義母と娘のブルース ネタバレとあらすじ、原作の結末。ぎぼむす

この記事には『義母と娘のブルース』原作のストーリーと結末の内容が含まれます。

2018年7月10日スタートのドラマ「義母と娘のブルース」の原作のあらすじやネタバレ情報をお届けします♪

『取引』から始まったある男女の結婚。重い病を患っていた夫は、この世を去っていく自分に代わり一人娘を託す相手を探していました。

一方の妻は元バリバリのキャリアウーマン!家事も育児も苦手な彼女が義理の娘と生活を始め、悪戦苦闘の毎日を送ります。

3人を待ち受ける試練と苦難の日々をハイテンションなギャク満載でユーモラスに描いた『笑える感動巨編』です♪しかし!ラストの結末は大号泣必死!

義母と娘のブルース

【公式】今夜10時『義母と娘の…

@gibomusu__tbs

こんにちは!#ぎぼむす スタッフです❗️明日はなんと王様のブランチ に宮本家 が登場します!3人のインタビューなど盛りだくさんなので、ぜひ✨見てください✌️ #王様のブランチ は明日16日あさ9:30~放送ですhttps://twitter.com/gibomu…

11:27-2018年6月15日

951人がこの話題について話しています

スポンサーリンク

義母と娘のブルース 原作ネタバレとあらすじ、結末

義母と娘のネタバレ

「義母と娘のブルース」の原作マンガのネタバレやあらすじ、最終回の結末などをご紹介します。涙あり、笑いありの感動巨編4コマとして人気を博す「ぎぼむす」。一体どんな物語なのでしょうか…?

【ぎぼむす 登場人物】
亜希子
(綾瀬はるか)…32歳で部長に昇進したやり手キャリウーマン。性格は超生真面目。良一の妻となる。
良一
(竹野内豊)…重い病を患っており、前妻との間に生まれた一人娘・みゆきの未来を案じている。後に亜希子と結婚。
みゆき
(上白石萌歌、横溝菜帆)…良一の娘。小学生。義母となった亜希子と複雑な親子関係を築いてゆく。
ヒロキ
(大智)…みゆきの幼馴染。イケメン。後にみゆきと…?
麦田章
(佐藤健)…パン屋の店長(ドラマではバイク便で働く)。亜希子に次第に惹かれていき…?

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/義母と娘のブルース

スポンサーリンク

義母と娘のブルースはこんなストーリー

義母と娘のブルース 簡単なストーリーをご紹介します。(詳細なあらすじは以下でご紹介しています。)

  • ヒロインの亜希子(綾瀬はるか)は仕事一筋の有能なOL。しかしある時 自分の孤独さに気づき子供がほしいと思うようになる。
  • そんななか出会ったライバル企業の社員・良一(竹野内豊)。彼は重い病を患っており、余命宣告をされていた。良一は妻を病気で亡くしており、自分が死んだ後 一人娘・みゆきが天涯孤独になってしまうことを嘆いていた。
  • 子供を欲しいと思う亜希子と、子供を託したいと願う良一。お互いの願望を満たすためだけに結婚した二人は、次第に真の愛に目覚めてゆく…。
  • 最初はぎこちない関係だった亜希子と義娘のみゆき。月日が流れるに連れ少しずつ溝を埋めてゆく。
  • からの感動のラスト!

参考:義母と娘のブルース 公式サイト

義母と娘のブルース 原作

「義母と娘のブルース」は漫画家・桜沢鈴氏による同名コミックが原作となっています。

原作マンガは4コマベースで展開していきますが、基本的に前後のつながりがあり時間の流れも存在します。ラストに向け一つの物語として進行していきます。

義母と娘のブルース あらすじとネタバレ

義母と娘のブルースのあらすじとネタバレを原作マンガからご紹介します。

ヒロイン・岩木亜希子(32歳、綾瀬はるか)は仕事一筋に生きてきた有能なOL。金属加工会社で働く彼女は成績優秀で上司からの信頼も厚かった。しかし超がつくほどの真面目な性格と融通の効かなさが災いし、時にドン引きされることも…^^;

会社では部長職についていた亜希子だったが、ある日突然『今月いっぱいで会社をやめます』と宣言!亜希子はライバル企業に勤める宮本良一(竹野内豊)と結婚することになり、これまで積み重ねたキャリアを捨てあっさり寿退社してしまった…。

    【亜希子の笑えるエピソード1】

  • 良一の娘・みゆきに初めて会った亜希子は全ての漢字にふりがなをふった名刺を渡したw
  • 打ち解けてくれないみゆきに気に入られるため腹芸をかましたw(宴会芸は亜希子の特技w)
  • 同居することになったみゆきに自分の事をよく知ってもらうため履歴書を渡したw
  • 割り箸とタオルと輪ゴムで掃除器具を作って特許を取ろうとしたが、すでに「マツイ棒」が発売されている事を知り驚いたw

ネタバレ:亜希子が結婚した理由

亜希子(綾瀬はるか)は良一と出会う前、仕事一筋な人生を歩んできたゆえの孤独さから、『子供が欲しい』と思うようになっていた。

一方の良一(竹野内豊)は重い病を患っており、余命宣告をされていた。すでに死を覚悟していた良一だったが、気残りなのは前妻との間に生まれた一人娘・みゆきを託す相手がいないこと。『自分が逝ったらみゆきは一人になってしまう…。』

そんな二人が出会い、『この人と結婚すればお互いの悩みを解消できる。』と判断。二人は取引としての結婚に至った。

ネタバレ 次第に愛情が芽生えてゆく二人

結婚した二人だったが、最初は愛情など無く『取引』としての結婚生活をおくっていた。同居を初めて約一年後、病が進行し入院生活を余儀なくされた良一は、亜希子と病室で過ごす時間が増えてゆく。

良一は亜希子に恋心を抱くようになり、亜希子も『少しでも長く生きていて欲しい』と願うようになる。

二人はお互いに『愛しています。』と告白しキス。これからは愛で結ばれた本当の家族になろうと決意する。『結婚式あげようよ♪』と会話が弾む二人だったが、その三日後、良一は帰らぬ人となった…。

ネタバレ:良一が亡くなり気落ちする亜希子だったが、葬儀に参列した元職場の同僚に『葬式のアクセサリーは真珠でしょ!』と相変わらず生真面目にツッコんでいた(笑)。

あらすじ:亜希子とみゆきの『義母と娘』生活がスタート

あらすじ

【公式】今夜10時『義母と娘の…

@gibomusu__tbs

こんばんは🌃 #ぎぼむす スタッフです🐇 今日は暑かったですね😳💦いよいよ夏到来☀️ということで…7/10の初回に先駆けて、#七夕 の日に #プレミアム試写会 を開催することが決定しましたっ…https://twitter.com/gibomu…

16:04-2018年6月26日

751人がこの話題について話しています

「義母と娘のブルース」原作ネタバレとあらすじの続き

告別式を終え帰宅した亜希子とみゆき。食器の後片付けをする小学生のみゆきは『これからは一人で生きていかなきゃ』と気丈に言い放った。

亜希子は涙を流し、『家族ごっこ』をして幼いみゆきを傷つけてしまったことを謝罪。

『あなたを一人にはさせない。』

みゆきは涙を流し、この時 初めて亜希子を『お母さん…』と呼んだ。

亜希子が家事に育児に奮闘!

良一が残した娘・みゆきとの二人暮らしがスタート。亜希子はOL時代に貯めた莫大な貯金を元に、働きに出ること無く主婦業に専念することになった。

はじめは慣れない家事に悪戦苦闘していたが、月日は流れ7年後、みゆきが高校生になった頃には完璧にこなすようになっていた。

みゆきが思いを寄せるヒロキ君

高校生になったみゆきは、幼馴染のヒロキを意識するようになる。実は二人は小学生の時に口ケンカをして以来、一言も喋っていない。いつも同じバスで高校に向かう二人だったが、意地っ張りなみゆきは話しかけることができなかった…。

ネタバレ:みゆきはモテる!…が変な性格w

容姿端麗なみゆきは時に男子生徒から告白されることも♪…しかし義母・亜希子の教育の影響なのか、言葉遣いが時にビジネスライク!告白してきた男子に

『鋭意検討して善処する所存です。』

カタ~い返事をすることも…^^;

あまり恋愛に前向きじゃないみゆき。その理由は幼くして母と父を亡くした経験から『人にはいつか別れが訪れる』と理解していたからだった…。

    【みゆきの笑えるエピソード】

  • モテモテだった高校生のみゆき。しかし告白してきた男子をどう断っていいか分からず、考えた末『内定取り消し』と書いた紙を渡していたw(亜希子に似てきた?)
  • 恋愛に目覚めたみゆきに『避妊の重要性』を教えようとする亜希子だったが、みゆきは『避難』と勘違いし災害グッズを笑顔で見せたw

面接に行く亜希子

ある日、亜希子(綾瀬はるか)は再び外で働こうと思い立ち、面接に向かった。リクルートスーツでビシっと決めて向かった先は商店街のパン屋さん^^; 対応した店長は『保健所の職員が来た!』とパニクったw

亜希子のスゴすぎる経歴と資格(TOEIC最高レベル、簿記一級、社会保険労務士資格取得など)を目の当たりにした店長は恐れおののき不採用にしてしまった。

しかしその後、亜希子の『ふつーな面』に気づき、店長は採用を決意した。

めでたく採用された亜希子だったが、頭が良すぎるためレジも暗算で行うw時に原価金額で請求し店長を困らすことも…。

ネタバレ:亜希子が面接に受かった理由

一度は不採用になった亜希子だったが、帰り際『パンの耳ください』とお願いしてきたことが店長の胸に響き、採用されることなった。

ネタバレ:亜希子に新たな恋が!

亜希子が勤めるパン屋の店長・麦田章(むぎた あきら 役:佐藤健)はいつしか亜希子に恋心を抱くようになる。最初は恋愛感情などなかった亜希子だったが、ある日 麦田の気持ちを偶然知ってしまい、次第に彼を意識するようになった。

亜希子は店の経営を立て直した後、経営コンサルタントになる!といい退職届を提出。麦田は『最後にデートがしたい!』と言い二人はお台場でショッピングをする。

帰り道、麦田はついに亜希子に告白!しかし亜希子は亡き良一(竹野内豊)を想い、『彼から本当の家族になろうって言われ、私は満たされてしまった』と返事をした。

麦田は亜希子を抱き寄せたが、亜希子は『今までありがとう』と言い去っていった…。

    【パン屋パート時代の笑えるエピソード】

  • 亜希子を口説くつもりで『話がしたい』と誘った麦田。しかし亜希子は『経営戦略』について話し始めたw
  • 用心深い亜希子は強盗対策のため、レジ横に硬いフランスパンを置いていたw
  • 店に流すBGMをめぐり言い合いになった亜希子と麦田。最終的に演歌になったw

義母と娘のブルース それぞれの20年後

「義母と娘のブルース」原作あらすじとネタバレの続き

みゆきが義母・亜希子(綾瀬はるか)と出会って20年が経っていた。みゆきは小学校時代からの幼馴染・ヒロキと結婚し、二人の子供(希美と大樹)を持つ母になっていた。現在は亜希子の家を出て夫の母と一緒に暮らしている。

『掃除がなっていませんよ!』と典型的な小姑っぷりを見せるみゆきの夫の母。みゆきはなんとか仲良く暮らそうと頑張るが、気遣いの絶えない毎日を送っていた。

みゆきはなかなか連絡の取れないもう一人の義母・亜希子を心配していた。ある日、みゆきは亜希子に会いに出かけたが、亜希子は外出しており会えずじまい…。

ネタバレ:一人暮らしの亜希子の家は全自動食洗機やルンバなどで家事は全自動化されていた(笑)

亜希子のその後

亜希子は髪の毛が薄くなったり老眼になったりと、少し老化が進んでいたが、経営コンサルタント会社社長としてバリバリ仕事をこなす毎日を送っていた。しかし時に自分の元を巣立っていった娘を想い『私の役目は終わったの』と悲しい目をする時も…。

ある夜、仕事から帰った亜希子(綾瀬はるか)を、子供を連れてやってきたみゆきが待っていた。どうやら姑とモメて家を飛び出してきたらしい…。

久々に再会する孫に名刺を渡してぎこちなく挨拶する亜希子w

みゆきの恩返し

みゆきは自分を育ててくれた義母に、なにか恩返しがしたいと思うようになる。内心は寂しがっている亜希子を察し、しばらく一緒に暮らすことになった。

ある日、飲み会で酔っ払った亜希子は路上で倒れ、病院のベッドで目を覚ました。看病していた娘のみゆきに『あなたの義母になったのは私のエゴだった。自分が幸せになりたかっただけ。』と良一と結婚した理由を告げる。

みゆきは亜希子の手を取り、『それは…愛っていうんだよ。』と言い涙を流した。

義母と娘のブルース 原作の結末

『取引き』からはじまった親子関係は、いつしか愛で結ばれた真の家族へと成長していきました。しかしここである試練が二人を襲います。

成長したみゆきと亜希子に訪れた衝撃の結末とは…?(下記リンクより)

義母と娘のブルース ネタバレあらすじへの感想

『義母と娘のブルース ネタバレとあらすじ』記事に頂いたコメントや感想をご紹介します♪

ぎぼむす:より

2018/7/16 14:26

ぎぼむす 原作マンガファンです。そうなんですよ~泣けるんですよ~最後(T_T)なんか前半はフツーのギャグマンガなのに、ストーリーが進むに連れ涙が…。亜希子がカッコいいんですよね、自分を持ってて。ドラマでは初っ端から笑える展開ですが、後半どうなるのか気になります。

匿名:より

2018/7/17 0:26

マンガ版読んだけどたしかに面白かった。あの悲しいラストにする必要あったのかなと思ったけど、読み終えた後は悲しさよりも感動の方が大きくて、四コマなのに斬新だったなと感じました。みゆきのその後が気になりますね。。。

ドラマのあらすじ、ネタバレ関連記事

人気ドラマのあらすじや原作、ネタバレ情報をご紹介しています♪

最新ドラマの視聴率一覧

2ページ目義母と娘のブルース 感動の結末と感想→

スポンサーリンク