【もみ消して冬】ネタバレやあらすじ、原作の情報。最終回の結末予想など

●この記事をシェアする

●【もみ消して冬】第2話のあらすじと感想を更新しました。

もみ消して冬のあらすじ

2018年1月13日スタートのドラマ【もみ消して冬】のあらすじや登場人物、原作、最終回の結末予想などをご紹介します。※ネタバレ注意。

超エリート一家に降り注ぐトラブルを「どんな手を使ってでも解決してゆく!」というストーリー。医者、弁護士、警察官という華やかな職に就く三兄弟が、常識を覆す解決法で家族を幸せに導きます。

2016年ドラマ「カインとアベル」に続いてエリート一家の末っ子を演じる山田涼介に注目w

千葉雄大からラスボス臭しかしない…

もみ消して冬ってどんなドラマ?

「家族の幸せ」を何よりも優先するエリート一家「北沢家」平成の華麗なる一族と称されるこの名家は、家族一丸となって降りかかるトラブルを法律や常識を越えた方法で”もみ消して”ゆく。

名家の名を守るためなりふり構わず権力を振りかざす北沢家…しかし生まれながらのエリートである兄や姉に比べ、次男の秀作(山田涼介)は若干エリート感不足…。

強引な兄、姉にやり方に疑問を抱く秀作の、『名家の名を守る義務』『職業倫理観』の狭間で葛藤する姿と成長を描いた物語。

スポンサーリンク

もみ消して冬 あらすじ、ネタバレなど

あらすじ

ドラマ【もみ消して冬】の放送日時、あらすじ、登場人物、ストーリーのネタバレ情報などをご紹介します。

もみ消して冬 放送日時

放送時間:毎週土曜日22時~

放送局:日本テレビ系列

放送開始日:2018年1月13日

参考:「もみ消して冬」日本テレビ公式サイト

スポンサーリンク

もみ消して冬 原作

原作

ドラマ【もみ消して冬】は脚本家・金子茂樹氏が手がけたオリジナルストーリーです。原作漫画や原作小説はありません

脚本:金子茂樹

演出:中島悟ほか

【金子茂樹 プロフィール】

生年月日:1975年7月15日

出身:千葉県

主な作品:『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』『ボク運命の人です。』『もみ消して冬』他多数。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/金子茂樹

もみ消して冬の登場人物

ドラマ【もみ消して冬】に登場する主要人物をご紹介します。

山田涼介

役-北沢秀作 北沢家の次男。25歳。東大卒の秀才で警視庁に勤務。正義感が強い。警視総監を目指すエリート。

やっぱり山田涼介は末っ子役が似合うw

「カインとアベル」では悪涼介が見られたけど、「もみ消して冬」でもダークサイド化に期待…

【カインとアベルとは?】

2016年に放送された山田涼介主演ドラマ。原作は聖書。あるエリート一家の次男として生まれた主人公・優(山田涼介)は優秀な兄に劣等感を抱いていた。しかし兄の婚約者を好きになってしまい、兄弟で反目しあうことに…。

「カインとアベル」あらすじとネタバレ

ネタバレ:山田涼介さんはインタビューの中で「もみ消したい過去」を聞かれ、2015年に映画『グラスホッパー』に出演した生田斗真さんに自らインタビューした際、緊張して無言の時間が出来てしまった過去をもみ消したいと語っていた(笑)

小澤征悦

役-北沢博文 北沢毛の長男。38歳。心臓外科医。どんなに難しいオペも成功に導く天才外科医であり、将来は一流大学病院の院長候補にその名が上がるほどのエリート。

絶対に失敗しないスーパードクターw大門未知子かw

世界のキタノじゃないことを祈る…

※「世界のキタノ」はドクターX第4シーズンに登場した失敗ばかりするエリート医師。滝藤賢一が演じた。

波瑠

役-北沢知晶 北沢家の長女。27歳。美と知を兼ね備えた頭脳明晰な弁護士。司法試験を主席で合格したエリート。超毒舌!

あなたのことはそれほど」以来、波瑠がオラオラ系の役を演じることが増えた気が…w

もともと性格は男前っぽい…

中村梅雀

役-北沢泰蔵 三兄弟の父親。63歳。自ら執筆した教育に関する著書がミリオンセラーを達成し、多くのファンを持つ。

千葉雄大

役-楠木松也 北沢家の執事見習い。

浅野和之

役-小岩井凛治 58歳。北沢家に長年仕える執事。泰蔵からの信頼も厚い。

小瀧望

役-尾関光希 秀作に憧れるやり手捜査官。交渉術に長け数々の事件を解決する若手のホープ。

ネタバレ:俳優経験の少ない小瀧望さんは、スローモーションのシーンを獲る際、自分がスローモーションをしてしまった事をズムサタで明かし山田涼介さんから爆笑されていた。

児嶋一哉

役-手毛綱美鎖夫 40歳。クリーニング店の店主。

垣松祐里

役-池江里子 23歳。警察官。北沢家の次男・秀作が片思いしている。

あらすじ

もみ冬の内容

ドラマ【もみ消して冬】のあらすじをご紹介します。第1話から最終回まで随時更新予定。※ネタバレが含まれるのでドラマ未視聴の方や内容を知りたくない方はご注意下さい。

第1話のあらすじとネタバレ

【もみ消して冬】第1話(2018年1月13日放送)のあらすじとネタバレ

私立中学校【北沢学園】の学長・北沢泰蔵(中村梅雀)は日本にその名を轟かせる名家の当主。3人の子供たちはいずれも東大に進学し、警察官、弁護士、医師など輝かしい職に就いた。

エリート警察官である次男・北沢秀作(山田涼介)は、優秀すぎる兄姉の背を見て育ったこともあり、名家としての重圧を誰よりも感じいた。マジメな秀作はそのプレッシャーが時として重荷になることも…。

第1話のあらすじとネタバレ【2】

そんなある日、北沢家に事件が発生。父・泰蔵が付き合っていた女性にあられもない姿の写真を撮られ、1枚につき1000万円を要求してきたのだ。これが公表されれば北沢家の名声は地に落ちる…。

長男・博文と長女・知晶は北沢家を守るため自らの地位を利用し、この事件をもみ消そうとする。しかし協力を要請された次男・秀作は『法律を侵すことはできない。』と思い悩み、脅迫した女性と和解するため、交渉のプロである警察官・尾関光希(小瀧望)に協力をあえいだ。

第2話のあらすじとネタバレ

もみ冬第2話のあらすじとネタバレ

もみ消して冬 第2話(2018年1月20日放送)のあらすじとネタバレ

北沢家の長男・博文が血まみれで帰宅した。勤めている病院の院長の愛犬ジョンを逃してしまったというのだ。これがバレるとクビになってしまう…。

ベテラン警察犬を使いジョンを捜索することになった秀作(山田涼介)。しかし捜査は難航…。

そんな中、姉の知晶(波瑠)がある提案を。『ジョンとそっくりの犬を見つけて、すり替えればいい…。』

第3話のあらすじとネタバレ

ドラマ【もみ消して冬】第3話のあらすじとネタバレの詳細は放送終了後に更新する予定です。

もみ消して冬 最終回の結末は?

ドラマ【もみ消して冬】の最終回の結末予想です。北沢家という名家に降りかかる数々の事件を「もみ消しす」というのがこのドラマのストーリーの要。と同時に「家族の絆」「家族の幸せ」を追い求めるというテーマも潜んでいます。

根っからのエリートである父、兄、姉に比べ、次男の秀作(山田涼介)は名家の重圧に葛藤する悩める存在。トラブル解決に法律を侵すこともいとわない家族に疑問を感じていきます。

エリートの思考とはかけ離れた秀作ならではの柔軟なアイデアでトラブルを解決していくうちに、家族は「権力を振りかざす事が全てではない」、という結論に至ります。

最終回では、兄弟の中で一番頼りげのなかった秀作が大きく成長し、その活躍を目の当たりにした家族も「北沢家の頼もしい一員」として秀作を認める。そんな結末になるのでは?

とりあえず山田涼介がんばれ…

低視聴率でドラマ自体もみ消されないように…w

それはない!

あらすじ、ネタバレ関連記事

スポンサーリンク