【シグナル】ネタバレと原作のあらすじ結末。無線機男の正体は?

この記事には『シグナル』原作のネタバレと結末が含まれます。

シグナル最終回のあらすじと解説を更新しました。

2018年4月10日スタートのドラマ『シグナル~長期未解決事件捜査班』原作のあらすじや登場人物の情報をお届けします。※ネタバレ注意

韓国で高視聴率を記録した話題のドラマが日本に上陸!謎の無線機により繋がった現在と過去で、二人の刑事が協力し難事件を解決に導くSF系刑事ドラマです。

日本版シグナルもついに最終回!渡部篤郎が演じるゲス刑事部長正義の鉄槌が下されますよーにw

なぜラストシーンで大山刑事が病院にいたのか?原作見た人じゃないと分かりづらいかも…。モヤモヤ…。

シグナルのネタバレ

【この記事の内容】

シグナルの見どころ紹介。

シグナルの原作あらすじとネタバレ(最終回結末まで)

日本版『シグナル』これまでのストーリー解説。

登場人物紹介

2ページ目:シグナルの結末と解説(無線の謎、ラスボス、健人の兄、過去と現在はどう変わったかなど)

スポンサーリンク

シグナルのストーリー

坂口健太郎

『シグナル』のストーリー概要です。※詳細なあらすじは以下でご紹介しています。

15年前に発生した女児誘拐事件。現場を目撃した当時小学一年生の三枝健人(坂口健太郎)は『女の人があの子を連れ去るのを見た』と警察に通報。しかし警察は相手にしてくれなかった…。

15年後、警察官となった健人は、廃棄する予定だった無線機から謎の声を聞く。声の主は15年前の誘拐事件に関する情報を伝えてきた。

シグナルの無線機

『真犯人は別にいます。』

半信半疑で声の主が指定する場所に向かうと、そこには謎の遺体が…。

現在と過去をつなぐ謎の無線機、失踪した刑事、そして健人の兄にまつわる悲しい過去…。

二人の『違う時代に生きる』刑事が、時空を超えて未解決事件に挑むSF系ヒューマンラブロマンス推理サスペンスドラマ!

ちなみに謎の無線機は電池なしで使えてました。

チャッキー並に怖い

フツーに考えて呪い…

スポンサーリンク

シグナルのストーリー展開

シグナルはこんな流れでストーリー展開していきます♪

主人公が無線機をゲットし、行方不明中の刑事と交信を開始。二人は現在と過去、それぞれ違う時代から一つの事件を追ってゆく。

15年前の女児誘拐事件(第1話~)

21年前の連続殺人事件(第3話~)

誤認逮捕炸裂の連続窃盗事件(第5話~)

健人の兄と大山刑事の失踪に関する事件

無線男の過去を調べ始めた主人公。するとこの無線男が主人公の兄が起こした事件の担当刑事だったことを知る。

主人公の兄は無実の罪で逮捕されており、服役後 自ら命を絶っていた。主人公は無線男にこの事件の再捜査を依頼。

すると無線男は兄の無罪を突き止め、事件の裏に警察幹部が関与していたことを知る。

二人は協力しあい、警察幹部とその背後にいる政治家の悪事を暴こうと試みる。からの衝撃のラスト!

※詳細なあらすじは以下でご紹介しています。

シグナル ネタバレあらすじ

シグナルの結末

2018年4月スタートのドラマ「シグナル」のあらすじを原作を踏まえご紹介します。※最終回の結末まで。

ネタバレが含まれるのでご注意下さい。

※原作は2016年に韓国で放送されたドラマを参考にしています。

※日本版とストーリーや結末が異なる場合があるかもしれません。

※読みやすくするため、韓国俳優名を日本の俳優名に置き換えています。

※年代も日本版のものに合わせています。

日本版のネタバレ

fashion-news

@fashion_fun

日本版と韓国版のあのシーン。似てる(笑)https://twitter.com/fashion_fan2/stat

17:31 – 2018年5月2日

3人がこの話題について話しています

シグナル あらすじ

シグナル あらすじ

【シグナル 登場人物】
三枝健人
(坂口健太郎)…城西警察署の警察官⇒警視庁未解決事件捜査チーム
大山剛志
(北村一輝)…謎の失踪を遂げた刑事。城西警察署の刑事。健人と無線でつながる
桜井美咲
(吉瀬美智子)…大山の後悔。城西警察署の刑事⇒警視庁未解決事件捜査チーム
山田勉
(木村祐一)…人相の悪い刑事。城西警察署の刑事⇒警視庁未解決事件捜査チーム
中本慎之助
(渡部篤郎)…城西署機動部隊班長⇒警視庁刑事部長。
岩田一夫
(甲本雅裕)…城西警察署の刑事課係長。
加藤亮太
(神尾楓珠)…健人の兄。無実の罪で投獄され、出所後に自殺

相関図日本版シグナルのキャラクターと韓国版を見比べてみよう♪

シグナル ネタバレあらすじ:15年前の女児誘拐事件

シグナル『15年前に発生した女児誘拐事件』のあらすじとネタバレです。

※原作のストーリー。
※このエピソードは第1話~第2話で放送。

2010年。警察官の三枝健人(坂口健太郎)は時効を2日後に控えた女児殺害事件を捜査していた。

1995年に発生したこの事件の被害者は綾香ちゃんという女児。実は15年前、健人は綾香ちゃんが誘拐される所を目撃しており、犯人は女性であると確信していた。しかし当時健人は小学生で、この目撃情報はスルーされてしまい、警察が追っていた容疑者は男性だった。

健人が警察に不信感を抱いてる理由の一つにこのガン無視が関係してるね。

この時警察がちゃんと健人の証言を信じていれば…。ブツブツ

ある日、健人は偶然見つけた廃棄予定の古い無線機からある声を聞く。声の主は警察官の大山(北村一輝)だという。

「三枝警部補、あなたのアドバイスを元に遺体を見つけることに成功しました。」

誰コイツ?遺体?ナンノコト?

無線男は、さらにイミフなセリフを口にする。「真犯人は別にいます。」

この無線男は15年前の1995年、つまり女児殺害事件が起きた当時にいるという。この無線機は現在と過去をつなげていたのだ。

この無線があれば2015年就任直後のハリル監督に『あなたは2018年に解雇されますよ』って伝えられるのに…

できれば就任前に伝えてあげて…

半信半疑で無線男の指示する場所に向かった健人(坂口健太郎)。そこで謎の白骨遺体を発見!この遺体は現在警察が追っている女児殺害事件の容疑者とみられる男だった。

その後、警察は綾香ちゃん誘拐事件を再捜査。真犯人として女性(長谷川京子)を逮捕したが、時すでに遅し。ついに時効を迎えてしまった…。

しかし科捜研は新たな事実をつかむ。この女が白骨化した男性を殺害したのはギリギリ時効内だったのだ。女児殺害犯としての立件は無理だったが、女は男性殺害容疑で逮捕された。

とりあえず一つだけでも立件できました。ε-(´∀`*)ホッ

ドラマではキム兄が『ぶん殴って吐かせろ』とか言ってたけど問題発言すぎw

謎の無線男の情報で事件は無事解決。しかし健人はあることが気になっていた。この男の正体は誰なのか?そして男が最後に残した謎のセリフ…。

『これが最後の交信になるかもしれません。でもまたいつか無線はつながります。その時は私を説得して下さい。』

このセリフの後、無線機の向こうから銃声が聞こえ、再び交信されることはなかった…。

ネタバレ:無線男の正体は大山刑事(北村一輝)。この時大山は1995年におり、2010年にいる健人に時空を超えて通信して来た。

長期未解決事件捜査班が始動

犯人(長谷川京子)を捉えながらも時効のため逮捕できなかった綾香ちゃん誘拐事件(第1話の女児誘拐事件)が発端となり、凶悪事件の時効制度が廃止されるという法改正がなされた。

8年後、健人(坂口健太郎)は係長の岩田(甲本雅裕)が率いる長期未解決事件捜査班の一員となり、女性警察官の桜井美咲(吉瀬美智子)とともに未解決事件に挑むことに。

ちなみに原作の韓国ドラマではこの『8年後』という描写はなく、健人はすぐに未解決チームに参加してましたね。

8年後のキム兄が白髪だらけでワロタw

一人だけ20歳くらい年とってた感…。

シグナル ネタバレあらすじ:城西地区連続殺人事件

シグナル『城西地区連続殺人事件』のあらすじとネタバレです。(原作より)

※このエピソードは第3話~4話で放送

2018年、長期未解決事件捜査班の最初の仕事となったのは26年前に発生した連続殺人事件。この事件は2018年までに10人の犠牲者を出していたが、現場に残された物証が少なく目撃者もいなかったため捜査が迷宮入りしていた事件だ。

この事件は日本版シグナル第2~4話で扱われています。

日本版シグナルだと1997年に起きた事件で犠牲者も7人だったね…。

韓国版は全16話だから日本版は若干コンパクトにまとめてあるw

唯一の手がかりは犯人が被害者を縛った時のロープの結び目に特徴があったこと程度…。

捜査を進める中、三枝健人(坂口健太郎)は再び無線男と交信する機会が訪れた。無線男は前回の三年前、つまり1992年(日本版では1997年)から交信しているらしい。

大山はなぜか健人の事を全く覚えておらず、お互い話が通じない…。すると大山が、この事件の7番目の犠牲者を捜索中であることを知る。

ネタバレ:無線男はなぜ健人を覚えていなかった?

無線男の今回の交信は26年前の1992年から。この時 無線男は最初に健人と交信した事(シグナル第1話)を覚えていなかった。その理由は、無線男が一番最初に健人と交信した記憶が1995年であり、1992年の無線男にはまだその記憶はないからだ。

※無線男が通信してくる時代はいつも同じとは限らず飛び飛びになっている。

健人(坂口健太郎)から意図せず未来の捜査情報を聞いた大山は、8番目に起きるはずだった事件を未然に防ぐ事に成功(≧∇≦)/

これにより歴史が変わり、死亡したはずのこの女性が死を回避し娘を出産するという未来に歴史が書き換わった。生まれるはずの無かった命が、過去が変わったことで誕生したのだ。

ちょっとSFが過ぎませんか?

タイムスリップあるある…

さらなる悲劇が!

しかし1992年では9番目の事件が発生してしまう。

2018年の健人(坂口健太郎)は無線を通じ、最後の事件を食い止めるため被害者の詳細を1992年の大山に伝えた。顔色を変える大山…この被害者は、彼が想いを寄せる、町役場に勤める女性だったのだ!

大山(北村一輝)は健人からの情報を得て女性を救いに行く。しかし一歩遅かった…(T_T)

この時はまだ、のちに両思いとなる大山と桜井は出会ってません。

原作ドラマの大山が恋ヘタすぎて笑ったw初めてのプレゼントがスタンガンとか!!

まぁそのスタンガンのおかげで事件解決したんだけどね…。

【原作との違い】

日本版シグナルではこの女性はラーメン屋の娘・北野みどり(佐久間由衣)に変更になっている。プレゼントもスタンガンではなく髪留めだった。

犯人が新たな事件を!

その頃 2018年では、逃亡中の犯人が26年ぶりに新たな事件を起こし、その後 まさかの自首!犯人は10人の被害者が利用していたバスの運転手だった。

しかし捜査の結果、真犯人がこの運転手ではなく、彼の息子だったことが判明。自首してきた運転手は息子をかばっていたのだ。さらに2018年におきた11番目の被害者は、この息子の犯行を目撃し(1992年)、父を脅迫していたバス会社の女性だった事が判明した。

ややこしやw

つまりどゆこと?

はい、以下にまとめました。

  • 1992年、バス運転手の息子が次々と事件を起こす。父は息子の犯行に気付いていたが、体の弱い息子を想い警察には届けなかった。
  • しかしバス会社の女性社員がこの犯行に気付いており、長年父親を脅迫し金を貰っていた。
  • 過去が変わり犯人が犯行を早めた理由は、大山刑事(北村一輝)から逃げるためバスに乗り込んだ犯人が乗客に顔を見られたと思ったため。被害者は全員このバスの常連客だった。
  • 事件は時効を迎えたが、2018年に時効制度が廃止され、女性社員は再び父を脅し始めた。
  • 父は女性社員を殺害(2018年)。その後 自首し、息子をかばうため過去の事件も全て自分がやったと供述した。
  • その後 女性社員の実家からバス運転手の息子のDNAが付着したスタンガンが見つかる(女性社員はこれをネタに父を脅し金を得ていた)

刑事を辞める決意をする大山

事件は収束に向かったが、最愛の人(町役場の女性職員 10番目の被害者)を守れなかった大山(北村一輝)は刑事を辞める決意をする。しかし被害者の母親から、『娘はいつも言っていました。どんなときも正義を貫くあなたが好きだと。』という言葉を受け、辞職を思い留める。

その夜、大山は無線を通じ、この事件の犯人(バスの運転手の息子)が逮捕された事を2018年の健人(坂口健太郎)から報告された…。

事件は無事解決。しかし大山の最愛の人は亡くなってしまいました…。

この子のためにも刑事を続けようと思ったんだね。泣ける…w

原作版シグナルの大山は『陸王』の役所広司ばりによく泣いてたな…。

ネタバレ:健人はこの事件を通じ、過去を変えると未来も変わる事を知った。

無線男の失踪の謎

シグナル あらすじとネタバレ3

健人(坂口健太郎)は謎の無線男・大山(北村一輝)の正体を調べ始める。すると彼は2000年に贈収賄容疑をかけられ、その後謎の失踪を遂げたという事実を突き止める。

この時健人はある違和感を感じた。『正義感が強そうなあの男が贈収賄で失踪…?』

さらに調査を進めると、大山が収賄に関わった証拠が次々と出てくる。健人は『こんなに完璧に証拠が揃っているのは逆におかしい』と考え、大山の失踪には警察内部の人間が関わっているのでは?と疑った。

健人は無線男と最初に交信した時に聞いた銃声を思いだす…。

この失踪事件の裏には何かが隠されている…。健人はそう直感した。

ネタバレ:無線男の失踪の真相

無線男は2000年に贈収賄容疑をかけられ、その後謎の失踪を遂げる。その後警察は彼を懲戒解雇処分にした。その衝撃の理由とは…?

シグナル ネタバレあらすじ:連続窃盗事件

シグナル『連続窃盗事件』のあらすじとネタバレ(原作より)

※このエピソードは日本版シグナル第5話から放送

城西地区事件解決から一週間後の23時23分、再び無線機のシグナルが鳴る。健人にとっては一週間だったが、無線男・大山(北村一輝)は前回の交信から6年の月日が経っていると言う(※日本版ドラマでは1年)つまり大山が今いる時代は1998年となる。

大山は現在捜査している連続窃盗事件の情報をくれとお願いしてきた。

ちょっと大山 調子にのってきたんじゃね?w

だんだん無線の便利さに気付いてきた…。

しかしこの連続窃盗事件は2018年現在でも未解決…。健人(坂口健太郎)は、大山から得た当時の情報をプロファイリングし、捜査方法を伝えた。

これにより1998年の大山は窃盗犯を逮捕。2018年でも事件は解決済みと歴史が変わった。

警察が逮捕した男は誤認逮捕だった!

しかし!実はこれは誤認逮捕で、しかも逮捕の際この男の娘が橋の崩落事故で亡くなるという悲劇が起きてしまった。

健人を頼った事でこの悲劇を生んでしまった大山は、自分を激しく責めた。

誤認逮捕された男は20年間刑務所に収監。そして2018年に出所直後、復讐を開始した。

誤認逮捕多すぎww

チートした罰…

ネタバレ:橋の崩落事故の原因

この事故は橋を建設した業者の手抜き工事が原因だった。大山が誤認逮捕した男を連行する際、娘もバスに乗り同じ道を走っており、父親の目の前で娘は事故に巻き込まれ犠牲となった。

桜井(吉瀬美智子)が死亡!

誤認逮捕された男は20年に及ぶ服役を終えると、出所直後に誘拐事件を起こした。

誘拐されたのは崩落事故で娘と同じバスに乗っていた女性。救助隊がこの女性の救助を優先したため娘が犠牲になったと逆怨みしていたのだ。

【ネタバレ:原作との違い】

原作では橋の崩落事故により娘は死亡したが、ドラマでは交通事故で亡くなっていた(T_T)

男は女性の父親をおびき出し、ガスが充満した車を爆破!この時、現場に駆けつけた桜井(吉瀬美智子)が命を落としてしまった…(T_T)

原作では犯人はこの父親をメインターゲットに狙っていました。

どっちにしても逆怨みw悪いのは手抜き工事した業者なのにw

ヒロインが死亡しましたけど…?

彼女の死を目の前で目撃した健人(坂口健太郎)は、過去を変えたことが桜井を死に至らしめたと、自分を激しく責めた。

健人と大山(北村一輝)は桜井(吉瀬美智子)を救うため、窃盗事件を調べなおすことに。すると真犯人は窃盗にあった被害者の息子である事を突き止める。

原作ではこの息子は大物検事の息子で、かなりの鬼畜野郎でした。

逮捕されてたけど権力振りかざしてすぐ釈放されてたね…。

吉瀬美智子、生還!

真犯人逮捕に成功した1998年の大山(北村一輝)。すると2018年で起きた車爆破事故は発生すること無く、桜井(吉瀬美智子)は死を回避することが出来た(^^)

しかし健人(坂口健太郎)は未来を変えることの恐怖を知り、無線機を手放す事を決意した…。

この時点でまだ大山が、桜井と健人がコンビ組んでること知らないっつーのが、見てるコッチは歯がゆいw

ちょっと桜井に無線代わってやればいいのに…。

ネタバレ:桜井(吉瀬美智子)は任務中に死亡。その後 過去を変えたことで桜井は死を回避することが出来た。

ネタバレ:健人は無線機をゴミとともに捨てたが、のちに岩田係長(甲本雅裕)の机の中から発見する。岩田は健人が無線機を捨てるシーンを目撃しており、不審に思ってゴミ捨て場から回収していたのだ。

シグナルのネタバレとあらすじ:女子高生暴行事件

シグナル『女子高生暴行事件』のネタバレとあらすじ(原作より)

健人(坂口健太郎)は謎の無線機男・大山(北村一輝)の捜査を再び開始。すると彼が2000年に起きた女子高生暴行事件の捜査員だった事を突き止める。これが大山が行方不明になる前に担当した最後の事件だった。

この事件は『シグナル』の核心となる事件です。大山の失踪、そして健人の兄の死も関わってきます。

この事件を解決するために無線が二人を繋げたといっても過言じゃない…

この事件は健人(坂口健太郎)にとっても忘れる事の出来ない事件だった。被害者の女子高生に勉強を教えていた健人の兄・亮太(神尾楓珠)が主犯として逮捕されたのだ。兄は少年刑務所から出所後、自ら命を絶っており、兄の無実を信じる健人は、いつか事件の真相を暴きたいとずっと考えていた。

無線男と交信。黒幕が判明!

健人(坂口健太郎)は無線通信を通じ、2000年にいる大山(北村一輝)と再び交信を開始、この事件の真相を捜査して欲しいと依頼した。すると…

  • 真犯人は高校の生徒会の幹部で生徒を含む7人の男子生徒
  • 事件をもみ消したのは生徒会幹部生徒の伯父である大物議員。
  • 大物議員に協力したのは大山(北村一輝)の上司である警察幹部・中本(渡部篤郎)

である事が判明。そして被害者の家族、現場の警察官、目撃者など事件に関係した人間のほとんどが金で買収されていたという事実も明らかとなった…。

ネタバレ:健人の兄は殺害されていた!

自殺したと思われていた健人(坂口健太郎)の兄(神尾楓珠)は、実は殺害されていた。大物議員の甥が女子高生暴行事件の犯人であるという証拠を掴んだ兄は、刑事部長の中本(渡部篤郎)により抹殺された。

謎の密告電話

兄の無実を証明するため捜査を進める健人(坂口健太郎)は、ある密告電話を受ける。『暴行事件をこれ以上調べるな。兄のようになるぞ。』

この電話の主は健人の上司である岩田係長(甲本雅裕)。岩田は事件の隠蔽に加担していた事を告げ、真相を知りたければ市内に来いと健人に指示。

指定された場所に到着した健人は、何者かに襲われ虫の息の岩田係長と遭遇した。

『俺が大山(北村一輝)の命を奪った…。』といい息絶えた岩田。第一発見者の健人(坂口健太郎)は容疑者扱いされ、自宅謹慎処分にされてしまった…。

ネタバレ:大山(北村一輝)を殺害したのは係長の岩田

岩田(甲本雅裕)には病気の娘がおり、手術費用を工面してもらうため上司の中本刑事部長(渡部篤郎)の指示通り大山を手に掛けた。

ネタバレ:岩田を襲ったのは中本刑事部長と繋がりのある犯罪者

病気の娘が死亡したことで、これまで援助を受けていた中本との絶縁を宣言した岩田は、中本とつながりのある犯罪者により殺害された。

このドラマは『悪そうな上司が実は良い人だった』っていう展開は無さそう

渡部篤郎、鬼畜中の鬼畜…

    【大山死亡の経緯】

  • 少年刑務所を出所した健人の兄から『暴行事件の証拠を手に入れたから渡したい。』と連絡を受けた大山は兄の元へ向かう。
  • しかし兄は『大山のかわりに来た』と訪ねてきた中本(渡部篤郎)により殺害。証拠品も奪われてしまう。
  • 大山は拉致され、逃げる途中で岩田係長(甲本雅裕)に殺害された。

大山と桜井の悲しい再会(T_T)

2018年。健人(坂口健太郎)は、岩田係長(甲本雅裕)が襲われた現場に中本刑事部長とつながりのある犯罪者(第5話で登場したクラブオーナー・岡本)の車があった事を思いだす。

桜井(吉瀬美智子)とともにこの男の別荘に行くと、石階段の下から白骨遺体を発見。一緒に埋められていた身分証から大山(北村一輝)であることが判明した。

18年間行方不明だった大山をようやく見つけることが出来た桜井。しかしその再会はあまりに悲しいものだった(T_T)

その後、大山の葬儀が行われ、桜井は最愛の人に別れを告げた…。

ネタバレ:岩田係長は大山を殺害した後、岡本の別荘に遺体を埋めた。

ネタバレ:大山の葬儀シーンは日本版シグナルでは未収録。

腐りきった警察…。

とりあえず税金払うのやめるわw

それはダメです!

無線機が大山のものだと知った桜井

その頃、岩田殺人容疑で謹慎中だった健人(坂口健太郎)は暴行事件の被害者に会い、兄が冤罪だったことを知らされる。

真犯人が大物議員の甥である事を知った健人は、無線で大山(北村一輝)に逮捕を要請しようとする。過去のうちに事件が解決されれば大山の命も救われると考えたからだ。

無線機のシール

無線は繋がったが、大山は捜査中で話すことは出来なかった。何度も大山の名を呼ぶ健人…その様子を訪ねてきた桜井が聞いてしまう。健人がその場を離れたスキに無線機を手に取った桜井は衝撃を受ける。無線機の底には過去に桜井が大山の無線機に貼ったシールがあったのだ。

無線機のシール

その後、23時23分に無線が繋がり、大山の声を聞いた桜井は衝撃を受ける…。健人は『彼は生きてます。無線機の向こうで…』と言った。

葬式終えたばかりの大山が無線の向こうで生きててブったまげる桜井w

喜びよりも驚きの方がデカかった…。まぁ当然。

坂口健太郎が逮捕される!

兄の死の真相に近づき始めた健人(坂口健太郎)だったが、刑事部長・中本(渡部篤郎)のワナにハマり岩田係長殺人容疑で逮捕されてしまった!

無線機を預かっていた桜井(吉瀬美智子)は、愛する大山を死の運命から救うため『4月15日に谷原記念病院(大山の殺害現場。第1話で登場)に行かないで!』とつい伝えてしまう。

これはしょうがないw

未来が大きく変わる予感…

シグナルのあらすじとネタバレ:最後の戦い!

シグナル「最後の戦い」のあらすじとネタバレ。

囚われの身となった健人(坂口健太郎)。その後なんとか脱走し、桜井(吉瀬美智子)と協力して黒幕議員とつながりのある犯罪者・岡本の足取りを追った。

岡本を発見した二人だったが、黒幕議員の手下により彼は殺害。その時 健人(坂口健太郎)は桜井(吉瀬美智子)をかばい銃弾の餌食となってしまった。

健人は病院に搬送されたが間に合わず、命を落としてしまった…(T_T)

何気に健人が召されましたけど?

主人公救済システム的なものは無いの?

大丈夫、この後ものすごい展開が待ってます。

ネタバレ:岡本は口封じのため殺害された。

ネタバレ:健人は桜井をかばい死亡した。

シグナルの結末は…?

シグナル結末

ドラマ『シグナル』の衝撃の結末!

死亡した健人はどうなった?

健人と大山の運命は…!?

健人の兄はどうなった?

無線機は一体何だったの?

大山はなぜ今も行方不明?

23時23分の意味とは?

(下記リンクより)

スポンサーリンク

以下からは日本版『シグナル~長期未解決事件捜査班』のあらすじになります。(随時更新中)

日本版シグナル ネタバレあらすじ最終回結末まで

2018年4月スタートのドラマ『シグナル~長期未解決事件捜査班』のあらすじとネタバレです。※第1話~最終回まで更新予定。

シグナル 第1話ネタバレあらすじ

シグナル第1話ネタバレ

シグナル第1話(2018年4月10日放送)ネタバレあらすじ

ある日、警察官の三枝健人(坂口健太郎)は廃棄予定の無線機から自分を呼ぶ声を聞く。相手は大山という警察官で、健人が現在捜査中のある事件の手がかりを発見したという。

その事件は今から15年前におきた女子児童誘拐殺人事件。当時小学1年生だった健人はこの女の子が誘拐される現場を目撃しており、警察に相談した。しかし警察は健人の言うことを信用してくれなかった…。

時効が目前のこの事件。警察は総力を上げ解決に力を注ぎ込んでいる最中だった。健人は半信半疑ながらも、無線男が指示した場所へ向かうことに…。

そこに大山の姿は無かったが、謎の白骨化遺体が横たわっていた…!

シグナル 第2話ネタバレあらすじ

第2話

シグナル第2話(2018年4月17日放送)ネタバレあらすじ

15年前の女児誘拐事件の犯人が吉本圭子(長谷川京子)と判明。しかし事件は41分後に時効を迎えようとしていた…。

美咲(吉瀬美智子)は吉本から事情聴取を行うが、吉本は時間稼ぎのためのらりと質問をかわす。そしてついに時効を迎えてしまった…。

この事件を機に日本は時効撤廃制度を発足。警視庁は『長期未解決事件捜査班』を創設した。

健人は謎の無線機男・大山と再び交信。そこで銃声を聞き、交信が突如途絶えてしまった…。

8年後、アメリカでプロファイリングの技術を学んだ健人は、長期未解決事件捜査班の一員となり、過去の難事件解明に乗り出すことに…。

シグナル 第3話ネタバレあらすじ

2018年4月放送

シグナル第3話(2018年4月24日放送)ネタバレあらすじ

1997年に発生した連続殺人事件を調べていた健人。すると8年ぶりに大山と無線がつながる。

大山も現在この事件を調べており、健人は5番目の犠牲者の情報を伝えた。するとこの犠牲者の事件が未遂扱いとなり死を回避!健人の情報により被害者が救われ、過去が変わったのだ。

しかし大山は誤って関係ない男を逮捕してしまい、謹慎処分を受けることに。そんな中、次の犠牲者が知り合いのラーメン屋の娘・北野みどり(佐久間由衣)であると知った大山は…!?

シグナル 第4話ネタバレあらすじ

4話あらすじ

シグナル第4話(2018年5月1日放送)ネタバレあらすじ

1997年、無線で健人の話を聞いた大山は、次の被害者が顔なじみの北野みどり(佐久間由衣)だと知り、激しく動揺する。「事態を変えられるのはあなただけだ」――健人のその言葉に、必死でみどりを探し回る大山。2018年の健人もまた、事態が好転するのをじっと待つが…。

バス会社を訪れた健人はついに事件の全容をつかむ。しかし同時にそれは、美咲の身に危険が迫っていることを意味していて…。

シグナル 第5話ネタバレあらすじ

5話

シグナル第5話(2018年5月8日放送)ネタバレあらすじ

城西地区事件解決から一週間後、今度は1998年の大山と無線で繋がった。健人は大山から『城ケ丘連続窃盗事件』の犯人情報を教えて欲しいと依頼されるが、この事件は2018年現在でも未解決。健人はプロファイリングした犯人像を大山に伝えた。

大山の過去を調べ始めた健人は、彼が2000年に贈収賄事件をおこし、失踪していたことを上司の岩田(甲本雅裕)から告げられる。

これに違和感を感じた健人は、大山失踪の裏に警察が関与しているのでは?と疑いを持った…。

シグナル 第6話ネタバレあらすじ

5月放送

シグナル第6話(2018年5月15日放送)ネタバレあらすじ

刑期を終えて出所したばかりの工藤雅之(平田満)が誘拐事件を起こす。被害者は矢部香織(野崎萌香)という大学の研究員で、両親と暮らす自宅で拉致された後、行方が分からなくなっていた。

健人は、犯行の動機が怨恨(えんこん)ではないかと推理。その理由を確かめるため無線機を手に取るが、無線から聞こえてきたのは「工藤は犯人じゃありませんでした」という悲痛な声。そして大山は、健人がもっとも恐れていた事態について話し始めて…。

一方、矢部家には香織本人から電話がかかってくる。おかげで監禁場所は特定できたものの、美咲(吉瀬美智子)はなぜ香織が電話できたのか、ふに落ちない。するとそこへ健人から連絡が入る。実は、工藤が連続窃盗犯の容疑者として連行された直後、工藤の娘は事故で焼死したのだという。

そしてそれこそが、工藤が香織を誘拐した本当の理由だった――!

シグナル 第7話ネタバレあらすじ

シグナル第7話(2018年5月22日放送)ネタバレあらすじ

連続窃盗事件の真犯人・白石智弘を逮捕した1998年の大山。その際、盗品の中から怪しいフロッピーディスクを発見。刑事部長の中本(渡部篤郎)は『この件に手を出すな。』と大山に忠告した。

一方、健人は兄が逮捕された女子高生暴行事件の担当捜査官が大山だった事を知り、無線で情報提供を求める。その直後、岩田係長から電話を受けた健人。待ち合わせ場所に到着すると、岩田の変わり果てた姿を目撃し…?

シグナル 第7話ネタバレとあらすじ。甲本雅裕が演じる岩田係長が襲われた!

シグナル 第8話ネタバレあらすじ

シグナル第8話(2018年5月29日放送)ネタバレあらすじ

健人は1999年の大山に、これから武蔵野市で起きる集団暴行事件の真相を教えてほしいと頼む。それは、健人の兄・亮太(神尾楓珠)が主犯として逮捕された事件だった。

健人の動きを察知した岩田は、事件の真相を調べるのは危険だと忠告する。しかし「命と引き換えにしても真実を明らかにしたい」という健人の強い覚悟を知ると、やがて“すべてを教えてやる”と健人を呼び出す。

岩田が何かを知っているとにらんだ健人は急いで待ち合わせ場所へ向かうが、そこにいたのは何者かに襲われ、腹部から血を流した岩田だった。

岩田殺害の犯人を捜索する健人と桜井は、元暴力団員・岡本の別荘から謎の白骨遺体を発見する…。

シグナル 第8話ネタバレあらすじ。健人が兄の亮太と名字が違う理由とは?

シグナル 第9話ネタバレあらすじ

シグナル第9話(2018年6月5日放送)ネタバレあらすじ

岡本の別荘にあった遺体が失踪中の大山であると判明し、桜井は悲しみにふける。健人は大山を死の運命から救うため『兄の事件から手を引いてください!』と訴えるが、大山は真相を暴くと譲らなかった。

一方、2000年に少年院を出所した健人の兄・亮太は、武蔵野暴行事件の証拠品を大山に託そうとする。しかし大山の動きを察知した岩田係長は彼を足止めし、亮太に危険が迫っていた…。

シグナル 最終回ネタバレあらすじ

シグナル最終回(2018年6月12日放送)ネタバレあらすじ

何としても亮太を助けたい健人は、大山の身に危険がおよぶことを覚悟のうえで、過去を変えるため、美咲の前で無線機を取り出す。当然、美咲は見覚えのある大山の無線機をなぜ健人が持っているのか理解できない。

一方、大山の身にも危険は確実に迫っていた。過去が変えられると知った以上、健人同様、何とかして大山の死を防ぎたいと考えた美咲は、無線機を使って18年ぶりに大山と言葉を交わす。そして、これまで胸の内に秘めていた想いと、健人が大山にどうしても言えなかった“あること”を伝えるが……。

シグナル 原作

原作

韓国で社会現象になった人気ドラマ『シグナル』が原作。2016年に放送され、ケーブルテレビドラマの歴代視聴率ランキングでも3位を獲得!

韓国ドラマ『シグナル』受賞歴

2016年第52回百想芸術大賞
テレビ部門ドラマ作品賞
テレビ部門女性最優秀演技賞
テレビ部門脚本賞
2016年第5回アジア太平洋スターアワード

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/シグナル

視聴率もケーブルテレビドラマでは異例の12%超えを記録するなど多くの支持を集めましたΣ(゚Д゚)

韓国ケーブルテレビの視聴率言われても全然ピンと来ない

民放だけど『宮廷女官チャングムの誓い』は連日50%超えのバケモノ級だったらしい…。

原作 – 『シグナル』
脚本 – 尾崎将也
音楽 – 林ゆうき
主題歌:BTS 「Don’t Leave Me」
演出 – 内片輝、鈴木浩介
プロデューサー – 萩原崇、笠置高弘、石田麻衣
制作著作 – カンテレ

出典:シグナル 長期未解決事件捜査班より

原作ネタバレ おすすめ記事

シグナルのここが面白い♪

ドラマ『シグナル』は2016年に韓国で制作され、高視聴率を記録したドラマ。

若き刑事が偶然見つけた無線機から聞こえる声を頼りに、未解決事件を次々と解決してゆくストーリーです。

面白さの秘密1 時空を越えた二人の刑事による捜査

シグナルの面白さの一つとして、一つの事件を時代の違う二人の刑事が協力して捜査する、という展開があげられます。無線を介し事件発生当時では存在しなかった最新のプロファイリング技術の分析結果を伝えたり、逆に今では得られない事件発生当時の現場状況を調べてもらったりと、協力しあいながら事件を解決に導いて行きます。

主人公・健人がいる現在と、大山刑事がいる過去。この二人がお互いに情報を提供しあいながら難事件を解決に導く展開はかなりの快感です。

過去に戻るとかじゃなくて無線でやり取りして事件解決する所がじれったくてイイ

犯罪者にしたらせっかく時効まで逃げ切ったのにまた再捜査されるという大迷惑なチート捜査…。

面白さの秘密2 過去の事件が解決した事で変わる未来

シグナルの世界では、『過去の事件を解決すると未来も変わる』という大前提があります。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』的なアレですね。

例えば未解決事件を過去にさかのぼって解決する事で、死亡した被害者が生きてることになったり、さらなる被害を未然に防ぐことが出来ます。

しかしオイシイ話しばかりではありません。過去を変えるということは、それに付随する全てがまるでバタフライ効果の如く変わってしまいます。ある人は出世を逃し、ある人は運命の出会いを逃し、最悪、死の運命をたどる人も…。

主人公の健人はこのことにかなり葛藤し、一時期 無線男との交信を止めてしまいます。ネタバレになりますが、過去を変えたことで身近な人が亡くなるからです(T_T)

事件は解決したいけど、歴史が変わるのは怖い…。この葛藤こそが『シグナル』を深いヒューマンドラマにしてくれるのです。

原作では主要キャラ3人全員一度死んでるという…。

少なくとも5回は召されたトドメのキスの山崎賢人に比べたら大したことないw

面白さの秘密3 時空を越えた愛

ドラマ『シグナル』は単に事件を解決していくだけのドラマではありません。そこには涙のロマンスが存在します。原作では無線機男こと大山刑事(北村一輝)を慕う一人の女性がおり(※以下でネタバレ)、この二人が無線でやり取りするシーンも。

長い間失踪中の男に想いを寄せる女。その彼が無線の向こう側のみに存在する…。この切なすぎるシチュエーションは涙なくしては見られません!(T_T)

原作通りだと北村一輝と吉瀬美智子が…

この二人が一緒にいるとドラマ『昼顔』の泥沼不倫を思いだす…(;゚∀゚)=3ハァハァ

面白さの秘密4 謎と伏線!

シグナルの面白さの秘密はドラマの節々で噴出する謎。この『なぜ?どゆこと?』といった疑問がゆるやか~に解明されてゆくのですが、この謎解き要素が視聴者を虜にする要因の一つです。

  • なぜバッテリー切れの無線から声が?
  • なぜあの刑事は失踪した?
  • なぜ兄は服役後に死亡した?
  • 23時23分の意味とは?
  • 警察幹部は何を警戒している?

結末に近づくにつれ、これらの謎がジワジワと、時に唐突に明らかになっていきます。そしてドラマのいたる所に散りばめられたヒントや伏線がラストで一気に繋がります!これに快感を覚えた時、あなたはすでにリピート確定のシグナル中毒者です。

一度見たら続きが気になって正気を保てない系w

原作だと最終回の結末が『ん?』な終わり方だったけど、日本版はどうなるか気になる…。

面白さの秘密5 北村一輝がとにかくカッコイイ!

北村一輝さんが演じる大山刑事は正義の男!権力に屈さず、相手がどんな大物でも平気で駐禁を取るw

しかし女性に関しては奥手で照れ屋!恋に堕ちた女性をまるでストーカーのように見守り、初めてのプレゼントは護身用のスタンガン!(原作より)

この不器用すぎる男が自分の命よりも事件解決を優先する熱き姿に、視聴者は涙(時に笑い)をこらえることは出来ない!

今の所 理想の警察官ランキング第1位

顔も濃いけど生き様も濃い…

シグナル 登場人物※原作ネタバレあり

登場人物

吉瀬美智子

@kagayakurecipi

ポスターはこんな感じ☆☆https://twitter.com/kagayakurec…

23:36 2018年3月26日

236人がこの話題について話しています

シグナルに登場する主要人物(キャスト)の情報です。原作ネタバレ注意!

三枝健人…坂口健太郎

(さえぐさ けんと)年齢:21歳。※原作では27歳。未解決事件捜査班のプロファイラー(情報分析官)冷静な判断力と観察力、プロファイリングの知識を持ち、過去の事件の真相をつかもうと奮闘する刑事。警察に不信感を抱いており、独学で捜査術を学んだ。

【プロファイラーとは?】

プロファイリングとは、犯罪捜査において、犯罪の性質や特徴から、行動科学的に分析し、犯人の特徴を推論すること。犯罪心理分析官。

ネタバレ:健人が警察に不信感を抱く理由は兄・亮太の誤認逮捕、小学生の時に目撃した事件の証言を警察が信じてくれなかったことなどが影響している。

大山剛志…北村一輝

(おおやま たけし)年齢:-歳。三枝と無線で交信する謎の刑事。強い正義感と刑事としての誇りを胸に数々の事件を解決に導いてきたが、その一匹狼な性格のせいで同僚たちから反感をかうことも多々あったという。

過去に贈収賄容疑をかけられ、謎の失踪を遂げる。その後懲戒免職処分となった。

ネタバレ:三枝健人が見つけた無線機は大山が過去に使用していたもの(原作より)。

桜井美咲…吉瀬美智子

(さくらい みさき)年齢:-歳。三枝が交番勤務だった頃に出会った刑事。新人時代は大山(北村一輝)のもとで研修を積んだ。長期未解決事件捜査班のリーダーで、三枝とともに捜査を続けている。一見クールだが、誰よりも事件解決に強い思いを持つ。

ネタバレ:桜井は先輩刑事の大山に想いを寄せており、失踪した彼を長年探し続けている(原作ドラマより)

中本慎之助…渡部篤郎

(なかもと しんのすけ)年齢:-歳。警視庁刑事部長。政治家や企業などと癒着があり、ダーティーな手法で現在の地位を築き上げた。

ネタバレ:中本はある大物議員に関するスキャンダルを隠蔽したことで出世を成す。この事件は三枝の兄や大山の失踪とも関係している。(以下で詳細ネタバレあり)

加藤亮太…神尾楓珠

(かとう りょうた)年齢:-歳。健人の兄。過去に起きたある事件が元で刑務所に服役。出所後に自ら命を絶ってしまう。

ネタバレ:弟の健人と姓が違うのは、自分が逮捕されたことがキッカケで両親が離婚したから。(原作より)

岩田一夫…甲本雅裕

(いわた かずお)年齢:-歳。刑事課の係長。中本の側近で健人たちの行動を常に見張っている。

山田勉…木村祐一

(やまだ つとむ)年齢:-歳。未解決事件捜査班の刑事。桜井美咲の同僚。

ネタバレ:健人(坂口健太郎)とは最初ソリが合わず『プロファイラーのクセにバカなのか!?』とバカにしていたが、健人が警部補に昇進していたことを知り急に敬語になったw

小島信也…池田鉄洋

(こじま しんや)年齢:-歳。長期未解決捜査班の鑑識官。現場の状況から冷静に事件を分析する。

安西理香…青野楓

(あんざい りか)年齢:-歳。法医学教室の准教授。遺体の状況から未解決事件の真相に迫る。美咲を姉のように慕っている。

※登場人物のネタバレ情報は原作ドラマとは異なる場合があります。

視聴率【シグナル】気になる視聴率は?

ドラマのネタバレとあらすじ 関連記事