【セシルのもくろみ】原作のあらすじとネタバレ、最終回の結末など

●この記事をシェアする

セシルのもくろみ あらすじ

2017年7月13日スタートのドラマ『セシルのもくろみ』の原作のあらすじをご紹介します。

モデル業界という華やかな世界で繰り広げられる女同士の壮絶バトル!否が応でもドロドロしたストーリー展開に期待しちゃいますね!

真木よう子、吉瀬美智子、ハセキョー…。出演陣がゴージャスすぎて動悸が治まらない。

ジェンダーレスなカリスマメークさんを演じる徳井義実が密かに楽しみ♪

この記事には原作のネタバレが含まれます。

スポンサーリンク

「セシルのもくろみ」はこんなストーリー

ファッション雑誌業界を舞台に専業主婦、シングルマザーなど様々な立場の女性たちが互いに身を削りながら衝突し、トップモデルの座を掴み取ろうと奮闘する「戦うオンナ」の物語。

幸せに見られることって、本当に幸せ?“もくろみ”うごめくオンナたちが狂演!!

嫉妬、野心、友情…パワフル&クレイジーな群像劇!

引用:セシルのもくろみ 公式サイト

主演は演技派女優・真木よう子。平凡な主婦でありながら、あることがキッカケで読者モデルの道を志す。持ち前の負けず嫌い&一本義な性格で女性の「美」をとことん追求!名だたるライバル達をおさえ、見事トップモデルになることができるのか?

そして豪華共演陣にも注目!吉瀬美智子、長谷川京子、伊藤歩など世代を超えて支持される女優達が美の共演。オトナの女性の魅力全開でこれでもか!とドラマを盛り上げてくれます。

原作

『セシルのもくろみ』の原作は、ファッション誌『STORY』で連載されていた唯川恵さんの同名小説。平凡な主婦がトップモデルへの階段を駆け上がるこの小説は主婦層を中心に絶大な人気を誇り、連載終了から7年後の2017年、ついに待望のドラマ化!

作者の唯川恵さんは1984年『海色の午後』で集英社第3回コバルト・ノベル大賞受賞。

2001年『肩ごしの恋人』で第126回直木賞受賞。

2008年『愛に似たもの』で第21回柴田錬三郎賞受賞。

スポンサーリンク

ん?セシルって誰?

『セシルのもくろみ』のセシルとはフランスの作家・フランソワーズ・サガンの小説に登場する少女の名前。

サガンのデビュー作である小説『悲しみよこんにちは』に登場するセシルは父親を溺愛する17歳の少女。ある日、亡き母の友人・アンヌがセシルの前に現れ、父と再婚するような空気を醸し出す。大好きな父をアンヌに奪われるのでは?と危惧したセシルは二人の再婚を阻むためある目論見を実行にうつす。そして物語は悲劇のラストを迎えることに…。

※日本では1967年に梓英子主演でドラマ化されている。

ドラマ『セシルのもくろみ』ではサガンの小説に登場した少女・セシルの『女性の内に秘めたオンナ』という内面にフィーチャーし、葛藤しながらも戦い続ける女性たちの生き様を描いている。

セシルのもくろみ あらすじと原作ネタバレ

『セシルのもくろみ』原作小説のあらすじと最終回の結末をご紹介します。ネタバレが含まれますのでご注意ください。

ネタバレ!主婦から一変!読者モデルとなった奈央

宮地奈央(真木よう子)は工場勤めの夫と中学生になる息子を持つごくフツーの主婦。平凡ながらも穏やかな生活に幸せを感じていた。

ある日、大学の同窓会に出席した奈央は友人の樋口文香から人気ファッション誌『VANITY-ヴァニティ』の読者モデルに応募すると告げられる。文香は容姿端麗でスタイルバツグン。納得する奈央だったが、なんと文香は奈央にも

セシルの原作ネタバレ

と誘いをかけてきた。

主婦として忙しい毎日を送る奈央。華やかなファッション業界など無縁の世界…。気乗りのしないまま文香の誘いにのった奈央だったが、まさかの一次審査通過!その後二人は最終面接まで勝ち残り、ついに結果が告げられる。読者モデルに選ばれたのはまさかの奈央!この結果に困惑しまくり…。

思いもかけずファッション業界に飛び込んだ奈央を待っていたのはライバルたちの嫉妬と潰し合いの日々だった…。

持ち前の負けず嫌いな性格も後押しし、奈央はなんとか慣れないモデルの仕事をこなしてゆく。

ネタバレ:奈央がヴァニティのモデルになったのは友人の誘いがキッカケだった。

トップモデルへの挑戦!奈央の決意と結末

ファッション誌『ヴァニティ』のカリスマモデル・沢口美奈子が表紙モデルを引退することになり、モデル達の間で壮絶な後継者争いが勃発することに。当初、ナンバー2と言われていたモデルは他のモデルと言い争いになり憤慨。事務所側は読者モデルとして採用した奈央を専属モデルとして再契約することに。

しかしヴァニティの売上は下降をたどるばかり。カリスマモデル・沢口美奈子なき今、過去の栄光は見る影も無い…。そんな中、さらなる事件が!新たに創刊されたファッション誌『ジョワイユ』がヴァニティの社員を引き抜きにかかっていたのだ。そしてジョワイユの編集長はヴァニティを去った沢口美奈子だった…。

売上低迷の責任を取らされた編集長は配置転換になり絶体絶命のヴァニティ。ジョワイユから引き抜きの声をかけられた奈央だったが、自分を見出してくれたヴァニティを裏切ることができず、残留を決意。

そんな中 奈央を読モに誘った大学時代の友人・樋口文香から連絡が。文香はジョワイユの専属モデルとして採用されたというのだ。ライバル心がメラメラと燃え上がった奈央はトップモデルになるべくメラメラと闘志を燃やすのであった…。

ネタバレ!黒沢洵子が奈央をヴァニティに引き入れた理由

春日部で奈央を見かけた黒沢は、彼女をヴァニティの読者モデルとして採用。モデル経験も無いごくフツーの主婦である奈央をなぜ読モにスカウトしたのか?

実は奈央はヴァニティ編集長・南城(リリー・フランキー)のもろタイプだった。同期の石田(眞島秀和)に出世の先を越された黒沢は、南城が奈央に手を出す事を想定し、彼女をヴァニティに引き入れたのだった。

そして黒沢の目論見どおり、南城と奈央は一夜をともにしてしまう…。

ネタバレ:黒沢が奈央をスカウトした理由は南城のスキャンダル狙いだった。

原作『セシルのもくろみ』のネタバレまとめ

  • 奈央がモデルを志すキッカケは大学時代の友人の誘いが発端だった。
  • 奈央は見事読者モデルに採用!しかし奈央を誘った友人・文香は落選してしまった…。
  • 奈央は良き理解者である夫がいながらヴァニティの編集長である南城と一夜をともにしてしまう。
  • ヴァニティを引退したカリスマモデル・沢口美奈子が『ジョワイユ』の編集長となり宣戦布告。ジョワイユには奈央の友人・文香が専属モデルとして採用されていた。
  • 黒沢が奈央をヴァニティに引き入れたのは南城を編集長の座から引きずり下ろすため。

ちなみにドラマでは奈央をモデルの道へ誘ったのはヴァニティの編集者・黒沢洵子(板谷由夏)です。

この辺の原作との違いが今後の展開にどう影響してくるのか注目ですね。

ドラマだと奈央の不倫相手になる編集長はリリー・フランキーが演じるんだね。

演技派女優の真木よう子と怪優リリー・フランキーの濡れ場…。これは期待しまくりだろ。コーフンしてきたぞ!

原作通りにストーリーが進むとは限りませんから、過度な期待はしないほうが…^^;

最終回の結末は?

原作小説ではヴァニティ残留を決め、トップモデルになることを心に誓った奈央。ラストはライバルとなる文香や美奈子に闘志が湧いた所で完結しました。

奈央がナンバーワンモデルになれたのかという一番気になる結末までは描かれていませんでしたね…。ドラマ版では一体どんなラストを迎えるのか楽しみです。

登場人物や設定が微妙に違うから、ドラマオリジナルの結末を用意してるんじゃないか?予想では奈央がトップモデルになってライバル達を見返して終了!ってストーリーになる予感。

藤原竜也主演『リバース』みたいに原作のその後をぜひ描いてほしいな。結局は主婦に落ち着くってゆーほのぼのハッピーエンドもありかもw

モデルという華やかな世界でくり広げられる女同士の熾烈な戦い。

彼女たちは一体どんな『もくろみ』を胸に秘めているのか?ドラマ『セシルのもくろみ』は2017年7月13日午後10時よりスタートです!

セシルのもくろみ 撮影場所
『セシルのもくろみ』真木よう子さん演じる奈央が働いている弁当&惣菜のお店の撮影場所情報
セシルのもくろみ 第1話のあらすじと感想
ドラマ「セシルのもくろみ」の感想。第1話から最終話までのレビューを随時更新中。

ドラマのあらすじ&ネタバレ 関連記事

人気ドラマのあらすじやストーリー、原作ネタバレ、感想などをお届けします。

リバースのあらすじ
2017年春ドラマ。藤原竜也主演『リバース』の原作ネタバレ、あらすじやドラマと原作小説の違いなど。
銀と金のストーリーと結末
大金が舞う壮絶マネーゲーム!『銀と金』。原作コミックのあらすじやドラマの内容をご紹介。
あなたのことはそれほど
東出昌大が怖すぎる!と話題になったドラマ『あなそれ』。原作のあらすじとドラマの紹介
愛してたって秘密はある
2017年夏ドラマ「愛してたって秘密はある。」のあらすじをご紹介。気になる結末も予想。
【ウチの夫は仕事ができない】あらすじとネタバレ、最終回の結末は?
ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」のあらすじ(ネタバレ含む)や登場人物の情報、最終回の結末予想などをお届けします。錦戸亮、松岡茉優が共演のドラマ「うちの夫」。第1話~最終話までのストーリーと…。沙也加の妊娠が発覚し、司は仕事を…

2ページ目▶ドラマ版『セシルのもくろみ』のあらすじ(ネタバレ含む)