中学聖日記 ネタバレあらすじ。原作の結末は?中学生と教師の純愛ストーリー (2ページ目)

中学聖日記 原作マンガの結末予想と、最新刊となる第5巻の情報をご紹介します♪

第5巻収録予定のあらすじ

月刊『FEEL YOUNG』最新刊(2018年11月現在)までのストーリーです。

聖と別れたショックで会社を辞める決意をした勝太郎(聖の元カレ)。辞表を提出したが、原口先輩(吉田羊)が勝手に辞表を撤回し、無かったことにしてしまう。

『この恩は仕事で返せw』と笑う原口先輩。今や彼女に惹かれ始めていた勝太郎は、意を決して食事に誘った。しかし原口先輩は無視…(T_T)

一方、黒岩の家(親戚の家)での勉強会いらい、気まずい関係になっていた岩崎るな(小野莉奈)は、ようやく黒岩と向き合う決意をする。

バスの中で進路について話す二人。黒岩は大学には進まず『就職したい』と言う。理由は言わなかったが、早く独り立ちして聖と対等になりたいのだろう…。その後、黒岩は聖のアパートに行ったことを岩崎に話した。

恐れていた事が現実に起きてしまいショックを受ける岩崎るな。聖が好きだという気持ちを岩崎に告げ『別れよう』と切り出した黒岩…。岩崎は必死に反対したが、黒岩は『もう無理』と言った。

薫が岩崎るなに告白!

黒岩にフラレ、目を腫らすまで泣きまくった岩崎。中学時代のクラスメイト・香坂(中田青渚)に誘われて街に出ると、あの傍若無人ナルシスト・に遭遇!

薫は『アンタの事好きになった…って言ったらど~する?』と遠まわしに告白!るなは『アンタのことは嫌いだから!』と言い去っていったが、再び薫のもとに戻り『さっきはごめん』と謝罪した。

聖が黒岩くんに電話!

その頃、親友の九重(若林時英)と一緒だった黒岩のもとに、聖からまさかの電話がかかってきた!

電話の内容は『アパートのそばに怪しい女がいるのぉぉ(T_T)』というしょーもないものだった^^;どうやら誰にも頼れず怖い思いをしていたらしい…。

聖は以前 黒岩とのことで学校を辞めたことが、いまの学校でも問題になっていると話す。教師の仕事を続けたい聖にとって、これ以上黒岩君とかかわることは出来ないと…。

黒岩は岩崎るなに別れた事を告げた事を話し、自分は今でも聖を想っていると告白した。

黒岩と聖、ついに再会!

後日、聖を付け回していた保護者・から聖の悪い噂が学校に広まり、保護者会が開かれる事が決定する。面倒くさいことになり気落ちする聖…。

ため息混じりに帰宅すると、まさかの黒岩が待っていた。以前 聖に『教師に向いていない』と言った事を謝りに来たのだ。

帰ろうとする黒岩に、聖は『もう一度話し合おう』と呼び止めた。しかし黒岩は『それは自分のためですか?』と冷たい目を向ける。聖は二人の関係を無かった事にしたいのか…?

動揺した聖は思わず黒岩にビンタをしてしまった。慌てて謝る聖に『僕のほうこそスイマセン。いつも先生の気持ち考えずに変な事言って…。』と返す黒岩。

帰ろうとする黒岩をまたしても聖が引き止める。じつはこの時 聖はお腹が空きすぎて死にそうだったのだ^^;

黒岩に貰った菓子パンを美味しそうに食べる聖…。『君は泣かなくなったね…』と黒岩に言った。

ここで聖は、自分が子星中学校を辞めた後、黒岩も学校を辞め家を出ていたことを初めて知る。その後 黒岩が必死に勉強して高校に進学したことを知り、さらに驚く。

二人の話はつきず、気がつくと終電の時間が過ぎていた^^;

黒岩は駅で始発を待つといい、帰ろうとする。最後にこう聞いた。

『僕とキスしたのはなぜですか?』

答えない聖に、黒岩は『僕が大人になったら教えてくれますか?あと10ヶ月で18歳です。待ってます。』と言った。

黒岩が送ったあと聖はモンスター保護者・橘と遭遇!今の会話も全て聞かれていたらしい…!

橘は『未成年に手を出したゲス教師』と聖を罵った…。

中学聖日記 結末

中学聖日記は現在も連載中なのでどんな結末を迎えるのかは全く不明ですが、ここで勝手に結末を予想(⇒妄想)してみたいと思います。

結末予想その1 黒岩くんと聖は別れる(T_T)

中学聖日記は単に教師と生徒の禁断の恋を描いたマンガではなく、『めっちゃイケメンで超絶かわいい年下君の誘惑攻撃を、自分に自信がないネガティブ教師がいかにしてかわしていくか』というバトル要素が含まれていると僕は感じました。

となると黒岩くんとゴールインする結末は聖にとって魔王に屈する事と同義のバッドエンドなのです。

聖はこれまでの人生の大部分を人に流されて生きてきました。コミックス第4巻までを読むと、教師を志した理由も小学生の時『学校の先生になりたい』というクラスメートが多かったから『じゃあ私も』というノリでした。

勝太郎との交際中も、彼が自分を引っ張ってくれることで『自信のない、弱い自分を見なくて済む』という頼る気持ちがありました。

勝太郎と別れる時に言った『勝太郎さんが好きな「私は」、私が好きな「私」じゃない』というセリフも、彼の愛に応える自信がないという「逃げ」に聞こえてきます。

この物語を『聖の成長ストーリー』と考えた時、聖に待ち受ける最良の結末は『弱い自分とおさらばし、何者にも流されず、自分の力で人生を切り開いてゆく強さ』を身につけることではないでしょうか。

そこで黒岩くんというキャラが重要になってきます。彼は聖の成長の前に立ちはだかる『誘惑の魔王』的存在だからです。『あの花火大会の日で私の時間は止まっている』という聖。これも黒岩くんのザ・ワールドが発動したからに他なりません。

聖の真の幸せは、ダークサイドとライトサイドが同居する美しきラスボス・黒岩くんを超えて行った先にあるのです。

別に黒岩くんとゴールインしてもそれは聖の決断だし、自分で答えを出したって事は成長した証拠じゃね?w

ここまで盛り上げてあの二人がくっつかないとか世間が許すのだろうか…

結末予想その2 聖と黒岩くんがゴールイン(≧∇≦)/

聖と2年ぶりに再会した黒岩くんは、変わらぬ愛の気持ちを伝え、『岩崎と付き合ってるけど、別れます』と四回も告白してやっと交際に至った苦労人・岩崎をバッサリ切り捨てる発言をかましました。

『自分の理想のためなら他人の犠牲はいとわない』という鬼畜な考えを持っているわけではありません。彼は深い愛を持ち合わせています。友達を思いやる優しい心を持っています。ただ単に『好きじゃない人と付き合っても意味がない』と考えるタイプなのです。これはお互いのためであり、悪気はいっさいありません。

聖についても『ぼくは先生が好きです。だからいいですよね?』と控えめに言っても身勝手極まりない態度を取り続けていますが、これもワガママだとは微塵も感じていません。だって、黒岩くんは聖が大好きなんですから(≧∇≦)/

こんな黒岩くんの追撃を、聖はかわすことはできません。彼は地の果てまで追ってきます。

ある時 聖は考えます。『彼は何かが欠落している。それを教えるのは私の役目』だと。ここで聖は初めて自分が教師になった意味を見いだします。

二人は同じ道をともに歩み、ともに成長して行きます。誰にも邪魔されない聖域を、二人は歩み続けるのです。

ホラーにしか聞こえないんだけどw

まぁ最終的には黒岩と聖、岩崎と薫、勝太郎と原口先輩がくっつく気がする…。

※中学聖日記の結末妄想は随時更新中です。

スポンサーリンク

中学聖日記 原作コミックス発売日

中学聖日記 原作コミックスの発売日一覧です。最新刊となる第5巻はしばらく先になるのかな(・・?

  • 第1巻の発売日…2016年7月8日発売
  • 第2巻の発売日…2016年8月8日発売
  • 第3巻の発売日…2017年10月7日発売
  • 第4巻の発売日…2018年7月19日発売
  • 第5巻の発売日…未定。2019年夏~秋ごろ?

ドラマ版の方が一足先に結末を迎えるようです。原作マンガと同じ結末となるのかは不明ですが(多分別)、ドラマと原作、それぞれ楽しみたいと思います(*^^*)

※最新刊の発売日は情報が入りしだい追記する予定です♪

以上、中学聖日記 ネタバレあらすじと結末予想でした~。

スポンサーリンク

最新ドラマのネタバレあらすじ

2018年10月スタートの最新ドラマのネタバレ情報やストーリーをご紹介♪

2018年ドラマ視聴率一覧

スポンサーリンク