【anone-あのね】あらすじとネタバレ、原作の情報など。最終回まで

●この記事をシェアする

【anoneあのね】第2話のあらすじと感想を更新しました。

anoneのあらすじ

2018年1月10日スタートのドラマ【anone-あのね】第1話から最終回までのあらすじや登場人物などをご紹介します。※ネタバレ注意。

ネットカフェで暮らす孤独な少女・辻沢ハリカ(広瀬すず)。両親と弟を亡くし児童養護施設で育ったハリカは、過去の辛い思い出に蓋をして、なんとかその日を生きていました。

生きることの意味とは?

生きてゆく上で本当に大切なものとは?

真実の人間愛を見つけてゆくヒューマンストーリーです。

ハリカの幼少期と今のギャップがありすぎてどの時点で人格改造されたのか気になるw

スケボー乗りたくなったけど、通行人はねて投獄される自分を想像してやめた…

あのね

出典:日本テレビ anone【あのね】公式サイト

スポンサーリンク

anone【あのね】 原作

原作

anone【あのね】は脚本家・坂元裕二氏によるオリジナルストーリー。原作はありません。『anone』は『Mother』(2010年)、『Woman』(2013年)に続く日本テレビ、坂元裕二オリジナル脚本の3作目となる作品です。

坂元裕二氏のプロフィール

生年月日:1967年5月12日(50歳)
出身:大阪府

【ドラマ】

『東京ラブストーリー』
『Mother』
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
『カルテット』

【映画】

『世界の中心で、愛をさけぶ』

anone【あのね】登場人物

ドラマ【anone-あのね】の主要登場人物をご紹介します。

辻沢ハリカ〈19〉

演 – 広瀬すず

通称「ハズレ」。ワケアリ物件の清掃員。ネットカフェで生活している。移動はスケボー。帽子やスケボーをすぐ置き忘れる。

ネタバレ:『ハズレ』というあだ名はハリカが8歳~12歳まで過ごした矯正施設「ためがい学舎」の所長が名付けた。

青羽 るい子〈50〉

演 – 小林聡美

持本のカレー店に現れた謎の女性。死に場所を求めている。以前は商社勤務のエリートだったが、後輩たちに出世を阻まれ退社。会社の倉庫に火をつけた放火罪で5年間服役した。

ネタバレ:青羽るい子は会社の倉庫への放火罪で5年間刑務所に入っていた。

持本 舵〈45〉

演 – 阿部サダヲ

カレー店「東印度会社」のマスター。病を患い半年の余命宣告を受けた。店を閉めようと思っていた所、青羽るい子が現れ意気投合。いつもフリスクを食べている。

店は亡き父が開業したものだが、3年前に他界し後を継いだ。しかし小学校からの友人・西海に言われるがままフランチャイズ化してしまい、その契約金が払えず担保に入れていた土地を奪われることに。

中世古 理市〈35〉

演 – 瑛太

林田印刷所の元従業員。

花房 万平〈65〉

演 – 火野正平

林田亜乃音が勤める法律事務所の所長。

林田 亜乃音〈62〉

演 – 田中裕子

法律事務所の事務員。亡くなった夫は印刷工場を営んでいた。玲という娘(江口のりこ)がいるが音信不通状態。玲は夫と前妻との間に生まれた子供で、亜乃音とは血はつながっていない。

ネタバレ:林田亜乃音は自宅の一階の床下から大量の一万円札を発見。夫は妻に内緒で偽札づくりをしていた。

紙野 彦星(かみの ひこぼし)

演 – 清水尋也

アプリチャットで「カノン」と名乗る少年。重病を患っており入院生活を余儀なくされる。

ネタバレ:ハリカとは更生施設「ためがい学舎」で共に生活をしていた。スマホのチャットアプリで『ハズレ』というハンネを見つけ、ハリカではと思いレスを送った。

笠木 有紗〈19〉

演 – 碓井玲菜

ハリカと同じネットカフェで寝泊まりする少女。海岸で大金の入った保冷バッグを見つけ、ハリカと美空を連れバッグを取りに行った。前歯が1本欠けている。

網島 美空〈19〉

演 – 北村優衣

ハリカのネットカフェ仲間。大金の入ったバッグを見つけた後、独り占めしようと逃走。しかし電車に乗った直後 林田に奪われてしまった。

青島 玲〈32〉

演 – 江口のりこ

亜乃音の娘。一人息子を育てるシングルマザー。ガソリンスタンドで働いている。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/Anone

anone【あのね】 あらすじとネタバレ

ドラマ【anone-あのね】のあらすじをご紹介します。第1話~最終回まで随時更新予定。

ネタバレが含まれるので、ドラマ未視聴の方、内容を知りたくないかたはご注意ください。

毎週水曜夜10時は病みキュンの時間w

第1話中盤ですでにリスカしたくなった…

スポンサーリンク

anone【あのね】 第1話のあらすじとネタバレ

anone【あのね】第1話(2018年1月10日放送)のあらすじです。※ネタバレ注意

死にたい二人の出会い

病院に検査結果を聞きに来たカレーショップ「東印度会社」の店主・持本舵(阿部サダヲ)。医師から余命半年を告げられた。

店に戻ると入り口に『本日を持ちまして閉店させていただきます』と張り紙を貼った。そこに現れた女性客・青羽るい子(小林聡美)。カレー店なのに焼きうどんを注文され困惑する持本だったが、初めて作った焼きうどんを青羽は美味しそうにたいらげた。

カレー屋にうどんがあったことがまず奇跡

金払えよ

持本はこの店をたたむことを告げ『最後にあなたのようなキレイな人に会えてよかった。』と言った。彼が病気だと知った青羽は『私も死に場所を探してたの』と言い、二人は車に乗り込んだ。

anoneのネタバレ

孤独な少女・ハリカ

anone【あのね】 第1話のあらすじとネタバレ【2】

19歳の孤独な少女・辻沢ハリカ(広瀬すず)。ワケアリ物件(入居人の孤独死など)の清掃を生業とし、一晩1200円のネットカフェで寝泊まりをしている。ここでの生活は1年になり、気の合う友人も出来た。

ハリカの楽しみはチャットアプリで「カノン」と名乗る男性との会話。重い病気を患い病院から出られないというカノンに、「外の世界」の出来事を伝えるハリカ。

ネットカフェだと横になって寝られないからキツそう…

騒ぎすぎて他の客からクレームこないの?

最近のネットカフェは身分証が必要な所が多いですが、彼女達は持っているのでしょうか…?

大金をゲットせよ!

海辺の風車

ある日、ハリカとともにネットカフェで暮らしている笠木有沙(碓井玲菜)が、大金の入ったバッグが海辺に捨てられているのを発見。もう一人の友人・網島美空(北村優衣)と3人でこのバッグを取りに行くことに。

有沙、持ってるな

レッツねこばば…

3人が目指したのは「柘-つげ」という町。この町はかつてハリカが大好きなおばあちゃんとともに住んでいた町だった。

海岸に到着し、バッグを発見した3人。中には札束がギッシリ!『3人でマンション借りようよ!』とテンションがあがる有沙。しかし美空が突如裏切り、スタンガンを有沙にくらわすと金を持って逃げてしまったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

友達関係終了の瞬間

気持ちいいほどアッサリ裏切りましたね…

差し歯買えず…

『あいつコロス!』

ブチ切れた有沙はハリカとともに後を追う。駅についた美空は電車に乗り込むが、彼女の後をつけてきた謎の女性・林田亜乃音(田中裕子)が『そのお金は使っちゃだめ!』と言いバッグを奪ってしまった。

その頃、死に場所を求めて車を走らせていたカレーショップ店主・持本と青羽はハリカ達と同じく柘におり、たまたま大金の入ったバッグを目撃。林田、有沙、持本でバッグを奪い合う中、スケボーに乗ったハリカがバッグを拾い、その場を去っていった。

奪い合い冬2018を制したハリカw

持本のは完全に強盗

運命のイタズラで遭遇した主要キャラたち…。かなり強引な出会いでしたが…。

思い出の場所へ向かったハリカ。

信じていた友人の裏切りにショックを受けるハリカ。以前この地に住んでいたハリカは、おばあちゃんの家に向かった。

到着するとそこに林田の姿が。『そのバッグは捨てるつもりだったの』とハリカに言った。

すると家の中から男が二人出てきた。ハリカを見ると『…君はここの学校の生徒だったのでは?』と聞いてきた。ハリカは封印していた悲しい過去を思い出した。

ここは全寮制の更生施設で、親に見放された子供が生活する場所だった。ハリカは両親の希望でこの施設に入れられ、8歳~12歳まで暮らしていたのだ。大好きなおばあちゃんと一緒に幸せに暮らした家というのは、ハリカの妄想だった。

校長は集団生活ができないハリカを『ハズレ』と呼び、ツリーハウスに隔離した。入り口に鍵をかけられ、監禁状態…。

なにこの現実離れした虐待施設

隔離部屋が鬼太郎ハウス

大人しそうなハリカですが、子供時代はメチャクチャ生意気だったんですね…。衝撃。

ある少年との出会い

孤独な生活を強いられたハリカだったが、後日 このツリーハウスに1人の男の子が入れられ、生活をともにすることに。

ある日、この男の子が病気になり、ハリカは助けを求めた。校長は男の子を助ける代わりに『あなたの名前はハズレです。自分で言いなさい』と言葉による虐待を繰り返した。

12歳になったハリカは校長に呼ばれ、弟が事故で亡くなったと告げられた。そしてその後を追うように、両親も自ら命を絶ってしまった…。

孤児となったハリカはこの学校を出て児童養護施設に預けられた。

林田が話しかけても言葉を返さず、涙を流すハリカ。林田はバッグを手に車に戻っていった。

なんちゅー悲しい人生…

涙なくしては見れませんね…

自販機で買ったコンポタがぬるかっただけで不幸だと思った自分をお許し下さい

カノンの正体とは?

カノンの正体

anone【あのね】 第1話のあらすじとネタバレ【3】

その後ハリカはチャット相手「カノン」が入院する病院にやってきた。一度も会ったことは無いが、病院の窓に見える男が彼だと確信した。

スマホを取り出し「どうも」とチャットを始めたハリカ。カノンも「どうも」と返す。

するとカノンはこれまで秘密にしていたある事実を語りだした。実は彼はハリカと一緒にツリーハウスに入れられていたあの男の子だったのだ。

二人であの施設を抜け出そうとした過去を話すカノン。

「君の名前はハズレじゃない。」

「はい。私の名前は辻沢ハリカです。」

涙を流すハリカは「会いたい」と言った。しかしカノンは「死ぬのが怖くなるから無理」と拒否。

「今まで通りあのね、って言って外の話を聞かせてくれたら、僕は満足です。」

そう言うと、カノンはチャットを終了した。

カノンの正体は矯正施設で一緒だった少年だったんですね…。

ハリカの青いジャケットと長い前髪はカノン少年の真似してたのかな?

紙野彦星はカノンの本名…?超絶かっこいい…

カレーショップ店主・持本と青羽は車の中で会話。やっぱり死ぬのはやめようと言う持本に「フリスクをちょうど1個だけ出せたら生きる。」と返す青羽。しかし持本は2個だしてしまい失敗…。

すると二人は近くの海岸で何やら燃えているのを発見。林田がバッグの中の金を燃やしていたのだ。

夜。ハリカは1人、ネットカフェに戻った…

【anone 第1話 終】

なんかあの金ニセモノっぽいけど。札番号が同じだった。

瑛太が何かやらかしたっぽい…

印刷所を営んでいた林田の夫が関わってそうですね。瑛太と共謀して偽札を作っていたのでしょうか…?

anone【あのね】 第2話のあらすじとネタバレ

あのね第2話のあらすじ

anone【あのね】第2話(2018年1月17日放送)のあらすじです。※ネタバレ注意

カノンの病気を治すには、大金が必要だと知ったハリカは、バッグを持って去っていった林田(田中裕子)の元を訪れた。そこであのお金に隠されたある事実を知ることに。

その頃、持本(阿部サダヲ)は幼馴染に会い、ある相談を持ちかけられ…。

anone【あのね】 第3話のあらすじとネタバレ

亜乃音(田中裕子)の裏金目的で忍び込んだ印刷工場でハリカ(広瀬すず)に見つかり、どさくさに紛れてハリカを誘拐してしまったるい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)。
カレーショップへ戻ると、なんとそこには会社の上司に拳銃を発砲し逃走中の西海(川瀬陽太)が潜伏していた。

ハリカを亜乃音の娘だと思い込んでいる舵たちは“裏金を隠しもつ女”の娘だと西海に告げる。
すると西海は、ハリカを人質にとり亜乃音から身代金を取ろうと言い出し、るい子を亜乃音の元へと向かわせるのだった。

一方、荒らされた自宅を見た亜乃音は、ハリカの仕業と思いつつも少しだけ打ち解け合い弾んでいた心に寂しさを感じる。そんな中、亜乃音の元をかつての林田印刷所の従業員だった中世古理市(瑛太)が訪ねてくる。
理市が久々に工場に現れたのにはある目的があるのだが…。

一方、舵は拳銃をちらつかせる西海の隙をついてハリカを逃がそうとするが、舵の人柄を知ったハリカは舵を置いて逃げることができず…。
その頃、西海の指図で身代金の取り立てに亜乃音の元へ来たるい子は、ハリカが亜乃音の娘ではないことを知る。
しかし、亜乃音が選んだ行動はとても意外なもので…。

anone【あのね】 第3話のあらすじとネタバレは放送終了後に更新する予定です。

ドラマの視聴率一覧

スポンサーリンク

『【anone-あのね】あらすじとネタバレ、原作の情報など。最終回まで』へのコメントや考察、感想など

  1. 匿名 より:

    anone面白いけど重い…。セリフ回しとか言葉の深みはけっこう好きです。カノンくんも阿部サダヲさんも最後は死んじゃうのかな…??ハッピーエンドが全然想像できません。小林聡美が自分勝手すぎてちょっとムカつく…。