ブラックスキャンダル ネタバレあらすじ。ドラマの結末と黒幕を予想

2018年10月4日スタートのドラマ『ブラックスキャンダル』のあらすじや原作、登場人物などの情報をご紹介します。※ネタバレあり。

捏造されたスキャンダルにより人生を狂わされた女性の復讐劇!2017年秋に放送されたドラマ『ブラックリベンジ』に続く『ブラックシリーズ』第2第がいよいよ幕をあけます。

ブラックリベンジ同様『後味悪すぎの結末』に期待w

片岡鶴太郎の顔面から目が離せない…

【ブラック・スキャンダル】

放送開始日:2018年10月4日

放送時間:夜11時59分~他

放送局:読売テレビ

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル ネタバレあらすじ。原作や結末、黒幕予想

ブラックスキャンダル ネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックスキャンダル』あらすじや登場人物、原作情報や最終回の結末予想などをお届けします♪※ネタバレが含まれるので未視聴の方はご注意くださいm(_ _)m

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル あらすじ

『ブラック・スキャンダル』ってどんなドラマ?簡単なあらすじをご紹介♪

不倫スキャンダルが発覚し、表舞台から姿を消したタレントの藤崎紗羅(松本まりか)。愛する恋人との婚約解消、世間のバッシングを苦に自ら命を絶ってしまった母…。紗羅の人生は突如として地獄と化した(T_T)

5年後、紗羅が所属していたタレント事務所『フローライト』で一人の女性マネージャーが手腕を振るっていた。矢神亜里沙と名のるこの敏腕マネージャーの正体は、整形&偽名で潜入中のまさかの紗羅!

亜里沙(山口紗弥加)は5年前の不倫スキャンダルが何者かに仕組まれた陰謀だと知り、復讐のため別人になりすまし戻ってきたのだ。ターゲットとなる黒幕はフローライト関係者…。

欲望渦巻く芸能界の裏方としてのし上がってゆく亜里沙。復讐の機を虎視眈々と狙いながら…。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラック・スキャンダル

亜里沙の芸能マネージャーとしての成長と、人生オワコンにしてくれた犯人たちへの復讐が同時進行するっていうストーリーねw

整形までしちゃう所に亜里沙の復讐心の強さと覚悟が伺えますね…。

ホリデイラブ』に続いて不倫がらみのドラマに縁がある松本まりかの粘りのある狂気な演技に期待…

ブラックスキャンダル 原作

ドラマ『ブラックスキャンダル』は完全オリジナル脚本のためマンガや小説などの原作はありません。事前ネタバレが無いため、あらすじ予想や結末予想が楽しめますね(*^^*)

ちなみにブラックスキャンダルの脚本は、読売テレビ『プラチナイト木曜ドラマF』で2017年秋に放送された木村多江さん主演ドラマ『ブラックリベンジ』を担当した佐藤友治氏が参加しています。

【ブラックリベンジとは?】

木村多江主演の2017年秋ドラマ。捏造されたスキャンダルで夫を亡くした妻が、週刊誌記者となって夫を追い詰めた人物たちに復讐してゆくストーリー。

キャストは違いますが、『ブラックスキャンダル』は『ブラックリベンジ』から始まったブラックシリーズ第二弾となるようです。

この2つのドラマはストーリーもよく似ています。

ブラックリベンジのストーリー

スキャンダル捏造により夫を失った女性記者(木村多江)が、夫を追い詰めた人物たちに復讐していくストーリー。(原作なし)

ブラックスキャンダルのストーリー

スキャンダル捏造により夢を絶たれ、家族を失ったタレント(山口紗弥加)が黒幕たちに復讐していくストーリー。(原作なし)

共通点

どちらも主人公は女性で、スキャンダル捏造により人生を狂わされています。女性記者、芸能マネージャーという職業の違いはありますが、『ターゲットを炎上させて社会的に抹殺しちゃう』という復讐方法も同じですね。

さらなる共通点!アドバイザーがヤバい^^;

『ブラックリベンジ』はワイドショーなどでおなじみの元週刊文春の凄腕記者・中村竜太郎さんが監修を務めており、『ブラックスキャンダル』は最強芸能リポーター・井上公造さんが所属する株式会社KOZOクリエイターズがアドバイザーとして参加しています。

『炎上のスペシャリスト』を起用するあたりドラマの本気度が伺えますね~

ブラックリベンジの時は当時お茶の間を騒がせてた松居一代のオマージュ動画をドラマにブッ込んできてたねw今回も時事ネタぶっこみに期待w

この不倫スキャンダルドラマにアパ不倫の袴田吉彦が出演してる衝撃…

ちなみに『ブラックリベンジ』のヒロイン(木村多江)の決め台詞は『骨のずいまで炎上しなさい!』でした((((;゚Д゚))))

『ブラックスキャンダル』でもガクブルなキメゼリフが炸裂するのか?注目ですね!

ストーリー

ブラックリベンジ ネタバレあらすじ結末

ブラックスキャンダル 黒幕は誰?予想

ブラックスキャンダルの黒幕

さて、ドラマ『ブラックスキャンダル』はヒロインの矢神亜里沙(山口紗弥加)が自分を陥れた黒幕に復讐していくというストーリー展開ですが、気になるのはその黒幕の正体!

公式サイトを見ると芸能事務所社長・勅使河原 友和(てしがわら ともかず:片岡鶴太郎)が復讐のターゲットとなっていますが、ドラマが始まる前から真の黒幕がいそうな匂いがプンプンします!

黒幕は一体誰なのか(・・? 原作ネタバレ無しなので、ここはビシッと予想するしかありませんね!

ブラックリベンジから学ぶ黒幕の法則!

ここで参考になるのがやはり『ブラックシリーズ第1弾』のブラックリベンジ。このドラマには怪しい黒幕候補がわんさか登場し視聴者をパニックにおとしいれましたが、真の黒幕はヒロインを影で支えていた一番の協力者でした。(ヒロイン・木村多江さんの良き理解者だった女医が黒幕。演じたのは鈴木砂羽さんでした。怖かった~(;゚Д゚)

となるとブラックシリーズ第2弾となる今作も、『ヒロインの一番身近な良き理解者』が黒幕候補となりそうです!

ドヤ顔で浅~い考察暴露すな!w

公式サイトのキャスト相関図を見ると、ブラックスキャンダルのヒロイン・矢神亜里沙(山口紗弥加)の一番身近な理解者は阿久津唯菜(松井玲奈)となっていますね…。

【阿久津唯菜とは?】

芸能事務所「フローライト」の看板タレント。亜里沙を崇拝しており、スキャンダルが捏造だった事を亜里沙に密告した人物。亜里沙が正体を偽ってフローライトに潜入していることを知る数少ない協力者の一人。

完全に怪しい(≧∇≦)/

唯菜は亜里沙の復讐の影の協力者でもあり、この点も『ブラックリベンジ』の黒幕だった鈴木砂羽さんに似ています。

ちなみにブラックリベンジで黒幕候補の筆頭だった週刊誌編集長(佐藤二朗さんが演じた)は、鈴木砂羽さんに操られていた木偶的存在でした。となるとブラックスキャンダルで佐藤二朗さんと同じような立ち位置にいる黒幕候補筆頭の勅使河原友和(片岡鶴太郎)も、真の黒幕に操られている可能性がありますね。

ただ、ブラックスキャンダルが前作をそのままなぞるだけだと『ワンパターンかよ!』と視聴者が猛ツッコミする危険があるので、今作は意外な黒幕が潜んでいる可能性が大です。

個人的には安藤政信が演じてる亜里沙の元婚約者が怪しい…。

鶴太郎はヨガ枠だからラスボスではないw

ヨガ枠って何ですか^^;

※ブラックスキャンダル 黒幕予想は随時更新する予定です♪

ブラックスキャンダル 登場人物 ネタバレまとめ

『ブラックスキャンダル』に登場するキャストと、これまでのネタバレ情報をまとめました。

矢神 亜里沙…山口紗弥加

35歳。芸能プロダクション『フローライト』のマネージャー。担当タレントの売り込みやスケジュール管理などの業務をこなしている。

常に強気で負けず嫌いな性格。妥協を許さない仕事っぷりに周囲の反感を買うことも多いが、誰もが一目置く凄腕マネージャーである。

    【矢神亜里沙のネタバレ】

  • 矢神亜里沙は元もとフローライトに所属するタレントだった。しかし何者かの陰謀により不倫スキャンダルを捏造され、タレント生命が絶たれてしまった。
  • 亜里沙は真実を知るため整形し、名前を偽ってフローライトに入社。自分を陥れた黒幕の正体を突き止めようとしている。

藤崎 紗羅…松本まりか

矢神亜里沙と同一人物。フローライトの所属タレントだった頃、不倫スキャンダルを捏造され引退に追い込まれる(当時30歳)。その後 矢神亜里沙という偽名を名乗り、整形で姿を変えフローライトに潜入している。

    【藤崎紗羅 ネタバレ】

  • 紗羅はフローライト社長・勅使河原友和(片岡鶴太郎)の息子である純矢(安藤政信)と婚約していたが、不倫スキャンダルにより婚約は破棄された。
  • 紗羅の母親は世間からバッシングに耐えきれず、自ら命を絶ってしまった(T_T)

勅使河原 友和…片岡鶴太郎

60歳。芸能事務所フローライトの社長。無名だった事務所をたった業界最大手に成長させたデキる男で、所属タレントからの信頼も厚い。

    【勅使河原友和 ネタバレ】

  • 亜里沙(山口紗弥加)は勅使河原がスキャンダルを仕組んだ黒幕だと思っている。

勅使河原 純矢…安藤政信

38歳。勅使河原友和(片岡鶴太郎)の息子でフローライトのチーフマネージャー。イケメンで女性からの人気が高く、所属タレントたちのまとめ役として手腕をふるっている。

    【勅使河原純矢 ネタバレ】

  • 亜里沙(山口紗弥加)と将来を誓い合っていたが、スキャンダルにより婚約は解消となった。
  • 同じチーフマネージャーの花園由祐子(平岩紙)と敵対関係にある。

花園 由結子…平岩紙

40歳。フローライト芸能2部のチーフマネージャー。元々は亜里沙(山口紗弥加)の担当マネージャーを務めていた。タレントを道具のように扱う冷酷な女

    【花園由結子 ネタバレ】

  • 亜里沙を陥れた黒幕の協力者と見られている。
  • 全日テレビプロデューサー・五色沼(袴田吉彦)と裏でつながっている。

小嶋 夏恋…小川紗良

21歳。亜里沙(山口紗弥加)がマネージャーを担当するフローライトのタレント。芸能界での成功を夢見るしっかり者。

阿久津 唯菜…松井玲奈

28歳。フローライトの看板タレント。亜里沙にスキャンダルが捏造であることを伝えた人物で、亜里沙が復讐のためにフローライトに潜入していることも知っている。

    【阿久津唯菜 ネタバレ】

  • 亜里沙の正体を知る数少ない人物。
  • 亜里沙の復讐に協力する姿勢を見せているが、実は唯菜にも復讐したい相手がいるらしい。

亜里沙に復讐された人物

亜里沙(山口紗弥加)に復讐されたキャラの一覧です。

五色沼 仁…袴田吉彦

45歳。全日テレビのプロデューサー。亜里沙を陥れた黒幕の一人。フローライトの花園とつながっており、自身の地位を利用して女性タレントを食い物にするゲス男

    【五色沼仁 ネタバレ】

  • 亜里沙の不倫会見は、フローライトチーフマネージャー・花園の依頼で五色沼が会見を仕切っていた。

棚城健二郎…波岡一喜

大御所俳優・棚城正則(山下真司)を父に持つ二世タレント。薬物使用の疑いがあり…?

    【棚城健二郎 ネタバレ】

  • 棚城健二郎は5年前の偽りの不倫会見で、一億円の報酬を得る見返りに亜里沙の不倫相手を演じた。

参考:ブラックスキャンダル 公式サイト

※ブラックスキャンダル 登場人物のネタバレ情報は随時更新中です♪

ブラックスキャンダル 結末

最後にブラックスキャンダルの結末を予想してみましょう。

このドラマはスキャンダル捏造により人生を奪われた元タレントの復讐物語。彼女の目的は自分をおとしいれた犯人たちを地獄の底に突き落とすことです。ふつーに進めばこんな感じで最終回を迎えると思います。

『黒幕の手下たちへの復讐』

『黒幕を追い詰める』

『真の黒幕登場!からの衝撃の真相発覚!』

『復讐完了。ゴ~ン』

『ゴ~ン』はブラックリベンジのやつじゃね?w

復讐終えるとなぜか鐘の音が鳴ってたブラックリベンジ…一体誰が鳴らしてたんだ…?

しかしそこは『ブラックシリーズ第2弾』!キレイに終わるはずがありません!前作『ブラックリベンジ』は身の毛もよだつ結末となっていましたね。

    【ブラックリベンジの結末】

  • 復讐していたはずのヒロインが、実は復讐されていた側であることが発覚Σ(゚Д゚)
  • 婚約者と妹の不倫の果てに生まれた子供をヒロインが育てるという地獄の結末となったΣ(゚Д゚)
  • 婚約者と妹、さらにラスボスまでもが死亡Σ(゚Д゚)

このように、非常に後味の悪い最終回を迎えたブラックリベンジ。今作もハッピーエンドはあまり期待できないかもしれません^^;

イヤミス系ドラマは大好物だから問題ナシw

深夜枠ドラマをリアタイで見てる視聴者はバッドエンドに飢えてる事を忘れるな…

(それはあなただけ~!)

ヒロイン・矢神亜里沙(山口紗弥加)の復讐はキッチリ遂行されると思いますが、亜里沙は復讐のために整形までしており、元の幸せだった頃に戻れるかどうかは微妙ですね。

『たとえ復讐を果たしたとしても、血に染まったその手は二度とキレイになることはない。』

全てが終わった後、復讐の鬼と化していたこれまでを振り返り、自分を恐ろしく感じる…。そんな悲劇が亜里沙を待っているのかも知れません。

単なる復讐劇で終わらず、復讐の代償を背負うという結末を迎えた前作。……『ブラックシリーズ』第二弾となる今作も、視聴者に訴えかける深いテーマが潜んでいるかもしれませんね。

復讐を終えた亜里沙が整形タレントとして再デビューしそうな予感w

木村多江の友情出演にちょっと期待している…。

※結末予想はドラマの内容により随時追記する予定です。

ブラックスキャンダル ネタバレ

ブラックスキャンダル結末ネタバレ

木曜ドラマF「ブラックスキ…

@ytvdrama

#ブラックスキャンダル
偽りの謝罪会見で全てを失った女優の復讐物語
いよいよ明日始動。https://twitter.com/ytvdrama/status/10473…

13:06-2018年10月3日

○859人がこの話題について話しています

ドラマ『ブラックスキャンダル』第1話~最終回結末までのあらすじまとめです。(随時更新中)※ネタバレが含まれるので内容を知りたくない方やドラマ未視聴の方はご注意ください。

ブラックスキャンダル 第1話あらすじネタバレ

5年前、ウソの不倫スキャンダルをでっち上げられ引退を余儀なくされたタレントの藤崎紗羅(松本まりか)。五年後、彼女は整形で顔を変え、矢神亜里沙という偽名で芸能事務所【フローライト】で働いていた。

『あの日、私は偽りの謝罪会見で全てを失った…。私をおとしいれた者たちに必ず謝罪させる。』

亜里沙(山口紗弥加)は黒幕と思われるフローライト社長・勅使河原友和(片岡鶴太郎)、チーフマネージャー・花園(平岩紙)、テレビプロデューサー・五色沼(袴田吉彦)ら三人への復讐を誓った…。

亜里沙が新人タレントのマネージャーに!

フローライトに勤めはじめて半年、亜里沙は女優を目指す新人タレント・小嶋夏恋(小川紗良)の担当マネージャーとなった。夏恋は夢を叶えるためドラマのオーディションを受けまくっていたが、結果はどれも惨敗だった(T_T)

ある日、チーフマネージャーの花園(平岩紙)が夏恋を呼び出し、こう言った。『あなたは女優を諦めて別の道に進んだほうがいいって社長が言ってるの。』

ショックを受ける夏恋に、花園は『最後のチャンスをあげる』と言いテレビ局プロデューサー・五色沼(袴田吉彦)との枕営業を遠回しに勧めてきた。『今夜、五色沼さんはタワーホテルで待っているから。』

ヤラなきゃ意味ないよw

動揺する夏恋だったが、その夜『ヤラなきゃ意味ないよw』と迫る五色沼と一夜を共にしてしまった…。

『これでドラマのヒロイン役をゲットできる…』ホッとする夏恋だったが、ゲス五色沼は『2次審査もあるんだよw明日もホテルで待ってるから♪』と第二ラウンドを強要!話ちゃうやろ!と泣き崩れる夏恋(T_T)するとそこに亜里沙(山口紗弥加)が現れた。

『他の人が必死で努力しているのに、私は枕営業で役を取ろうとした。もう自分が信じられません…』罪悪感で涙を流す夏恋。亜里沙は彼女の手を取りこう言った。

『私はあなたのマネージャーです。どんなことがあっても味方よ。』

袴田吉彦、公開処刑w

翌夜。ヤル気マンマンでホテルに現れた五色沼(袴田吉彦)。『夏恋ちゃ~んwいる~?ww』

真っ暗な部屋で夏恋を探していると、耳元で『五色沼さ~ん♥』という甘い声が。

声の主は夏恋ではなく亜里沙!しかし五色沼は全く気が付かず、されるがままに目隠し&手錠をかけられる。『いいね~燃えてきたよ~夏恋ちゃん♪』

部屋の電気をつけた亜里沙は、もはや変態まるだしの五色沼を撮影し、ドラマ完成披露試写会の会場にライブ配信!夏恋との枕営業を暴露しちゃった五色沼に、会場に集まっていた報道陣がざわつく。

『本当の地獄はこれからよ♪』笑いながらホテルを去ってゆく亜里沙…。

復讐はまだ終わらない

世間から厳しいバッシングを浴びることになった五色沼は、しばらく地方に身を潜めるようと目論む。車に乗ろうとしたとき、亜里沙が再び登場!『そんな簡単には終わらせないわw』

亜里沙はタブレット端末を起動させある動画フォルダを見せた。そこには過去に五色沼から枕営業を強要された女優たち60人の告発動画が…!亜里沙はこの動画を一ヶ月に一本、5年かけてネットに流しつづけると五色沼を脅した。

土下座して謝罪する五色沼。しかし亜里沙は容赦しない。

『お前みたいな性欲馬鹿なテレビマンがいるから芸能界は腐っていくのよ。このウジ虫野郎!』

投稿ボタンをポチる亜里沙。一本目の動画がネットに流された。『クソ~(T_T)』ガックリと膝を落とす五色沼…。

笑う山口紗弥加

5年前、偽りの不倫スキャンダル会見を仕組んだ黒幕の一人・五色沼を成敗した亜里沙(山口紗弥加)。家に戻るとスマホに収められた元婚約者・勅使河原純矢(安藤政信)との幸せだった日々の写真を見つめた。

ソファーから立ち上がった亜里沙は、窓に映る街を見つめ、不気味に笑った…。

【ブラックスキャンダル 第1話 終】

『ヤラなきゃ意味ないよw』をアパ不倫の袴田吉彦が言ってて爆笑ww

片岡鶴太郎のヨガは必要だったのか…?

亜里沙もだいぶ壊れているようですね…。最後の笑顔が怖すぎです^^;

【第1話小ネタ】

記者会見でたびたび登場した『週刊星流』の記者。『週刊星流』はドラマ『ブラックリベンジ』でヒロインの木村多江さんがライターをつとめていた週刊誌です(笑)

ブラックスキャンダル 第2話ネタバレあらすじ

5年前、偽りの不倫会見を仕込んだテレビ局プロデューサー・五色沼(袴田吉彦)への復讐を終えた亜里沙(山口紗弥加)。しかし亜里沙の復讐はまだ始まったばかり…。今回のターゲットは亜里沙の不倫相手を演じたタレント・棚城健二郎(波岡一喜)だ。

健二郎はいわゆる二世タレントで、彼の父親は大御所俳優の棚城正則(山下真司)。人格者である父に比べ、息子の健二郎は薬物使用の噂がつきまとう悪評高き男だ。

健二郎に近づく亜里沙

健二郎に近づくため、亜里沙は復讐の協力者である阿久津唯菜(松井玲奈)とともに飲み会へと向かった。ベロンベロンに酔った健二郎は『内緒よ~んw』といい怪しい薬を取り出す。『こいつやっぱりジャンキーやん』と思った亜里沙は、世間に暴露するためスマホカメラを起動させた。

しかしタイミング悪く現れたマネージャー・安田静江が健二郎を連れて帰ってしまい、シャッターチャンスを逃してしまった…(・д・)チッ

父・正則の過去

後日、安田の元を訪ねた亜里沙(山口紗弥加)は、健二郎の父・正則(山下真司)が過去に芸能事務所を立ち上げたさい、経営難におちいり一億円もの借金を抱えてしまったという話を聞いた。

自宅に戻った亜里沙は正則の経歴を調べる。正則が経営難だった芸能事務所を立て直したのは今から5年前…そう、あの偽りの不倫会見が行われた年だ!

亜里沙は先日の飲み会の席で、酔った健二郎が『あのウソの会見の報酬として一億円貰ったw』と言っていた事を思い出す。なるほど…亜里沙は全てを悟った。

【解説】

健二郎はウソの不倫会見の報酬として受け取った一億円を、借金に苦しんでいた父・正則にプレゼントしていた。正則は事務所の経営を立て直すことに成功したが、息子に負い目を感じ、薬物使用を見て見ぬふりをしていた。

亜里沙の復讐がスタート!

正則に会った亜里沙は、音声レコーダーを再生した。そこには健二郎が薬物使用をほのめかす声が…。

『息子さんの薬物使用を公表します。』と脅す亜里沙。動揺した正則は『目的は金か?いくら欲しい?』と口止めを図る。そこに現れた健二郎のマネージャー・安田も『公表しないでー!』と土下座して懇願。亜里沙は『一つだけ助かる方法があります』と言った。

ネタバレ:亜里沙が持っていた音声データは、健二郎が過去にドラマやCMで喋ったセリフをつなぎ合わせたもので、つまり亜里沙がでっち上げた物だったw

後日、自宅にいた健二郎はテレビを見て衝撃を受ける!父・正則が会見を開いており、こう発表したのだ。『息子の健二郎は本日をもって芸能界を引退します。息子は…薬物に手を染めていたんです。』

涙を流しながら謝罪する正則。『な、何だこれ!?』とパニクる健二郎!さっそくマスコミが大挙し、健二郎は裏口からトンズラε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

行きつけのバーに身を隠しにきた健二郎。そこに亜里沙が現れた。『あんたのパパは自分が助かるために息子のアンタを売ったのよw全部私が仕組んだのww』

そう…父・正則は自ら謝罪会見することで『悲劇の父親』として世間を味方につけ、同時にこれまで見てみぬフリをして来た息子の薬物使用にケジメをつけようとしたのだ。

現れた警察官に身柄を確保される健二郎。亜里沙はトドメのセリフを炸裂させた。

『いつまでたっても親のスネやコネから卒業できない無様な中年反抗期!一滴残らず地球上から干されて消えてw』

ゴ~ン(鐘の音w)

健二郎への復讐を終えた亜里沙。後日、マネージャーの安田にこう言われた。『あなたが何をしようとしているのかわからないけど、あなた…幸せにはなれないわ。』

亜里沙はビルの屋上から町を見下ろし、不気味に笑った…。

【ブラックスキャンダル 第2話 終】

第2話は芸能界でも後を絶たない二世タレントの薬物使用ネタをブッ込んできましたね^^;

時事ネタが止まらないww

前回 アパ袴田が出演して禊(みそぎ)終えたんだから、今回も三田次男あたりに出演してもらいたかった…。

テレビ的に無理でしょ…^^;

ブラックスキャンダル 第3話~最終回までのあらすじ

下記リンクよりどうぞ♪

最新ドラマのネタバレあらすじ 関連記事

2018年最新ドラマのネタバレあらすじや感想です♪

2018年ドラマ視聴率一覧

以上、ドラマ『ブラックスキャンダル』ネタバレあらすじと最終回結末予想でした♪

2ページ目ブラックスキャンダル 最終回までのストーリーとネタバレ→

スポンサーリンク