陸王のネタバレとあらすじ、原作の結末。最終回はめっちゃハッピー♪

●この記事をシェアする

陸王のあらすじとネタバレ

2017年10月15日スタートのドラマ「陸王」の原作小説のあらすじをご紹介。※ネタバレ注意。

老舗足袋(たび)メーカーの再起をかけた新商品開発の日々。限られた人材、事業費、設備の中、画期的なマラソンシューズ「陸王」はいかにして誕生したのか?

このページでは原作のストーリーやドラマのあらすじ、登場人物の情報などをご紹介します。

「陸王」最新話のあらすじと感想はこちら♪

スポンサーリンク

陸王ってどんなストーリー?あらすじを簡単にご紹介

原作小説を踏まえ、「陸王」のあらすじをご紹介。このページでは大まかなストーリーを紹介する【陸王のあらすじ簡易版】と、展開をより詳しく紹介する【詳細なストーリー】に分けてご紹介しています。※ネタバレ注意

スポンサーリンク

陸王のあらすじ

ストーリー

【陸王のあらすじ簡易版】

老舗足袋メーカー「こはぜ屋」が経営悪化で倒産のピンチに!社長の宮沢紘一(役所広司)は銀行からの融資を取り付けるため、新規事業への参入を目論む。たまたま訪れたスポーツ用品店で『五本指シューズ』を発見。これが後に開発することになる足袋型マラソンシューズへのキッカケとなった。

ダイワ食品陸上部に所属するランナー・茂木裕人(竹内涼真)はレース中に足を痛めてしまう。

茂木裕人

それを見ていた紘一は『ケガをする可能性が低い素足感覚で走れる足袋シューズ』の開発を本格的にスタートさせた。

紘一の息子・大地(山崎賢人)は当初 足袋シューズの開発に興味を示さなかった。

りくおうの山崎賢人

しかし心の底では「こはぜ屋」を継ぎたいと思っていた大地は、しだいに足袋シューズ作りにのめり込んでゆく。

足袋シューズ「陸王」の試作品が完成し、ケガからの復帰を望む裕人(竹内涼真)にシューズを提供。しかし「こはぜ屋」のライバル「アトランティス」と契約していた裕人は陸王を履くことは無かった。

その後 裕人はアトランティスからの契約を打ち切られる。そしてついに「陸王」を履き、ランナーとして復帰することに成功。

復帰した裕人を取り戻すため、「こはぜ屋」はアトランティスから妨害を受け、さらなる経営危機に陥る。社長の紘一は社の未来を賭け、ある企業との業務提携を決意。

「こはぜ屋」VS「アトランティス」、裕人VS毛塚直之(裕人のライバル)、そして悩めるフリーター(?)大地の成長を描いたヒューマンドラマ!

※詳細なストーリーは以下でご紹介しています。

原作

原作

原作は池井戸潤氏による小説「陸王」が原作です。池井戸氏は「下町ロケット」「ルーズヴェルト・ゲーム」「半沢直樹」など数多くの人気作を手掛けた小説家。

陸王 原作小説は『小説すばる』(集英社)に2013年7月号から2015年4月号まで連載され、2016年7月8日に集英社から単行本が刊行された。

『陸王』原作小説&池井戸潤作品一覧【Amazon】

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/陸王

「陸王」原作あらすじの詳細は以下で紹介しています。※ネタバレ注意

陸王 登場人物

宮沢紘一…役所広司

老舗足袋メーカー「こはぜ屋」の四代目社長。

宮沢大地…山崎賢人

紘一の長男。大学を卒業したものの就職に失敗。「こはぜ屋」で働きながら就職先を探している。「陸王」のソール開発に携わる。

茂木裕人…竹内涼真

ダイワ食品陸上部の部員。過去に箱根駅伝5区を走った実力者だったが、レース中にケガをし復帰を目指している。

村野尊彦…市川右團次

大手アパレルメーカー「アトランティス」のカリスマシューフィッター(選手に最適な靴を選ぶ専門家)。選手のことを第一に考える人物。

有村融… 光石 研

スポーツショップ経営者でマラソントレーナー。陸王の開発にアドバイスをおくる。

小原賢治…ピエール瀧

アトランティスの営業部長。利益第一主義の冷酷な男。「こばせ屋」を潰そうと目論む。

飯山晴之…寺尾聰

陸王のソール素材と鳴る「シルクレイ」を開発した人物。紘一に協力し陸王プロジェクトに参加。口は悪いが義理堅い人物。

富島玄三…志賀廣太郎

「こはぜ屋」の経理担当でご意見番。当初、陸王開発に反対していたが、これは会社を守りたいと想う気持ちから。ニックネームは「ゲンさん」。

坂本太郎…風間俊介

埼玉中央銀行の融資担当。「こはぜ屋」に新規事業を勧めた人物。(原作では埼玉中央銀行を辞め、ベンチャーキャピタルに転職)

『陸王』気になる視聴率は…?

陸王のあらすじ ネタバレあり

『陸王』の原作小説のあらすじとネタバレが含まれます。

埼玉県にある足袋(たび)メーカー「こはぜ屋」は創業100年以上という歴史を持つ老舗。30人弱の従業員を抱え細々と経営を続けていたが、商品を卸しているデパートの売り場が縮小し経営ピンチに陥る。

社長の宮沢紘一(役所広司)は「こはぜ屋」の経営を立て直すためマラソンシューズの開発に乗り出す。しかし限りある設備と運転資金にしだいに追い詰められていった…。

マラソン用足袋シューズの開発

「こはぜ屋」の経営立て直しを迫られた宮沢紘一(役所広司)は、提携先の埼玉銀行の融資担当者・坂本太郎(風間俊介)から新規事業への取り組みを勧められる。

そんな中、娘の茜(上白石萌音)から『スニーカーを買ってきて』と頼まれていた紘一は、スポーツ用品店で『五本指マラソンシューズ-ファイブフィンガーズ』を発見し、興味を持つ。

陸王の結末

出典:https://www.amazon.co.jp/

じつは「こはぜ屋」は過去に『りくおう』という足袋型シューズを販売していた。しかしスニーカーの登場で需要がなくなり時代の影に消えていった商品だった。

紘一は先代の足袋シューズを改良した『素足感覚で走れる足袋型ランニングシューズ』の開発に挑むことを決意した。

ネタバレ:紘一がマラソン足袋の開発を思いついたのは娘に頼まれていた買い物で見つけたファイブフィンガーズという足袋シューズがキッカケだった。

陸王 足袋シューズのコンセプト

「こはぜ屋」の経理担当・富島玄三(ゲンさん 志賀廣太郎)の反対を押し切り、紘一は足袋シューズの開発をスタート。

足袋シューズの開発

マラソン競技者にとってどんなシューズが理想的なのか?頭を悩ます紘一に、銀行員・坂本(風間俊介)の紹介で出会ったマラソントレーナー有村(光石 研)から『足の中腹部で着地するミッドフット走法こそが理想の走りを実現する』とアドバイスを受ける。

ミッドフット走法とは?

足の中央部で着地する「ミッドフット走法」は、かかとから着地する現代の走法に比べ遥かに足への負担が軽い。人類の祖であるホモ・サピエンスが繁栄を究めた理由は 長時間の狩りに対応出来る『ミッドフット走法』を備えていたからと言われている。

有村から得たこのアドバイスにより、紘一は陸王のコンセプトを『ミッドフット走法を実現する、ケガをしにくい裸足感覚のシューズ』にすることを決定した。

ネタバレ:陸王の初期コンセプトはマラソントレーナー・有村の助言が元で決定した。

長男・大地(山崎賢人)はこはぜ屋を継ぎたいと思っていた。

「こはぜ屋」で働きながら就職先を探す紘一の息子・大地(山崎賢人)。しかし内心では「こはぜ屋」を継ぎたいと思っていた。

母・三枝子は大地の気持ちに気づいていたが、紘一は潰れかけの「こはぜ屋」を継がせるわけにはいかないと考えており、大地の就職活動が実って欲しいと願っていた。

その後、足袋型ランニングシューズ開発に乗り出した紘一。大地に開発への参加を求めたが、大地は『一流メーカーに勝てるわけがない』と最初からあきらめ、開発に関わろうとしなかった。

ネタバレ:就職活動に失敗し続ける大地(山崎賢人)。本心では「こはぜ屋」を継ぎたいと思っていた。

陸王の挑戦!アトランティスとの対決。しかし…

なんども試作を重ね、ついに完成した足袋シューズ『陸王』。そこに名門私立高校光誠学園から商品問い合わせがあり、コンペに出品することに。自信を持って臨んだ紘一だったが、ライバル会社「アトランティス」に敗れてしまう。

陸王のライバル

しかし運良くこの学校の先生が他校に「こはぜ屋」を紹介してくれ、その安全性が保護者の目にとまった陸王は見事採用される。受注は少量ながら確かな一歩を歩み始めた。

ネタバレ:陸王のライバルは大手スポーツメーカー・アトランティス。しかし最初のコンペ競争で敗れてしまった…。

飯山春之(寺尾聰)との出会い

陸王の改良を考える紘一はソール(靴底)の素材を探していた。銀行員の坂本からある会社を勧められるが、この会社はすでに倒産していた。紘一たちは社長の飯山(寺尾聰)の連絡先を入手し、ソールの素材『シルクレイ』の使用許可を求めた。

シルクレイというソール

シルクレイは飯山が特許を持つ素材で、飯山は使用料として年間5,000万円という大金を提示。さらに設備投資に1億円がかかるという。紘一は使用を断念せざるを得なかった…。

紘一は飯山を「こはぜ屋」に招き、『陸王』にかける想いを伝えた。技術屋として熱い情熱を持つ飯山は、「こはぜ屋」で一丸となって働く従業員たちを目の当たりにし、職人時代の自分を思い出した。

そしてついに飯山はシルクレイの使用を許可。しかも金はいらないかわりに陸王の開発に参加させろと条件を出してきた。

飯山は紘一の息子・大地(山崎賢人)とタッグを組み、陸王にフィットするソール開発に挑むことに。しかし強度の問題がクリア出来ず頭を悩ませた…。

ネタバレ:陸王のソール部分は特許素材『シルクレイ』が採用された。

『陸王』シルクレイをゲットせよ!寺尾聰が登場の第2話あらすじ※ネタバレ注意

茂木裕人(竹内涼真)と陸王の出会い

ダイワ食品陸上部に所属する茂木裕人(竹内涼真)。将来有望のマラソン選手だった裕人は競技中に足を痛めてしまい、来年の復帰を目指していた。

そんな中、ダイワ食品にシューズを提供していたアトランティスが突如契約を解除。利益重視のアトランティスの部長・小原賢治(ピエール瀧)が裕人に見切りをつけてしまったのだ。

竹内涼真

途方にくれる裕人(竹内涼真)だったが、小原と衝突し退職したアトランティスのカリスマシューフィッター・村野(市川右團次)は裕人のサポートを続けた。

その後、有村の引き合わせで紘一は村野に出会う。村野は「こはぜ屋」のアドバイザーとなり、以前から裕人に「陸王を履いてもらいたい」と思っていた紘一(役所広司)の夢が現実味を帯びてきた。

ネタバレ!裕人(竹内涼真)はアトランティスに契約解除されたが、村野が「こはぜ屋」のアドバイザーとなったことで裕人が陸王を履く機会が生まれた。

『陸王』市川右團次が演じるシューフィッター・村野がアツい!第4話あらすじ

裕人(竹内涼真)がついに陸王を履く!

飯山、村野という強力な味方を手に入れた紘一は陸王をさらに進化させる。ケガから復帰した裕人(竹内涼真)は陸上部での選考会に出場。この時、裕人は陸王を履いてレースに臨んだ。

紘一たちが見守るなか、圧巻の走りを見せる裕人。最後は足がつってリタイアしたものの、完全復帰を漂わせるパフォーマンスで周囲を唸らせた。

竹内涼真のシューズ

「シルクレイ」を導入した陸王を驚異に感じたアトランティス

これを知ったアトランティス部長・小原(ピエール瀧)は一度契約を破棄したにもかかわらず『裕人を取り戻せ!』と部下に指令を出す。部下は裕人に『こはぜ屋は経営が安定していない小さな会社』という事実を突きつけ、裕人を惑わす。

結果、裕人は陸王ではなくアトランティスの新型シューズ『R2』を選ぶことに。しかし紘一(役所広司)は『君がどこのシューズを履いても私は応援する。』と言葉をかけた。

そして公式レースの本番。裕人が選んだのは陸王だった。裕人は圧巻の走りを見せ、アトランティスと契約しているライバル・毛塚直之を抑え、見事優勝した。

ネタバレ:どちらのシューズを履くか悩む裕人だったが、最後は紘一の言葉に心を動かされ陸王を選んだ。

新商品・足軽大将

陸王の開発資金がかさみ、資金難に陥った「こはぜ屋」。紘一(役所広司)は陸王に使用したシルクレイを地下足袋に導入するという逆転の発想を元に、新商品・足軽大将を開発。

足軽大将

この商品はクチコミから広がり爆発的ヒットを飛ばす。この実績を元に埼玉中央銀行へ融資を申し出た紘一。しかし支店長は一時的に売上を伸ばしただけと判断し、紘一は希望通りの融資額を手にすることが出来なかった。

しかし融資担当の大橋課長(馬場徹)は紘一が探していたアッパー素材(靴の甲の部分の素材)を制作してくれるタチバナラッセルという企業を紹介。これにより陸王はさらなる進化を遂げることに成功した。

ネタバレ:新商品「足軽大将」は大ヒット。「こはぜ屋」の将来性を見出した大橋課長は、タチバナラッセルを紹介してくれた。

『陸王』足軽大将が大ヒット!吉谷彩子がこはぜ屋のピンチヒッターとして活躍【第5話あらすじ】

アトランティスの逆襲!

裕人が『陸王』を選んだことでアトランティス部長・小原(ピエール瀧)は激怒!『こはぜ屋を潰せ!』と指令を出す。

アトランティスは「こはぜ屋」に生地を提供しているタチバナラッセルに接触し、独占契約を迫った。これにより「こはぜ屋」は生地の提供元を失うことに…。

新たな生地会社を必死に探す紘一(役所広司)だったが、少量取引に応じてくれる企業は見つからなかった。さらに陸王のソールを製造する機械が故障し、陸王は生産中止のピンチに!

生産中止の理由

そんななか、アメリカに本社を置くアウトドアメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治が陸王のソール素材「シルクレイ」に目を留め「こはぜ屋」ごと買収する計画が浮上。

「こはぜ屋」存続のため買収話にのるか悩む紘一に、飯山(寺尾聰)は『業務提携』を勧める。「こはぜ屋」と「フェリックス」双方で意見がすれ違うなか、フェッリックスはある条件下なら提携を承諾すると告げた。

『3億円を低金利で融資する。返済期間は5年間で、最初の3年は融資を返済できる額の発注を保証をする。5年後に融資が残っていれば「こはぜ屋」が残った融資額を資本金として受け入れる。』

つまり5年で融資額が返済出来なければ「こはぜ屋」はフェリックスに吸収されてしまう、という条件だった。「こはぜ屋」を存続させるため、紘一はこの条件をのむことを決断した…。

ネタバレ:実はフェリックスは「こはぜ屋」ではなく、シルクレイの特許を持つ飯山が欲しかった。しかし義理堅い飯山はこばせ屋を裏切る事が出来ず、フェリックスからの交渉を断っていた。

陸王 最終回の結末

「陸王」原作の結末です※ネタバレ注意

マラソン大会当日。裕人(竹内涼真)はアトランティスの「R2」ではなく「陸王」を履いてレースに出場。見事日本人トップでゴールした。

アトランティスの部長・小原(ピエール瀧)は激怒し裕人に迫るが、「ケガをした時に見捨てられた自分と同じ思いを、陸王を作った人たちに味わわせたくない」と言葉を返した。

大地(山崎賢人)の結末

陸王に登場する紘一の長男・大地(山崎賢人)の結末

長男・宮沢大地(山崎賢人)はある企業の面接をうけ、見事採用された。

しかし大地は「こはぜ屋」を継ぐと言い出す。これを聞いた父・紘一は大地の更なる成長を願い、「他でもっと多くのことを学んでこい」と残留を却下した。

ネタバレ:「足袋屋なんかに未来はない」と思っていた大地。しかしモノづくりに関わる人達の情熱に突き動かされ、ラストには人間的に大きく成長していた。

ドラマ『好きな人がいること』山崎賢人のオラオラ名言集!

「こはぜ屋」の結末

老舗足袋メーカー「こはぜ屋」の結末。

陸王で売上を伸ばした「こはぜ屋」は大幅な収益アップを元に工場を増設。工場は2階建てとなり、大型の製造機械が3機も増え、場内はフル稼働状態になった(≧∇≦)/

ネタバレ:最終的に「こはぜ屋」の売上は以前の5倍以上となった。

陸王の本

Amazon

「陸王」公式BOOK 明日も元気に働こう!

12/5発売!予約受付中

2ページ目▶『陸王』ドラマ版のあらすじをご紹介♪気になる視聴率は…?

スポンサーリンク

『陸王のネタバレとあらすじ、原作の結末。最終回はめっちゃハッピー♪』へのコメントや考察、感想など

  1. りくおう より:

    下町ロケットっぽいな~って見てたら陸王って池井戸潤なんですね、どうりで…。泣けるって話題だったけど自分はイマイチでした。山崎賢人がちょっと違うかな。リョーマくんは旬の俳優っぽいオーラがありましたね。役所さんは濃ゆい…。1話ではチームナックスの音尾さんが出てたのでちょっと嬉しかったですw道民盛り上がっただろうな~。

    • ヒトコトマニア より:

      >りくおうさん

      会社存続のために新商品を開発して一発逆転をねらう展開は下町ロケットっぽいですね(^o^)池井戸作品の王道。結末はだいたい予想がつきますが、やはり成功までの過程がおもしろいです。チームナックスが出演すると北海道は盛り上がるでしょうね。僕は関東住みですが『水どう』ファンなので密かにテンションあがりました(≧∇≦)/

  2. 匿名 より:

    安定の池井戸作品という感じ。たけうちりょうまの短パン姿はちょっと無理(笑)足綺麗すぎてエステで脱毛とかしてそう…。お笑いのキノコ頭の人(名前失念…)が一番はまり役かも。顔からして性格悪そうだし(笑)原作よんだけど登場人物の設定はほぼ同じっぽいですね。ラストのレースはハラハラして読みました。それより半沢の続編求む!以上。

    • ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      竹内涼真さんの短パン姿はファンなら悶絶ものですね(^o^)脱毛…どうなんでしょ?竹内涼真さんは男性ホルモン少なめ?(勝手に想像w)っぽいのでムダ毛は少なそうな気がします。展開やキャラ設定は原作とほぼ同じかな。小籔さんの登場シーンが微妙に違ってましたが。最終回のレースは盛り上がるでしょうね~

  3. 匿名 より:

    限られた資金と人材の中、試行錯誤しながら製品制作に挑む職人達の苦労が分かるドラマ。これを見てると自分も仕事を頑張りたいと思えてくる。

    ものづくりは発想と工夫が大事なんだなと改めて思った。こうすれば成功するなんて答えはなく、ひたすらユーザーのニーズに答えていく事が成功への一番の近道。最後まで楽しめそうな骨太な内容。役者の熱が伝わってくる。

    • ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      これを見てると自分も仕事を頑張りたいと思えてくる…まさにそうですね!池井戸作品はユンケルより効きそう(笑)役者の熱って大事ですよね。つい引き込まれちゃいます。

  4. ボス より:

    陸王の面白いところは登場キャラがそれぞれの立場から描かれていて、各キャラの葛藤や思いが明確であること。感情移入しやすいからこそラストの感動も増します。自分がこのキャラだったらどう行動するか?原作を見ていると自然とそう考えてしまいます。

    池井戸作品の中でも、特に読後の充実感が素晴らしく、人生頑張ろうと思わせてくれる作品です。

    • ヒトコトマニア より:

      >ボスさん

      『人生頑張ろうと思わせてくれる作品』

      まさにそうですね!放送が日曜日で良かった~。『月曜から仕事頑張ろ!』って、これまであり得なかったヤル気がみなぎってきます☺

  5. rikuou より:

    足袋屋を継ぎたい山崎賢人、ホントは継がせたいけど先行き不安で本心が言えない役所広司、二人の揺れる心情がもどかしくもあり微笑ましくもある。単に会社復興を描いているだけではなく、こういった親子の思いやりのやり取りも陸王の魅力だと思い。家族で見たいドラマだね。

    • ヒトコトマニア より:

      >rikuouさん

      家族で安心して見れるいいドラマですよね。自分が働いている会社のことを胸を張って『好き!』といえるこはぜ屋の従業員が羨ましいです。山崎賢人さん、文句言いながらも陸王の事気にかけてるし、良い親子だな~って思いながら見てます(^^)

  6. クリ王 より:

    遅ばせながら陸王みたけど面白いね。誰かも言ってたけど仕事ぐあんばるずぇぇぇぇ!!ってやる気が出て来る。…と言いつつ、ウチの会社は頑張ったところでだ~れも無反応。…無反応って一番かなしいよ…。陸王の足袋屋みたいなトコで働ける人は恵まれてるよな。ええな~

    • ヒトコトマニア より:

      >クリ王さん

      陸王面白いですよね☺うちの会社も無反応ですよ~(;_;)こはぜ屋に転職したいです(T_T)でもミシンやらブッ壊してすぐクビになりそう(≧∇≦)/

  7. りくおお より:

    陸王、第一話から面白かったです。役所広司さんの熱い演技に心を打たれました!挫折を繰り返しながらもぶれない芯の強さ、従業員への想い、家族への愛…。どれも素晴らしいですね。池井戸さんの作品はどれも登場キャラが輝いていてついつい引き込まれてしまいます。仕事を頑張ろうと元気になれるドラマですね。

    • ヒトコトマニア より:

      >りくおおさん

      登場キャラは良い人ばかりですね(アトランティス意外ヽ(`Д´)ノ)僕は居酒屋のシーンが毎回好きです☺社長と従業員が酒飲みながらグチやら反省やら言い合う…。それだけでいい会社だな~って思えてきますね。

  8. 匿名 より:

    実際はアトランティスみたいな営利主義が普通なんだろう。企業は売上をあげるために存在していて、それで世の中は成り立っている。

    ただ会社を100年続かせるには人と人との信頼関係が不可欠。売り手と買い手、上司と部下、取引先や下請けなど。いかに信頼関係を結び、継続させるか。陸王を見ていると、これは売上を伸ばす事以上に大切なことだと実感する。

    売上というのはこの延長線上にあるものであり、そういう意味ではアトランティスの企業としての寿命は長くないのかな、と思ってしまう。

    • ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      陸王を見ていると、人と人のつながりがいかに大事か思い知らされますね。マラソントレーナーの有村さんに会えたことで陸王開発のヒントを得て、シューフィッターの村野さんと出会って茂木裕人に陸王を提供することが出来た。銀行員の坂本さんがいなければシルクレイの飯山さんにも会えなかったわけで…。

      こはぜ屋の100年の歴史は、人との絆の歴史なんだな~って思います☺

  9. 匿名 より:

    小籔さん、これを機にイジワル役が定着しそう。ニューイヤー駅伝の時、涼真君がアトランティスのシューズから陸王に履き替えた時の小籔さん、面白い。どの会社にもいるわ……あぁいう人。

    • ヒトコトマニア より:

      >匿名さん

      小藪さんの陰険そ~な感じのビジュアルがハマってますね☺演技に見えないところがスゴイです^^;飲み会一緒に行ったらその場にいない人の悪口言いまくりそう(笑)あ、役の話です。