聴者にシーンを連想出来るようにする手法です。

スノークの登場シーンにプレイガスのBGMが流れた事は何か意味があってのことだと言うわけだな?

はい。フォースの覚醒を見て分かる通り、監督のJJエイブラムスは過去のスターウォーズを細部にわたり知り尽くしています。

当然BGMにもこだわっているでしょう。スノークの登場シーンで無意味なBGMを選曲するとは思えません。

【※追記】スペースオペラとは、宇宙を舞台にした騎士道物語や冒険活劇といったSFのサブジャンルの一つであり、スターウォーズに流れるBGMとは無関係です。

続き◆ネタバレ『最後のジェダイ』◆スノークの正体はダースシディアス本人!?◆メイス・ウィンドゥ説?1,000人にアンケートした結果など?

スポンサーリンク

『最高指導者スノークの正体はダースプレイガスなのか、それともダースシディアスか?』へのコメントや考察、感想など

  1. 匿名 より:

    面白い纏め方いいぞ!

  2. 通りすがり より:

    記事は面白いのですが、スペースオペラというのは、宇宙を舞台にした活劇を指す言葉で、1940年代から使われている言葉です。映画でBGMが効果的に使われていることとはあまり関係ありません。

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      通りすがりさんコメントありがとうございます♪

      >スペースオペラというのは、宇宙を舞台にした活劇を指す言葉で、1940年代から使われている言葉です。映画でBGMが効果的に使われていることとはあまり関係ありません。

      ご指摘ありがとうございます。ずーっと勘違いしてました^^;注釈して修正させていただきます。

  3. 匿名 より:

    へぇ×7。

  4. 匿名 より:

    シスというのは暗黒面のフォースを信奉するカルト集団の名前であって、暗黒面のフォースを使う人全員をシスという訳ではないですよ。最後のシスであるベイダーと皇帝が死んだのでもうシスは全滅しました。だからスノークもカイロレンもシスではないはずです。JJもそう言ってました。

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      匿名さんコメントありがとうございます(^^)

      たしかにダークサイド=シスではないですね^^;シスは元々1つの民族でダークサイドに堕ちたジェダイと交配して誕生したようです。

      自分はジェダイ対シスという古から続く因縁じみた構図が好きなので、ぜひスノークはシスの末裔であって欲しいな~とは思います。

  5. 匿名 より:

    私もスターウォーズの『ジェダイVSシス』という設定が好きでした。善と悪は表裏一体で誰でも悪に堕ちる可能性があるということを教わりました。

    スノークがダース・プレイガスだとするとシスはまだ絶滅してないってことですよね。ジェダイとシスの系譜を絶やして欲しくないな~(^^)JJ監督に期待!

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      シスがすでに絶滅してるって考えるとちょっと残念ですね。結果的に一師一弟子の法則が裏目に出たような…^^;もっと子孫を残すべきだったのかな、とも思います。まぁ仲間割れして自滅!ってバッドエンドもありそうですが。

  6. SWマニア より:

    皆さん、いろいろ想像を膨らませて楽しそうですね。私もちょっと想像してみましたので是非聞いて下さい。
    私は、スノークはアナキンスカイウォーカーの「ダークサイドの霊体」だと思うのですが。何かの技で(ここは分かりませんが)分裂し、「ダークサイド霊体」と「ライトサイド霊体」になった。で、カイロレンが「光の誘惑が・・・」的な発言がありましたが、それは本来のアナキンスカイウォーカー(善の心=ライトサイド霊体)がささやいているのではないでしょうか?それで、最後のあたりでスノークが「そろそろ修行を終わらせて・・・私のもとへ・・・」とありましたが、スノークはカイロレンの修行により自分(霊体)が入り込む肉体として完成させたかったのではないでしょうか?だから悪役にしてはちょっと弱かったでは?カイロレンの肉体に入り込んでこそダースベイダー(悪100%)復活となるのではないでしょうか?そして、カイロレンが言う「あなたのやり遂げたかった事・・・」=アミダラの蘇生とシス復活に展開していくのでは?そこで邪魔になるのが、自分の血を引いたルーク!みたいな感じは無理がありますか?ちょっと日本の漫画的な発想かも知れませんが、そんな予想をしてみました。
    いかがでしょう?

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >SWマニアさん

      スノークがアナキンの「ダークサイドの霊体」という説は面白いですね。言われて見ればクローンウォーズ【ロストミッション】でヨーダがフォースの霊体の秘密を調べている時ダークサイドの自分と戦っていましたし、ルークもダゴバの洞窟で暗黒面の自分と戦いましたよね。

      どちらも幻影ですが、シスの術によりそれらを実態化させることはあり得るかもしれません。

      ただエピソード6でアナキンは自身の暗黒面を払拭しライトサイドに戻って来たはずなので、果たして暗黒面の部分が残っていたのか?という疑問は残りますが(^^)

      旧3部作でベイダーはルークとともに銀河を支配するという目的がありましたが、愛する人(パドメ)を生き返らせたいという描写はありませんでした。もちろんキャラクターの設定上絶対悪というイメージが必要だったのでセンチな描写は無くて当然ですが、ベイダーはこの時すでにパドメの蘇生は諦めていたのかもしれません。

      そう考えるとカイロレンの言う『あなたのやり遂げたかったこと』の意味はパドメの復活というよりはシスの繁栄というゴリゴリの悪路線になります。

      となるとSWマニアさんが言われるとおりルークが邪魔になってきますね。アナキンはジェダイの脅威を身にしみてわかっているはずですから。

      一番可哀想なのがカイロ・レン(笑)弱キャラ設定の上スノーク(=アナキンのダークサイドの霊体)復活のために利用され実の父まで葬るハメになってしまったのですからΣ(゚Д゚)

      SWマニアさんの説の通りならこの3部作の結末はアナキンの善と悪が戦う図式となって面白そうですね。

  7. 匿名 より:

    メイスウィンドウかな?っていう説が強いと思う‥

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      スノーク=メイス・ウィンドゥの説、面白いですね。記事に追記しておきました(^^)

  8. ダース・サノサノ@パルバディーン大好き より:

    出来ればでいいんですが、ダース・ベイダーのダークサイドの魂説も取り扱ってください!

    個人的な意見です。
    ・ダース・ベイダーはエピソードⅥでライ
    トサイドのアナキンスカイウォーカーと して、フォースと一体化した。
    ・しかし、ダークサイドのダースベイダーの魂は残っていた。
    ・それがスノークとなり、もう一度銀河を支配しようとする。

  9. 匿名  より:

    ジャージャーって説が一番面白くて説得力があると思います。
    一番強いのはトリックスター的なキャラクターということで。

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      ジャージャーw 思わぬ伏兵登場ですね。カイロレンを修行してるジャージャーを想像しただけで腹筋崩壊しますw

  10. 匿名 より:

    どっかにたーきん提督って書いてあったなー
    ある線かも知れませんね

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      ターキン説もありますね。最初のデス・スター爆発から上手いこと脱出してればありえそうw問題はカイロレンを修行出来るほどの暗黒面のスキルをどう会得したか、ですね(笑)

  11. モスアイズリー より:

    はじめまして、スノークは・・・ドゥークー・・・それはないか(笑)

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >モスアイズリーさん

      ドゥークーのクローン…ならあるかもです(笑)クローンなら誰でもいけそうwジェダイを恨んでるでしょうし…。(シスも??)そろそろヒント欲しいですね(笑)

  12. 匿名 より:

    ダースシディアス、パルパティーンのクローン

  13. ダース・ベイン より:

    おそらく古代シス共和国時代の誰かでしょうな。
    一子相伝を確立したダース・ベインが怪しい。
    シスの力により意識を保存し、ホログラムで再生してるので実態は無い。
    人工知能が盛りだくさんに出てくるスターウォーズにあって、生身の人間の意識をコンピュータに保存するという技術は現実でもあと数十年で可能とされてるという時代背景からしても。
    既出の誰かの焼きまわしより、古代シスの伝説的存在で、まだ出てないキャラを出す方が、更にスケールが広がって面白いかと。

    おそらく失楽園のサタンがイメージだと思うから、
    最初にライトジェダイから分離したアジャンタ・ポール、カーネス・ムール、ソサーンの3人の誰かまで遡るってのもありだけど、やはり一子相伝で知名度のあるダース・ベインなのかなと。

  14. 永谷 浩二 より:

    マスターサイフォディアス

  15. 今日のポピー より:

    スノーク役のアンディ・サーキス氏の撮影写真にプレイガスの装備するものによく似た長いロッドを持つものがありますし、
    カイロレンの言う「祖父の始めた事を私が終わらせる」という言葉を「祖父に代わり、プレイガスの秘術で祖母パドメを救う」という意味だと考えるど、彼が迷いながらもスノーク=プレイガスに仕える理由になるのではと思います、どうでしょうか。

  16. 匿名 より:

    メイス説面白いですね~。でも個人的には無いと思います。
    あの高さから落ちて死なないというのはあり得ないですし、仮に生きていたとしてもアナキンを恨むとは限りません。
    ヴァーパットを習得しても平気だったように精神的にもかなり強いですからね。
    描写がないのも根拠にならない。ジェダイがトイレに行くシーンが無いからといってジェダイがトイレをしない、ということになるわけではないはずです。
    根拠が薄いので可能性は殆どないでしょう。

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      スノークの出処が不明なだけに、既存キャラを無理やり当てはめる風潮が後を絶ちませんね(笑)メイスがアナキンを恨んでいるかはわかりませんが、少なくとも人生を賭して尽くしてきたジェダイや共和国の敵になることは無いかな~と思います(そうであってほしい!)。倒すべきはやはりシス(はもういないので、ダークサイド側)かと。

  17. ジャキオ より:

    スノークの正体は、ジャージャービンクス。

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >ジャキオさん 

      『スノークの正体はジャージャービンクス』=カイロ・レンの師はジャージャー…。

      だからレン君は弱いんですね(笑)

  18. じゅんぢ より:

    スノークの正体はパドメ。
    パルパティーンがベイダーの信頼を得るために甦らせ、ダークサイドに洗脳されダース・ベイダーの野望を継承。
    ダースと名乗らないのはフォースがないからかも。カイロ・レンがダークサイドに落ちたのもダース・ベイダーの妻だから。

  19. slk より:

    ローラ・ダーンが演じる“Amilyn Holdo”がスノークの正体です。

  20. れす より:

    ホログラム映像で実体はない。ルパンのマモーみたいに脳だけとか、ライトセイバーに残る過去の強力なフォースの持ち主の残留思念だけとか。

  21. なみまる より:

    スノークの正体はルークのフォースの暗黒面
    ・劇中でホログラムしかでてない
    ・ルークは自らの暗黒面を悟り、姿を隠した
    ・スカイウォーカーの血筋はライトサイドにもダークサイドにも通じている
    ・カイロレンがダークサイドに堕ちた時、師匠はルーク

  22. なみまる より:

    追記

    そして、ルーク=スノークの目的はジェダイでもシスでもないフォースのオーダーを作ること、それがファースト・オーダー。

    だからスノークにもカイロレンもダースを名乗らない。

    …という妄想です

  23. 上っ痔 より:

    ep1〜7に出てきた人で強キャラかつ、皆が知ってて今回の新3部作のラスボス(?)張れる程の実力者…
    で考えるとモールかドゥークーかシディアスかベイダーじゃないと説得力無いような気が。
    う〜ん、、、モールもドゥークーも小物感あるしベイダーは無いでしょうし、消去法でいくなら結局シディアスなんですかね〜??
    メイス説は結構盛り上がってるから無いかな〜と。
    制作陣の思惑通り?(笑)

  24. 」」」」」 より:

    theriver .jpから

    スノークをフォース非使用者と仮定して、グリーヴァスまたはスラッカン・ソロ

    生き残った分離主義勢力が帝国との戦いの為に、ウータパウの死骸から、グリーヴァスの脳回収し、人間のクローン体に植え付けたバイオロイドとして復活させた。
    ・非フォース使用者にも関わらず、フォースに詳しい(ドゥークから対ジェダイ戦術構築の為にダークサイドと合わせて学んだ?)
    ジェダイそのものを憎んでいるから、ジェダイの完全抹殺を望んでいる。

    本来はレジェンズに登場するハン・ソロの従兄だが、正史整理でハン・ソロの過去が不明確になり、家族関係が一新されたので、スノーク・ソロとして再構築された。
    ・ハン・ソロの身内で表向き親しく密かに長期的にベン・ソロを、シディアスがアナキンにしたように、懐柔して暗黒面に引き落とした。目的は新生帝国に君臨する事。

  25. 猫の化身 より:

    スノークの正体はオーウェンおじさん。
    スカイウォーカー一族のせいで人生崩壊。
    それはもう滅茶滅茶恨んでいた。
    エピソード4でトゥルーパーにやられたと見せかけて、ダークサイドの修行を積み、寿命をはるかに超え、あのような姿に。

  26. 匿名 より:

    エピソード9でも明らかにされずに
    終わるだろう
    大抵こんなもん。
    期待しすぎ。
    続編の7~9を作るために
    無理やりつくりだしだだけ。

  27. 裏スタ より:

    やはりドゥークー伯爵ではないでしょうか、間違いないでしょう。

  28. 八雲 より:

    見ての通りスノークはヒューマノイドですね(顔、手の大きさがヒューマンの物にしては大き過ぎる)。
    従って僕はメイスやシディアスと言ったヒューマンでは無いと断定します。レイと顔を付き合わせるシーンまで比較が出来なかったので、それまではシディアスだと思っていたのですが。
    ここで改めて特徴を確認すると以下の二点が解ります。
    一、彼はヒューマノイドである。
    ニ、彼はフォースライトニングを使える(シス疑惑)
    ここから僕はスノークの正体がダース・モールであると考えます。モールは確かにヒューマノイドで、しかも生粋のシスです。
    まぁ…モールが反乱者達のシーズン5でオビ=ワンと戦って(恐らく)息を引き取っていなければ…。

  29. 帝国軍 より:

    ルークはカイロ・レンがダークサイドに落ちて悲しんでどこかに行った



    ルーク関係あり?

    ちなみにシディアスもヒューマノイドだそうです

  30. uging より:

    ハックス将軍が操っていた幻。真の最高指導者はハックス将軍。ハックス将軍はダークシディアスの子孫。

  31. Shall より:

    ハックス将軍が何らかのシス関係者で最高指導者という事に一票。
    それ以外は分からんが下記予想。

    1.ハックスが魂を入れ替えたシディアスorプレイガス
    2.ハックスがプレイガス(生命を作り出せたプレイガスなら若返りも出来そうな気がするので)
    3.スノークはただの力のない宇宙人(ハックスがフォースで操っていた)

  32. 匿名 より:

    纏め方が良く、わかりやすかったです!
    まぁマズ・カナタも言っていたように、
    シス→帝国→ファーストオーダー
    と形が変わって来ていますが、スノークの弟子がカイロレンしかいないとすると、一師一弟子というシスの掟は変わってないですよね。そうなると、スノーク=ダースシディアス、プレイガスなどの説もありかもしれませんね! 8でスノークは死んでしまったので9で正体が判明するかもまだわかりませんね!

  33. 匿名 より:

    メガネを外したマズ・カナタはスノークそっくりだったと感じたのは私だけでしょうか?

  34. yoro より:

    ローグワンに出てきた、「ベイダー卿、クレニック長官が来ました」って言った人説がないのが不思議でならない。

  35. 西雀O太 より:

    最後のジェダイのコンセプトはおそらく、
    『自分が何者なのか、どんな生まれなのかは関係ない。自分は今何をなそうとする者なのかが肝心だ』
    ってことだと思うんですよ。

    だからスノークに関しても、
    『ファーストオーダーを組織し、新共和国を滅ぼそうとする者』
    以外の何者でもないんでしょう。

    ただ、反乱者たちに帝国所属のダークジェダイが出てくるあたり、帝国所属でフォースを使えた人間はヴェイダーとシディアスだけではないんだろうと窺えます。
    だからスノークは帝国時代には、ダークジェダイとして皇帝のもとに仕えていたんでしょう。

    シスとはダークサイドのフォースを用いることを教義にした宗教集団であるので、その教義を重んじない限りはいくらダークサイドを使っても単なるダークジェダイです(アサージヴェントレスなどが該当。)
    そしてシスの教えを守った暗黒卿のみがダースの名を授かれるので、その名にダースを冠さないスノークはやはりシスではなく、帝国時代からの単なるダークジェダイなんでしょう。

  36. SW音楽マニア より:

    BGM根拠で考えると「ダース・シディアス説」に一票です。
    元記事の「プレイガス説」の根拠3でも触れられていますが、SWの楽曲は「ライト・モチーフ手法」(オペラやバレエ音楽などで用いられる写実的な作曲技法で、登場人物や状況にそれぞれモチーフを設定し、場面に応じてモチーフを組み合わせて作曲する手法)を用いて作曲されているため、各シーンに対してとても写実的で意味が大きいです。
    「最後のジェダイ」でスノークがレイを宙に吊り上げアブダクションするシーンで、「皇帝(=ダース・シディアス)のモチーフ」が流れます。「皇帝のモチーフ」は「ジェダイの帰還」(1983)の際に作曲されました。
    スノークには元々「フォースの覚醒」時に作曲された「スノークのモチーフ」があり、スノーク登場シーン各所で流れますが、上記のアブダクションのシーンに限って、何故か「皇帝のモチーフ」が流れるのです。その際あのシーンの登場人物は、レイ、レン、スノーク、エリート・プレトリアン・ガード達。しかも映像でフォーカスされているのはレイとスノークのみのカットであり、その間の話の流れにも「皇帝(=シディアス)」の要素は見当たりません。レイの素性がシディアス繋がりである可能性もゼロではないですし、単に「ジェダイの帰還」で皇帝がルークを追い詰めるシーンのオマージュとして使用した可能性も完全否定できませんが、ここで「皇帝のモチーフ」が使用される合理的な理由は「スノークはシディアス」以外に思い当たりません。

  37. 匿名 より:

    皇帝のクローンだと思っていた。
    最初に注文された皇帝のクローンが率いるから、新帝国軍はファーストオーダーと呼ばれたものだとばかり思っていた。でも、どこにもそんな事が明記されていなかったので早とちりかな。

  38. 4から見てる叔父さん より:

    スノークはepi7で「レンの修行を完成させる時が来た」みたいなこと言ってた。自分を殺害させることを予告してたと解釈した。わかっててわざとやらせた、に一票。多分epi9で生き返ってきてレンがレイを守って刺し違うとepi6と同じパターンになっちゃう。

  39. ジャバ・ザ・ファット より:

    レイの兄はハックス将軍だと思います。二人はまだ一度も顔を合わせていない。
    で、スノークなんですが、弟子に全てを教えて裏切られたダースプレイガスでは?プレイガスは寝ているところを襲われたということなので、スノークはガウンを着ているのかなぁと。もしくはシディアスの兄弟弟子で結託してプレイガスを殺した誰か・・スノークはベイダー卿を知っているので、過去のシリーズのどこかに登場している可能性は高いと思います。クローンを発注したサイフォディアスも若い頃のアナキンを知っているはずなので可能性はあるような・・・

  40. あまちゃん より:

    スノークはてっきりシディアスかと思ってました。
    正史ではないですがコミックでは元老院によってクローン禁止法が制定し、皇帝のみクローンを利用でき、シディアスの死の際シスの秘術で魂をクローンに移し生き長らえ、そのごルークをシスに落とし、レイアと対立するストーリーがあったので、シディアスが1番納得できる説だと思います。

    でないと、シディアス以外に強力なフォースを持ち帝国残党を束ねられる者はいないし、インペリアルガードを率いているのもシディアスの流れだと思うし。

    まぁありがちな全く伏線のなかった新キャラの可能性もなくはないですが、あのままスノークが終わりとも思えないので復活するでしょうね。
    シディアス本人じゃなくてもシディアスクローンという説もアリかもしれませんねw

  41. 匿名 より:

    スノークの正体は シス皇帝 ヴァルコリオン?

  42. 西の風 より:

    スノークなんですけど、最初に見たときから、「未知との遭遇」のひょろっとした異星人に似てるなーって思ってました( まるで関係ないですね、失礼しました )。

  43. 匿名 より:

    ダースモールもある

  44. aja より:

    ここまでの記事とトメントを読んだ印象だと、シディアスのクローン有力な気が。音楽も意味があるはず。ベイダー卿と呼ぶのもep6でもあったような。しかしクローンとなると、、、似てない。ルパンのマモーと同じく、シディアスのクローンが自ら何世代ものクローンを繰り返し、もはや原型を保てず、なにか肉体としてもおかしなことになっている可能性も?!

    • ヒトコトマニア ヒトコトマニア より:

      >ajaさん

      たしかにスノークの頭のや頬の部分は原型を保ててない感じがしますよね。肉体のクローン再生技術は確立されていましたが、フォースを受け継がせるクローン技術は無く、不完全な感じに仕上がっちゃったのかもしれません^^;